また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2118996 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 林道龍門谷線(石見川登山口・行者杉)〜頂上〜千早本道

日程 2019年11月23日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 防寒着 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

3週続けて愛車を
金剛山登山口の
千早駐車場に停めました。
現在の時刻 7:24です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3週続けて愛車を
金剛山登山口の
千早駐車場に停めました。
現在の時刻 7:24です。
4
新千早隧道トンネルです。
ここを通ります。今回で
通算5回目となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新千早隧道トンネルです。
ここを通ります。今回で
通算5回目となります。
2
(調査中)
鋭意調査の結果、
リュウノウギク
(竜脳菊・無上の美)
と思われます(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(調査中)
鋭意調査の結果、
リュウノウギク
(竜脳菊・無上の美)
と思われます(笑)。
6
アキノタムラソウ。
(秋の田村草・善良、
自然のままの貴方が好き)
まだ咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノタムラソウ。
(秋の田村草・善良、
自然のままの貴方が好き)
まだ咲いていました。
11
河内長野千早城跡線で
310号線に合流しました。
ここまで早足で40分。
先週に続き左へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河内長野千早城跡線で
310号線に合流しました。
ここまで早足で40分。
先週に続き左へ向かいます。
2
次のバス停「上小深」です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のバス停「上小深」です。
1
その先を左折。
調査に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先を左折。
調査に向かいます。
2
民家の横の細い径を
登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の横の細い径を
登ります。
2
その先を左に下ると
小川で先へ行けず。
仕方なく戻ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先を左に下ると
小川で先へ行けず。
仕方なく戻ると、
地元の御仁に出合いました。
左ではなくこの先の径を
直進し 左へ九十九折で
登ると 関電の鉄塔へ
通じているとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元の御仁に出合いました。
左ではなくこの先の径を
直進し 左へ九十九折で
登ると 関電の鉄塔へ
通じているとのこと。
9
この地点です。なるほど
鉄塔に続いています。
大住谷にはたまに行くが
南尾根の先は知らない由。
貴重なお話に御礼を述べて
戻りました。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地点です。なるほど
鉄塔に続いています。
大住谷にはたまに行くが
南尾根の先は知らない由。
貴重なお話に御礼を述べて
戻りました。

4
310号に戻り
暫らく行くと左に
赤テープ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
310号に戻り
暫らく行くと左に
赤テープ。
左手 小径が続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手 小径が続いています。
1
関電の標識です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関電の標識です。
1
直進の先はこんな感じ。
この先の谷沿いは
なかなか険しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直進の先はこんな感じ。
この先の谷沿いは
なかなか険しいです。
4
戻って鉄塔方面。
お約束の赤テープです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って鉄塔方面。
お約束の赤テープです。
1
この先にも赤テープ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先にも赤テープ。
鉄杭でしっかり
補強されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄杭でしっかり
補強されています。
2
登り切りました。
この調子で鉄塔まで
行くんでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切りました。
この調子で鉄塔まで
行くんでしょうね。
1
この地点です。鉄塔の先が
大住谷南尾根と
合流するのか
是非いつか行ってみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地点です。鉄塔の先が
大住谷南尾根と
合流するのか
是非いつか行ってみたい。
4
「行者湧水直売所」です。
先週取り忘れましたので
パチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「行者湧水直売所」です。
先週取り忘れましたので
パチリ。
6
先週写した紅葉です。
まだ続いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週写した紅葉です。
まだ続いていました。
17
特濃ミルク抹茶で小休憩。
ここまで1時間40分。
寄り道のせいです(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特濃ミルク抹茶で小休憩。
ここまで1時間40分。
寄り道のせいです(笑)。
9
「草庵蕨」。
天の河の見える星の谷
とのこと(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「草庵蕨」。
天の河の見える星の谷
とのこと(笑)。
3
振り返って、
左から来ました。
ここを右へ調査に行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、
左から来ました。
ここを右へ調査に行きます。
1
紅鮮やかでした。
この右は「草庵蕨」の
駐車場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅鮮やかでした。
この右は「草庵蕨」の
駐車場です。
14
ここから
林道宮ノ谷線です。
気になる地点まで
行ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから
林道宮ノ谷線です。
気になる地点まで
行ってみます。
車輌が十分通れる道幅です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車輌が十分通れる道幅です。
暫くして作業車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くして作業車。
1
右から来ました。
左上の道を
切り開いている模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から来ました。
左上の道を
切り開いている模様。
3
作業休止の模様。
ちょっとだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業休止の模様。
ちょっとだけ。
こんな感じです。
GPSで確認するも
あらぬ方向へ行ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じです。
GPSで確認するも
あらぬ方向へ行ってます。
1
戻って 
宮ノ谷林道の終点です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って 
宮ノ谷林道の終点です。
このさき貧弱な3本木橋。
ゆっくり渡りましたが
なんとも不安定でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このさき貧弱な3本木橋。
ゆっくり渡りましたが
なんとも不安定でした。
2
直進の沢沿いです。
行けそうですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直進の沢沿いです。
行けそうですが
1
今回は 木橋を渡って
すぐ右の登り口を
是非とも確認したい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は 木橋を渡って
すぐ右の登り口を
是非とも確認したい。
右はこんな感じで
茂っています。
本日 装備不十分のため
少しだけ登ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右はこんな感じで
茂っています。
本日 装備不十分のため
少しだけ登ってみます。
2
ありました!
足元に木段(笑)。
この径を辿れば
きっと上方で赤線が
繋がると思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありました!
足元に木段(笑)。
この径を辿れば
きっと上方で赤線が
繋がると思います。
2
この地点です。
このルートは
必ず 近日 登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この地点です。
このルートは
必ず 近日 登ります。
6
310号に戻ってここを右へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
310号に戻ってここを右へ。
1
右に曲がって。
ダイトレ 行者杉に
合流するとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に曲がって。
ダイトレ 行者杉に
合流するとのこと。
4
このルートです。
「山と高原地図」に
しっかり記載されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートです。
「山と高原地図」に
しっかり記載されています。
1
林道龍門谷線です。
初めてのルートです。
さァ、行ってみましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道龍門谷線です。
初めてのルートです。
さァ、行ってみましょう!
本日 快晴です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日 快晴です。
2
緩やかな登りが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな登りが続きます。
12
しばらくして二差路。
本来は右ですが
せっかくなので
一旦 左へ行きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくして二差路。
本来は右ですが
せっかくなので
一旦 左へ行きましょう。
2
石舗道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石舗道が続きます。
石舗道はここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石舗道はここまで。
このあと3方向を
調査しました。
直進の沢沿い、
このまま行けば
谷尻峠・金剛トンネルに
行けそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと3方向を
調査しました。
直進の沢沿い、
このまま行けば
谷尻峠・金剛トンネルに
行けそうです。
2
戻って
先ほどの二差路を右へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って
先ほどの二差路を右へ。
1
倒木ありますが
問題ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木ありますが
問題ありません。
石舗道はここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石舗道はここまで。
2
右手に
「登山道ルート」の案内。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に
「登山道ルート」の案内。
1
ヤマレコでは
林道龍門谷線のUPが
皆無です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコでは
林道龍門谷線のUPが
皆無です。
1
自身の記録と
後続登山者のために
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自身の記録と
後続登山者のために
2
敢えて多めに(笑)。
この先 直進せず
右へ曲がります。
曲がる地点には
何らマーク印はありません。
くれぐれも
注意してください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敢えて多めに(笑)。
この先 直進せず
右へ曲がります。
曲がる地点には
何らマーク印はありません。
くれぐれも
注意してください。
2
曲がって暫く登ると
初めて赤テープ発見。
安心します(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲がって暫く登ると
初めて赤テープ発見。
安心します(笑)。
6
このあと
踏み跡が明確になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと
踏み跡が明確になりました。
タイミングよく赤テープ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイミングよく赤テープ。
1
あとは安心です。
先週の地獄谷ルートでは
悪戦苦闘しましたが
本日はいい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは安心です。
先週の地獄谷ルートでは
悪戦苦闘しましたが
本日はいい感じです。
1
左手に
「登山道ルート」の案内。
親切です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に
「登山道ルート」の案内。
親切です。
前方に赤テープ。
もうすぐの予感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に赤テープ。
もうすぐの予感。
ダイトレに合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレに合流します。
3
振り返って。
右から登って来ました。
左は紀見峠方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って。
右から登って来ました。
左は紀見峠方面。
1
行者杉に到着。
未踏破ルートを
制覇出来ました。
大好きなパイン飴で
余韻に浸ります(笑)。
ここまで3時間40分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者杉に到着。
未踏破ルートを
制覇出来ました。
大好きなパイン飴で
余韻に浸ります(笑)。
ここまで3時間40分。
14
見覚えあるのですが
のちほど調べます(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見覚えあるのですが
のちほど調べます(笑)。
5
千早峠で休憩です。
いつもの栄養補給です。
ここまで4時間30分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千早峠で休憩です。
いつもの栄養補給です。
ここまで4時間30分。
6
高谷山 標高934.8叩
後ろの景色も良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷山 標高934.8叩
後ろの景色も良かったです。
2
このあと
中葛城山に行く手前の
ビューポイントで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと
中葛城山に行く手前の
ビューポイントで。
10
なんとかスミレ。
これも後で調べます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかスミレ。
これも後で調べます。
12
中葛城山。
久しぶりです。
好きな地点なんです(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中葛城山。
久しぶりです。
好きな地点なんです(笑)。
6
金剛山キャンプ場で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山キャンプ場で。
9
いつものビューポイント。
葛城山が今日もくっきり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものビューポイント。
葛城山が今日もくっきり。
2
本日は12℃でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は12℃でした。
4
山頂に到着。
ここまで7時間でした。
次ルート調査に
時間を要しました。
今までで一番 
頑張りました(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
ここまで7時間でした。
次ルート調査に
時間を要しました。
今までで一番 
頑張りました(笑)。
33
遅い昼食です。
いつもの手作り🍙
舞茸昆布乗せ。
おかずは玉子焼きに
ウィンナーと沢庵。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い昼食です。
いつもの手作り🍙
舞茸昆布乗せ。
おかずは玉子焼きに
ウィンナーと沢庵。
18
久しぶりに
カップヌードルです。
たいへん美味しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに
カップヌードルです。
たいへん美味しかった。
17
このあと温かい珈琲。
山頂広場下です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと温かい珈琲。
山頂広場下です。
6
下山は超簡単な千早本道で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は超簡単な千早本道で。
4
本日 このルートを
制覇出来ました。
左にまだ林道越木谷線が
控えています。
これもやっつけねば(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日 このルートを
制覇出来ました。
左にまだ林道越木谷線が
控えています。
これもやっつけねば(笑)。
7

感想/記録

気になるルートの調査を兼ねて 
金剛山周辺ルートを調べてきました。
お陰様で行かねばならないルートの概要が判明し
満足万蔵の一日でした。 たくさん遊んできましたー(笑)。
訪問者数:454人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ