また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2144483 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

北岳(夜叉神から広河原)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年12月12日(木) ~ 2019年12月14日(土)
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.0~2.1(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間27分
休憩
19分
合計
8時間46分
S夜叉神峠登山口07:0907:36西口登山口08:43鷲ノ住山08:4511:17アルキ沢橋BS11:3415:41池山15:55池山御池小屋
3日目
山行
8時間40分
休憩
59分
合計
9時間39分
ボーコン沢ノ頭05:0807:13八本歯のコル07:2410:18大樺沢二俣10:4311:31白根御池小屋11:5114:19白根御池分岐14:2014:44広河原山荘14:4614:47広河原・吊り橋分岐G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報登山後は白根天笑閣 アルカリ濃度日本二位の温泉だったはず
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

装備

備考 池山御池小屋までは水を持って上がるべきだった

写真

鷲ノ住山 登山口の案内がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲ノ住山 登山口の案内がある
1
あれが吊橋かと見間違える もっと遠くにある橋だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが吊橋かと見間違える もっと遠くにある橋だった
水を汲もうとすると上から降ってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を汲もうとすると上から降ってくる
あるき沢橋バス停と登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あるき沢橋バス停と登山口
鳳凰三山のどれか 既に日暮れのように暗い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山のどれか 既に日暮れのように暗い
1
久しぶりに太陽を拝むと池山山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに太陽を拝むと池山山頂
2日目 視界が開けたので撮る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目 視界が開けたので撮る
1
額縁効果を狙って撮る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
額縁効果を狙って撮る
1
ボーコン沢ノ頭 この先は積雪あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボーコン沢ノ頭 この先は積雪あり
1
八本歯のコル手前 遭難碑があるところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八本歯のコル手前 遭難碑があるところ
踏み跡があるので辿る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡があるので辿る
1
標識が見えると安堵する
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識が見えると安堵する
1
3日目 遭難碑のところで風が収まるのを待ちながら撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目 遭難碑のところで風が収まるのを待ちながら撮影
3
太陽が出れば風が収まると そう願うしかない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が出れば風が収まると そう願うしかない
2
間ノ岳を撮るがブレる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳を撮るがブレる
2
降りてきた大樺沢から見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた大樺沢から見上げる
2
こう見ると雪少なげであるが、岩の間を踏み抜いて歩きづらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こう見ると雪少なげであるが、岩の間を踏み抜いて歩きづらい
1

感想/記録
by nori67

A4夜叉神峠に着 気温5度程度で熟睡し寝過ごす。ゲート前に工事車両が待っていて、案の定トンネル途中で迷惑をかける。鷲ノ住山は落ち葉で滑る。野呂川吊橋を渡ったところ、林道に上がる手前が難所。幅が狭く荷物を背負っての登りになる。予想通りスリップして負傷、もう帰りたくなる。あるき沢手前に水場、歩いて間もなく登山口 すぐ急登でペースダウン 標高1900あたり幕営適地 ホコリが出るキノコを見つける 倒木多い。予定を小屋泊に切り替えるが周りに積雪が無い。小屋は8〜10畳ほどの広さか 気温0度ほどで音も無く熟睡。
2日目、暗いうちに出発するが、倒木で案の定ルートロス 靴にチェーンを着ける。城峰を過ぎて幕営適地 稜線に出ると見晴らしが良い 携帯の電波を拾う いつの間にか砂払は過ぎていた。ルート分からずハイマツの上を歩くが、踏み抜いてとてもじゃないが登れない。軽身ならば行けるかと考えて、途中登りの手前でテントを設営 同時に雪を融かして水を補給。結果的にそこがボーコン沢ノ頭直下であった ボーコン沢ノ頭は広く、ケルンに書いてある方角(来た方向)を覚えておく。積雪があるがズボ抜いて歩きにくい 自らのトレースで帰りのルートを印しておく。小さいピークを左から巻いて登ると遭難碑あり、そこでアイゼン着
八本歯のコルは今の時期は容易かった。ザック無しなら前向きでも降りられる 岩を巻く時は北側に歩いて巻く 巻くルートの雪は踏み固める(ステップが崩れる)残置スリングがあるところは遠慮なく利用させてもらう
吊尾根分岐から先は風が強い。バラクラバを残してきて後悔した 夏道の柵が見えるので沿って歩くが、しばらくすると夏道は雪に埋もれている。クラストした雪壁を直登するが雪に滑り面がある この上に乗ったならば雪ごと落ちると判断 右に移動し岩を上がり尾根伝いに歩く これが正解のようだ。東側に雪庇が育っている 眺めが良く、平坦になればすぐ山頂。
山頂は風があり慌てて戻る 八本歯のコルを過ぎたころ暗くなる。暗闇の中を真っ白なライチョウが横切る。誰かのトレースを見つける ひょっとすると山荘に向かったのかと思う

3日目 A3に富士山を見るとライトの列が見える 月明りが眩しく天候も良いが風が続く おそらく稜線は風速15メートル超と思われる。今日で撤収を決めるが、来た道を戻るのはうんざりなので大樺沢を降りるルートにする 結果的にこれが間違い。遭難碑の手前で撮影タイムと名ばかりの、風が収まるのを待つ。日の出と同時に風が一瞬収まり、八本歯のコルを急いで通過する。分岐の先を下り、本来なら木の階段があるところに沿って降りる 雪を踏み抜く度に心が折れる これがモナカ雪か。谷の中を歩くのは誤り、左岸をトラバースするのが正解かと思われる 案内板を見つけて白根御池小屋方向へ。樹林帯でも風が強く、砂防ダムの水が風で逆流するのを見る

広河原から夜叉神峠に向かって林道を歩いていると、途中で工事をされていた方々に車で拾ってもらった。まさかの出来事で、大変有難かった。いつか改めて御礼がしたいところ 3日ぶりに会った人の優しさでこれまでの辛さが吹き飛んだ
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:789人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ