また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2170921 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

大高取山・鼻曲山を越生梅林より

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
越生梅林入口の歩道拡幅スペースにバイクを停める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
41分
合計
4時間51分
S梅園神社08:3909:03矢崎山09:0409:44大高取山09:4609:57桂木山10:05桂木観音10:1010:14桂木峠10:2310:35天望峠10:3610:57椎ノ木山10:5811:21鼻曲山11:4312:39上大満バス停13:03自然休養村センター13:20梅園神社13:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鼻曲山から林道に降りるまで以外は、ほとんどコースと舗装路なので問題無く歩けます。少しトラロープの所などが有るけれど。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ(1) ソフトシェル(1) ズボン(1) 靴下(1) グローブ(1) 雨具(1) 帽子(1) 靴(1) ザック(1) 昼食(1) 行動食(1) 非常食(1) 飲料(1) 地図(1) コンパス(1) ライト(1) 予備電池(1) GPS(1) 常備薬(1) 携帯TEL(1) 時計(1) タオル(1) ストック(1) カメラ(1) ロープ(1)

写真

越生梅林入口付近の歩道拡幅スペースにバイクを停める
2020年01月05日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越生梅林入口付近の歩道拡幅スペースにバイクを停める
1
お寺の参道からお墓の上の尾根に出る
2020年01月05日 08:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お寺の参道からお墓の上の尾根に出る
大高取山へ向かう
2020年01月05日 09:22撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高取山へ向かう
大高取山からは筑波山が良く見える
2020年01月05日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高取山からは筑波山が良く見える
1
桂木観音の駐車場は展望台
2020年01月05日 10:08撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木観音の駐車場は展望台
桂木観音の駐車場に有ったルート案内
2020年01月05日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木観音の駐車場に有ったルート案内
桂木峠から鼻曲山方面へ
2020年01月05日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木峠から鼻曲山方面へ
天神峠
右上の山道から出てきて、左の山道に入る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠
右上の山道から出てきて、左の山道に入る
鼻曲のコル、と言うらしい
2020年01月05日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻曲のコル、と言うらしい
椎ノ木山
後ろの木に木ネジで止められた小さな金属板がお印らしい
2020年01月05日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椎ノ木山
後ろの木に木ネジで止められた小さな金属板がお印らしい
1
あちこちの案内板には「もろ丸くん」
2020年01月05日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちの案内板には「もろ丸くん」
2
西上武幹線222鉄塔より
「山々を望む丘」と書いてました
2020年01月05日 11:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西上武幹線222鉄塔より
「山々を望む丘」と書いてました
トラロープの有るデコボコ道もある
2020年01月05日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープの有るデコボコ道もある
鼻曲山から少し先の最高点と思われるトコより
2020年01月05日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻曲山から少し先の最高点と思われるトコより
木の間からだけど山々が良く見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間からだけど山々が良く見える
降りようと思った尾根がガケっぽいので、隣の尾根から巻いて行く
2020年01月05日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りようと思った尾根がガケっぽいので、隣の尾根から巻いて行く
谷に降りて間もなく作業道っぽいトコに出た
2020年01月05日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に降りて間もなく作業道っぽいトコに出た
ここからはシッカリした林道
林道は降りたトコより東側に続いてた
2020年01月05日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはシッカリした林道
林道は降りたトコより東側に続いてた
大満BS付近より、椿越しの大高取山
2020年01月05日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大満BS付近より、椿越しの大高取山
1
ハンドボール位のでっかい柚子が有ったよぉ
何年物だろ?
2020年01月05日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハンドボール位のでっかい柚子が有ったよぉ
何年物だろ?
越生梅林のツボミはさすがにまだ小さい
2020年01月05日 13:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越生梅林のツボミはさすがにまだ小さい
1

感想/記録

今年最初は越生にしてみた・・・みた。。。
昨晩に湿り気が有って冷え込んだ今朝は、r30から梅林方面に曲がると滅茶凍っていてスケート状態。さすが山沿いの8時半頃は冷えていてバイクは一苦労です。山の方に入るのは9時過ぎでないと心配な季節になっている。
なんとか越生梅林入口の歩道拡幅スペースにバイクを停めて、歩き出す。
尾根の、なるべく端から登ってみようと思い、お寺の墓所の横から尾根に上がる。
矢崎山までの間は、歩く人は殆んどいないようです。
矢崎山:越生梅林入口近くの看板によると、源経基が弓立山から南に放った矢が落ちた所が矢崎山らしい。山頂が少し広場になっているだけで、お印も特に無し。
以降はコースっぽくなって歩きやすくなる。
大高取山:三角点とお印が有り、東方向の木が切られているので筑波山が良く見える。周りの町並みも良く見える。なかなかの眺め。
尾根をもう少し進むと、桂木山。
桂木山:お印とかは特に無し。地図を見てないとすぐに過ごしてしまいそうなトコ。
スグ先には桂木観音。
桂木観音:立派なお堂が有る。境内には鉄棒とブランコ・・・こんな所で遊ぶ人はいるのかな?除夜の鐘を突いたであろう結構大きな鐘突堂を過ぎ石段を降りて行くと駐車スペースらしきところが有り、展望台になっていて東方向が広く見渡せる。隣にはトイレも有りうれしい。
先を行くと民家に突き当たり、横に降りて行くと桂木峠。尾根の方に折れて鼻曲山を目指す。
天望峠を過ぎると次は椎ノ木山。
椎ノ木山:「もろ丸くん」が紹介する四等三角点と、木ネジで止められた小さな金属製のお印と、案内板が有るだけ。何も無ければ気付かないかも。
ちょっと先の鉄塔の所は「山々を望む丘」っていう案内板が有り、ススキ等が生い茂っているのでチョット背伸びが必要だけど西側の山々が見える。
で、トラロープの有る木の根がボコボコの急坂を登りきると、今日の折り返し地点の鼻曲山。
鼻曲山:山名の由来は不明。ちょっと先の最高点と思われる岩上まで行ってみる・・・と、木の間越しだけど北東方向の町並みなんかが見渡せる。鼻曲山からも木の間越しだけど西の山々が見渡せる。
ここから降りようと思っていた尾根は、真っすぐは崖っぽいので、ピンクテープのある隣尾根から巻いて行く。結構キツイ傾斜の所を横歩きして目的の尾根まで。尾根にたどり着いてみると、登った尾根を少し戻ってから巻いて降りた方が楽だったようです。
お昼時間になったので昼食して、尾根の少し先から谷に降りる・・・と、作業道らしき道が有り、沢まで降りるとちゃんとした林道に出る。
林道は沢伝いにもう少し上まで続いているので、登った尾根を暫く戻って沢に降りるのが最も楽な降り方のようです。
あとは林道、舗装路を戻ったらオシマイ。

コースと舗装路がほとんどなので、快適に歩けた。
大高取山は眺めは期待してなかったけど、筑波山が良く見えてうれしい。
冬場は近場の低山を短時間で歩くコースになってしまうけれど、思ったよりは歩くも楽しめてGOOD・・・GOOD。。。
もろ丸くん、案内ご苦労様。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:220人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ