また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2156572 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

京都市京北 4km離れた二つの黒尾山に行く筈だったが・・・

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年12月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ 時に雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
明石川を渡る橋の袂の余地に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
9分
合計
5時間13分
Sスタート地点07:4508:42貞任峠08:4509:32二等三角点 嶽山10:00人尾峠(人ノ尾峠)10:46黒尾山10:4711:49白岩山11:5412:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
峠に向かう道はほぼ崩壊。帰りに降りた殿谷沿いの林道も崩壊しまくりだった。
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

今日初めての現在地確認。
2019年12月28日 07:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日初めての現在地確認。
1
これから登って行く予定の貞任峠とP557の二等三角点の山、嶽山は雲に隠れたやまだろうか?
2019年12月28日 08:03撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登って行く予定の貞任峠とP557の二等三角点の山、嶽山は雲に隠れたやまだろうか?
3
こんな標識も有った。
2019年12月28日 08:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな標識も有った。
1
大きく蛇行する桂川の向こう岸は公園かな?
2019年12月28日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく蛇行する桂川の向こう岸は公園かな?
1
登り口は多分ここかなと入って行く。
2019年12月28日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口は多分ここかなと入って行く。
1
入った所は作業道だった。小さな谷を越えて南側に移る。
2019年12月28日 08:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入った所は作業道だった。小さな谷を越えて南側に移る。
古いがしっかりした道跡に出合う。
2019年12月28日 08:22撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いがしっかりした道跡に出合う。
しかしこれはどうだ。
2019年12月28日 08:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこれはどうだ。
なかなか進めない。
2019年12月28日 08:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか進めない。
2
やっと歩ける様になったが
2019年12月28日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと歩ける様になったが
先は崩壊。
2019年12月28日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は崩壊。
1
尾根を登って次の折り返しに到着。
2019年12月28日 08:41撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を登って次の折り返しに到着。
峠に着いた。
2019年12月28日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に着いた。
貞任峠(さだとうとうげ)にあった祠。
2019年12月28日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貞任峠(さだとうとうげ)にあった祠。
4
峠の道跡。
2019年12月28日 08:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の道跡。
祠の中には何故か石が祀られていた。
2019年12月28日 08:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の中には何故か石が祀られていた。
峠を西に越えると道路に出合う。そこにはかなり古い標識があった。貞任古道の頂上となっていた。
2019年12月28日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠を西に越えると道路に出合う。そこにはかなり古い標識があった。貞任古道の頂上となっていた。
1
道路沿いにあったもう一つの標識。
2019年12月28日 08:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路沿いにあったもう一つの標識。
1
尾根を乗り越える先まで行ってみたが左側の尾根へ登れる所は無かった。
2019年12月28日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を乗り越える先まで行ってみたが左側の尾根へ登れる所は無かった。
やむなく少し引き返してここから尾根に入る。
2019年12月28日 08:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やむなく少し引き返してここから尾根に入る。
尾根道を行く。
2019年12月28日 08:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を行く。
P520を巻いて先ず西の二等三角点に向かう。山頂まで林道が延びていた。流石北の山、この辺りで雪がチラチラしてきた。
2019年12月28日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P520を巻いて先ず西の二等三角点に向かう。山頂まで林道が延びていた。流石北の山、この辺りで雪がチラチラしてきた。
1
三角点の標石。ここはものの本によると嶽山となっていたが三角点名も山名も一枚の名板も付いて無かった。
2019年12月28日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の標石。ここはものの本によると嶽山となっていたが三角点名も山名も一枚の名板も付いて無かった。
3
とって返してP520標高点。
2019年12月28日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とって返してP520標高点。
少し平らな頂上。
2019年12月28日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し平らな頂上。
現在地を示すものはこのテープだけだった。
2019年12月28日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在地を示すものはこのテープだけだった。
2
ピークからは激下り。
2019年12月28日 09:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークからは激下り。
降り着いた峠の地蔵は地面に横たわってお休み中だった。ひだりの石は地蔵の台座だろうか。
2019年12月28日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降り着いた峠の地蔵は地面に横たわってお休み中だった。ひだりの石は地蔵の台座だろうか。
2
東から登って来る峠道。
2019年12月28日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東から登って来る峠道。
一枚だけ標識が付いていた。
2019年12月28日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚だけ標識が付いていた。
3
峠の乗越部分。
2019年12月28日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の乗越部分。
2
峠を過ぎ、尾根を登って行く。
2019年12月28日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠を過ぎ、尾根を登って行く。
やっと標高点。
2019年12月28日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと標高点。
P490標高点。
2019年12月28日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P490標高点。
山頂を示すのはこれだけだった。
2019年12月28日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を示すのはこれだけだった。
3
更に先の地図上に載ってないピークにも小ピーク550と付いていた。
2019年12月28日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に先の地図上に載ってないピークにも小ピーク550と付いていた。
2
黒尾山が近付いてきた。
2019年12月28日 10:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒尾山が近付いてきた。
1
黒尾山山頂。
2019年12月28日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒尾山山頂。
テープの標識。
2019年12月28日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープの標識。
2
それともう一枚がこれだった。
2019年12月28日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それともう一枚がこれだった。
4
またまた激下り。
2019年12月28日 10:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた激下り。
ここで道路に出る。
2019年12月28日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで道路に出る。
たかへいはし。
2019年12月28日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たかへいはし。
道路を越えて道の無い杉林の急斜面を登って行く。
2019年12月28日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を越えて道の無い杉林の急斜面を登って行く。
黒の次は白だろう。白岩山山頂は藪だった。
2019年12月28日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒の次は白だろう。白岩山山頂は藪だった。
1
藪の中に古い山名板が。
2019年12月28日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の中に古い山名板が。
3
藪の外側のテープにも。
2019年12月28日 11:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の外側のテープにも。
3
山名は岩が白いからだろうか。
2019年12月28日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名は岩が白いからだろうか。
2
谷に降りて道跡らしいのを辿る。
2019年12月28日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に降りて道跡らしいのを辿る。
古い崩れた林道に出た。
2019年12月28日 12:12撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い崩れた林道に出た。
林道から見上げたP515標高点は伐採跡がガードしていて気持ちが萎えた。
2019年12月28日 12:12撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から見上げたP515標高点は伐採跡がガードしていて気持ちが萎えた。
尾根を乗り越える道も見つけられずジャッケイイバラの地獄もあってこの後、殿谷沿いの崩壊しまくりの林道を辿って駐車地に逃げ帰る。あ〜あもう一つの黒尾山は遠かった。そして黒→白→黒の夢は破れた。
2019年12月28日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を乗り越える道も見つけられずジャッケイイバラの地獄もあってこの後、殿谷沿いの崩壊しまくりの林道を辿って駐車地に逃げ帰る。あ〜あもう一つの黒尾山は遠かった。そして黒→白→黒の夢は破れた。
5
撮影機材:

感想/記録
by yjin

今日は京北にある4km程離れた二つの黒尾山に行く筈だった。一寸した手違いで東に越える道を見つけられず殿谷沿いを降りる事となった。

全体として道の状態は良くなく思いの他時間がかかったし、チクチクと茨に引っかかって気持ちも萎えた。少し思案したがさっさと諦めて今年最後の山行を中途半端なまま終える事にした。2019年は一寸残念な締めくくりだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:254人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

乗越 林道 三角点 山行 出合 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ