また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2173312 全員に公開 雪山ハイキング十和田湖・八甲田

登り初めは仙人岱まで

日程 2020年01月07日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

Myアイテム  

syakunage7 重量:-kg

写真

十和田市の深持地区から見る八甲田。北八甲田と南八甲田の稜線がはっきり見える。
2020年01月07日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十和田市の深持地区から見る八甲田。北八甲田と南八甲田の稜線がはっきり見える。
14
大岳と小岳は眦賃膤戮慮紊蹐飽銘屬靴討い襪里埜えない。その小岳の後ろが今日の目的地の仙人岱。
2020年01月07日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳と小岳は眦賃膤戮慮紊蹐飽銘屬靴討い襪里埜えない。その小岳の後ろが今日の目的地の仙人岱。
24
雪道のドライブは気持ちがいい。スピードを出さなければ安全。
2020年01月07日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道のドライブは気持ちがいい。スピードを出さなければ安全。
21
正面に白い大岳が見えてきた。霧氷がこんなに綺麗だとは。ワクワクしてくる。
2020年01月07日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に白い大岳が見えてきた。霧氷がこんなに綺麗だとは。ワクワクしてくる。
33
青空が気持ちいい。素晴らしい天気だ。
2020年01月07日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が気持ちいい。素晴らしい天気だ。
11
湯ノ坂の斜面にはスノーボーダーの滑走跡がたくさん見えるが,まだ積雪が足りない。2名の男性が見える。湯ノ坂の斜面で何をしているんだろう?
2020年01月07日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ坂の斜面にはスノーボーダーの滑走跡がたくさん見えるが,まだ積雪が足りない。2名の男性が見える。湯ノ坂の斜面で何をしているんだろう?
12
大岳も霧氷も美しい。明日から天気が荒れるらしい。前回の八甲田登山の時もそうだった。
2020年01月07日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳も霧氷も美しい。明日から天気が荒れるらしい。前回の八甲田登山の時もそうだった。
23
雪が柔らかいので,トレースから外れると深みにはまります。
2020年01月07日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が柔らかいので,トレースから外れると深みにはまります。
8
何とも言えない,綺麗だ。気温が低いから正午を過ぎていても霧氷がしっかり残っている。
2020年01月07日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とも言えない,綺麗だ。気温が低いから正午を過ぎていても霧氷がしっかり残っている。
30
夏道を外れ,直登していきます。霧氷に青空がよく似合う。
2020年01月07日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道を外れ,直登していきます。霧氷に青空がよく似合う。
30
青空だと気持ちがいい。
2020年01月07日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空だと気持ちがいい。
11
霧氷が美しい。いつも見慣れた景色でも感動する。まさに白銀の世界です。
2020年01月07日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が美しい。いつも見慣れた景色でも感動する。まさに白銀の世界です。
30
スタートしてまもなく,スノーシューをデポしている。たまたま同じメーカーの同じ色でした。
2020年01月07日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートしてまもなく,スノーシューをデポしている。たまたま同じメーカーの同じ色でした。
10
大岳の頂上がはっきり見えます。
2020年01月07日 12:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳の頂上がはっきり見えます。
12
火山性ガス発生地帯を通過。夏道では掘れた登山道なのに,積雪時はこんなに歩きやすい。
2020年01月07日 12:32撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山性ガス発生地帯を通過。夏道では掘れた登山道なのに,積雪時はこんなに歩きやすい。
13
霧氷が白い。木々の肌の白い模様も美しい。
2020年01月07日 12:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が白い。木々の肌の白い模様も美しい。
14
見事な霧氷。気温が低いから霧氷が枝に着いたままです。
2020年01月07日 12:36撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な霧氷。気温が低いから霧氷が枝に着いたままです。
16
櫛ヶ峯が見えてきた。南八甲田もまだ雪が少ないように感じる。
2020年01月07日 12:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛ヶ峯が見えてきた。南八甲田もまだ雪が少ないように感じる。
8
ウサギさんの足跡が可愛い。軽いから沈まないんだな。
2020年01月07日 12:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギさんの足跡が可愛い。軽いから沈まないんだな。
20
綺麗な霧氷。「ワオー」って叫んでいるようにも見える。
2020年01月07日 12:57撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な霧氷。「ワオー」って叫んでいるようにも見える。
21
樹に着いた雪の模様がおもしろい。時々雪の塊がサーっと落ちてきます。
2020年01月07日 12:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹に着いた雪の模様がおもしろい。時々雪の塊がサーっと落ちてきます。
9
正面が硫黄岳。周りの雪面に足跡がないので綺麗。
2020年01月07日 13:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が硫黄岳。周りの雪面に足跡がないので綺麗。
11
トレースが深くなってきた。
2020年01月07日 13:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースが深くなってきた。
9
この霧氷もお見事。青空だったらもっと綺麗に見えただろう。
2020年01月07日 13:13撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この霧氷もお見事。青空だったらもっと綺麗に見えただろう。
18
前にも見たアオモリトドマツの兄弟。なんか綺麗だ。
2020年01月07日 13:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前にも見たアオモリトドマツの兄弟。なんか綺麗だ。
22
冬道出入り口の近くから夏道に向かって登ってきましたが,このコースも初めて歩きました。結構キツイ坂道です。
2020年01月07日 13:16撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道出入り口の近くから夏道に向かって登ってきましたが,このコースも初めて歩きました。結構キツイ坂道です。
10
この辺りは夏道にあたります。スノーシューとポールの跡が規則正しい。
2020年01月07日 13:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは夏道にあたります。スノーシューとポールの跡が規則正しい。
14
冬道に向かって下りていきます。昨日のトレースの跡がしっかり残っていたようだ。
2020年01月07日 13:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道に向かって下りていきます。昨日のトレースの跡がしっかり残っていたようだ。
6
沢にこだまする声が聞こえてきました。名無山を下山してくるハイカーが小さく見えますが,分かりますか?
2020年01月07日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢にこだまする声が聞こえてきました。名無山を下山してくるハイカーが小さく見えますが,分かりますか?
5
名無山の中腹を歩いている2名のハイカーをズームアップしてみました。
2020年01月07日 13:49撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名無山の中腹を歩いている2名のハイカーをズームアップしてみました。
13
安全なコースを探しながら下山されているようです。
2020年01月07日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全なコースを探しながら下山されているようです。
3
ここから冬道に下りるのは初めて。
2020年01月07日 13:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから冬道に下りるのは初めて。
9
足跡が少ない。
2020年01月07日 13:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足跡が少ない。
14
これがキツイラッセルになりました。
2020年01月07日 13:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがキツイラッセルになりました。
16
名無山から下りてきたハイカー。後ろのハイカーの方がchohoさんだったと後で気づきました。
2020年01月07日 13:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名無山から下りてきたハイカー。後ろのハイカーの方がchohoさんだったと後で気づきました。
9
風が強い場所だからあんな模様になるんだなあ。
2020年01月07日 14:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強い場所だからあんな模様になるんだなあ。
9
夏道を見上げる。厳冬期にはあと2m以上は積雪が増えそう。
2020年01月07日 14:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道を見上げる。厳冬期にはあと2m以上は積雪が増えそう。
6
高度を上げると横岳がはっきり見えてきた。案外雪で真っ白になっている。
2020年01月07日 14:19撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を上げると横岳がはっきり見えてきた。案外雪で真っ白になっている。
14
岩木山が綺麗に見える。岩木山の頂には雪がよく似合う。
2020年01月07日 14:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山が綺麗に見える。岩木山の頂には雪がよく似合う。
34
正面が横岳。早く登ってみたい。
2020年01月07日 14:33撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が横岳。早く登ってみたい。
9
吹き上げてくる強烈な風が創るエビのしっぽ。自然ってすごい芸術家だ。
2020年01月07日 14:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き上げてくる強烈な風が創るエビのしっぽ。自然ってすごい芸術家だ。
3
この模様も,不思議だなあ。
2020年01月07日 14:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この模様も,不思議だなあ。
15
角度を変えて撮ったエビのしっぽ。立派な芸術作品。
2020年01月07日 14:38撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角度を変えて撮ったエビのしっぽ。立派な芸術作品。
16
雲が左から流れてきた。空気が冷やされてできたものかな?かなり冷えているから起きた現象かも。
2020年01月07日 14:39撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が左から流れてきた。空気が冷やされてできたものかな?かなり冷えているから起きた現象かも。
13
㊻番の指導標と岩木山。津軽平野が明るい。
2020年01月07日 14:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
㊻番の指導標と岩木山。津軽平野が明るい。
21
雪庇が大きくなってきましたが,まだ上を歩けません。
2020年01月07日 14:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が大きくなってきましたが,まだ上を歩けません。
8
まだまだ樹氷になりきっていない大岳東斜面。
2020年01月07日 15:00撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ樹氷になりきっていない大岳東斜面。
9
仙人岱湿原に出ました。トレースが見えない。
2020年01月07日 15:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岱湿原に出ました。トレースが見えない。
14
正面は硫黄岳。
2020年01月07日 15:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は硫黄岳。
10
小岳と分岐の旗。
2020年01月07日 15:07撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳と分岐の旗。
10
正面にスキーで滑り降りてきた跡がありました。
2020年01月07日 15:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にスキーで滑り降りてきた跡がありました。
11
まだまだ成長の途中です。
2020年01月07日 15:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ成長の途中です。
8
真ん中の樹は高さ1mくらい。なんか可愛い。
2020年01月07日 15:13撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の樹は高さ1mくらい。なんか可愛い。
10
小岳方向。樹氷の間を歩くのが楽しい。
2020年01月07日 15:14撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳方向。樹氷の間を歩くのが楽しい。
10
ヒュッテ方向。
2020年01月07日 15:14撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ方向。
7
トレースがないのも珍しい。
2020年01月07日 15:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースがないのも珍しい。
9
自分のトレースだけ。一歩一歩進む度に足が沈みます。
2020年01月07日 15:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースだけ。一歩一歩進む度に足が沈みます。
9
桜沼の下辺りです。ここから先にトレースはないので,今日はここまで。下山します。
2020年01月07日 15:56撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜沼の下辺りです。ここから先にトレースはないので,今日はここまで。下山します。
34
自分の足跡だけ。もうすぐ夕日が沈みます。
2020年01月07日 16:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分の足跡だけ。もうすぐ夕日が沈みます。
18
分岐の旗と左奥にヒュッテ。
2020年01月07日 16:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の旗と左奥にヒュッテ。
12
湿原の樹氷はまだ成長の途中です。
2020年01月07日 16:13撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の樹氷はまだ成長の途中です。
12
銚子の首では−6.7度。仙人岱は−9度だったかなあ。風が吹いていないので寒さを感じない。飲み物は半分凍りかけていました。
2020年01月07日 16:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銚子の首では−6.7度。仙人岱は−9度だったかなあ。風が吹いていないので寒さを感じない。飲み物は半分凍りかけていました。
8
百沢スキー場の灯りかな?
2020年01月07日 16:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百沢スキー場の灯りかな?
11
冬道出入り口を振り返ると雪道が青い。
2020年01月07日 16:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道出入り口を振り返ると雪道が青い。
13
八甲田ホテルの灯りが横長に見えるので町の灯りと錯覚する。
2020年01月07日 17:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八甲田ホテルの灯りが横長に見えるので町の灯りと錯覚する。
6
鳥居の下の雪も少しずつ増えてきているような気がする。
2020年01月07日 17:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の下の雪も少しずつ増えてきているような気がする。
6
暗い道路に光って見える。
2020年01月07日 17:40撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い道路に光って見える。
5
温泉の駐車場に到着。
2020年01月07日 17:42撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉の駐車場に到着。
21
城ヶ倉ホテル前を通過している時の外気温が−6度。かなり冷え込んでいる。
2020年01月07日 18:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ倉ホテル前を通過している時の外気温が−6度。かなり冷え込んでいる。
4

感想/記録

てんくらでは一日中A表示が出ていたので,令和2年最初の登山で八甲田へ出かけました。予報通り晴れていて,風も無く静かなハイキングを体験できました。冬道出入り口100mほど手前に左の斜面に登る今までなかったトレースがあって,その跡についていきました。ダケカンバの親子(自分で勝手に呼んでいる)の辺りから下って冬道に合流。そこからはトレース跡が少なく,ラッセルして歩くことに。登りが続きこれがきつかった。今日は大岳登頂を目指していましたが,桜沼から先にトレース跡がないので,ラッセルは無理と判断し今回はここで戻ることにしました。霧氷が素晴らしく,途中で撮影のためなかなか前に進めませんでしたが,十分楽しめました。前回軽い三脚を持参しましたが,風が吹くとブレてしまうという反省から今回は3kg以上も重量がある三脚を持参。ザックを含め15kgの重量は冬道歩きには堪えました。明日は雨で荒れ模様の天候になるらしいので,今日登ってきて本当に良かった。今回も2時間かけて雲谷経由で十和田の自宅に帰宅しました。
訪問者数:465人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/15
投稿数: 180
2020/1/10 10:14
 夕景・夜景を…
 昨年お会いしたとき以降のレコを拝見して思うのですが、syakunageさんは遅い出発が多いですが、夕景を撮るのが目的というかお好きなんですよね? おかげであまり見ることのないきれいな写真を堪能させていただいてます。
 それと、写真1、2は青森市在住からすると八甲田連峰を十和田側から見たものなので貴重です。拡大表示をして山の同定をしてみました。2の高田大岳と雛岳の写真も私には嬉しいもので、昨年4/14にBCスキーで登ったラインが真正面に見えます。ありがとうございます。
登録日: 2016/1/31
投稿数: 105
2020/1/10 18:31
 Re: 夕景・夜景を…
mametan3 さん,こんばんはー。たまたまいつもスタートが遅いだけかも・・・。登山道や山頂がハイカーで賑わっている時に登ったことは殆どありません。だから,静かなハイキングを体験できているのかもしれませんね。だれもいない山でオカリナでも吹いてみたら気持ちいいだろうなあ。でも,吹けませんが,挑戦してみたいですね・・・(^_^;)十和田市内からは八甲田大岳が見えないので,高田大岳が北八甲田で一番高い山だと思っている方がいるかもしれません。mametan3さんが挑戦された雛岳から眦賃膤戮悗離薀ぅ鵝い垢瓦い任垢茲諭とても真似できません。週末に酸ヶ湯に向かう際,箒場にはたくさん車が停まっています。雛岳にスキーで登っている方々なんでしょうか。cloverさんがお気に入りの雛岳にはまだ登ったことがないので,どんな山なのか興味があります。ぜひ挑戦してみたいです。今年もどうぞよろしくお願いします。南八甲田でお目にかかる日を楽しみにしています。(^o^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ