また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2207876 全員に公開 山滑走日光・那須・筑波

那須・茶臼岳山頂滑走…バリエーションルート

日程 2020年02月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候雪のち晴れ  強風  ー8℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大丸P、トイレ・登山ポストあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ルートは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
大丸から峠の茶屋までは車道歩きで、通常は入ることのない作業車に注意。峠の茶屋から先は登山道の無いバリエーションルート。雪崩、滑落、道迷いなどの危険があり、初心者が入れるルートではありません。

写真

午後から天候が回復する予報なので、9:43 小雪降る大丸Pを出発。
2020年02月04日 09:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後から天候が回復する予報なので、9:43 小雪降る大丸Pを出発。
基本は車道歩き。積雪が嬉しい!
2020年02月04日 09:43撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本は車道歩き。積雪が嬉しい!
稲荷山はまだ藪が濃くて直登できません。
2020年02月04日 10:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷山はまだ藪が濃くて直登できません。
1
登山指導センターでピットチェックをして、ビーコンをオン。
2020年02月04日 10:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山指導センターでピットチェックをして、ビーコンをオン。
1
稲荷沢を詰めます。
2020年02月04日 10:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷沢を詰めます。
右股からさらに右股を詰めると、
2020年02月04日 10:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右股からさらに右股を詰めると、
開けた尾根へ。
2020年02月04日 11:04撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた尾根へ。
振り返って、帰りのルートを確認します。これを怠ると帰れません。
2020年02月04日 11:06撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、帰りのルートを確認します。これを怠ると帰れません。
1
左にトラバースして、
2020年02月04日 11:13撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左にトラバースして、
茶臼岳・南東面のの谷筋へ。
2020年02月04日 11:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳・南東面のの谷筋へ。
風はどんどん強まるばかり。
2020年02月04日 11:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はどんどん強まるばかり。
雪は固く、クトーとウイペッドを駆使して慎重に登ります。
2020年02月04日 11:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は固く、クトーとウイペッドを駆使して慎重に登ります。
那須の小槍が目指す地点。
2020年02月04日 11:39撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
那須の小槍が目指す地点。
1
ときおり暴風が吹き荒れ耐風姿勢。これが厳冬期の那須では普通のことです。
2020年02月04日 11:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときおり暴風が吹き荒れ耐風姿勢。これが厳冬期の那須では普通のことです。
慎重に、
2020年02月04日 11:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に、
登ります。核心のカチカチ急斜面。
2020年02月04日 11:55撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ります。核心のカチカチ急斜面。
1
ようやく小槍の下。登山道は少し上です。
2020年02月04日 12:05撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく小槍の下。登山道は少し上です。
1
登山道には上がらず、カチカチ斜面をトラバースして、
2020年02月04日 12:07撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道には上がらず、カチカチ斜面をトラバースして、
1
吹き溜まりへ。 右が登山道です。
2020年02月04日 12:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まりへ。 右が登山道です。
1
読み通り、山頂付近にはガチガチながら積雪。
2020年02月04日 12:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読み通り、山頂付近にはガチガチながら積雪。
鳥居に一礼して、
2020年02月04日 12:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居に一礼して、
1
12:33  山頂到着。 二礼二拍手一礼でお参りし、
2020年02月04日 12:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:33  山頂到着。 二礼二拍手一礼でお参りし、
1
スキーとともに記念撮影。
2020年02月04日 12:35撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーとともに記念撮影。
3
実は固い雪面にクトーを刺しこんだため、ご覧のようにクトーが変形し、スキーとの接合部分が破損していました。やはり、アイゼンで登るべきだったかも。
2020年02月04日 14:07撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は固い雪面にクトーを刺しこんだため、ご覧のようにクトーが変形し、スキーとの接合部分が破損していました。やはり、アイゼンで登るべきだったかも。
1
南月山と日の出平
2020年02月04日 12:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南月山と日の出平
まだ雪が少ない大倉山・流石山。
2020年02月04日 12:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雪が少ない大倉山・流石山。
奥に三本槍岳を望みながら、
2020年02月04日 12:54撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に三本槍岳を望みながら、
初の茶臼岳からの山頂滑走。
2020年02月04日 12:55撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初の茶臼岳からの山頂滑走。
凸凹を乗り越え、シュプールを刻みました。
2020年02月04日 12:56撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凸凹を乗り越え、シュプールを刻みました。
1
次は茶臼岳のお釜に滑走。
2020年02月04日 12:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は茶臼岳のお釜に滑走。
カリカリですがうっすらトレース。
2020年02月04日 13:01撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリですがうっすらトレース。
カニで登り返し、
2020年02月04日 13:01撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニで登り返し、
お釜の下を滑走。
2020年02月04日 13:05撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お釜の下を滑走。
底付きのパウダー。
2020年02月04日 13:06撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底付きのパウダー。
朝日岳を見ながらカリカリ斜面をトラバース。
2020年02月04日 13:06撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳を見ながらカリカリ斜面をトラバース。
1
さあ、本日のメイン、茶臼岳東ルンゼの滑走です。
2020年02月04日 13:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、本日のメイン、茶臼岳東ルンゼの滑走です。
1
アイスバーンは慎重に。
2020年02月04日 13:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバーンは慎重に。
ここは底付きのパウダー。
2020年02月04日 13:12撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは底付きのパウダー。
そして、下部は病み付きのパウダー!
2020年02月04日 13:18撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、下部は病み付きのパウダー!
楽しい滑降はあっという間。 稲荷沢に向かいます。
2020年02月04日 13:18撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい滑降はあっという間。 稲荷沢に向かいます。
登りで確認した沢筋へ、
2020年02月04日 13:20撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで確認した沢筋へ、
滑り込みます。
2020年02月04日 13:23撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り込みます。
1
稲荷沢を安全に滑走し、
2020年02月04日 13:27撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷沢を安全に滑走し、
1
登山指導センターへ。
2020年02月04日 13:28撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山指導センターへ。
ここからも登山道を外して滑走。
2020年02月04日 13:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも登山道を外して滑走。
車道スキーでは板がよく走りました。
2020年02月04日 13:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道スキーでは板がよく走りました。
すると、途中で作業車がスタック中。当然、救出を手伝い、スキーを外して車を押します。
2020年02月04日 13:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、途中で作業車がスタック中。当然、救出を手伝い、スキーを外して車を押します。
10分後、作業車は無事脱出。
2020年02月04日 13:39撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分後、作業車は無事脱出。
その後も車道をスキーで下り、
2020年02月04日 13:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も車道をスキーで下り、
13:50  無事帰着。
2020年02月04日 13:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:50  無事帰着。

感想/記録

 念願だった茶臼岳からのスキー滑走。図らずも大暖冬のお蔭で達成できました。まさに皮肉の結果ですが、厳冬期の那須岳では強烈な北西の季節風が吹くともに、火山の地熱のため茶臼岳山頂付近にはあまり積雪がありません。

 したがって、山頂付近は岩が露出し滑走をためらう状態が続いていました。ところが、今季は冬型の気圧配置が続かず、春先によく現れる南岸低気圧が何度も発生して那須岳に降雪をもたらしました。その場合、大風は吹かないので山頂部にも積雪が溜まります。それを見て、チャンスとばかりスキーで茶臼岳に登りました。

 読みは当たり、那須岳では初めての茶臼岳滑走に成功。ここは昭和には多くの山スキーヤーが滑っていたようですが、MTジーンズなどのスキー場が出来てからはここを滑る人は激減し、今ではマイナールートのバリエーションになりました。

 このルートは危険がいっぱいで、安易に人様にお勧め出来るルートではありません。ただ、那須の気候、ルート、危険をよく知るベテランの方々にとってはよい滑走ルートになりますのでご紹介します。

 ただ、今回のルートは雪が少ない理由で辿ったルートであり、自分のお勧めするルートではありません。お勧めルートは積雪が増え次第、ご紹介します。
訪問者数:401人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ