また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2176210 全員に公開 雪山ハイキング 支笏・洞爺

白いシリーズ イチャンコッペ山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候予想外の雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ポロピナイ駐車帯に10台以上は停められる。今日は3台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間9分
休憩
43分
合計
3時間52分
S幌美内展望台06:5406:56イチャンコッペ山登山口07:0008:34八合目08:51イチャンコッペ山09:2609:41八合目10:39イチャンコッペ山登山口10:4310:46幌美内展望台10:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口付近は土と氷。
上の方は圧雪。
チェーンスパイクか軽アイゼン推奨。
その他周辺情報定番の丸駒温泉、クーポン利用で800円。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 チェーンスパイク ツェルト スリング 細引き ショベル スマホGPS

写真

登山口は雪なし、所々氷結。
2020年01月11日 06:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口は雪なし、所々氷結。
2
今日は低い雲の中。
しかしガスはじきに消え、山頂に着く頃には青空が広がるというのが僕の計算。
2020年01月11日 07:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は低い雲の中。
しかしガスはじきに消え、山頂に着く頃には青空が広がるというのが僕の計算。
2
雪少ないね。
幌平山への分岐付近も笹が元気。
一月中旬だというのにどうしたことでしょう。
2020年01月11日 07:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪少ないね。
幌平山への分岐付近も笹が元気。
一月中旬だというのにどうしたことでしょう。
1
幌平山への尾根。
こんなんではなかなか行こうとは思わない。
2020年01月11日 07:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌平山への尾根。
こんなんではなかなか行こうとは思わない。
2
785mピークを見上げる。
今日はこの木を見てもテンション上がらず。
この天気じゃねぇ。
2020年01月11日 08:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
785mピークを見上げる。
今日はこの木を見てもテンション上がらず。
この天気じゃねぇ。
3
もうすぐ旧反射板の丘の上。
でも眺望なしよ。風も冷たいよ。
2020年01月11日 08:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ旧反射板の丘の上。
でも眺望なしよ。風も冷たいよ。
2
さあ見えない山頂へGO!
湿った雪がビシビシ顔に当たって痛い。
2020年01月11日 08:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ見えない山頂へGO!
湿った雪がビシビシ顔に当たって痛い。
1
黙々と歩いてイチャンコッペ山。
山頂、着いたけど晴れないね。計算ちがい。
2020年01月11日 08:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と歩いてイチャンコッペ山。
山頂、着いたけど晴れないね。計算ちがい。
14
雪が降る中、ツェルトを張ってみた。
2020年01月11日 09:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降る中、ツェルトを張ってみた。
6
ペラペラの布一枚で風と雪が凌げる。
囲まれた空間で安心感あり。
暖かい飲物でくつろぎました。
2020年01月11日 09:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペラペラの布一枚で風と雪が凌げる。
囲まれた空間で安心感あり。
暖かい飲物でくつろぎました。
8
下山。
旧反射板を過ぎると、風雪は収まり穏やかに。
2020年01月11日 09:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山。
旧反射板を過ぎると、風雪は収まり穏やかに。
3
相変わらずのホワイティ。
正面には恵庭岳が見えるはずなのに。
2020年01月11日 10:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずのホワイティ。
正面には恵庭岳が見えるはずなのに。
2
支笏湖も白…。
こんな時は、心の眼で。
2020年01月11日 10:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支笏湖も白…。
こんな時は、心の眼で。
1
きっとこんな感じでしょ。
2020年01月11日 10:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きっとこんな感じでしょ。
10
あー帰ってきた。
登山口から振り返ると、
2020年01月11日 10:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー帰ってきた。
登山口から振り返ると、
1
晴れとるやないかい!
2020年01月11日 10:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れとるやないかい!
8
下山後は、名湯・丸駒温泉へ。
2020年01月11日 11:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後は、名湯・丸駒温泉へ。
2
風呂から上がり、休憩室から見た支笏湖。
さっきまでの天気がウソのように晴れ渡りました。
2020年01月11日 11:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風呂から上がり、休憩室から見た支笏湖。
さっきまでの天気がウソのように晴れ渡りました。
11

感想/記録

支笏湖周辺は午前中には青空が広がると見込んで朝も早よからイチャンコッペ山へ。
目論見は見事に外れ、スタート直後からガスの中。そのうち小雪が舞い始め、旧反射板の丘から先は吹雪模様。自己流天気予報は当てになりませんな。

この天気で他に登山者もなさそうなので、山頂でツェルトの設営練習をやってみた。
ツェルトの両上端をロープで木の枝に結び、内壁に雪を被せて風をシャットアウトし、ウレタンマットを座布団にして座れば快適空間の出来上がり。ペラペラのシート1枚あるだけで風が遮られ、中で座っていても安心感が生まれます。

ただ見た感じは潰れかけのテントのようだった。次回はもう少しパリッと張れるように。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:289人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ