また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2177075 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 近畿

千ヶ峰(予想外の雲海の眺望)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道427号からハーモニーパーク多可方面
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間58分
休憩
1時間46分
合計
3時間44分
S三谷登山口09:0209:40三谷・岩座神分岐10:05千ヶ峰11:5012:08三谷・岩座神分岐12:0912:44三谷登山口12:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りは約1時間。下りは50分程度でした。
急登もありサクッととはいきませんが気軽に登れる山です。
コース状況/
危険箇所等
三谷コースは最初は渓谷沿いを進み、尾根道の急登を登る。
尾根道は少し分かりにくいが危険個所はなかった。尾根道は傾斜が強いため下りは慎重に。雪や凍結の場合は要注意。
その他周辺情報登山口から車で30分程度でかさがた温泉「せせらぎの湯」700円だがHPのクーポンをクリックして50円割引のページを見せれば650円。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック:mont-bell パーサライト20ℓ(普段はサブザックとして使用)<br />カメラ:EOS M2 EF-M18-55mmF4.0

写真

8:50頃三谷登山口の駐車場に到着。
ハーモニーパークからさらに登ったところにあり。
2020年01月11日 09:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:50頃三谷登山口の駐車場に到着。
ハーモニーパークからさらに登ったところにあり。
1
9:03登山開始。
「多可の天空を歩く」
2020年01月11日 09:03撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:03登山開始。
「多可の天空を歩く」
仙人ハイク縦走コースだそうです。
2020年01月11日 09:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人ハイク縦走コースだそうです。
最初は三谷渓谷沿いを歩いていきます。
小さな滝が連なっています。
2020年01月11日 09:08撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は三谷渓谷沿いを歩いていきます。
小さな滝が連なっています。
2
冬ですが結構な水量。
1000m程度の山ですが水源はどこなんでしょう。
2020年01月11日 09:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬ですが結構な水量。
1000m程度の山ですが水源はどこなんでしょう。
7
滝を横から
2020年01月11日 09:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を横から
上から見下ろす。
2020年01月11日 09:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろす。
丸太の橋を渡り反対側へ
2020年01月11日 09:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太の橋を渡り反対側へ
秋の紅葉が似合いそうだけど冬は寒い感じ・・
2020年01月11日 09:26撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の紅葉が似合いそうだけど冬は寒い感じ・・
1
丸太の橋は3回横切りました。
2020年01月11日 09:27撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太の橋は3回横切りました。
30分ほどであと812mの看板。
全長2kmなのでもう半分以上来た?
2020年01月11日 09:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほどであと812mの看板。
全長2kmなのでもう半分以上来た?
ここから尾根道の急登を登っていきます。
2020年01月11日 09:37撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから尾根道の急登を登っていきます。
1
階段を登ってさらに高度を上げていくと
2020年01月11日 09:42撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を登ってさらに高度を上げていくと
あと20分の看板
2020年01月11日 09:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと20分の看板
最後の急登で開けてきたので振り返るとなんと・・・
雲海が!
2020年01月11日 10:00撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登で開けてきたので振り返るとなんと・・・
雲海が!
6
来る途中霧がかかっていましたがこういう状態だったんですね
2020年01月11日 10:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来る途中霧がかかっていましたがこういう状態だったんですね
6
低山とは思えない景色。絶景です。
2020年01月11日 10:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低山とは思えない景色。絶景です。
7
もくもくと沸き上がっているのは工場か何かの煙かな?
低山の雲海ならでは
2020年01月11日 10:01撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もくもくと沸き上がっているのは工場か何かの煙かな?
低山の雲海ならでは
3
青空の下一面雲海。多可町だけ晴れています。
2020年01月11日 10:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下一面雲海。多可町だけ晴れています。
2
美しいですね・・・
まさかこんな景色が見れるとは思っていなかった。ラッキーです。
2020年01月11日 10:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいですね・・・
まさかこんな景色が見れるとは思っていなかった。ラッキーです。
4
東方面も
2020年01月11日 10:02撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方面も
1
そうこうしているうちに頂上到着。
1時間で着きました。
2020年01月11日 10:04撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうこうしているうちに頂上到着。
1時間で着きました。
8
雪が少し残っています。
2020年01月11日 10:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少し残っています。
2
案内看板も雪で縁取られています。
2020年01月11日 10:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内看板も雪で縁取られています。
三角点に石碑がありました。
青空♪
2020年01月11日 10:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点に石碑がありました。
青空♪
4
北方面には雪が被った山が見えます。
頂上の人に聞くと二百名山の氷ノ山だそうです。
2020年01月11日 10:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面には雪が被った山が見えます。
頂上の人に聞くと二百名山の氷ノ山だそうです。
6
そして南方面には雲海♡が拡がる
2020年01月11日 10:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして南方面には雲海♡が拡がる
5
360°の眺望です。ここに立つと千の山々を従えている様に思います。千ヶ峰の由来でしょうか?
2020年01月11日 10:06撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360°の眺望です。ここに立つと千の山々を従えている様に思います。千ヶ峰の由来でしょうか?
4
北方面の斜面にはうっすら霧氷が見えたので行ってみます。
2020年01月11日 10:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面の斜面にはうっすら霧氷が見えたので行ってみます。
1
今日は暖かくなるのですぐに溶けてしまうでしょう。残っていてラッキーです。
2020年01月11日 10:09撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は暖かくなるのですぐに溶けてしまうでしょう。残っていてラッキーです。
6
きれいな景色
2020年01月11日 10:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな景色
1
溶け残りの霧氷が輝いています。宝石の様。
2020年01月11日 10:12撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶け残りの霧氷が輝いています。宝石の様。
2
大きさはこれくらいですが
2020年01月11日 10:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きさはこれくらいですが
2
木の幹についた霧氷をマクロで
2020年01月11日 10:14撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の幹についた霧氷をマクロで
1
霧氷の林を抜けると北方面にも雲海が見えます。
2020年01月11日 10:15撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の林を抜けると北方面にも雲海が見えます。
2
頂上に戻ります。
2020年01月11日 10:16撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に戻ります。
1
青空バックに霧氷
2020年01月11日 10:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空バックに霧氷
7
振り返り霧氷の林
2020年01月11日 10:17撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り霧氷の林
1
頂上に戻り頂上標を撮影。1005.2m。ぎりぎり1000m超えています。昼食にします。
2020年01月11日 10:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に戻り頂上標を撮影。1005.2m。ぎりぎり1000m超えています。昼食にします。
3
昼食をとりながら頂上からの360°の眺望を楽しみます。
北方面の雲海。
2020年01月11日 10:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食をとりながら頂上からの360°の眺望を楽しみます。
北方面の雲海。
1
その左には雪をかぶった氷ノ山。名前通りですね
2020年01月11日 10:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その左には雪をかぶった氷ノ山。名前通りですね
1
そしてもう一つの関西100名山の笠形山へ続く縦走路。
手前右から飯森山→入相山→笠形山と2座を超えていく様です。9時間と書いてありました。
2020年01月11日 10:47撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてもう一つの関西100名山の笠形山へ続く縦走路。
手前右から飯森山→入相山→笠形山と2座を超えていく様です。9時間と書いてありました。
1
氷ノ山アップ
2020年01月11日 11:20撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山アップ
5
飯森山の北斜面にも霧氷が見えます。
2020年01月11日 11:36撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯森山の北斜面にも霧氷が見えます。
1
青空とすすき
2020年01月11日 11:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空とすすき
2
2時間近く頂上を楽しみました。
下山します。
2020年01月11日 11:52撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間近く頂上を楽しみました。
下山します。
1
尾根道を下っていきます。
2020年01月11日 12:05撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を下っていきます。
結構急なので慎重に降ります。雪が降ったら危険度が上がりますね。この写真ではわからないので
2020年01月11日 12:11撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急なので慎重に降ります。雪が降ったら危険度が上がりますね。この写真ではわからないので
1
横から見るとこれくらいの角度です。40〜45°の急傾斜。
2020年01月11日 12:13撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横から見るとこれくらいの角度です。40〜45°の急傾斜。
ロープ場を振り返るとこんな感じ。
2020年01月11日 12:15撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場を振り返るとこんな感じ。
尾根道を下り渓谷に戻ってきました。
2020年01月11日 12:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を下り渓谷に戻ってきました。
1
滝をスローシャッターで流してみました。
2020年01月11日 12:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝をスローシャッターで流してみました。
3
登山口到着。下りは50分くらい。
2020年01月11日 12:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着。下りは50分くらい。
1
登山口に椿でしょうか?きれいに咲いてました。もうすぐ終わりかな?地面に散ってました。
2020年01月11日 12:46撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に椿でしょうか?きれいに咲いてました。もうすぐ終わりかな?地面に散ってました。
5
登山口から30分くらいのかさがた温泉「せせらぎの湯」でゆっくり疲れをいやしました。
2020年01月11日 14:50撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から30分くらいのかさがた温泉「せせらぎの湯」でゆっくり疲れをいやしました。
3

感想/記録

3連休は土曜が晴れ予報のため、前日に急遽思い立ち関西100名山の「千ヶ峰」に登ってきました。家から2時間弱で来れるので気軽な気持ちで来ましたが、予想外にうれしい誤算で雲海の景色や霧氷が見ることができました。

頂上で会った人の話では200名山の「氷ノ山」がこれほどきれいに見れるのはめったにないとのことで、本当に良い日に登れラッキーでした。この時期雪がないのが珍しいとのことで通常であればもっと厳しい山の様ですが天候にも恵まれました。
360°の眺望が楽しめる山で兵庫県にこんな山があったなんて初めて知りまし。

北斜面を登る市原コースは標高700mスタートで難易度が下がるので厳冬期にも再度チャレンジしてみたい山です。
是非リピートしたいです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:428人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ