また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2210954 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

霊山 国司沢岩最先端まで行けた 〜超ハードコースでした〜 

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
霊山行合道登山口。国道115号から霊山こどもの村の先に駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
20分
合計
6時間26分
S霊山登山口09:5210:11宝寿台10:1710:21日暮岩入口10:29国司沢展望所10:3210:33天狗の相撲場10:3415:42天狗の相撲場15:5115:53国司沢展望所15:57日暮岩入口16:02宝寿台16:0316:18霊山登山口16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハードコースは鎖場が多い。特に、10mほど垂直方向へ降りる(帰りは登る)鎖場が2箇所あった。
道筋ははっきりしないので、踏み跡や鎖をさがしたり、藪を突っ切ったりして進む。
その他周辺情報登山口すぐ下の紅彩館で入浴できる。

写真

R2.2.17追加。甲岩からの国司沢岩最先端ルートの概要
2020年02月15日 10:08撮影 by DMC-GM1S, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R2.2.17追加。甲岩からの国司沢岩最先端ルートの概要
R2.2.17追加。天狗の相撲場からの国司沢岩最先端ルートの概要
2020年02月15日 16:29撮影 by DMC-GM1S, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R2.2.17追加。天狗の相撲場からの国司沢岩最先端ルートの概要
R.2.2.17追加。国司沢岩からの国司沢岩最先端ルートの概要
2020年02月15日 11:43撮影 by DMC-GM1S, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R.2.2.17追加。国司沢岩からの国司沢岩最先端ルートの概要
今日の霊山
2020年02月08日 09:44撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の霊山
1
日陰の登山道には雪が残っている。
2020年02月08日 10:10撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰の登山道には雪が残っている。
1
国司沢の岩峰。これからあそこを左端のピークまで登ってみる。
2020年02月08日 10:29撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国司沢の岩峰。これからあそこを左端のピークまで登ってみる。
1
一番左のピークが国司沢岩最先端で、南面が切り立っていることに、行ってから気付いた。
2020年02月08日 10:33撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番左のピークが国司沢岩最先端で、南面が切り立っていることに、行ってから気付いた。
護摩壇方向へ進む。
2020年02月08日 10:39撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩壇方向へ進む。
1
左の踏み跡へ進む。ハードコースのスタート
2020年02月08日 10:41撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の踏み跡へ進む。ハードコースのスタート
ウサギの足跡
2020年02月08日 10:45撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギの足跡
1
右に登って行くと国司沢岩へ行く。直進すると国司沢岩最先端へ進む。今日は直進する。
2020年02月08日 10:45撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に登って行くと国司沢岩へ行く。直進すると国司沢岩最先端へ進む。今日は直進する。
前方の鞍部で右に曲がって南へ進む。
2020年02月08日 10:47撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の鞍部で右に曲がって南へ進む。
大岩に着いた。ここに1つめの鎖がある。
2020年02月08日 10:49撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩に着いた。ここに1つめの鎖がある。
鎖に沿って登る。
2020年02月08日 10:55撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖に沿って登る。
大岩の上に出たら、藪を漕いで進む。
2020年02月08日 11:13撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の上に出たら、藪を漕いで進む。
ピーク2へ向かって降りていく。
2020年02月08日 11:24撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク2へ向かって降りていく。
笹藪を進む。
2020年02月08日 11:27撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹藪を進む。
ピーク2。西側を巻いて進む。登れそうだが、寄り道しないで進む。
2020年02月08日 11:30撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク2。西側を巻いて進む。登れそうだが、寄り道しないで進む。
ピーク2の南側にあるトンネルを通り抜けて東側に出て、南に進む。
2020年02月08日 11:34撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク2の南側にあるトンネルを通り抜けて東側に出て、南に進む。
1
ピーク3に到着。
2020年02月08日 11:36撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク3に到着。
南方向にこれから行くピーク群が見下ろせる。
2020年02月08日 11:42撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向にこれから行くピーク群が見下ろせる。
1
鎖を頼りにどんどん下る。
2020年02月08日 11:43撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖を頼りにどんどん下る。
1
左の対岸に登山道と天狗の相撲場が見える。
2020年02月08日 11:45撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の対岸に登山道と天狗の相撲場が見える。
今度は梯子を降りる。
2020年02月08日 11:47撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は梯子を降りる。
さらに、急斜面を降りていく。
2020年02月08日 11:53撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、急斜面を降りていく。
ピーク5へ登る鎖。
2020年02月08日 12:07撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク5へ登る鎖。
西側に国司沢岩がそびえる。
2020年02月08日 12:10撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側に国司沢岩がそびえる。
1
ピーク5の頂上へ登る。
2020年02月08日 12:12撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク5の頂上へ登る。
ピーク5から西の福島市方向
2020年02月08日 12:15撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク5から西の福島市方向
1
今降りてきた北側の斜面
2020年02月08日 12:16撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今降りてきた北側の斜面
先週はここで引き返した。ここから先はルートは不明である。まずは鎖の通り降りていく。
2020年02月08日 12:17撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週はここで引き返した。ここから先はルートは不明である。まずは鎖の通り降りていく。
藪を降りていく。
2020年02月08日 12:21撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪を降りていく。
ピーク5の南面。対岸から見ると南側のピーク6が寄りかかっているように見えるが、実際には隙間が空いている。
写真では分かりにくいが、幅1mほど、深さ10mほどの岩の隙間を跨いで鎖が2本渡してある。跳んで渡るのは無理。よく見ると、手前にトラロープがあり左側に誘導しているようなので、周りを調べたら、東側の斜面にも鎖が見えたので、そちらに進んだ。
2020年02月08日 12:25撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク5の南面。対岸から見ると南側のピーク6が寄りかかっているように見えるが、実際には隙間が空いている。
写真では分かりにくいが、幅1mほど、深さ10mほどの岩の隙間を跨いで鎖が2本渡してある。跳んで渡るのは無理。よく見ると、手前にトラロープがあり左側に誘導しているようなので、周りを調べたら、東側の斜面にも鎖が見えたので、そちらに進んだ。
1
次の鎖まで2mくらい間があり、空中をV字に渡した鎖は怖くて使えないので、スリングで安全確保した。横のトラロープはボロボロである。
2020年02月08日 12:31撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の鎖まで2mくらい間があり、空中をV字に渡した鎖は怖くて使えないので、スリングで安全確保した。横のトラロープはボロボロである。
鎖を下からみる。鎖がV字に空中を渡っているのがよく見える。この岩場を10mほど降りるのが、このルートで一番困難だった。
2020年02月08日 12:34撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖を下からみる。鎖がV字に空中を渡っているのがよく見える。この岩場を10mほど降りるのが、このルートで一番困難だった。
1
傾斜は緩やかになったが鎖は続く。ピーク7の東側を巻いて行く。
2020年02月08日 12:37撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜は緩やかになったが鎖は続く。ピーク7の東側を巻いて行く。
更に鎖の通り降りていく。
2020年02月08日 12:39撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に鎖の通り降りていく。
次のピークとの間は少し広めの笹藪がある。
2020年02月08日 12:44撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークとの間は少し広めの笹藪がある。
前方への踏み跡があるので歩きやすい。
2020年02月08日 12:47撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方への踏み跡があるので歩きやすい。
ピーク8の西よりの藪の斜面を登る。
2020年02月08日 12:54撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク8の西よりの藪の斜面を登る。
ピーク8の頂上まであと少し。
2020年02月08日 12:58撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク8の頂上まであと少し。
ピーク8の頂上についた。これ以上は先がない! ここが国司沢岩最先端!!
2020年02月08日 13:00撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク8の頂上についた。これ以上は先がない! ここが国司沢岩最先端!!
1
南側は絶壁
2020年02月08日 13:03撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は絶壁
東方向を見ると、紅彩館も見える。
2020年02月08日 13:03撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方向を見ると、紅彩館も見える。
北東の甲岩
2020年02月08日 13:05撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東の甲岩
西の福島市方向
2020年02月08日 13:05撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の福島市方向
林道大霊山線が見える。
2020年02月08日 13:06撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道大霊山線が見える。
北側の様子。あそこから登って(降りて)きた。
2020年02月08日 13:09撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の様子。あそこから登って(降りて)きた。
1
国司沢岩の連なり
2020年02月08日 13:10撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国司沢岩の連なり
1
低い松が生えている。
2020年02月08日 13:21撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低い松が生えている。
西側下の岩場まで降りられそうである。今日は風が強いので、やめておく。
2020年02月08日 13:31撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側下の岩場まで降りられそうである。今日は風が強いので、やめておく。
最後に東側を眺めて、そろそろ帰ることにする。
2020年02月08日 13:32撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に東側を眺めて、そろそろ帰ることにする。
国司沢岩最先端から北側を見ると鎖があった。登って来るときは西側よりに登ったので気付かなかった。
2020年02月08日 13:35撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国司沢岩最先端から北側を見ると鎖があった。登って来るときは西側よりに登ったので気付かなかった。
帰りは登りが多くなる。
2020年02月08日 13:46撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは登りが多くなる。
絶壁の下を通る。
2020年02月08日 13:48撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶壁の下を通る。
2mくらいの氷柱
2020年02月08日 13:51撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2mくらいの氷柱
垂直の登り
2020年02月08日 13:57撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直の登り
この鎖は垂直に垂れている。これを登るのは怖い。
2020年02月08日 14:00撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鎖は垂直に垂れている。これを登るのは怖い。
右側の鎖ならなんとか登れる。トラロープはボロボロである。やはりここが一番の難所である。
2020年02月08日 14:00撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の鎖ならなんとか登れる。トラロープはボロボロである。やはりここが一番の難所である。
来る時に設置したスリングのところまで戻れた。
2020年02月08日 14:05撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来る時に設置したスリングのところまで戻れた。
南側の岩も絶壁である。
2020年02月08日 14:08撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の岩も絶壁である。
ピーク5の頂上まで戻った。南側には今行って来た岩場が見える。
2020年02月08日 14:17撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク5の頂上まで戻った。南側には今行って来た岩場が見える。
北側にピーク3がそびえる。あそこを梯子や鎖を頼りに昇り返す。
2020年02月08日 14:18撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側にピーク3がそびえる。あそこを梯子や鎖を頼りに昇り返す。
1
先ずは降りる。
2020年02月08日 14:18撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは降りる。
ピーク3下部の急斜面を登る。
2020年02月08日 14:37撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク3下部の急斜面を登る。
梯子の場所が分かりにくい。
2020年02月08日 14:41撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子の場所が分かりにくい。
梯子を登る。
2020年02月08日 14:42撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を登る。
更に鎖を頼りに登る。
2020年02月08日 14:47撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に鎖を頼りに登る。
ピーク3から南を望む。一番向こうが国司沢岩最先端のピークか?
2020年02月08日 14:50撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク3から南を望む。一番向こうが国司沢岩最先端のピークか?
ピーク2のトンネル
2020年02月08日 14:55撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク2のトンネル
キツツキの巣?
2020年02月08日 15:01撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツツキの巣?
大岩への登り
2020年02月08日 15:06撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩への登り
大岩から降りる
2020年02月08日 15:15撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩から降りる
護摩壇の道まで戻った。
2020年02月08日 15:36撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩壇の道まで戻った。
天狗の相撲場から。左端のピークが国司沢岩最先端だった。大岩の次のピークから数えて8番目だった。
1つ右のピーク7とその右のピーク6は東側を巻く。3つ右のピーク5の南面は、一番難所の垂直に降りるところ。
右から2つ目がピーク4。
一番右の大きな山に見えるところの南面がピーク3からの下り。長い鎖や梯子急斜面で下るところ。
ピーク2,1,大岩は後ろの山に重なってしまい見えない。
ピーク7,6,2以外は頂上まで登っては降りるを繰り返す。
横から見てみると、これらのピークを登り降りして進めたことにビックリする。
2020年02月08日 15:44撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の相撲場から。左端のピークが国司沢岩最先端だった。大岩の次のピークから数えて8番目だった。
1つ右のピーク7とその右のピーク6は東側を巻く。3つ右のピーク5の南面は、一番難所の垂直に降りるところ。
右から2つ目がピーク4。
一番右の大きな山に見えるところの南面がピーク3からの下り。長い鎖や梯子急斜面で下るところ。
ピーク2,1,大岩は後ろの山に重なってしまい見えない。
ピーク7,6,2以外は頂上まで登っては降りるを繰り返す。
横から見てみると、これらのピークを登り降りして進めたことにビックリする。
1
整備されていたころは40分で行けたのだろうか。
2020年02月08日 16:14撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されていたころは40分で行けたのだろうか。
駐車場からの国司沢の岩の連なり
2020年02月08日 16:19撮影 by moto g(6) play, motorola
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からの国司沢の岩の連なり

感想/記録

先週に途中まで行った国司沢岩最先端コースを終点まで行ってみた。あのピークが並んでいるところを、天辺まで登って鞍部まで降りるのを繰り返しながら進むので、大変面白いルートである。

登る前は、おとといの雪の影響を危惧したが、幸い問題なく行って来れた。
今度は春になってから行ってみることにする。
訪問者数:39人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ