また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2171740 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 富士・御坂

今年初登山は大迫力の富士山が見える愛鷹山塊・越前岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
愛鷹登山口(裾野市)BS周回
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
41分
合計
6時間28分
S愛鷹登山口バス停10:1310:26須山愛鷹登山口10:2911:07愛鷹山荘11:19富士見峠11:2111:34黒岳展望広場11:3511:40黒岳11:48黒岳展望広場11:4911:57富士見峠12:29鋸岳展望台13:04富士見台13:1113:31愛鷹山13:3814:17高場所尾根への分岐14:31呼子岳14:3314:44割石峠14:5214:55鋸岳14:5915:08割石峠15:1116:04大沢橋16:0616:09割石峠・前岳分岐(東沢)16:1016:30須山愛鷹登山口16:40愛鷹登山口バス停16:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
越前岳の東側の尾根は危険箇所なし。
越前岳からの稜線歩きは、若干危険箇所あり。
本日現在、全体的に霜が降りていて、登山道自体は硬く締まっています。
その他周辺情報熱海 日航亭・大湯
大人1,000円
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

今日はここ、愛鷹登山口(裾野市)BSからスタート。
2020年01月05日 10:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここ、愛鷹登山口(裾野市)BSからスタート。
1
駐車場はごらんのとおり、結構埋まっています。
2020年01月05日 10:26撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はごらんのとおり、結構埋まっています。
駐車場には簡易トイレあり。
2020年01月05日 10:27撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場には簡易トイレあり。
1
登山口は神社の入り口でもあります。
2020年01月05日 10:30撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は神社の入り口でもあります。
本日の無事を祈念し、登山開始。
2020年01月05日 10:31撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の無事を祈念し、登山開始。
1
序盤はこんな感じの樹林帯の中を歩きます。
2020年01月05日 10:43撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤はこんな感じの樹林帯の中を歩きます。
多分、目指す越前岳。
2020年01月05日 10:58撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分、目指す越前岳。
1
少し登ると黒岳の山腹の巻道になります。
2020年01月05日 10:59撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると黒岳の山腹の巻道になります。
途中で無人の避難小屋があります。
2020年01月05日 11:11撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で無人の避難小屋があります。
1
一応、トイレもあります(未確認)。
2020年01月05日 11:11撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、トイレもあります(未確認)。
そして富士見峠へ。樹林帯の中で、「富士見」とは言い難い。
2020年01月05日 11:16撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして富士見峠へ。樹林帯の中で、「富士見」とは言い難い。
1
少し進むと、展望広場から富士山がお目見え。さすがに直ぐ側にあるため、大迫力です。
2020年01月05日 11:32撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと、展望広場から富士山がお目見え。さすがに直ぐ側にあるため、大迫力です。
1
そしてしばらく進むと、黒岳の山頂です。
2020年01月05日 11:40撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてしばらく進むと、黒岳の山頂です。
1
箱根外輪山。気の間にぴょこっと飛び出しているのは、金時山のはず。
2020年01月05日 11:42撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根外輪山。気の間にぴょこっと飛び出しているのは、金時山のはず。
黒岳山頂からも、富士山が望めます。
2020年01月05日 11:43撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳山頂からも、富士山が望めます。
3
富士見峠に戻ってきました。ここから越前岳に登ります。
2020年01月05日 11:57撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠に戻ってきました。ここから越前岳に登ります。
ひたすら緩い樹林帯の中を歩いていきます。
2020年01月05日 12:07撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら緩い樹林帯の中を歩いていきます。
途中の鋸岳展望台。
2020年01月05日 12:24撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の鋸岳展望台。
逆光でいまいちですが…
2020年01月05日 12:25撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光でいまいちですが…
何が危険なのか、よくわからない注意喚起でした。
おそらく、この先の崩落地の通過のことでしょうが、ガチガチにロープが張られていました。
2020年01月05日 12:48撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何が危険なのか、よくわからない注意喚起でした。
おそらく、この先の崩落地の通過のことでしょうが、ガチガチにロープが張られていました。
位牌岳と廃道となった稜線。確かに、あれを通過するのは難儀な感じがしますが…
2020年01月05日 12:50撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳と廃道となった稜線。確かに、あれを通過するのは難儀な感じがしますが…
1
そして、途中の展望台からまたもや富士山。ちと雲が出てきました。
2020年01月05日 13:08撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、途中の展望台からまたもや富士山。ちと雲が出てきました。
2
足場が固定されていないはしご?があります。
2020年01月05日 13:09撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場が固定されていないはしご?があります。
そして、愛鷹山塊最高峰の越前岳へ登頂。
2020年01月05日 13:31撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、愛鷹山塊最高峰の越前岳へ登頂。
2
波ひとつ無い駿河湾と伊豆半島。
2020年01月05日 13:31撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
波ひとつ無い駿河湾と伊豆半島。
2
木の上から富士山がコンニチワ。
2020年01月05日 13:32撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の上から富士山がコンニチワ。
1
南アルプス?
2020年01月05日 13:32撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス?
中央アルプス?いや、北岳かな?
2020年01月05日 13:32撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス?いや、北岳かな?
越前岳からの降りは、意外と急で侮れません。
2020年01月05日 13:42撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越前岳からの降りは、意外と急で侮れません。
位牌岳。
2020年01月05日 13:54撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳。
ようやく、緩い登山道が出始めます。
2020年01月05日 14:04撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、緩い登山道が出始めます。
あれが呼子岳?
2020年01月05日 14:11撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが呼子岳?
南アルプス。
2020年01月05日 14:20撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。
呼子岳の山頂直下はそこそこ急登です。
2020年01月05日 14:27撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
呼子岳の山頂直下はそこそこ急登です。
そして登頂。
2020年01月05日 14:29撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして登頂。
1
富士山はすっかり雲の中。
2020年01月05日 14:29撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はすっかり雲の中。
こちらにもかつて登山道があった模様。
2020年01月05日 14:30撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらにもかつて登山道があった模様。
位牌岳。こうしてみると、廃道にするほど険しいルートには見えませんが…
2020年01月05日 14:34撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳。こうしてみると、廃道にするほど険しいルートには見えませんが…
もう少し降ったところから。
2020年01月05日 14:38撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し降ったところから。
取付箇所が心もとないハシゴ。
2020年01月05日 14:43撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付箇所が心もとないハシゴ。
で、割石峠へ。
2020年01月05日 14:45撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、割石峠へ。
ここから蓬莱山へ直登します。
2020年01月05日 14:46撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから蓬莱山へ直登します。
で、例の廃道。
2020年01月05日 14:56撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、例の廃道。
あ〜、あれはダメですね。安易に踏み入れていい尾根ではないでしょう。
2020年01月05日 14:57撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ〜、あれはダメですね。安易に踏み入れていい尾根ではないでしょう。
一応、山頂標識。
2020年01月05日 14:57撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、山頂標識。
「天狗の畑」から、駿河湾。
2020年01月05日 15:05撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「天狗の畑」から、駿河湾。
天狗の畑から、逆方向の越前岳。富士山は完全に雲の中。
2020年01月05日 15:06撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の畑から、逆方向の越前岳。富士山は完全に雲の中。
で、割石峠に戻ったところ。こちらは、これから降りる方向とは逆の方向です。確かに、「割石峠」です。
2020年01月05日 15:09撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、割石峠に戻ったところ。こちらは、これから降りる方向とは逆の方向です。確かに、「割石峠」です。
1
そして、降りのルートは、ひたすら涸れ沢の中を進みます。
2020年01月05日 15:11撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、降りのルートは、ひたすら涸れ沢の中を進みます。
いくら降ってもこんな感じ。
2020年01月05日 15:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくら降ってもこんな感じ。
ようやく右岸側に踏み跡が徐々に現れてきます。
2020年01月05日 15:23撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく右岸側に踏み跡が徐々に現れてきます。
そして左岸側にも踏み跡が。
2020年01月05日 15:30撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして左岸側にも踏み跡が。
1
ようやく登山道らしくなってきたかと思いきや…
2020年01月05日 15:41撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく登山道らしくなってきたかと思いきや…
ご覧の有様です。
2020年01月05日 15:43撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご覧の有様です。
沢と尾根が合流する箇所に巨大な杉の木があります。
2020年01月05日 15:50撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢と尾根が合流する箇所に巨大な杉の木があります。
そのまんまの名前でした。
2020年01月05日 15:51撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまんまの名前でした。
なんぞこれ?おそらく、入会地かなにかの標識でしょうか。
2020年01月05日 15:55撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんぞこれ?おそらく、入会地かなにかの標識でしょうか。
ようやく人工物が見えてきました。…が、ここからさらに登山道は続きます。
2020年01月05日 15:59撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく人工物が見えてきました。…が、ここからさらに登山道は続きます。
位牌岳への分岐です。
2020年01月05日 16:09撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位牌岳への分岐です。
幅が広くなったものの、まだまだ登山道は続きます。
2020年01月05日 16:10撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅が広くなったものの、まだまだ登山道は続きます。
ようやく、林道らしくなってきました。ここらへんから、16:49のバスに間に合わせるため、小走りになります。
2020年01月05日 16:16撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、林道らしくなってきました。ここらへんから、16:49のバスに間に合わせるため、小走りになります。
そして、バス停に戻ってきました。これにて、本日の山行は終了。
2020年01月05日 16:40撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、バス停に戻ってきました。これにて、本日の山行は終了。
途中、熱海で下車して、日帰り温泉に入ってきました。
2020年01月05日 19:39撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、熱海で下車して、日帰り温泉に入ってきました。

感想/記録

冬の18きっぷ最終回&今年初登山。
縁起物の富士山を求め、富士山に近い愛鷹山塊最高峰の越前岳を狙いました。

天気は概ね晴れていて、風もほとんどなく、良い登山日和でしたが、後半、愛鷹山塊が、なかなか手ごわい側面を見せてくれました。

【ルート状況】
■愛鷹登山口(裾野)BS〜登山口
・最寄りの愛鷹登山口(裾野)BSへは、御殿場駅または裾野駅のいずれかからバスが出ています。
・本来、御殿場駅からバスに乗る予定でしたが、電車が遅れたため、急遽裾野駅からのバスに切り替え、なんとかBSにたどり着きました。
・登山口までは、しばらく舗装道路を歩きます。
・途中、駐車場があります。また、駐車場には簡易トイレ(水洗・和式)もあります。給水不可。
・登山口兼神社入り口から登山スタート。

■登山口〜黒岳
・登山口からは、まずは富士見峠を目指します。
・富士見峠までの登りは、しばらくは沢沿いを登りつつ、そのうち黒岳の山腹を巻いていきます。踏み跡明瞭、傾斜が一定で、非常に登りやすいです。
・富士見峠からは、まずは右方面に進み、黒岳を目指します。
・途中、富士山が見える展望地があります。
・黒岳への登りは、最初は急登箇所がありますが、そこを越えると緩やかなアップダウンとなります。
・黒岳からも富士山が見えます。黒岳の山頂には、結構な数の登山者がいらっしゃいました。

■黒岳〜越前岳
・黒岳からいったん富士見峠に戻り、そこから越前岳に向かって直進します。
・越前岳までの登山道も、緩やかな登りで、非常に歩きやすいです。
・途中、またもや富士山の展望地があります。
・展望地にも、そこそこ登山者がいらっしゃいました。
・展望地を過ぎてしばらく進むと、越前岳頂上です。
・越前岳からは、愛鷹山塊の南部、伊豆半島、南アルプス、中央アルプス、富士山等が見えます。

■越前岳〜鋸岳(蓬莱山?)〜割石峠
・越前岳からは、鋸岳まで縦走します。
・越前岳の山頂直下は、それまでとは打って変わって、急斜面となります。
・また、低山とはいえ、稜線を歩きますので、ところどころ片方または両方が切れ落ちている箇所があり、意外と侮れません。
・気温によっては、痩せ尾根の箇所が泥で滑りやすくなっていて、危険な場合もあります。
・割石峠から鋸岳(蓬莱山?)の登りは、結構な斜度がありました。

■割石峠〜愛鷹登山口(裾野)BS
・鋸岳(蓬莱山?)から天狗の畑を経由して、割石峠に戻りました。
・割石峠から、登山口を目指して下山します。
・割石峠からは、涸れ沢そのものの中を歩きますので、非常に歩きづらいです。
・第2ケルンを通過するころから、ようやく右岸、次いで左岸に踏み跡が見えてきます。
・とはいえ、ほとんど終盤まで、ひたすら浮石が多い登山道を歩くことになります。
・最後の最後で、ようやく林道が出てきます。
・16:49のバスに間に合わせるため、若干走り、無事本日の山行は終了です。

【まとめ】
・データだけ見ると、お手軽に歩けるコースに思え、実際に越前岳に登るまでは、非常に快適に歩けました。
・登山道は、全体的に霜があり、地面も締まっていて、非常に歩きやすいです。
・基本的に樹林帯の中を歩くことにはなりますが、ところどころ展望地があります。
・越前岳から先は、若干手強い箇所が出てきます。
・手を使うような急斜面があったり、稜線上の痩せ尾根があったりと、あまり初心者向けとは言い難いルートでした。
・割石峠からの降りは、岩だらけの涸れ沢の中を歩くため、慣れていないと非常に歩きづらいです。
・下山後は、バスで御殿場駅まで戻り、電車を乗り継いて、沼津経由で熱海まで行き、日帰り温泉「日航亭・大湯」に入りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:350人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ