また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2134367 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

二上山 祐泉寺尾根〜大岩〜古墳コース(+どんずる峰)

日程 2019年12月07日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り (高曇りで視界あり)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
山口神社駐車場(無料)に停めました。土曜の9時過ぎで全数空き。
満杯の時は少し手前に、ゆうあいステーション第二駐車場(無料)があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間43分
休憩
1時間21分
合計
5時間4分
S傘堂09:1509:18大池09:2409:35祐泉寺09:3609:53祐泉寺尾根の大岩10:18二上山 雌岳10:3410:40馬の背10:4110:54出逢いの広場11:1911:22二上山11:2312:02大岩12:1412:33鳥谷口古墳12:3912:44當麻山口神社12:4512:49傘堂12:5413:15屯鶴峯入口(ダイヤモンドトレール起点)13:1713:56屯鶴峯地下壕14:0114:16屯鶴峯入口(ダイヤモンドトレール起点)14:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.二上山

・祐泉寺〜祐泉寺尾根〜雌岳
 尾根の入口が判りにくいので注意。全体に細尾根で、急坂です。落葉で滑りやすいので、足元注意。急ですが、時間的には短い。

・雌岳〜雄岳
 一般登山道。危険個所はありません。道標あり。
 今回は「出逢い広場」経由の裏道を通ったので、メインルートではありません。道はしっかりついていますが、表示は無し。

・雄岳〜大岩〜古墳〜大池
 雄岳途中から大岩へ向かう場合は、標識がありませんのでルートファインディングが必要です。道はしっかりしていますが、枝道多く迷いやすい。迷ってもどこか違う所にでるだけで、心配は要りません。急坂もあるので、足元は注意が必要です。テープに僅かな表示あり。見逃さないように。

2.どんずる峰

・観光地です。
 道に沿って歩けば特別危険な所はありませんが、岩上の歩行は転落の危険があり注意。
 奥へ進むと道標などはなく、テープが頼り。先の見通せない枝道多く、慣れない方は林の中に入り込まない方が賢明。
その他周辺情報トイレはゆうあいステーション、大池、馬の背にあります。
ゆうあいステーションには食堂、入浴施設あり。

どんずる峰駐車場にトイレあり。

写真

大池から二上山。曇り空が残念だが、水面の二上山がクッキリ。
2019年12月07日 09:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池から二上山。曇り空が残念だが、水面の二上山がクッキリ。
3
祐泉寺の紅葉はほとんど散っている。
2019年12月07日 09:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祐泉寺の紅葉はほとんど散っている。
3
祐泉寺尾根尾根に向かって。
2019年12月07日 09:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祐泉寺尾根尾根に向かって。
尾根は落ち葉が一杯。
2019年12月07日 09:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は落ち葉が一杯。
1
途中から岩道が出てくる。
2019年12月07日 09:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から岩道が出てくる。
開けて来ると、奈良盆地が見える。
2019年12月07日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けて来ると、奈良盆地が見える。
1
正面に二上山(左が雌岳、右が雄岳)
2019年12月07日 09:48撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に二上山(左が雌岳、右が雄岳)
1
もう少し登ると。
2019年12月07日 09:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し登ると。
祐泉寺尾根の大岩(仮称)に到着。
2019年12月07日 09:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祐泉寺尾根の大岩(仮称)に到着。
3
道はさらに続く。
2019年12月07日 09:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はさらに続く。
石垣跡。上は平たん地で、昔は何かの建物があったのかも。山頂まであと少しだが、急坂は続く。
2019年12月07日 10:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣跡。上は平たん地で、昔は何かの建物があったのかも。山頂まであと少しだが、急坂は続く。
東屋通過すると、雌岳が目前。
2019年12月07日 10:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋通過すると、雌岳が目前。
1
雌岳に到着。いつもの三角点タッチ。
2019年12月07日 10:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌岳に到着。いつもの三角点タッチ。
4
全員で記念撮影。奈良側、大阪側とも高曇りで視界は良好でした。
2019年12月07日 10:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全員で記念撮影。奈良側、大阪側とも高曇りで視界は良好でした。
6
モチツツジ。
2019年12月07日 10:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モチツツジ。
2
馬の背に降ります。正面に雄岳。
2019年12月07日 10:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背に降ります。正面に雄岳。
1
馬の背から雄岳に向かいます。
2019年12月07日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背から雄岳に向かいます。
1
ここでルートを外れて、裏道へ。
2019年12月07日 10:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでルートを外れて、裏道へ。
出逢いの広場で、少し早いですが昼食タイム。
大阪側を見ながらゆっくりと。
2019年12月07日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出逢いの広場で、少し早いですが昼食タイム。
大阪側を見ながらゆっくりと。
1
六甲山、関西空港、淡路島など、曇りの割には良く見えていました。
2019年12月07日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲山、関西空港、淡路島など、曇りの割には良く見えていました。
2
昼食後は雄岳を目指します。左手へ進む。
2019年12月07日 11:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後は雄岳を目指します。左手へ進む。
数分で雄岳山頂。ここでも記念撮影。
2019年12月07日 11:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数分で雄岳山頂。ここでも記念撮影。
4
山頂の大津皇子の墓にはたくさんの登山者。我々は人の少ない大岩コースへ逃げます。
2019年12月07日 11:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の大津皇子の墓にはたくさんの登山者。我々は人の少ない大岩コースへ逃げます。
途中にあったムラサキシキブの実。もう終わりが近い。
2019年12月07日 11:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあったムラサキシキブの実。もう終わりが近い。
2
大岩から奈良側を見下ろす。
2019年12月07日 12:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩から奈良側を見下ろす。
1
大岩から。
2019年12月07日 12:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩から。
3
下りは少し戻って、古墳コースへ。
2019年12月07日 12:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは少し戻って、古墳コースへ。
この表示が目印。途中分岐もあるので注意。
2019年12月07日 12:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示が目印。途中分岐もあるので注意。
鳥谷口古墳そばには最後の紅葉。
2019年12月07日 12:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥谷口古墳そばには最後の紅葉。
2
こちらにも。
2019年12月07日 12:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらにも。
2
傍を通った年長者から、鳥谷口古墳の由来などのお話が聞けました。感謝。
2019年12月07日 12:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傍を通った年長者から、鳥谷口古墳の由来などのお話が聞けました。感謝。
1
二上山からどんずる峰へ移動。
2019年12月07日 13:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二上山からどんずる峰へ移動。
1
皆さん、どんずる峰は初めて。
2019年12月07日 13:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん、どんずる峰は初めて。
2
展望所までは階段があります。
2019年12月07日 13:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所までは階段があります。
1
白い奇岩が折り重なっています。
2019年12月07日 13:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い奇岩が折り重なっています。
3
どこでも歩けますが、足元には注意。
2019年12月07日 13:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでも歩けますが、足元には注意。
4
どんずる峰から二上山が見えます。奥は林の中の道。枝道多く迷路のよう。現在地が判らなくなります。途中でGPSが活躍。
2019年12月07日 13:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんずる峰から二上山が見えます。奥は林の中の道。枝道多く迷路のよう。現在地が判らなくなります。途中でGPSが活躍。
3
探し当てた地下壕トンネル跡。中は水が溜まっているので、奥には入らず。帰り道も枝道あって、ルーファイ必要です。
2019年12月07日 13:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
探し当てた地下壕トンネル跡。中は水が溜まっているので、奥には入らず。帰り道も枝道あって、ルーファイ必要です。
3
どんずる峰入口にある、ダイヤモンドトレールの出発点(起点)。
2019年12月07日 14:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんずる峰入口にある、ダイヤモンドトレールの出発点(起点)。
2

感想/記録
by abek3

 先週に下見した二上山祐泉寺尾根へ、山岳部のメンバー4人をご案内。同年代の男4人でワイワイ言いながら、山歩きを楽しんで来ました。
 天気は曇り空でしたが視界が遠くまで効き、雪を被った大峰や大台の山々を見通す事が出来て満足です。紅葉もほぼ終わりの二上山でしたが、風もなくほどよい気候で歩きやすかったです。

 時間があったのでメンバー3人が初めてという、どんずる峰もついでに。久しぶりのどんずる峰は、奥に入ると迷路の館。行き慣れた筈のトンネル跡(地下壕)も、道の記憶があいまいで探索しないとたどり着けず。帰路はGPSが活躍。短い歩行でしたが、ちょっとだけルーファイも楽しめました。
訪問者数:194人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ