また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2211246 全員に公開 ハイキング丹沢

【★表尾根(丹沢)★ヤビツ峠〜岳ノ台〜二ノ塔〜三ノ塔〜三ノ塔尾根〜大倉★】

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【★往路★】
/圭鼻楚遡(小田急線/1560円)
⊃遡遽悄船筌咼墜(神奈中バス/0円)

新宿6:11-7:23秦野7:44-8:25ヤビツ峠

※丹沢大山フリーパスBキップ(1560円)利用
https://www.odakyu-freepass.jp/tanzawa/buy.html

【★復路★】
‖臍-渋沢駅(神奈中バス/0円)
⊇詑-新宿(小田急線/0円)

大倉14:08-14:21渋沢14:46-15:57新宿

【★公共交通機関リンク★】
神奈川中央交通HP
http://www.kanachu.co.jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
38分
合計
5時間22分
Sヤビツ峠08:4008:58旧ヤビツ峠09:14岳ノ台09:1909:48二又峰09:53菩提峠10:0010:44日本武尊の足跡10:57大音沢ノ頭11:07二ノ塔11:25三ノ塔11:5113:00牛首13:2443号鉄塔13:27庚申山13:38三ノ塔尾根道入口14:02大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【●山域(行政区)●】
・神奈川県秦野市

【●今回のコース●】
『ヤビツ峠(標高761m/8:40am/登山開始)-
岳ノ台(標高899m/9:14am/5分休憩)-
二又峰(標高790m/9:48am)-
菩提峠(標高760m/9:53am/7分休憩)-
日本武尊足跡(標高1050m/10:44am)-
大音沢ノ頭(標高1070m/10:57am)-
二ノ塔(標高1144m/11:07am)-
三ノ塔(標高1204m/11:25am/26分休憩)-
牛首(13:00)-43号鉄塔(13:24)-
庚申山(標高504m/13:27)-
三ノ塔尾根入口(13:38)-風の吊り橋(13:57)-
大倉バス停(標高290m/14:02/登山終了)』

<荷物5kg・水分約800ml補給>
コース状況/
危険箇所等
【▲登山道状況▲】
.筌咼墜愁丱皇筺然戰梁罅Т躙渦媾蠅覆
岳ノ台〜菩提峠:危険箇所なし
J酊麁宗疎膕斬凜瞭:道迷い注意(※準バリルート)
ぢ膕斬凜瞭〜二ノ塔:危険箇所なし
テ鵐療磧岨哀療磧崩落箇所通行注意
三ノ塔〜牛首〜牛首:落ち葉が多く滑りやすい
У躰鵝噌申山:新設林道が多く道迷い注意
┨申山〜三ノ塔尾根入口:ケモノの痕跡あり、おそらく熊
三ノ塔尾根入口〜大倉バス停:林道歩き
※通行困難な積雪は全区間に於いて皆無。

【▲登山者数情報▲】
.筌咼墜愁丱皇筺然戰梁罅0名
岳ノ台〜菩提峠:4名
J酊麁宗疎膕斬凜瞭:2名
ぢ膕斬凜瞭〜二ノ塔:0名
テ鵐療磧岨哀療磧約10名
三ノ塔〜牛首:5名
У躰鵝噌申山:0名
┨申山〜三ノ塔尾根入口:0名
三ノ塔尾根入口〜大倉バス停:2名
※通行困難な積雪は全区間に於いて皆無。

【▲読み方▲】
・岳ノ台:だけのだい/たけのだい
・二又峰:ふたまたみね
・菩提峠:ぼだいとうげ
・日本武尊足跡:やまとたけるのみことのあしあと
・大音沢ノ頭:おおおとさわのあたま
・二ノ塔:にのとう
・三ノ塔:さんのとう
・牛首:うしくび
・庚申山:こうしんやま

【▲今回の山と峠の別名▲】
・ヤビツ峠:矢櫃峠・新ヤビツ峠・林道ヤビツ峠
・岳ノ台:台ノ岳・台岳
・二又峰:音沢山
・菩提峠:トビウツリ・飛び移り峠
・二ノ塔:前水沢ノ頭・大平山・オオビラ・二ノ燈・
     一ノ塔・二ノ塔山・大ビラ山・鷹休み
・三ノ塔:水沢ノ頭・菩提山・ボディ峰・三ノ所・三ノ燈
・牛首:ウシクビ・牛首峠
・庚申山:大杉丸・山ノ神

丹沢山塊の各山の別名(Yamaotoko7編)
https://www.yamareco.com/modules/diary/8544-detail-87824
その他周辺情報【▲周辺観光情報▲】
秦野市観光協会
http://www.kankou-hadano.org/
丹沢山地
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E6%B2%A2%E5%B1%B1%E5%9C%B0

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ アナログ式高度計 熊鈴 ラジオ 軽アイゼン ゲイター 軍手 携帯電話充電器 毛糸の帽子

写真

昭和17年の三ノ塔付近概念図
2020年02月08日 20:38撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和17年の三ノ塔付近概念図
10
昭和22年の三ノ塔付近概念図
2020年02月08日 20:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和22年の三ノ塔付近概念図
8
ヤビツ峠(標高761m/8:40am/登山開始)。別名:矢櫃峠・新ヤビツ峠・林道ヤビツ峠
2020年02月08日 08:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠(標高761m/8:40am/登山開始)。別名:矢櫃峠・新ヤビツ峠・林道ヤビツ峠
2
岳ノ台ルートに入る
2020年02月08日 08:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台ルートに入る
1
16年前、この付近は猛烈な笹ヤブで引き返した事がある
2020年02月08日 08:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16年前、この付近は猛烈な笹ヤブで引き返した事がある
2
古い道標
2020年02月08日 08:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い道標
2
岳ノ台ルートの東屋
2020年02月08日 08:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台ルートの東屋
2
旧ヤビツ峠(8:58am)
2020年02月08日 08:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧ヤビツ峠(8:58am)
2
雰囲気が良いカヤトの原を登る
2020年02月08日 08:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気が良いカヤトの原を登る
4
岳ノ台(標高899m/9:14am/5分休憩)。別名:台ノ岳・台岳
2020年02月08日 09:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台(標高899m/9:14am/5分休憩)。別名:台ノ岳・台岳
6
岳ノ台休憩所、休憩所の屋根が展望台を兼ねている
2020年02月08日 09:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台休憩所、休憩所の屋根が展望台を兼ねている
4
岳ノ台展望台
2020年02月08日 09:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台展望台
5
岳ノ台より大山を眺望
2020年02月08日 09:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台より大山を眺望
7
岳ノ台より富嶽を眺望
2020年02月08日 09:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳ノ台より富嶽を眺望
5
残雪の道を歩きながら前方に見える三ノ塔を目指す
2020年02月08日 09:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の道を歩きながら前方に見える三ノ塔を目指す
5
日陰尾根は積雪が凍結して残りやすい
2020年02月08日 09:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰尾根は積雪が凍結して残りやすい
2
旧菩提峠の風神に参拝
2020年02月08日 09:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧菩提峠の風神に参拝
8
青空と三ノ塔
2020年02月08日 09:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と三ノ塔
6
カヤトの原を歩く
2020年02月08日 09:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤトの原を歩く
6
富嶽を眺望
2020年02月08日 09:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富嶽を眺望
10
二又峰(標高790m/9:48am)。別名:音沢山
2020年02月08日 09:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二又峰(標高790m/9:48am)。別名:音沢山
5
二又峰のパラグライダー滑走台
2020年02月08日 09:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二又峰のパラグライダー滑走台
6
菩提峠(標高760m/9:53am/7分休憩)。別名:トビウツリ・飛び移り峠
2020年02月08日 09:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提峠(標高760m/9:53am/7分休憩)。別名:トビウツリ・飛び移り峠
4
菩提峠より準バリルートに入る。道標は入口と山頂付近の2箇所しかない
2020年02月08日 10:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提峠より準バリルートに入る。道標は入口と山頂付近の2箇所しかない
3
なかなか雰囲気が良い尾根
2020年02月08日 10:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか雰囲気が良い尾根
2
この付近で鹿が横断した
2020年02月08日 10:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近で鹿が横断した
3
日本武尊の神域に入る
2020年02月08日 10:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊の神域に入る
6
日本武尊足跡へ参拝
2020年02月08日 10:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊足跡へ参拝
9
二ノ塔尾根の一般登山道へ合流
2020年02月08日 10:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔尾根の一般登山道へ合流
2
大音沢ノ頭(標高1070m/10:57am)
2020年02月08日 10:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大音沢ノ頭(標高1070m/10:57am)
4
二ノ塔(標高1144m/11:07am)。別名:前水沢ノ頭・大平山・オオビラ・二ノ燈・一ノ塔・二ノ塔山・大ビラ山・鷹休み
2020年02月08日 11:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔(標高1144m/11:07am)。別名:前水沢ノ頭・大平山・オオビラ・二ノ燈・一ノ塔・二ノ塔山・大ビラ山・鷹休み
5
三ノ塔を目指す
2020年02月08日 11:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔を目指す
4
三ノ塔へ登る
2020年02月08日 11:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔へ登る
4
三ノ塔(標高1204m/11:25am/26分休憩)。別名:水沢ノ頭・菩提山・ボディ峰・三ノ所・三ノ燈
2020年02月08日 11:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔(標高1204m/11:25am/26分休憩)。別名:水沢ノ頭・菩提山・ボディ峰・三ノ所・三ノ燈
5
三ノ塔より富嶽を眺望
2020年02月08日 11:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔より富嶽を眺望
8
三ノ塔より表尾根を眺望
2020年02月08日 11:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔より表尾根を眺望
8
三ノ塔(標高1204m)にて
2020年02月08日 11:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔(標高1204m)にて
13
三ノ塔より大山を眺望
2020年02月08日 11:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔より大山を眺望
4
三ノ塔尾根に入る
2020年02月08日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔尾根に入る
1
三ノ塔尾根は相変わらず長い(^^;
2020年02月08日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔尾根は相変わらず長い(^^;
3
三ノ塔尾根は新設林道が増えて展望が開けた場所が数箇所あった
2020年02月08日 12:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔尾根は新設林道が増えて展望が開けた場所が数箇所あった
4
牛首(13:00)。別名:ウシクビ・牛首峠
2020年02月08日 13:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首(13:00)。別名:ウシクビ・牛首峠
1
三ノ塔尾根はまだまだ続く。この付近は古地図にあった『文六山』か?
2020年02月08日 13:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔尾根はまだまだ続く。この付近は古地図にあった『文六山』か?
2
庚申山(標高504m/13:27)。別名:大杉丸・山ノ神
2020年02月08日 13:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申山(標高504m/13:27)。別名:大杉丸・山ノ神
4
杉の植林帯を下りる
2020年02月08日 13:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の植林帯を下りる
2
三ノ塔尾根入口(13:38)。萩山林道に着地
2020年02月08日 13:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔尾根入口(13:38)。萩山林道に着地
1
萩山林道から戸川林道に入る
2020年02月08日 13:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萩山林道から戸川林道に入る
3
長かった三ノ塔尾根もこの付近で終わる
2020年02月08日 13:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった三ノ塔尾根もこの付近で終わる
1
風の吊り橋(13:57)。この橋を渡ると丹沢の前線基地である大倉に着く
2020年02月08日 13:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の吊り橋(13:57)。この橋を渡ると丹沢の前線基地である大倉に着く
6
下りて来た山を見上げる。右端がニノ塔と三ノ塔、中央の山は庚申山
2020年02月08日 14:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りて来た山を見上げる。右端がニノ塔と三ノ塔、中央の山は庚申山
4
大倉バス停(標高290m/14:02/登山終了)
2020年02月08日 14:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停(標高290m/14:02/登山終了)
1
今回も小田急線渋沢駅の『箱根そば』で天ざる蕎麦(550円)を食べる。食べた後に蕎麦湯で汁を飲むのが最高(^^)
2020年02月08日 14:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も小田急線渋沢駅の『箱根そば』で天ざる蕎麦(550円)を食べる。食べた後に蕎麦湯で汁を飲むのが最高(^^)
12
撮影機材:

感想/記録

【■■■感想と解説■■■】

お恥ずかしい話ですが、丹沢に通って早や約30年たちますが、岳ノ台に登ったのは今日初めてでした。前々からどんな山か気になっておりましたが、二ノ塔や三ノ塔に行くときは必ず岳ノ台ルートを無視して富士見橋から登っておりました。初めて登った感想としましては、これほど眺望の良い山ならもう少し前から登っておくべきだったと思いました。それに今日は天気が良かったので三ノ塔からの眺望も良好でした。三ノ塔尾根は相変わらず長いと感じましたが、4年前に歩いた時と違い新設林道が網の目のように増えてまして、林道工事で伐採した樹木のお陰で眺望良好な箇所が増えていたのが良かったと思いました。今回は満足いく登山でしたので良しとします。

【■mixi丹沢を歩く会コミュニティ■】
<管理人:山男(Yamaotoko7)>
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5403533
訪問者数:281人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 崩落 道迷い トビ 東屋 道標 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ