また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2181270 全員に公開 ハイキング京都・北摂

北山の峠を歩く 江文峠、寒谷(さむたに)峠といくつかの標高点巡り

日程 2020年01月13日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 京都バス 戸寺
帰り 叡山電車 木野
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
12分
合計
6時間24分
S大原バス停08:1408:57江文峠09:0010:04寒谷峠10:0710:18瓢箪崩山10:1910:27寒谷峠10:2812:03坂原峠12:0512:48箕ノ裏ヶ岳12:5014:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無い

写真

江文神社参道入口の鳥居。
2020年01月13日 08:28撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江文神社参道入口の鳥居。
東海自然歩道を歩く。
2020年01月13日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道を歩く。
江文神社入り口。神社に寄ってみる。
2020年01月13日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江文神社入り口。神社に寄ってみる。
江文神社の鳥居。
2020年01月13日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江文神社の鳥居。
神社の説明。
2020年01月13日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の説明。
拝殿前の大きな杉の木。
2020年01月13日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝殿前の大きな杉の木。
2
江文神社。
2020年01月13日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江文神社。
1
引き返して江文峠に向かう。
2020年01月13日 08:43撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して江文峠に向かう。
峠に続く道。
2020年01月13日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に続く道。
今は道路が走る江文峠。
2020年01月13日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今は道路が走る江文峠。
僅かバス停にその名が残るのみだった。
2020年01月13日 08:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僅かバス停にその名が残るのみだった。
2
道路を渡ってここから寒谷峠へ向かう。
2020年01月13日 08:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を渡ってここから寒谷峠へ向かう。
1
随分前に通った時は無かった気がする林道が出来ていた。
2020年01月13日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分前に通った時は無かった気がする林道が出来ていた。
更に上にも林道が。
2020年01月13日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に上にも林道が。
P471標高点。
2020年01月13日 09:30撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P471標高点。
4
寒谷峠への分岐。
2020年01月13日 09:33撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒谷峠への分岐。
良い道が続く。
2020年01月13日 09:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い道が続く。
1
P476標高点。
2020年01月13日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P476標高点。
4
ついでなので瓢箪崩山にも寄ってみた。
2020年01月13日 10:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでなので瓢箪崩山にも寄ってみた。
1
いくつかの山名表示。
2020年01月13日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの山名表示。
3
寒谷峠へ帰って来た。
2020年01月13日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒谷峠へ帰って来た。
一枚だけプレートがあった。
2020年01月13日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚だけプレートがあった。
3
峠からそのまま尾根に入る。
2020年01月13日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠からそのまま尾根に入る。
1
それなりの道が続く。
2020年01月13日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりの道が続く。
赤いリボンに沿って尾根を降りて行く。
2020年01月13日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いリボンに沿って尾根を降りて行く。
黄色とかのテープも続く。
2020年01月13日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色とかのテープも続く。
少し薄いがリボンは続く。
2020年01月13日 10:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し薄いがリボンは続く。
尾根終盤になるとはっきりした道跡になる。
2020年01月13日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根終盤になるとはっきりした道跡になる。
古い小屋跡のある林道に出る。
2020年01月13日 11:05撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い小屋跡のある林道に出る。
林道を少し進む。
2020年01月13日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し進む。
谷への踏み跡から谷を渡る。
2020年01月13日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷への踏み跡から谷を渡る。
向こう岸には水路らしいものがあった。
2020年01月13日 11:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こう岸には水路らしいものがあった。
1
古い道跡を登ってP331標高点に向かう。
2020年01月13日 11:20撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い道跡を登ってP331標高点に向かう。
ピーク近くは雑木の藪だった。
2020年01月13日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク近くは雑木の藪だった。
標高点辺り。見晴らしも悪く標高を示すものは何も無かった。
2020年01月13日 11:41撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点辺り。見晴らしも悪く標高を示すものは何も無かった。
1
尾根を降り谷を渡るがこれは躊躇してしまった。
2020年01月13日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を降り谷を渡るがこれは躊躇してしまった。
1
道に出た所に地蔵があった。
2020年01月13日 11:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道に出た所に地蔵があった。
1
表情は見えないが顔であるのはわかる。
2020年01月13日 11:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表情は見えないが顔であるのはわかる。
1
古い道を登って行く。
2020年01月13日 11:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い道を登って行く。
峠に着いた。多分ここはスイ坂という峠の筈なんだが。
2020年01月13日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に着いた。多分ここはスイ坂という峠の筈なんだが。
峠名のプレートは無かった。
2020年01月13日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠名のプレートは無かった。
薄く○○峠と書かれているは坂原峠?か。
2020年01月13日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄く○○峠と書かれているは坂原峠?か。
1
しかしここには何か付いていた筈なんだが。
2020年01月13日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしここには何か付いていた筈なんだが。
ここには古い木のプレートが付いていた。
2020年01月13日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここには古い木のプレートが付いていた。
2
P303ピークは少し広い所だった。
2020年01月13日 12:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P303ピークは少し広い所だった。
箕裏ヶ岳山頂。
2020年01月13日 12:49撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕裏ヶ岳山頂。
山名表示。
2020年01月13日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名表示。
1
もう一枚。
2020年01月13日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一枚。
2
山頂から西に降りて道路に出る。
2020年01月13日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西に降りて道路に出る。
この先の坂道は地形図で繁見坂となっている。乗り越える辺りに繁見峠の標識は無かった。
2020年01月13日 13:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先の坂道は地形図で繁見坂となっている。乗り越える辺りに繁見峠の標識は無かった。
道路を西に少し進んでここから次の尾根に入る。
2020年01月13日 13:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を西に少し進んでここから次の尾根に入る。
先では綺麗な道だった。
2020年01月13日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先では綺麗な道だった。
比較的新しく気持ちの良い標識が続く。そしてこの辺りがP334標高点だが何も無かった。
2020年01月13日 13:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的新しく気持ちの良い標識が続く。そしてこの辺りがP334標高点だが何も無かった。
1
道中になかなかの形の木があった。
2020年01月13日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中になかなかの形の木があった。
1
迷いようのない道が続く。
2020年01月13日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷いようのない道が続く。
二軒茶屋にも行けるのか。
2020年01月13日 13:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒茶屋にも行けるのか。
P257標高点。勿論こんな低い所は何の表示も無かった。
2020年01月13日 14:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P257標高点。勿論こんな低い所は何の表示も無かった。
1
実相院への分岐。
2020年01月13日 14:07撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実相院への分岐。
岩倉公の石碑があった。
2020年01月13日 14:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩倉公の石碑があった。
2
後は一本道。
2020年01月13日 14:28撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は一本道。
1
標識もこれが最後だった。このあと直ぐに叡電木野駅に着いた。
2020年01月13日 14:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識もこれが最後だった。このあと直ぐに叡電木野駅に着いた。
撮影機材:

感想/記録
by yjin

2019年12月から始めた鯖街道など北山の峠を含めた山歩きも今日で6回目となる。今日のコースでは初めて訪れる峠は無いが北山の街道に関係すると思って訪問すると又違った気持ちになる。

寒谷峠は高野川沿いの道が拓かれるまではここがメインの街道だったのだろう。そして多くの人が行き交ったに違いない。そう考えて峠を見るとなかなか歴史を感じてしまう。
訪問者数:142人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 地蔵 東海自然歩道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ