また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2172881 全員に公開 雪山ハイキング 札幌近郊

空沼岳(万計沼経由冬ルート)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちくもり
アクセス
利用交通機関
バス
バス
地下鉄真駒内駅より空沼二股行き(真101 空沼線)を利用
所要時間は25分程度
真駒内発(朝方)  7:15、8:10
空沼二股発(午後) 14:00、16:15、18:40
待ち時間によっては3〜4區振霪眤Δ吠發、常盤小学校や芸術の森入口で
バスに乗るのもよいでしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
48分
合計
7時間38分
S空沼二股BS07:3807:54空沼登山口BS07:5508:14空沼岳登山口09:41万計山荘09:5611:27札幌岳縦走路分岐11:2811:35空沼岳11:5011:55札幌岳縦走路分岐11:5613:02万計山荘13:1614:16空沼岳登山口14:1714:31日鉄鉱業(株)常盤採石所14:47空沼二股BS15:03国道453号線から採石所への分岐道15:16常盤小学校BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
EK度数:
上り 20+30% (10km、1.0km、0.0km、0〜脛)
下り 18.5+10% (13km、0.0km、1.1km、脛〜0)
( )は左から行動距離、累積↑、累積↓、積雪状態で、累積↑↓は等高線読みの概算
EK度数=距離[km]+(累積↑[km]×10)+(累積↓[km]×5)
+○%は積雪状態を考慮した割増
EK度数を自身の脚力で割ればおおよその行動時間
脚力は夏道で距離1km or 上り100m or 下り200mを1とした1時間あたりの行動量、
標準は4程度。 
コース状況/
危険箇所等
記帳小屋手前は凍結してツルツルになっていることが多く危険。
登山口から2卍度までは積雪が少なく笹がほとんど潰れていない状態。
万計沼手前の渡渉箇所(標高800m)あたりからスノーシューを使ってもいいくらいの積雪状態。
万計沼から先の冬道はトレースなし。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ソフトシェルジャケット タイツ ソフトシェルパンツ 靴下 ソフトシェルグローブ アウター手袋(中綿入り) 予備手袋 ゲイター マフラー 耳あて 毛帽子 防寒靴 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 保険証 携帯 サングラス ストック カメラ

写真

まずはバス停から登山口まで3劼曚品發ます。
2020年01月05日 07:54撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはバス停から登山口まで3劼曚品發ます。
4
非常に寒く、川が凍結しかかっていました。
2020年01月05日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
非常に寒く、川が凍結しかかっていました。
1
地面の凍結&川に向かっての傾斜で今日一番の危険個所
2020年01月05日 08:08撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面の凍結&川に向かっての傾斜で今日一番の危険個所
今回は記帳小屋〜登山口で苦労はしませんでした。
2020年01月05日 14:16撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は記帳小屋〜登山口で苦労はしませんでした。
大きなエゾ松のポイント。1月とは思えない笹薮の出具合です。
2020年01月05日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなエゾ松のポイント。1月とは思えない笹薮の出具合です。
松に囲まれて積もりにくいところは地面の感触があります。
2020年01月05日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松に囲まれて積もりにくいところは地面の感触があります。
万計沼の手前2劼任海両態
2020年01月05日 08:52撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼の手前2劼任海両態
水がたっぷり流れているので慎重に
2020年01月05日 09:21撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がたっぷり流れているので慎重に
7
万計山荘手前は西から回り込みます。
さすがにこの辺りになると、スノーシューでもいいくらいになります。
2020年01月05日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計山荘手前は西から回り込みます。
さすがにこの辺りになると、スノーシューでもいいくらいになります。
8
万計山荘で休憩
2020年01月05日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計山荘で休憩
1
コゲラが目の前に現れました。
2020年01月05日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コゲラが目の前に現れました。
7
万計沼から先は冬道でショートカット狙い。
2020年01月05日 13:00撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼から先は冬道でショートカット狙い。
木をよけつつ、できるだけ南西方向に進路をとります
2020年01月05日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木をよけつつ、できるだけ南西方向に進路をとります
地図の1180ピークと1153ピークの間を狙います。
2020年01月05日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図の1180ピークと1153ピークの間を狙います。
10
ちょっとした窪地。アップダウンがありますが、南南西に直進。
2020年01月05日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした窪地。アップダウンがありますが、南南西に直進。
稜線に取りつきやすい標高1174のポイントに近づきました。
2020年01月05日 11:03撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に取りつきやすい標高1174のポイントに近づきました。
1
稜線にたどり着ければ、山頂までもう少し。
2020年01月05日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線にたどり着ければ、山頂までもう少し。
2
青空が出ていて、写真を撮りながら進みます。
2020年01月05日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が出ていて、写真を撮りながら進みます。
9
恵庭や漁もきれいに見えます。
2020年01月05日 11:20撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭や漁もきれいに見えます。
3
右側の高いところが山頂です。
2020年01月05日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の高いところが山頂です。
4
山頂に到着。標識が氷漬けになっていたので、山名のところだけ削りました。
2020年01月05日 11:41撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。標識が氷漬けになっていたので、山名のところだけ削りました。
7
ちょっと雲が入りつつあります。
2020年01月05日 11:44撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雲が入りつつあります。
3
狭薄山もだいぶん仕上がってきた感じがします。
2020年01月05日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭薄山もだいぶん仕上がってきた感じがします。
5
帰りは雲が入ってしまい真っ白に。
2020年01月05日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは雲が入ってしまい真っ白に。
1
万計沼まで下り昼休憩。
2020年01月05日 13:15撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼まで下り昼休憩。
下山し、帰りの舗装路歩きで左側に見える穴沢山。
藪が丸見えです。
2020年01月05日 14:58撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し、帰りの舗装路歩きで左側に見える穴沢山。
藪が丸見えです。
撮影機材:

感想/記録

正月休みの最後は札幌南側の天気がよさそうなので、行き慣れた空沼岳へ。

当日はかなり冷えており、麓でも薄手のグローブでは厳しいくらいでした。
登山口手前の最難関を慎重に抜けて登山道に入りますが、
麓からしばらくは先月とさほど変わらない感じで、相変わらずの積雪不足。
万計沼から先はまずまず積雪も増えて、冬用のルート取りも十分可能です。
稜線は白く凍り付いた樹と青空でいい状態に仕上がっていましたが、
天気が良かったのは午前中まで、午後は雲が入ってしまいました。

標高の低いところはまだ雪が少なすぎて自由に歩けそうもないので、もうしばらくは空沼岳や札幌岳界隈に通うことになりそうです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:628人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

渡渉 スノーシュー グローブ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ