また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2165349 全員に公開 雪山ハイキング 支笏・洞爺

七条大滝とモラップ山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候くもり時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
39分
合計
4時間31分
Sスタート地点07:3908:22七条大滝08:2509:02スタート地点09:0509:10スタート地点09:1310:40モラップ山11:1012:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 チェーンスパイク スマホGPS ツェルト

写真

まずは七条大滝へ。
国道と並行するサイクリングロードの奥に、七条大滝へ向かう林道があります。
林道ゲートには、各種看板やのぼりが賑やか。
2020年01月03日 07:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは七条大滝へ。
国道と並行するサイクリングロードの奥に、七条大滝へ向かう林道があります。
林道ゲートには、各種看板やのぼりが賑やか。
1
平坦で雪のない林道を歩くこと30分。
2020年01月03日 08:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦で雪のない林道を歩くこと30分。
林道脇の看板を過ぎてすぐ右手の脇道へ。
分岐に「七条大滝」の標識あります。
脇道を100ⅿほど進みます。
2020年01月03日 08:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の看板を過ぎてすぐ右手の脇道へ。
分岐に「七条大滝」の標識あります。
脇道を100ⅿほど進みます。
沢に降りる階段を下りていきます。
2020年01月03日 08:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に降りる階段を下りていきます。
1
沢に降りきった所に「七条大滝」の銘板がありました。
2020年01月03日 08:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に降りきった所に「七条大滝」の銘板がありました。
4
まだ水量が多く凍結していないようです。
厳寒期になれば迫力も増すでしょう。
2020年01月03日 08:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ水量が多く凍結していないようです。
厳寒期になれば迫力も増すでしょう。
11
林道を引き返して駐車場所へ。
案内標識の先、右手の広いスペースに車を停めましたが、作業車の転回所だったようです。
次はモラップ山に向かいます。
2020年01月03日 09:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を引き返して駐車場所へ。
案内標識の先、右手の広いスペースに車を停めましたが、作業車の転回所だったようです。
次はモラップ山に向かいます。
車に乗って1キロほど支笏湖畔側へ。
通行止めの林道前に駐車しました。
樽前山方向へのショートカットに使われる未舗装路の入口付近です。
2020年01月03日 09:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車に乗って1キロほど支笏湖畔側へ。
通行止めの林道前に駐車しました。
樽前山方向へのショートカットに使われる未舗装路の入口付近です。
この道は、冬期間通行止めだそうです。
2020年01月03日 09:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は、冬期間通行止めだそうです。
3
林道を20分ほど歩き、二つ目のクランク状に曲がる箇所を過ぎたあたりから緩やかな尾根に取り付きました。
2020年01月03日 09:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を20分ほど歩き、二つ目のクランク状に曲がる箇所を過ぎたあたりから緩やかな尾根に取り付きました。
積雪はうっすらですが、地面は固く藪もなし。
チェーンスパイクで快適に進みます。
2020年01月03日 09:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はうっすらですが、地面は固く藪もなし。
チェーンスパイクで快適に進みます。
1
尾根が明瞭になり、勾配が増してきたころ、
2020年01月03日 09:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が明瞭になり、勾配が増してきたころ、
前方に濃い笹薮が現れました。
2020年01月03日 09:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に濃い笹薮が現れました。
回避ルートもなさそうなので中央突破します。
背丈より高くて太いネマガリダケのようです。
2020年01月03日 09:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回避ルートもなさそうなので中央突破します。
背丈より高くて太いネマガリダケのようです。
1
身をかがめて藪と格闘すること15分。
ようやく藪地帯を抜けました。
笹に積もった雪にまみれて雪だらけ。
2020年01月03日 10:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身をかがめて藪と格闘すること15分。
ようやく藪地帯を抜けました。
笹に積もった雪にまみれて雪だらけ。
3
間もなく小ピークに着きました。
2020年01月03日 10:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく小ピークに着きました。
3
小ピークからは支笏湖が望めました。
建物も見えます。モラップキャンプ場の辺りでしょうか。
2020年01月03日 10:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークからは支笏湖が望めました。
建物も見えます。モラップキャンプ場の辺りでしょうか。
3
左に方向転換。モラップ山へはこの尾根を東に進みます。
2020年01月03日 10:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に方向転換。モラップ山へはこの尾根を東に進みます。
2
山頂手前の尾根で、また笹薮が現れました。
鹿トレースを参考に、笹の薄そうなルートを縫うように進みます。
2020年01月03日 10:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の尾根で、また笹薮が現れました。
鹿トレースを参考に、笹の薄そうなルートを縫うように進みます。
1
笹エリアを抜けて山頂部へ。
山頂付近は丸い丘の形状で倒木も多いです。
2020年01月03日 10:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹エリアを抜けて山頂部へ。
山頂付近は丸い丘の形状で倒木も多いです。
奥まで進むと、テープが巻かれた木がありました。標識が付けられています。
2020年01月03日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥まで進むと、テープが巻かれた木がありました。標識が付けられています。
2
モラップ山、初登頂です(^^)
2020年01月03日 10:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モラップ山、初登頂です(^^)
13
ここで昼ごはん休憩。
持ち歩くだけで使ったことのなかったツェルトを張ってみました。
広げてみて初めて、張り綱が付属していないことを知りました。
手持ちのロープを使って適当に…洗濯物みたい。
それでも風が避けられて快適です。
2020年01月03日 11:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで昼ごはん休憩。
持ち歩くだけで使ったことのなかったツェルトを張ってみました。
広げてみて初めて、張り綱が付属していないことを知りました。
手持ちのロープを使って適当に…洗濯物みたい。
それでも風が避けられて快適です。
16
下山は来た道を戻り、笹エリアを回避して途中から沢方向に降りてみました。
2020年01月03日 11:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は来た道を戻り、笹エリアを回避して途中から沢方向に降りてみました。
1
ネットフェンスと建物の基礎が残る場所に降りてきました。
2020年01月03日 11:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネットフェンスと建物の基礎が残る場所に降りてきました。
1
林道をはさんで隣にあるキムンモラップ山にも登るつもりでしたが、この笹薮を見て意気消沈。
雪が積もったら再訪したいと思います。
2020年01月03日 11:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をはさんで隣にあるキムンモラップ山にも登るつもりでしたが、この笹薮を見て意気消沈。
雪が積もったら再訪したいと思います。
2
帰路、林道からモラップ山を振り返ります。
次回は別のルートから登ってみよう。
2020年01月03日 12:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、林道からモラップ山を振り返ります。
次回は別のルートから登ってみよう。
2

感想/記録

お正月で里帰りしていた子どもを新千歳空港に送り届けた帰り、支笏湖周辺で未踏のモラップ山と、近くの七条大滝を散策していくことにしました。

七条大滝は9割方平坦な林道歩き。
滝はまだ氷結しておらず、まだまだ水量豊富でした。
これから厳寒期になるともっと迫力が増すかも。

モラップ山へはどこからでも取り付けそうですが、西寄りの尾根から登ることに。
しかし尾根の途中に立ちはだかる背丈大の笹薮に行手を阻まれ、正面突破しましたが苦戦を強いられました。
向かいのキムンモラップ山は藪漕ぎ確定な感じだったので、テンションも上がらず行くのをやめました。もっと雪が積もったら再訪したいです。

2020年の山はこんなゆるい感じでスタートしました。
今年も近郊の山を中心に、安全第一で楽しもうと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:426人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ