また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2205255 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

恵那山(強清水〜神坂峠コース)・・上部は霧氷祭り♪

日程 2020年02月02日(日) [日帰り]
メンバー
 sht
天候晴れ
強清水−6℃〜千両山−8℃〜恵那山−3℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神坂峠への市道神坂36号線は強清水から先が冬期通行止め中で、東屋前に駐車しました・・以前、四輪チェーンのランクルがスタックしてウィンチしているのを見かけたこともありましたが、今年は雪が薄くて4WDなら問題なく神坂峠まで入れそうでした(もちろん自己責任ですが)

強清水までは積雪凍結は無く、登山口には東屋、ポスト、トイレがあります

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
2時間16分
合計
10時間34分
S強清水04:2204:58鳥越峠入口05:32神坂峠05:5706:30千両山07:1107:30鳥越峠08:17大判山08:2810:45恵那山前宮ルートと神坂峠ルート分岐11:0111:19恵那山11:2011:24恵那山頂避難小屋11:4111:51恵那山一等三角点11:5512:01恵那山頂避難小屋12:0212:08恵那山12:24恵那山前宮ルートと神坂峠ルート分岐12:3113:45大判山13:5314:27鳥越峠14:3014:38鳥越峠入口14:4014:56強清水G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース下部〜中部は新雪の下に硬い層があり、残雪期のような雪質で歩き易いコンディション

一方、上部の標高2千m付近からは新雪層が厚くなり、厳冬期らしいサラサラ雪が踝〜膝下まで潜るように

夏道のピンクテープを見失ってからはMAX膝上までのプチラッセルになって結構大変でした

頂上稜線に出合うと前宮コースからのトレースが現れまた歩き易く

但し、積雪の分だけ背が高くなっている上に、鈴なりの霧氷が登山道に被さっていたのはやや歩きにくかったです

危険個所は特にありませんでした

写真

強清水の東屋前からスタート
2020年02月02日 04:21撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強清水の東屋前からスタート
1
神坂峠コース登山口に早く着き過ぎて〜
2020年02月02日 05:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神坂峠コース登山口に早く着き過ぎて〜
2
風をよけつつ時間調整
2020年02月02日 05:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風をよけつつ時間調整
1
まずは千両山でのご来光を目指します
2020年02月02日 05:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは千両山でのご来光を目指します
1
空には雲は無さそう
2020年02月02日 06:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空には雲は無さそう
1
パノラマピークの千両山に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマピークの千両山に到着
3
木曽駒を中心とした中ア北部
2020年02月02日 06:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒を中心とした中ア北部
3
空木〜南駒〜仙涯嶺
2020年02月02日 06:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木〜南駒〜仙涯嶺
3
白峰三山
2020年02月02日 06:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山
3
荒川三山
2020年02月02日 06:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山
3
小赤石〜赤石
2020年02月02日 06:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石〜赤石
2
西の空がピンクに染まります
2020年02月02日 06:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の空がピンクに染まります
1
中アに光が差します
2020年02月02日 06:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中アに光が差します
3
恵那山にも
2020年02月02日 06:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山にも
3
光〜池口の間から
2020年02月02日 06:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光〜池口の間から
3
霧氷とご来光
2020年02月02日 06:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷とご来光
3
恵那山に向いますが心配された吹溜りのラッセルは無くて歩き易いコンディション
2020年02月02日 07:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山に向いますが心配された吹溜りのラッセルは無くて歩き易いコンディション
1
大判山に到着
2020年02月02日 08:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大判山に到着
2
ウッスラと白山
2020年02月02日 09:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウッスラと白山
1
天狗ナギは巻いて通過します
2020年02月02日 09:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ナギは巻いて通過します
2
上部は霧氷が着いていそう
2020年02月02日 09:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は霧氷が着いていそう
1
標高2千mくらいから新雪層が厚くなってきて脛〜膝下に
2020年02月02日 10:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2千mくらいから新雪層が厚くなってきて脛〜膝下に
2
この辺では夏道のテープを見失っていてMAX膝上のラッセル;
2020年02月02日 10:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺では夏道のテープを見失っていてMAX膝上のラッセル;
1
何とか山頂稜線に到着・・ラッセルが残り100m程度の登りで助かった感じ
2020年02月02日 10:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか山頂稜線に到着・・ラッセルが残り100m程度の登りで助かった感じ
4
すると前宮コースからのトレースが現れて歩き易くなりました
2020年02月02日 10:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると前宮コースからのトレースが現れて歩き易くなりました
1
山頂稜線では霧氷が発達
2020年02月02日 11:03撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂稜線では霧氷が発達
1
中々ゴージャス
2020年02月02日 11:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中々ゴージャス
4
霧氷祭りを楽しめ期待以上でした
2020年02月02日 11:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷祭りを楽しめ期待以上でした
4
山標が無くなった最高地点
2020年02月02日 11:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山標が無くなった最高地点
2
展望地から霧氷と御嶽〜乗鞍〜穂高〜中ア
2020年02月02日 11:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地から霧氷と御嶽〜乗鞍〜穂高〜中ア
1
三角点ピーク方向も霧氷が多そう
2020年02月02日 11:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点ピーク方向も霧氷が多そう
1
聖と富士の頭
2020年02月02日 11:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖と富士の頭
5
避難小屋裏手の展望岩場へ
2020年02月02日 11:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋裏手の展望岩場へ
2
ここからもいい眺め
2020年02月02日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからもいい眺め
2
南ア南部の3千m峰セクステット
2020年02月02日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア南部の3千m峰セクステット
3
三角点広場へ
2020年02月02日 11:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点広場へ
1
霧氷のフレームで南ア
2020年02月02日 11:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷のフレームで南ア
2
三角点広場に到着
2020年02月02日 11:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点広場に到着
2
定点写真
2020年02月02日 11:52撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定点写真
5
下山中の三乃宮から〜
2020年02月02日 12:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の三乃宮から〜
1
分岐からは夏道を下って道外れポイントをチェック
2020年02月02日 12:32撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐からは夏道を下って道外れポイントをチェック
1
このテープ方向へ進んだのが間違いの始まり・・やむを得なかったかも
2020年02月02日 12:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このテープ方向へ進んだのが間違いの始まり・・やむを得なかったかも
1
御嶽〜乗鞍〜穂高は終日クッキリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽〜乗鞍〜穂高は終日クッキリ
3
御嶽山は本日噴煙が見えました
2020年02月02日 13:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山は本日噴煙が見えました
2
大判山まで帰ってきました
2020年02月02日 13:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大判山まで帰ってきました
1
ここからの恵那山は雄大
2020年02月02日 13:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの恵那山は雄大
1
鳥越峠からは林道へショートカットして追分登山口に到着
2020年02月02日 14:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥越峠からは林道へショートカットして追分登山口に到着
1
強清水に下山しました
2020年02月02日 14:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強清水に下山しました
3

感想/記録
by sht

本日は好天予報で、展望と雪を求めて恵那山に登ってきました。

積雪は、新雪の下がシッカリ締まっていて、残雪期のような歩き易いコンディション。

しかし「楽勝かな?」と思ったのは大甘で、標高差2百mを切った辺りから新雪が厚くなり、厳冬期らしいサラサラ雪のラッセルに苦戦となりました。

残り距離が短くて何とかクリアできましたが、少雪を予想してMSRを持参しなかったこともあり、下部からこの状態だったら敗退だったと思います。

ちょっと甘くみたのを反省しているところです。

一方で、展望の方は千両山でのご来光をはじめ、終日大展望を満喫できたのは期待通り。

さらには上部ではゴージャスな霧氷が満開でこちらは期待以上でした。

雪の時期も素晴らしい恵那山は本当にいい山ですね。
訪問者数:440人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ