また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2131068 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

光岳

日程 2019年11月30日(土) 〜 2019年12月01日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道251号線経由で矢筈トンネルを通過し国道152号線(秋葉街道)に出る。上島トンネル東口に南アルプス登山口の案内板があり、それに従い遠山川添いの林道を奥まで行くと芝沢ゲートに着く。隣接駐車場有。20台程駐車可。
林道崩壊により易老渡や最奥の便ガ島に車では入れません。
林道脇に登山者用迂回路があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間43分
休憩
19分
合計
12時間2分
S芝沢ゲート05:3909:29面平14:01易老岳14:1915:54三吉平15:5517:41県営光岳小屋
2日目
山行
8時間54分
休憩
4分
合計
8時間58分
県営光岳小屋07:0014:33面平14:3715:58易老渡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は整備され、概ね危険個所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

5:50 芝沢ゲート駐車場到着。まだ星がいっぱい出てました。
コンデジでうまく撮影できないので目に焼き付ける。綺麗だったなぁ〜久しぶりに見る。
2019年11月30日 05:53撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:50 芝沢ゲート駐車場到着。まだ星がいっぱい出てました。
コンデジでうまく撮影できないので目に焼き付ける。綺麗だったなぁ〜久しぶりに見る。
1
芝沢ゲート、これより先は車は入れません。
林道歩き(約5キロ)を余儀なくさせられます。
この林道歩きが一日の行程を左右します。6時出発は遅かった。
2019年11月30日 05:55撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲート、これより先は車は入れません。
林道歩き(約5キロ)を余儀なくさせられます。
この林道歩きが一日の行程を左右します。6時出発は遅かった。
1
夜が明けてきました。落ち葉ロードになってました。
林道は結構いいペースで歩けました。
2019年11月30日 07:06撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきました。落ち葉ロードになってました。
林道は結構いいペースで歩けました。
林道を1時間半歩き易老渡登山口に到着。
易老岳まで4.8キロとあります。4.8キロ意外や曲者でした。
5時間とみてましたが・・・
2019年11月30日 07:23撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を1時間半歩き易老渡登山口に到着。
易老岳まで4.8キロとあります。4.8キロ意外や曲者でした。
5時間とみてましたが・・・
吊り橋ですが、鉄の網橋なのでちょっと足がすくみます。
クマ出没注意喚起あり。この日唯一の先行者が川べりで熊を見たそうな。そうとは知らずワクワクしながら無防備に歩き出す。
2019年11月30日 07:24撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋ですが、鉄の網橋なのでちょっと足がすくみます。
クマ出没注意喚起あり。この日唯一の先行者が川べりで熊を見たそうな。そうとは知らずワクワクしながら無防備に歩き出す。
1
うっすらと雪が出始めました。
山頂はどれほど積もっているか想像しながら( ^ω^)・・・
ワクワク!
2019年11月30日 09:38撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと雪が出始めました。
山頂はどれほど積もっているか想像しながら( ^ω^)・・・
ワクワク!
山火事注意のリス君しるべ
2019年11月30日 09:43撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山火事注意のリス君しるべ
面平にやっとこさ到着。
2019年11月30日 09:44撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面平にやっとこさ到着。
面平 大きな檜が伐採されず残っていました。
かつては、森林鉄道も引かれて林業が盛んな様でした。
檜があると神社の境内のように厳かな雰囲気ですね。
2019年11月30日 09:45撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面平 大きな檜が伐採されず残っていました。
かつては、森林鉄道も引かれて林業が盛んな様でした。
檜があると神社の境内のように厳かな雰囲気ですね。
易老岳と面平間が
いったいいくつまであるのかな?
2019年11月30日 10:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳と面平間が
いったいいくつまであるのかな?
標高1800m
易老渡まで2.4キロ
易老岳まで2.4キロ 稜線までは半分来たね。
しかしもうじき11時になるよ。
2019年11月30日 10:58撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1800m
易老渡まで2.4キロ
易老岳まで2.4キロ 稜線までは半分来たね。
しかしもうじき11時になるよ。
相方が失速しだす。一足先に休憩します。
重装備のザックは重い‼水分2Lと350㎖の水筒を持参。
2019年11月30日 10:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相方が失速しだす。一足先に休憩します。
重装備のザックは重い‼水分2Lと350㎖の水筒を持参。
樹間より聖岳が覗く。初対面です。
カッコイイ〜!(^^)!
疲れが飛ぶ瞬間‼
2019年11月30日 12:55撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間より聖岳が覗く。初対面です。
カッコイイ〜!(^^)!
疲れが飛ぶ瞬間‼
3
2254m三角点
2019年11月30日 12:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2254m三角点
三角点の周りは、伐採されてます。
日あたりを見つけて立って休む。
そして、相方を待つ。(いつもより不調の様です。)
2019年11月30日 12:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の周りは、伐採されてます。
日あたりを見つけて立って休む。
そして、相方を待つ。(いつもより不調の様です。)
易老岳まであと1キロ。まだ1キロ。
この1キロはあまり気にならなかった。
2019年11月30日 13:21撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳まであと1キロ。まだ1キロ。
この1キロはあまり気にならなかった。
また樹間より聖岳
2019年11月30日 13:37撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また樹間より聖岳
1
聖のアップ!
2019年11月30日 13:38撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖のアップ!
5
南岳か?上河内か?わかんな〜い(´▽`)
2019年11月30日 13:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳か?上河内か?わかんな〜い(´▽`)
面平㉙易老岳
2019年11月30日 13:58撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面平㉙易老岳
易老岳やっと到着。
14:06分です。やっちまいました。失速です。
2019年11月30日 14:06撮影 by TONE e19, WIKO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳やっと到着。
14:06分です。やっちまいました。失速です。
1
易老岳は展望ありません。
三角点もありません。稜線の通過地点の様なところです。
2019年11月30日 14:06撮影 by TONE e19, WIKO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳は展望ありません。
三角点もありません。稜線の通過地点の様なところです。
1
易老岳山頂部。
2019年11月30日 14:06撮影 by TONE e19, WIKO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老岳山頂部。
静岡県側の標柱
2019年11月30日 14:07撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡県側の標柱
長野県側の標柱
展望もないので休憩もそこそこに急ぎます。日没前に何とか小屋に着きたい‼
2019年11月30日 14:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野県側の標柱
展望もないので休憩もそこそこに急ぎます。日没前に何とか小屋に着きたい‼
1
クリスマスツリーがいっぱい〜(*^^*)
2019年11月30日 14:30撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリスマスツリーがいっぱい〜(*^^*)
イザルガ岳が見えてきた。しかし遠いな〜(*_*;
疲労と焦燥が少し・・・
2019年11月30日 14:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳が見えてきた。しかし遠いな〜(*_*;
疲労と焦燥が少し・・・
三吉ガレの手前のビューポートより恵那山
2019年11月30日 14:51撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉ガレの手前のビューポートより恵那山
1
遠くに御嶽山も確認。
隕石が落ちたクレーターはどこかな〜
2019年11月30日 14:51撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに御嶽山も確認。
隕石が落ちたクレーターはどこかな〜
御嶽山とクレーターは右のくぼみかなぁ〜?
2019年11月30日 14:52撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山とクレーターは右のくぼみかなぁ〜?
中央アルプスもくっきり見えます。!(^^)!
ここに来なければ見れない景色です。中央を見るビューですね。
感激しました。肉眼ではもっと綺麗に見えます。長く居たいが・・・先を急ぎます。
2019年11月30日 14:52撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスもくっきり見えます。!(^^)!
ここに来なければ見れない景色です。中央を見るビューですね。
感激しました。肉眼ではもっと綺麗に見えます。長く居たいが・・・先を急ぎます。
1
兎岳ですかねぇ
2019年11月30日 14:54撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳ですかねぇ
1
三吉ガレ
2019年11月30日 15:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉ガレ
ガレ場も雪があればもふもふです。吹き溜まりで唯一足を取られたところです。
2019年11月30日 15:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場も雪があればもふもふです。吹き溜まりで唯一足を取られたところです。
暫く進むと池が現る。凍ってます。
2019年11月30日 15:12撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く進むと池が現る。凍ってます。
こちらの池も凍ってます。時間がないので急ぎます。
何とか日没前に小屋まで行きたい!
2019年11月30日 16:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの池も凍ってます。時間がないので急ぎます。
何とか日没前に小屋まで行きたい!
2
写真撮る間もなく急ぎました。ここを登りきるとイザルガ岳との分岐です。しかし段々日が沈む。へっ電を出す。
こののち分岐に出て日没となりました。先行者のトレースがあったので、それを頼りに三日月の夜空のもと一人で光小屋まで行きました。相方は常に20分遅れでした。相方が気になるが、先に行けとのことだったので自分のペースで急ぎました。でなければ遭難?風がなくてよかった。吹雪なら小屋を目の前にして遭難?トレースがなかったらもっと時間がかかっていた。光小屋に居る先行者の明かりがぽつんと闇夜に光り、その明かりがどんなに心強かったか。こののち闇夜を進んで小屋までたどり着きました。
疲労で写真は撮ってません。余裕なしです。相方も20分後に無事到着でした。安堵。
2019年11月30日 16:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮る間もなく急ぎました。ここを登りきるとイザルガ岳との分岐です。しかし段々日が沈む。へっ電を出す。
こののち分岐に出て日没となりました。先行者のトレースがあったので、それを頼りに三日月の夜空のもと一人で光小屋まで行きました。相方は常に20分遅れでした。相方が気になるが、先に行けとのことだったので自分のペースで急ぎました。でなければ遭難?風がなくてよかった。吹雪なら小屋を目の前にして遭難?トレースがなかったらもっと時間がかかっていた。光小屋に居る先行者の明かりがぽつんと闇夜に光り、その明かりがどんなに心強かったか。こののち闇夜を進んで小屋までたどり着きました。
疲労で写真は撮ってません。余裕なしです。相方も20分後に無事到着でした。安堵。
3
翌朝はゆっくりして7時半ごろ小屋を出て光岳に到着。
2019年12月01日 08:00撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝はゆっくりして7時半ごろ小屋を出て光岳に到着。
1
光岳は展望ありません。
2019年12月01日 08:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳は展望ありません。
1
一応記念写真。
昨日の出来事もあり、気分は神妙です。
2019年12月01日 08:02撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応記念写真。
昨日の出来事もあり、気分は神妙です。
4
もう1枚。笑えない。
2019年12月01日 08:02撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1枚。笑えない。
御料局 三角点とあります。
戦前は天皇家の御料地だった証拠ですね。
現在は一般市民も登山を楽しめます。というか、皇族方にとっては敷居が高いのではないでしょうか?
2019年12月01日 08:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御料局 三角点とあります。
戦前は天皇家の御料地だった証拠ですね。
現在は一般市民も登山を楽しめます。というか、皇族方にとっては敷居が高いのではないでしょうか?
1
今年初の樹氷
2019年12月01日 08:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年初の樹氷
1
しらびそに着く樹氷!
2019年12月01日 08:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しらびそに着く樹氷!
1
しらびそ樹氷をUPで!
2019年12月01日 08:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しらびそ樹氷をUPで!
1
光岳の由来となったテカリ石を見に行くことにします。
2019年12月01日 08:10撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳の由来となったテカリ石を見に行くことにします。
テカリ石です。海底にあった石灰岩だそうです。
山麓から見るとこの石が光って見えるので光岳というんだそうです。上に登りましたがガスガスでした。
2019年12月01日 08:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テカリ石です。海底にあった石灰岩だそうです。
山麓から見るとこの石が光って見えるので光岳というんだそうです。上に登りましたがガスガスでした。
4
山肌は凍っています。
2019年12月01日 08:21撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌は凍っています。
凍ってます。
2019年12月01日 08:23撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍ってます。
カラーで撮影してるのにグレーです。
2019年12月01日 08:24撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラーで撮影してるのにグレーです。
しらびそ
2019年12月01日 08:25撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しらびそ
小屋に戻りました。手前はテント場 4張程度。
2019年12月01日 08:54撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に戻りました。手前はテント場 4張程度。
光小屋正面
2019年12月01日 08:57撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光小屋正面
冬季は2階が入り口になります。
光岳を修めたので帰ることにします。
2019年12月01日 09:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季は2階が入り口になります。
光岳を修めたので帰ることにします。
センジガ原
2019年12月01日 09:06撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジガ原
真っ白なセンジガ原
2019年12月01日 09:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白なセンジガ原
1
イザルガ岳の分岐 登りに行きます。
2019年12月01日 09:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳の分岐 登りに行きます。
この中をすり抜けていきます。絶景に感動!
先行者はイザルガ岳に寄らなかったみたいです。
まっさらなイザルガ岳をいただきます。嬉しい!
2019年12月01日 09:18撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この中をすり抜けていきます。絶景に感動!
先行者はイザルガ岳に寄らなかったみたいです。
まっさらなイザルガ岳をいただきます。嬉しい!
2
ここもまっすぐすり抜けていきます。
最高にいい気分!まっさらのモフモフ(^^♪
2019年12月01日 09:20撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもまっすぐすり抜けていきます。
最高にいい気分!まっさらのモフモフ(^^♪
1
いよいよイザルガ岳です。
2019年12月01日 09:26撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよイザルガ岳です。
イザルガ岳の山頂は360度の好展望!
2019年12月01日 09:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳の山頂は360度の好展望!
1
イザルガ岳2540m
2019年12月01日 09:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳2540m
2
左より兎岳、聖岳、赤石岳、上河内岳
2019年12月01日 09:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左より兎岳、聖岳、赤石岳、上河内岳
1
手前の尾根が登ってきた尾根です。
勿論、聖岳と兎岳!
2019年12月01日 09:30撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の尾根が登ってきた尾根です。
勿論、聖岳と兎岳!
2
雲の流れが速い
2019年12月01日 09:30撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の流れが速い
お世話になったテカリ小屋。とってもありがたい小屋です。
今年で経営者が引退されたそうで、今、募集中だそうです。
2019年12月01日 09:32撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になったテカリ小屋。とってもありがたい小屋です。
今年で経営者が引退されたそうで、今、募集中だそうです。
1
光岳にガスが〜
2019年12月01日 09:32撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳にガスが〜
イザルガ岳の南方に樹氷林
2019年12月01日 09:33撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳の南方に樹氷林
証拠写真
この景色に気が晴れる。
2019年12月01日 09:34撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
証拠写真
この景色に気が晴れる。
3
もう1枚 笑顔が戻りました。
360度の展望と初冠雪の名峰と澄んだ青空。
これに勝るものはなし。
2019年12月01日 09:34撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1枚 笑顔が戻りました。
360度の展望と初冠雪の名峰と澄んだ青空。
これに勝るものはなし。
7
光岳のガスがもうじき開きます
2019年12月01日 09:35撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳のガスがもうじき開きます
ほらっ!顔出した(*^^)v
2019年12月01日 09:38撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほらっ!顔出した(*^^)v
聖岳、何度も見てしまう(^-^)
2019年12月01日 09:39撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳、何度も見てしまう(^-^)
2
これはどこだったか?
茶臼岳と仁田岳のようです。
2019年12月01日 09:39撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはどこだったか?
茶臼岳と仁田岳のようです。
イザルガ岳の這松
2019年12月01日 09:42撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イザルガ岳の這松
名残惜しいね。さて、気を引き締めて来た長い道のりを帰ります。
2019年12月01日 09:46撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいね。さて、気を引き締めて来た長い道のりを帰ります。
この谷を登るとイザルガ岳の分岐のセンジガ原に出ます。
1番の難所でした。稜線歩きから、突然、谷歩きになるところ。
今は、ここを降りてきたところ。
昨日は写真を撮る余裕がなかった。
2019年12月01日 10:37撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この谷を登るとイザルガ岳の分岐のセンジガ原に出ます。
1番の難所でした。稜線歩きから、突然、谷歩きになるところ。
今は、ここを降りてきたところ。
昨日は写真を撮る余裕がなかった。
易老渡から光岳のピストンなので一気に下りてきました。
面平より下はコナラ、ミズナラ、ブナの林です。すっかり葉が落ち明るい疎林となってます。
2019年12月01日 14:47撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
易老渡から光岳のピストンなので一気に下りてきました。
面平より下はコナラ、ミズナラ、ブナの林です。すっかり葉が落ち明るい疎林となってます。
斜陽がよく当たり気持ちがよい。黄葉が綺麗だったでしょうね。
2019年12月01日 14:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜陽がよく当たり気持ちがよい。黄葉が綺麗だったでしょうね。
この道は、長野側の集落と静岡側の集落を繋いでいた峠道だったそうです。昔の人はすごいね。急登でした。
2019年12月01日 14:50撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は、長野側の集落と静岡側の集落を繋いでいた峠道だったそうです。昔の人はすごいね。急登でした。
いろんな形の落ち葉を集めてみました。
なんとなく分かるけど、自信がないから調べて名前を後日載せるかも。
2019年12月01日 15:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろんな形の落ち葉を集めてみました。
なんとなく分かるけど、自信がないから調べて名前を後日載せるかも。
登山口付近まで来ました。見覚えのある苔。
2019年12月01日 16:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近まで来ました。見覚えのある苔。
もうじき出口です。
2019年12月01日 16:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうじき出口です。
登山口に無事戻りました。橋を渡ると林道です。
しかし、まだまだ林道歩きがあるよ。
2019年12月01日 16:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に無事戻りました。橋を渡ると林道です。
しかし、まだまだ林道歩きがあるよ。
橋から遠山川を覗くと赤い石があります。
赤石山脈の由縁だとわかります。これも海底にあった石ですね。
写真では色が分かりづらいですね。
2019年12月01日 16:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋から遠山川を覗くと赤い石があります。
赤石山脈の由縁だとわかります。これも海底にあった石ですね。
写真では色が分かりづらいですね。
芝沢ゲートです。無事戻りました。
すっかり暗くなりました。長かった〜
2019年12月01日 17:44撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝沢ゲートです。無事戻りました。
すっかり暗くなりました。長かった〜
駐車場は誰もいません。
お疲れさまでした。
2019年12月01日 17:45撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は誰もいません。
お疲れさまでした。
1

感想/記録

初冬の光岳を楽しむという名目で、相方も光岳は未踏とあり、不安な面もありましたが、標高も2500mということと初冬であり冷え込みも緩い今の時期に行きましょうということで出かけました。
 南アルプスの急登を甘く見ていたのがもろに出ました。林道を含めると距離も長く覚悟をしていたが、テカリ小屋に着いたのは日没を過ぎました。センジガ原に出る前の谷筋の急登が一番の難所で、ここで日没の気配、あと30分なんだが、待ってくれないかなぁ〜と焦る。センジガ原に出る緩い原っぱに出たところで日没となる。暗くなるのは早く三日月と星が出るが、夜空の明かりは頼りなくも見える。満月ならもっと明るいのにとあきらめる。歩き出すと不安もあるが慣れてくるのか夜空にちらちら光る雪面もなかなかの風情がある。風は微風が少しだけ出てきた。内心、強風でなくてよかった。吹雪でなくてよかった。と天気に恵まれたことに感謝した。そして先行パーティー2人組がいてトレースがあったことがまたまた、私を強気にした。
相方が常に20分ペース遅れであったことが気になった。待ってはみても20分の距離は長く姿が見えず呼んでも返事がない。相方は、調子が悪くまさかの失速である。先に行っててくれというが・・・
 何かあったらどうしようと、悪い事態も頭によぎり、こういう場合は、立ち止まると私も凍死するのでまず歩くことにする。もう10分程度で小屋に着くので行って待つことにした。とにかく一人は助からねばと・・・私は冷たい人間なのだろうか?しかし歩幅が合わないのである・・・2500m付近暗い夜空と月明かりに光る雪面の中。
 幸いにして相方は20分遅れで無事小屋に着きました。
 
訪問者数:409人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ