また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2176726 全員に公開 山滑走 白山

白山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
風嵐ゲート前 5,6台可
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間8分
休憩
1時間36分
合計
12時間44分
Sスタート地点00:1101:24市ノ瀬ビジターセンター02:58別当出合03:0803:56中飯場04:0804:58別当覗05:0105:34甚之助避難小屋05:5006:03南竜分岐06:1007:51白山室堂08:0209:02白山09:1109:55弥陀ヶ原・エコーライン分岐10:10南竜分岐10:13甚之助避難小屋10:3510:48別当覗10:4911:03中飯場11:0511:34別当出合11:3712:17市ノ瀬12:55風嵐ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇ゲートから市ノ瀬まで雪はないので自転車。一部凍結有。
〇六万橋過ぎから雪切れ、釈迦新道の林道付近から雪はつながる。
〇中飯場まで登山道どおり。石畳には雪はある。
〇中飯場から少し自由に歩けるが、藪が多い。
〇甚之助避難小屋付近から自由にルートを引ける。
〇南竜分岐まではブーツラッセル。南竜分岐から甚之助谷に抜ける斜面はガリガリでクトーが利きづらかった。
〇甚之助谷はラッセルとガリガリミックス。
〇室堂からはブルーアイスもあるので吹き溜まりを選んで六地蔵跡方面からハイクアップ。御宝庫周辺はガチガチで稜線からは板デポしてアイゼンで山頂へ。下山も六地蔵跡までアイゼンで歩いたので六地蔵跡に板デポしたほうが風が弱い。

●水矢尻雪渓は適度に柔らかいので滑りやすかった。
●甚之助谷は吹き溜まりは重パウダー、ガリガリもたまにある。
●南竜分岐から甚之助避難小屋までは快適パウダー。
●甚之助避難小屋から別当覗までは藪滑走。
●別当覗から別当谷へエントリー。
●中飯場から別当出合まではモナカ気味。
その他周辺情報白山里400円
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋(ガイド 防寒テムレス) インナー手袋 予備手袋(防寒テムレス インナー手袋) 防寒着(化繊ダウン) バラクラバ(厚手  薄手) 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン(電池確認) スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備ヘッドランプ 予備電池(スマホ用モバイルバッテリー  単3  単4) GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 細引き×2 ダクトテープ2巻 ビニールテープ 針金 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ウィペット ナイフ カメラ スキー板 シール シールワックス スクレイパー ストラクチャーブラシ クトー ヘルメット ココヘリ 地獄ゴーグル お湯500ml 水500ml ホット紅茶500ml アイゼン ロールペーパー スリング(120mm 60mm) カラビナ2枚 安全環付き2枚

写真

市ノ瀬手前でチャリデポ
結果的に手前過ぎず突っ込み過ぎず
2020年01月11日 01:10撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬手前でチャリデポ
結果的に手前過ぎず突っ込み過ぎず
橋に雪はない 氷トラップのみ…

自転車持ってきたらよかったなどブツブツ…(5)
2020年01月11日 01:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋に雪はない 氷トラップのみ…

自転車持ってきたらよかったなどブツブツ…(5)
石畳はスキーでクリアできた。
2020年01月11日 03:37撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳はスキーでクリアできた。
まだ藪が多いけど、だんだん増えてきた。
2020年01月11日 04:25撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ藪が多いけど、だんだん増えてきた。
甚之助避難小屋はもう一階からは入れなさそう。
2020年01月11日 05:34撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助避難小屋はもう一階からは入れなさそう。
満月とモンスター
2020年01月11日 05:35撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満月とモンスター
1
そろそろ後ろは埋まりそう。
2020年01月11日 05:37撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ後ろは埋まりそう。
アイスモンスターに育ってください。
2020年01月11日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスモンスターに育ってください。
3
朝焼けが始まった。
2020年01月11日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けが始まった。
1
御嶽山あたりから出てきそうだ。
2020年01月11日 06:50撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山あたりから出てきそうだ。
4
装備変更しましょう

2020年01月11日 06:55撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
装備変更しましょう

4
一段と白さを増した御前峰。
2020年01月11日 07:08撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段と白さを増した御前峰。
3
防寒も万全。
2020年01月11日 07:08撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防寒も万全。
1
雲が多いけどご来光。
2020年01月11日 07:08撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多いけどご来光。
3
もうすぐ朝日
2020年01月11日 07:10撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ朝日
1
真っ白!
2020年01月11日 07:10撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白!
3
朝陽とシンモンさん。
2020年01月11日 07:18撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽とシンモンさん。
2
最高の気分です。
2020年01月11日 07:18撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の気分です。
5
朝日ちょろっ
2020年01月11日 07:25撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日ちょろっ
1
モンスターも沢山いる。
2020年01月11日 07:26撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターも沢山いる。
シュカブラ。
2020年01月11日 07:27撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ。
1
この時間が一番いい。
2020年01月11日 07:31撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間が一番いい。
7
逆くの字がゲレンデみたいに見える
2020年01月11日 07:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆くの字がゲレンデみたいに見える
5
別山とシンモンさん。
2020年01月11日 07:34撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山とシンモンさん。
2
アイスモンスター。
2020年01月11日 07:37撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスモンスター。
4
室堂に到着。
2020年01月11日 07:49撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂に到着。
2
パクミンさんからいろいろ情報を得る。ありがとうございます。
2020年01月11日 07:54撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パクミンさんからいろいろ情報を得る。ありがとうございます。
7
この辺りは厳冬期の様相。
2020年01月11日 08:03撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは厳冬期の様相。
3
通ってから奥社お参りです
2020年01月11日 08:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってから奥社お参りです
7
祈祷殿の新しい部分の制作に関わった方を知っているので、報告がてらパチリ
2020年01月11日 08:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祈祷殿の新しい部分の制作に関わった方を知っているので、報告がてらパチリ
3
ものすごいエビのシッポだ。
2020年01月11日 08:04撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ものすごいエビのシッポだ。
3
砂糖の家!?
2020年01月11日 08:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂糖の家!?
3
吹き溜まりを選びながら。
2020年01月11日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まりを選びながら。
1
見るからにガチガチそう…
2020年01月11日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見るからにガチガチそう…
2
御宝庫。爆風です…
2020年01月11日 08:40撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御宝庫。爆風です…
2
アイゼン装着やね…
2020年01月11日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着やね…
2
稜線は爆風。
2020年01月11日 08:59撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は爆風。
剣ヶ峰も真っ白だ。
2020年01月11日 08:59撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰も真っ白だ。
1
爆風稜線を行く
2020年01月11日 08:59撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風稜線を行く
3
581さん到着
2020年01月11日 09:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
581さん到着
3
2020年初登頂!
2020年01月11日 09:04撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2020年初登頂!
10
えびのしっぽがすごいことに
2020年01月11日 09:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えびのしっぽがすごいことに
12
奥宮に初詣。
2020年01月11日 09:06撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮に初詣。
2
シンモンさんお参り中。
眠たいなぁ、zzzzz
2020年01月11日 09:07撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シンモンさんお参り中。
眠たいなぁ、zzzzz
2
屋根にも激しいエビの尻尾

お参りしたら頭にぶつかる(5)
2020年01月11日 09:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根にも激しいエビの尻尾

お参りしたら頭にぶつかる(5)
2
定番ショット。
2020年01月11日 09:07撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番ショット。
2
アイス岩モンスター。
2020年01月11日 09:10撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイス岩モンスター。
5
六地蔵までアイゼンで降りて滑走モードに。後続の方にもここでの板デポをお勧めする。
2020年01月11日 09:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六地蔵までアイゼンで降りて滑走モードに。後続の方にもここでの板デポをお勧めする。
1
六地蔵跡からエントリー。
2020年01月11日 09:47撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六地蔵跡からエントリー。
5
光っているのはガチガチ地帯。
2020年01月11日 09:47撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光っているのはガチガチ地帯。
3
雲ひとつ無い
2020年01月11日 09:48撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ひとつ無い
4
いい感じに吹き溜まってる!
2020年01月11日 09:48撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じに吹き溜まってる!
3
快適斜面
2020年01月11日 09:50撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適斜面
1
The white mountain!
2020年01月11日 09:56撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
The white mountain!
2
別山。あの稜線は凶悪そう…
2020年01月11日 10:03撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山。あの稜線は凶悪そう…
1
甚之助に向かってパウダー
2020年01月11日 10:10撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助に向かってパウダー
1
南竜分岐からパウダーゲット。
2020年01月11日 10:12撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南竜分岐からパウダーゲット。
4
左端は登りトレース、真ん中はシンモンさん、右はroute581のシュプール。自己満足です!!
2020年01月11日 10:27撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端は登りトレース、真ん中はシンモンさん、右はroute581のシュプール。自己満足です!!
1
あれがモンスター地帯かな。
2020年01月11日 10:27撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがモンスター地帯かな。
2
さあ別当谷に行きましょうか。
日陰で大丈夫そうに見える
2020年01月11日 10:53撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ別当谷に行きましょうか。
日陰で大丈夫そうに見える
1
ここもパウダー。
2020年01月11日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもパウダー。
3
大量のスラフが落ちる。
2020年01月11日 10:54撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大量のスラフが落ちる。
3
最後は登山道ボブスレー。
これはうまくなりません…
2020年01月11日 11:12撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は登山道ボブスレー。
これはうまくなりません…
一本橋は慎重に!
2020年01月11日 11:31撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本橋は慎重に!
2
別当出合の屋根雪もまた融けそう…
2020年01月11日 11:37撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合の屋根雪もまた融けそう…
市ノ瀬ビジターセンターを振り返って。
5月の連休みたいな景色。
2020年01月11日 12:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬ビジターセンターを振り返って。
5月の連休みたいな景色。
1
微妙な雪を拾って滑走。
2020年01月11日 12:20撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙な雪を拾って滑走。
チャリデポ地点。日陰は凍り付いていた。
2020年01月11日 12:23撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャリデポ地点。日陰は凍り付いていた。
無事帰還。
2020年01月11日 12:58撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事帰還。
2

感想/記録

好天に恵まれ、素晴らしい白山登山となった。
この時期の白山は春と違い汚れていない。
ほんとに真っ白。しかも今日は快晴。
斜面を選べば軽いパウダーが詰まり滑走も楽しくスムーズだった。
市ノ瀬に降りてくると日差しが暑く感じるくらいで、今は5月ですか?と問いたくなるような気候。本当に雪が少ない。
そろそろドカンと降ってくれやしませんかねぇ…

さて山行中にはいろいろと問題が。
別当覗くらいで急にGPSがfreezeした。電源ボタン長押しでもうんともすんとも…
以後位置確認できず(電池を一旦外して再起動すればよかった)。
エコーラインへの乗り上げが少々危なかった(斜面が固くクトーが効かなかったので、モンキーになった)。
残雪期用のナマクラアイゼンを持ってきてしまい稜線行動は少し注意が必要だった。
今日くらいの気温(-10℃ほど)だと外付けのボトルは凍って意味がない。
その他いろいろ581さんと話しながらルート・装備・動作などを確認した。有意義な山行になった。
581さんまたよろしくお願いします。
次は少し働きます(笑)

感想/記録

近場で滑ることが出来るのは白山しかない。1月も半ばに差し掛かろうとしているのに、相変わらず林道には雪がないので自転車でアクセスできる。

シンモンさんと0時に約束。2日に四ッ岳を敗退しているのでなるべくピークは踏みたい。ゲートに着いてみるとすでに満車。すぐに支度して0時過ぎに出発する。道路は乾いているが、百万貫の岩あたりで凍結路面があり、転倒してしまった。そこからは慎重に走り、市ノ瀬手前で自転車デポしてシールハイク。

しばらく切れ切れだったけど、最後のヘアピンあたりで繋がってきた。一本橋は一部凍結、着雪があるので慎重に渡り、やっと登山開始。石畳には前回より雪が多いので登りやすかった。中飯場からも雪はさらに増え、どこでも歩けそうだけど、まだ藪が多いので、難儀した。

別当覗以降は割と自由に歩けるので自分たちの行きたいように歩いた。甚之助避難小屋までのルーファイはなかなか楽しかった。先行のパクミンさんはエコーラインの尾根からハイクアップされていたが、僕たちは行きなれている南竜分岐、エコーラインから登ることにした。エコーラインの谷筋に差し掛かる最後の急斜面トラバースがガチガチ斜面で緊張する場面だった。

谷筋も雪は増えたが、ガリガリの上に雪が乗っているので、滑りやすかったり、モナカが崩れることがあり、慎重にこなした。エコーラインに乗り上げるとさらに白さを増した御前峰。

室堂に差し掛かるとパクミンさんが滑ってこられたのでこの先の情報を教えていただた。当初、最短で行こうとしていたのでありがたかった。六地蔵までは吹き溜まりだったけど、御宝庫に近づくとガチガチで稜線からは強風のため、とてもスキーでは行けそうもないのでアイゼンで。今年初詣が出来たので良かった。

滑走は思いのほか滑りやすく、甚之助避難小屋まで十分に楽しむことが出来た。そこからはツリーランと言えばツリーランだけど、雪が悪かったら修業だ。今回はまだ柔らかかったので軽めの修業だった。

今回はいろいろ試したいことがあったので、いい体験が出来た。シンモンさん、同行させていただきありがとうございます。またお願いします!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1790人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ