また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2168887 全員に公開 雪山ハイキング 日光・那須・筑波

2020年 登り初めは「雪」霧降高原〜赤薙神社奥社

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 時々強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:自宅=🚙国道ひた走り⇒霧降高原P
復路は往路の逆

道路への積雪、凍結は無し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
1時間18分
合計
8時間22分
S霧降高原駐車場06:0006:13八平ヶ原分岐06:1506:56小丸山06:5907:04丸山分岐07:1008:54赤薙山09:0010:26奥社跡10:5212:17赤薙山12:4813:35丸山分岐13:39小丸山13:4014:09八平ヶ原分岐14:1214:21霧降高原駐車場14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険を感じる箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

1 登り初めは日の出前スタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1 登り初めは日の出前スタートです。
2 展望台で日の出を見たいので急ぎましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2 展望台で日の出を見たいので急ぎましょう。
3 階段が霜で滑りますが急げ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3 階段が霜で滑りますが急げ〜。
1
4 前方には赤薙山、そして足元には階段。まだ暗くて何も見えませんね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4 前方には赤薙山、そして足元には階段。まだ暗くて何も見えませんね。
5 展望台から赤薙ぎ山方面。雪あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5 展望台から赤薙ぎ山方面。雪あり。
6 日の出前に展望台に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6 日の出前に展望台に到着しました。
9 赤く染まって来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9 赤く染まって来ました。
1
11 なんとなくモルゲン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11 なんとなくモルゲン
2
13 すっかりお日様が昇りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13 すっかりお日様が昇りました。
2
14 ちょろちょろとツララ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14 ちょろちょろとツララ。
15 前方、赤薙山はまだ雪少な目。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15 前方、赤薙山はまだ雪少な目。
16 強風で地吹雪となりozawaフリーズ中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16 強風で地吹雪となりozawaフリーズ中。
2
17 強風が収まったらこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17 強風が収まったらこんな感じ。
18 赤薙山山頂到着。記念撮影して時間を確認。折り返し予定時間まで1時間ありますので奥社跡まで行けるかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18 赤薙山山頂到着。記念撮影して時間を確認。折り返し予定時間まで1時間ありますので奥社跡まで行けるかな?
2
19 赤薙山山頂からの日光連山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19 赤薙山山頂からの日光連山。
1
20 今日はあと1時間、あっちの方まで行きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20 今日はあと1時間、あっちの方まで行きましょう。
21 雪が解けて凍っての繰り返しで、つららが出来てます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
21 雪が解けて凍っての繰り返しで、つららが出来てます。
22 赤薙山から女峰山方面への急な下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
22 赤薙山から女峰山方面への急な下り。
23 雪化粧した日光連山ってやっぱり美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
23 雪化粧した日光連山ってやっぱり美しい。
3
24 この岩岩を下って登り返します。中途半端な雪に注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
24 この岩岩を下って登り返します。中途半端な雪に注意。
25 折り返しのタイムリミットを過ぎてしまいましたが、何とか奥社跡に到着。記念撮影して戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25 折り返しのタイムリミットを過ぎてしまいましたが、何とか奥社跡に到着。記念撮影して戻ります。
2
26 奥社跡付近からの景色。この角度からだと中禅寺湖迄見る事が出来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
26 奥社跡付近からの景色。この角度からだと中禅寺湖迄見る事が出来ます。
2
27 男体山に雲がかかり始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
27 男体山に雲がかかり始めました。
28 まだ雪が少なく、中途半端な状態です。足の置き場に注意して登りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
28 まだ雪が少なく、中途半端な状態です。足の置き場に注意して登りましょう。
29 赤薙山への登り返し。岩場なので慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
29 赤薙山への登り返し。岩場なので慎重に。
30 赤薙山山頂まで戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30 赤薙山山頂まで戻りました。
31 赤薙山山頂から少し下ったところで昼食休憩中。怪しげな雲の塊が接近中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
31 赤薙山山頂から少し下ったところで昼食休憩中。怪しげな雲の塊が接近中。
32 振り返って、赤薙ぎ山さんさようなら。雪がもっと積もったらまた来ます。(@^^)/~~~
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
32 振り返って、赤薙ぎ山さんさようなら。雪がもっと積もったらまた来ます。(@^^)/~~~
33 綺麗な雪庇が出来るところなんですけど、まだ雪が少なくて残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
33 綺麗な雪庇が出来るところなんですけど、まだ雪が少なくて残念。
34 風の芸術作品
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
34 風の芸術作品
2
35 登ではスルーしてしまった焼石
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
35 登ではスルーしてしまった焼石
36 階段を下りる途中、眩しかったので振り向くと、あら素敵。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
36 階段を下りる途中、眩しかったので振り向くと、あら素敵。
3
37 暖かいんですね、階段の上の下もすっかり消えています。
前方の怪しい雲の塊がこちらに来ると雪が降るんでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
37 暖かいんですね、階段の上の下もすっかり消えています。
前方の怪しい雲の塊がこちらに来ると雪が降るんでしょうね。
38 登り初めは無事にゴール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
38 登り初めは無事にゴール。

感想/記録
by ozawa

2020年登り初め
例年ならば夫婦そろって初詣山行
伊豆ヶ岳~子ノ権現で始まることが多いのですが
年始のスケジュールが色々とあり、
二人で出かけることが難しかったので一人で登り初め。
登り納めが里山だったので登り初めはちょっと高い所へ
どうせなら「雪」が良いな。
しかし、新年早々から一人で雪山ガッツリはまずいかな。
ならば、毎年登っている赤薙山なら大丈夫でしょう。
12月末に降ってから降雪はほぼ無いとのこと、
小丸山から上に上がれば雪は残ってると信じて出かけました。
今回は、スタートを早くして折り返しのタイムリミットを10時として入山しました。
日の出前のスタート。
ひたすら1445段の階段を登り、展望台で日の出を迎え
いよいよ山登り開始。
展望台から先は雪道になりましたが
本格的に「雪」は予想通り小丸山から先でした。
それでもやはり雪の量は少なくサクサク歩くのには丁度良いくらいです。
※食べ過ぎによる成長があったのか、実際は足取りが重くノソノソ
赤薙山で9:00、1時間余裕があるので奥社跡まで進むこととしましたが
途中の岩場歩きでアイゼンの雪付着防止のプレートが外れ、
この処置でロスが発生し、折り返し時間をオーバー。
何とか奥社跡まで辿り着き、女峰山に一歩近づいた感じで
赤薙ぎ山から見る景色と少し違ってきます。
予定時刻を過ぎてしまっているので記念撮影を済ませたら下山開始。
途中でアイゼンが利かなくなり???
足元を見たら両足共にプレートが外れかけていました。
仕方なくプレートを外しアイゼン履き直して再スタート。
以降、足元のトラブルはなくサクサク(ノソノソ)歩き
展望台まで戻りました。
さあ、ここからは1445段の階段を降りるか、雪の斜面を降りるか。
残念ながら所々に下の草が見えている状態なので
1445段を下り無事に登り初めが終了しました。
2020年、今年も色々な山に足を運びたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:317人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 雪庇 高原 山行 吹雪 ガッツリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ