また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2211172 全員に公開 ハイキング近畿

南部梅林と狼煙山

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間23分
休憩
19分
合計
2時間42分
S晩稲(グラウンド駐車場)15:3716:30晩稲(グラウンド駐車場)17:07スタート地点17:18狼煙山17:3217:52島田漁港17:5718:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆南部梅林・狼煙山の前に登った嶽ノ森山・峯ノ山
 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2211171.html

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

【南部梅林】
緩やかに起伏する斜面を梅の花が覆い尽くし、春霞がただようかのようです。
2020年02月08日 15:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【南部梅林】
緩やかに起伏する斜面を梅の花が覆い尽くし、春霞がただようかのようです。
1
散策路を歩いて高台に差し掛かると、キラキラと輝く南部湾が見通せます。
2020年02月08日 15:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散策路を歩いて高台に差し掛かると、キラキラと輝く南部湾が見通せます。
1
芳香を漂わせる梅の花に魅了され、
2020年02月08日 16:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳香を漂わせる梅の花に魅了され、
5
何とも贅沢なひと時です。
2020年02月08日 16:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とも贅沢なひと時です。
4
青空に映える白梅を鑑賞しながらそぞろ歩きます。
2020年02月08日 16:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える白梅を鑑賞しながらそぞろ歩きます。
3
夕方の日差しが降り注ぐ南部川流域。整然と区画された条里制遺構は梅の花で覆われ、この時期ならではの見事な眺めです。
2020年02月08日 16:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方の日差しが降り注ぐ南部川流域。整然と区画された条里制遺構は梅の花で覆われ、この時期ならではの見事な眺めです。
2
【狼煙山】
電波塔が林立する狼煙山の直下から歩き始めます。
2020年02月08日 17:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【狼煙山】
電波塔が林立する狼煙山の直下から歩き始めます。
コンクリート舗装の道をしばらく歩いて、狼煙山の頂上部分に達します。
2020年02月08日 17:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリート舗装の道をしばらく歩いて、狼煙山の頂上部分に達します。
ここは江戸時代注記から末期にかけて狼煙台があった場所。幕末には黒船の来航に備えて見張りが強化されたということからも窺われるように、
2020年02月08日 17:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは江戸時代注記から末期にかけて狼煙台があった場所。幕末には黒船の来航に備えて見張りが強化されたということからも窺われるように、
1
海の眺めは申し分なく、切目崎の彼方に没しようとする夕陽を眺めるにはうってつけの場所といえそうです。
2020年02月08日 17:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海の眺めは申し分なく、切目崎の彼方に没しようとする夕陽を眺めるにはうってつけの場所といえそうです。
1
夕陽が雲の中に隠れてしまうのを見届けると下り始めますが、
2020年02月08日 17:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽が雲の中に隠れてしまうのを見届けると下り始めますが、
3
途中で来た道を離れて海岸沿いの国道42号に出て、残照の余韻に浸りながら歩きます。
2020年02月08日 17:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で来た道を離れて海岸沿いの国道42号に出て、残照の余韻に浸りながら歩きます。
2
島田漁港に立ち寄り、波打ち際まで下りてみました。シルエットと化した岩礁の彼方には、紀伊水道を行き交う船を眺めます。
2020年02月08日 17:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島田漁港に立ち寄り、波打ち際まで下りてみました。シルエットと化した岩礁の彼方には、紀伊水道を行き交う船を眺めます。
4
切目崎付近の田尻海岸。白波が打ち付ける彼方の海岸線を、灯り始めた街明かりが飾ります。この先は海岸線を離れ、
2020年02月08日 18:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切目崎付近の田尻海岸。白波が打ち付ける彼方の海岸線を、灯り始めた街明かりが飾ります。この先は海岸線を離れ、
2
狼煙山のシルエットと煌々と輝く月に導かれて、起点に戻ります。
2020年02月08日 18:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼煙山のシルエットと煌々と輝く月に導かれて、起点に戻ります。
2

感想/記録

 嶽ノ森山・峯ノ山に続いては、見頃を迎えた南部梅林と狼煙山へ。狼煙山の頂上から日が沈むのを見届けると、日没の余韻に浸りながら、黄昏時の海岸線を歩いて戻りました。
訪問者数:72人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ