また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2184343 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳を中止して根石岳

日程 2020年01月15日(水) 〜 2020年01月16日(木)
メンバー
天候1/15;前日から早朝まで降雪
第1展望台は濃霧(で撤退)、昼2時頃 踏跡を消すような降雪
<前日、下界の天気予報は昼間は晴れ予報>
1/16;10時頃まで快晴、午後は曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉前の駐車場まで自家用車
西尾根撤退後、夏沢鉱泉-唐沢鉱泉分岐まで自家用車
夏沢鉱泉-唐沢鉱泉分岐から桜平まで夏沢鉱泉の送迎車
(注)西尾根第1展望台から夏沢鉱泉宿泊予約と送迎依頼のTel
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間45分
休憩
3時間35分
合計
7時間20分
S唐沢鉱泉09:4010:30枯尾ノ峰分岐10:4011:35第一展望台11:5012:30枯尾ノ峰分岐12:4013:30唐沢鉱泉から桜平16:3017:00夏沢鉱泉
2日目
山行
4時間10分
休憩
3時間20分
合計
7時間30分
夏沢鉱泉07:0007:50黄連小屋08:0008:35夏沢峠08:4009:30箕冠山09:3509:50根石岳山頂10:0010:15箕冠山10:3511:05黄連小屋11:4512:15夏沢鉱泉14:0514:30桜平14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 前日の予定では
➀正午頃に天狗岳に登頂したら高見石まで
➁午後1時頃までなら日帰りで、下山後どこか温泉に泊まる
➂午後1時半を大きく過ぎていたら黒百合ヒュッテ泊
の予定でした
 「唐沢鉱泉から桜平」は
唐沢鉱泉から送迎待合せ地点(夏沢-唐沢鉱泉分岐)まで自家用車
待合せ時刻に2時間半も前に着く
コース状況/
危険箇所等
➀唐沢鉱泉しゃくなげ橋から枯尾ノ峰分岐
積雪が少なくアイゼン装着したら石に爪が当たる
➁枯尾ノ峰分岐から第1展望台
枯尾ノ峰分岐でアイゼンをつけたが必要なかった
➂夏沢鉱泉から夏沢峠
前日の降雪にも関わらず踏跡明瞭
➃夏沢峠から箕冠山
踏跡消失、なんとなく凹んでいるので、道はたいてい分かる
雪の吹き溜まりや風の強く吹く所は道を探す
➄箕冠山から根石岳
風が強い、顔が氷そう、目出し帽等でしっかり防御して歩くこと
箕冠山北面の樹氷が美しい
➅箕冠山から黄連小屋
最適の積雪でたいへん歩きやすい、下山用に最適でした
踏跡は消失していたが、なんとなく凹んでいるので、道は100%分かった
その他周辺情報唐沢鉱泉は冬季休業

写真

唐沢鉱泉手前の駐車スペース
2020年01月15日 09:32撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉手前の駐車スペース
しゃくなげ橋の登山口
2020年01月15日 09:37撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゃくなげ橋の登山口
しゃくなげ橋を渡って
2020年01月15日 09:39撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゃくなげ橋を渡って
枯尾ノ峰分岐
休憩&アイゼン装着
2020年01月15日 10:36撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯尾ノ峰分岐
休憩&アイゼン装着
第1展望台
ガスって何もの見えない
撤退することに
電波が入ったので
今夜の宿泊と送迎を
依頼した
2020年01月15日 11:37撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1展望台
ガスって何もの見えない
撤退することに
電波が入ったので
今夜の宿泊と送迎を
依頼した
2
今夜のお宿
夏沢鉱泉前
2020年01月15日 16:28撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜のお宿
夏沢鉱泉前
翌朝
1時間ほど歩いて
硫黄岳、黄連小屋前
2020年01月16日 07:52撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
1時間ほど歩いて
硫黄岳、黄連小屋前
1
天狗岳を左右に従える
根石岳(中央)
(注)この撮影地点周辺は
いつも道不明地帯
2020年01月16日 09:23撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳を左右に従える
根石岳(中央)
(注)この撮影地点周辺は
いつも道不明地帯
2
根石岳と根石山荘
2020年01月16日 09:37撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳と根石山荘
2
根石岳山頂
2020年01月16日 09:53撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳山頂
根石岳山頂
2020年01月16日 09:59撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳山頂
1
根石岳山頂から
東西天狗岳
2020年01月16日 09:53撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳山頂から
東西天狗岳
1
根石岳山頂から
硫黄岳、赤岳方面
2020年01月16日 09:53撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根石岳山頂から
硫黄岳、赤岳方面
箕冠山北面の
樹氷が美しい
2020年01月16日 10:09撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕冠山北面の
樹氷が美しい
3
再び箕冠山
ここはいつも
無風なので
熱いコーヒーとタバコで
大休憩
2020年01月16日 10:18撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び箕冠山
ここはいつも
無風なので
熱いコーヒーとタバコで
大休憩
黄連小屋着
2020年01月16日 11:07撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄連小屋着
冬季小屋を
利用している方がいた
自炊セットや寝袋を
広げていた
2020年01月16日 11:43撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季小屋を
利用している方がいた
自炊セットや寝袋を
広げていた
夏沢鉱泉着
2020年01月16日 12:18撮影 by OREGON 650TCJ, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉着

感想/記録

 前日の下界の天気予報は
降雪後、昼は晴れで夕刻より曇りのち雪でした
第1展望台についたら
ガスってなにも見えず雪も降りそうでした
早々と撤退を決め
思考の末、夏沢鉱泉に行くことにした
その間、二組の若い男女が登っていった
下山していると小粒の雪が落ちてきた
 車に戻り、送迎待合せ地点に移動して
送迎車を待っていると
雪ダルマのような大玉の雪が激しく落ちてきた
着いて、すぐ風呂に入ったら
「夕食が出来ました」とせかされた
ゆっくり風呂に入り、出てからビールを注文した
訪問者数:372人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ガス 撤退 踏跡 下界 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ