また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2115895 全員に公開 ハイキング 赤目・倶留尊高原

紅葉の赤目渓谷を散策

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年11月18日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
出合い茶屋横駐車地 10台程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
57分
合計
5時間20分
S赤目出合茶屋07:3107:53岩窟滝07:5508:03琵琶滝08:0908:11荷担滝08:57布曳滝09:0509:07千手滝09:1009:17不動滝09:3309:42千手滝09:4509:47布曳滝09:4812:00荷担滝12:0812:10琵琶滝12:1412:23岩窟滝12:2412:43赤目出合茶屋12:4812:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所無し
その他周辺情報名張 伊賀牛の奥田 ランチがお得です。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

息子撮影
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子撮影
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
8
息子撮影
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子撮影
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
9
息子撮影
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子撮影
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
5
出合い茶屋
もう営業はしていないようです。
10台程度は駐車出来ます
2019年11月18日 07:31撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合い茶屋
もう営業はしていないようです。
10台程度は駐車出来ます
いい感じに紅葉しています。
2019年11月18日 07:51撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じに紅葉しています。
赤目渓谷 
上から最初 巌窟滝(がんくつだき)
中腹に深い石穴があるので岩窟滝と呼ばれています。高さ7m。
2019年11月18日 07:54撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目渓谷 
上から最初 巌窟滝(がんくつだき)
中腹に深い石穴があるので岩窟滝と呼ばれています。高さ7m。
2
息子は、赤目渓谷の上流側にある琵琶滝と荷担滝の撮影がお目当てです。
今回は、上側からのアタックなので距離が短く楽が出来ると喜んでいます。
2019年11月18日 07:55撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子は、赤目渓谷の上流側にある琵琶滝と荷担滝の撮影がお目当てです。
今回は、上側からのアタックなので距離が短く楽が出来ると喜んでいます。
赤目渓谷の案内板
2019年11月18日 07:55撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目渓谷の案内板
先行する息子と人面の岩
2019年11月18日 07:59撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行する息子と人面の岩
1
赤目五瀑 琵琶滝(びわだき)
赤目五瀑の最後です。高さ15m、絶壁に囲まれた岩風呂のような滝壺は、深い蒼色をしていて、深さは10m。滝の形が琵琶に似ているので琵琶滝と名付けられています。
2019年11月18日 08:06撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目五瀑 琵琶滝(びわだき)
赤目五瀑の最後です。高さ15m、絶壁に囲まれた岩風呂のような滝壺は、深い蒼色をしていて、深さは10m。滝の形が琵琶に似ているので琵琶滝と名付けられています。
1
琴滝(ことだき)
高さ2mほどの小さな滝ですが、静かに耳をすませて聞くと、滝の音がまるで琴の音が深山にこだましているように聞こえるので、この名前があります。
2019年11月18日 08:12撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琴滝(ことだき)
高さ2mほどの小さな滝ですが、静かに耳をすませて聞くと、滝の音がまるで琴の音が深山にこだましているように聞こえるので、この名前があります。
2
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
高さ8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちるさまが、荷を担っているようで荷担滝の名が付きました。滝の前方の高所から見ると、すぐ上にも深さ10mほどの滝壺とそこに落ちる滝があり、渓谷随一の景観と絶賛されています。

ここで息子は1時間は撮影するとあるので、お父さんはそのまま下流へ下って紅葉散策をしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
高さ8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちるさまが、荷を担っているようで荷担滝の名が付きました。滝の前方の高所から見ると、すぐ上にも深さ10mほどの滝壺とそこに落ちる滝があり、渓谷随一の景観と絶賛されています。

ここで息子は1時間は撮影するとあるので、お父さんはそのまま下流へ下って紅葉散策をしました。
5
七色岩(なないろいわ)
百畳岩から眺めると、渓流の中に大きな転石が見えます。岩の上には、マツ・モミ・カエデ・サクラ・アカギ・ウメモドキ・ツツジの7種類の植物が自生していて、小さな島のように見えます。
2019年11月18日 08:41撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七色岩(なないろいわ)
百畳岩から眺めると、渓流の中に大きな転石が見えます。岩の上には、マツ・モミ・カエデ・サクラ・アカギ・ウメモドキ・ツツジの7種類の植物が自生していて、小さな島のように見えます。
2
赤目五瀑 布曳滝(ぬのびきだき)
詳細: 高さ30mから一条の布をかけたように落ちる滝は、赤目五瀑のひとつにふさわしい美しさです。全国各地に同名の滝がありますが、赤目の布曳滝はその代表格。滝壺の深さは約30mもあり、固い岩をえぐった水の力には感心させられます。
2019年11月18日 09:02撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目五瀑 布曳滝(ぬのびきだき)
詳細: 高さ30mから一条の布をかけたように落ちる滝は、赤目五瀑のひとつにふさわしい美しさです。全国各地に同名の滝がありますが、赤目の布曳滝はその代表格。滝壺の深さは約30mもあり、固い岩をえぐった水の力には感心させられます。
5
赤目五瀑 千手滝(せんじゅだき)
高さ15m、幅4m、滝壺の深さ約20m。滝、岩、樹木、滝壺が調和して、絵のような美しさです。岩を伝って千手のように落水するところから名付けられたとも、千手観音にちなんで名付けられたとも言われています。
2019年11月18日 09:08撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目五瀑 千手滝(せんじゅだき)
高さ15m、幅4m、滝壺の深さ約20m。滝、岩、樹木、滝壺が調和して、絵のような美しさです。岩を伝って千手のように落水するところから名付けられたとも、千手観音にちなんで名付けられたとも言われています。
4
赤目五瀑 不動滝(ふどうだき)
高さ15m、幅4m
詳細:渓谷にかけられた不動橋からの眺めは壮観で、不動明王にちなんでこの名が付けられ、滝参りとはこの滝にお参りすることでした。明治の中ごろまではこの滝より奥は原生林で、足を踏み入れることはできませんでした。
2019年11月18日 09:17撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤目五瀑 不動滝(ふどうだき)
高さ15m、幅4m
詳細:渓谷にかけられた不動橋からの眺めは壮観で、不動明王にちなんでこの名が付けられ、滝参りとはこの滝にお参りすることでした。明治の中ごろまではこの滝より奥は原生林で、足を踏み入れることはできませんでした。
4
霊蛇滝(れいじゃだき)
落差6m、滝そのものの美しさもさることながら碧く澄んだ滝壺も滝に劣らぬ美しさです。滝壺の深さは約7m。霊蛇滝の名は白蛇が岩をよじ登る趣があり、滝の流れの中に顔を出す岩が竜の爪痕を思わせるので付けられました
2019年11月18日 09:21撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊蛇滝(れいじゃだき)
落差6m、滝そのものの美しさもさることながら碧く澄んだ滝壺も滝に劣らぬ美しさです。滝壺の深さは約7m。霊蛇滝の名は白蛇が岩をよじ登る趣があり、滝の流れの中に顔を出す岩が竜の爪痕を思わせるので付けられました
2
竜ヶ谷(龍の覗き)
2019年11月18日 09:29撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ谷(龍の覗き)
2
日本サンショウウオセンターまで下って、荷担滝まで戻りましたが・・・・
まだ、息子は荷担滝に居ました。
既に同じ場所で2時間撮影しています。
後、1時間は撮影するとあるので、父さんはここから少し下った所のある長坂山へのトレッキングコースの偵察に行くことにしました。
2019年11月18日 10:20撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本サンショウウオセンターまで下って、荷担滝まで戻りましたが・・・・
まだ、息子は荷担滝に居ました。
既に同じ場所で2時間撮影しています。
後、1時間は撮影するとあるので、父さんはここから少し下った所のある長坂山へのトレッキングコースの偵察に行くことにしました。
2
長坂山トレッキングコース入り口
一応、鎖があります。
2019年11月18日 10:54撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長坂山トレッキングコース入り口
一応、鎖があります。
急登の尾根を登ります。
2019年11月18日 11:02撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の尾根を登ります。
1
長坂山トレッキングコース
ビューポイント 
里見峠
2019年11月18日 11:13撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長坂山トレッキングコース
ビューポイント 
里見峠
3
再度 荷担滝に戻りました。
流石に、息子はここにはいませんでした。
琵琶滝で撮影をしていました。
2019年11月18日 11:58撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度 荷担滝に戻りました。
流石に、息子はここにはいませんでした。
琵琶滝で撮影をしていました。
4
夫婦滝(めおとだき)
荷坦滝の上で二つに分かれている流れの右側、山椒谷川といわれる支流にかかる滝です。落ちるところはふたつにに分かれていますが、途中で一つに結び合わさって滝壺にそそいでいることから夫婦滝の名前が付きました。
2019年11月18日 12:02撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦滝(めおとだき)
荷坦滝の上で二つに分かれている流れの右側、山椒谷川といわれる支流にかかる滝です。落ちるところはふたつにに分かれていますが、途中で一つに結び合わさって滝壺にそそいでいることから夫婦滝の名前が付きました。
2
出合い茶屋に戻りました。
車は私の1台だけです。
2019年11月18日 12:42撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合い茶屋に戻りました。
車は私の1台だけです。
1
名張
伊賀牛の奥田
牛しぐれ定食 1400円です。
2019年11月18日 13:33撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名張
伊賀牛の奥田
牛しぐれ定食 1400円です。
5
炊き立て 伊賀米の新米と牛しぐれは、
それはも〜〜
まいうーです
2019年11月18日 13:34撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炊き立て 伊賀米の新米と牛しぐれは、
それはも〜〜
まいうーです
3
ランチはご飯と焼きキャベツはお代わりOKです。
2019年11月18日 13:36撮影 by ILCE-6400, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチはご飯と焼きキャベツはお代わりOKです。
4

感想/記録

息子は、三重県のいい所を沢山撮影しています。
今回は、赤目渓谷の琵琶滝、荷担滝を撮影したいとあり、赤目渓谷を上側からアタックしました。
息子が滝の撮影をしている間、お父さんは赤目渓谷の紅葉散策と長坂山コースの下見をしました。
赤目渓谷の紅葉は今が見ごろとなっています。
平日の赤目渓谷だったので静かでゆっくり散策が出来ました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:241人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ