また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2183063 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2020年01月11日(土) 〜 2020年01月12日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

写真

登山口です。
将門公伝説?
実家は平将門が討ち取られた地域です。
2020年01月11日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口です。
将門公伝説?
実家は平将門が討ち取られた地域です。
グレゴリー65
テントなど入っているのでかなり重いです…。
2020年01月11日 09:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グレゴリー65
テントなど入っているのでかなり重いです…。
将門に縁がある地域に産まれた事に感謝。
もう少し将門の事を知りたくなりました。
2020年01月11日 11:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将門に縁がある地域に産まれた事に感謝。
もう少し将門の事を知りたくなりました。
南アルプスでしょうか?
2020年01月11日 11:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスでしょうか?
2
閉鎖された奥多摩小屋です。
2020年01月11日 12:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉鎖された奥多摩小屋です。
ようやく避難小屋が見えてきました。
2020年01月11日 13:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく避難小屋が見えてきました。
外国人のカップルが普段着で登っていました。
特に女性は街で履くようなブーツ…。みんな大丈夫かと振り返っていましたが、装備万全の自分より早く登頂していました…💦 若いって素晴らしいけど、この時既に14時。鴨沢のバスに間に合ったのだろうか…。
2020年01月11日 13:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外国人のカップルが普段着で登っていました。
特に女性は街で履くようなブーツ…。みんな大丈夫かと振り返っていましたが、装備万全の自分より早く登頂していました…💦 若いって素晴らしいけど、この時既に14時。鴨沢のバスに間に合ったのだろうか…。
1
初めてのアルファ米。簡単なのは良いこと。昼食はバターチキンカレー。これも簡単に調理出来ますが、缶ゴミが嵩張るのが難点。
2020年01月11日 14:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのアルファ米。簡単なのは良いこと。昼食はバターチキンカレー。これも簡単に調理出来ますが、缶ゴミが嵩張るのが難点。
山頂か富士山がバッチリ見えました。
2020年01月11日 14:41撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂か富士山がバッチリ見えました。
3
山頂から山荘までの道のりはアイスバーンでした。初めてのアイゼン使用。
2020年01月11日 14:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から山荘までの道のりはアイスバーンでした。初めてのアイゼン使用。
2
山荘までビールの調達。
2020年01月11日 15:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘までビールの調達。
1
アイゼンを履いていなければ無理でした。
15時ぐらいに山頂で出会った方がアイゼンを持参していないと聞きましたが、無事に山荘に着いたのか心配でした。
2020年01月11日 15:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンを履いていなければ無理でした。
15時ぐらいに山頂で出会った方がアイゼンを持参していないと聞きましたが、無事に山荘に着いたのか心配でした。
1
寒かったですが富士山を眺めながらのビールが格別でした。
2020年01月11日 16:51撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒かったですが富士山を眺めながらのビールが格別でした。
2
神秘的な雲海
2020年01月11日 16:56撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘的な雲海
1
夕陽に照らされた富士山も素晴らしいです。
2020年01月11日 17:10撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽に照らされた富士山も素晴らしいです。
4
鹿が何頭かいました。
2020年01月11日 18:31撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿が何頭かいました。
1
朝日に染まる富士山
2020年01月12日 07:05撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まる富士山
6

感想/記録

今年初の登山は雲取山🗻
登山を始めたのが2017年の2年前。その頃から登山を始めて標高と同じ年に登頂してみたかったが、装備などを含め不十分のために頓挫。去年も機会が無かったが、ようやく休日のタイミングや装備品も充実しアタックに至る。2年前に登山を始めた頃、数々の山登りを経験して来た両親に今までで登った山で辛かったのは?と質問したところ、2人とも雲取山と答えたいただけに印象に深かった山である。
出発は5時半を予定していたが、深夜1時半に目が覚めてしまい以降は眠れず結局3時に家を出る。車を走らせてから登山に使用するコップが無い事に気づきUターン。
気を取り直して出発。現地には6時半に到着。駐車場にはカケスがおり良い写真が撮れた。1時間ほど仮眠を取り8時にアタック開始。途中中国人らしいカップルと同じコースを辿るが、女性はダウンのダッフルコートに街で履くような靴。まさか…この靴で山頂まで行くのか…と不安になる。
なだらかな山登りが続き体力を削っていく…。途中、七ツ石小屋で一服。以降、岩尾根を富士山や南アルプスの山々を観ながら縦走。奥多摩小屋は閉鎖されている。
以降の登りが地味にキツい。やっとの思いで14時に雲取山避難小屋に到着。昼ごはんを食べていると、他のメンバーが雲取山荘までビールを買いに行って戻ってきだ様子。耳を傾けていると、全然こっちの方が良いとの事。
また、アイスバーンとの事…
この避難小屋から山頂までは1〜2分、トイレも近くにありテントより寒さが凌げそうだ。
という事で雲取山荘でテント泊を予定していたが、ここで泊まることに決定。
登頂時間は約6時間。
あとは、ビールの確保だ…。40キロほどあるザックを起き、アタックザックにビールケース、カメラ、三脚、アイゼンを持ち山頂へ。山頂でゆっくりするのはビールを確保してからにしようという事で初アイゼンを履く。
山頂から山荘までは約30分だが完全にアイスバーン。中華製のアイゼンが大活躍‼️
これが無かったらまず無理だと思う。
往復60分ほどかけてビール×4本確保。
山頂で富士山を観ながらのビールは本当に格別。避難小屋には12人程泊まっていたが、外で富士山を観ながらマイナスの気温の中でビールを飲んでいたのは自分1人だけだった😅
19時頃には皆消灯し寝床につくが、熟睡したかどうかは…ご想像にお任せします。
翌朝、山の朝は早い。とは言っても…携帯電話の目覚ましアラームを大音量で鳴らす人がおり、どうしたものか?と思う。そういったマナーを守れない人がいる事は非常に残念である。
避難小屋から一気に下山。
上りは6時間のところ、やはり下山は早い半分の3時間だった。
平将門の伝説がこんな辺境の地に根付いている事に感銘もう受けた。
訪問者数:172人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ