また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2217450 全員に公開 山滑走 志賀・草津・四阿山・浅間

池の平湿原BC−今季初のBCで足慣らしのつもりが自信喪失

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年02月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り一時小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・上信越道小諸IC〜県道79号〜県道94号
・県道94号を登り切ったところを右折(ビジネスセンターと湯ノ丸高原ホテルの間の道)
・下の登山口の除雪されているところに駐車したが、山から下りてきたら大型バスが駐車していたので(一般車駐車禁止という注意書きはない)、上の登山口のところにあるスキー場の駐車場に止めた方がいい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
51分
合計
3時間53分
Sスタート地点09:3411:10池の平駐車場11:1611:30村界の丘11:4912:32池の平駐車場12:5813:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
夏ならば車で通れるところなので危険個所や道迷いの心配をあまりしなくてもいいフィールド。BCの登高や滑走のルーファイ練習が安心してできるところだと思う。もちろん視界が効くときの場合だが。
コース状況/
危険箇所等
・傾斜は緩やかで危険個所なし。トレースもばっちりついていた。
・途中まではスキー場のサイドカントリーだし、それより上はいざとなれば林道(というか夏の舗装路)にエスケープできる。
・オープンバーンは雲上の丘から湿原までの1か所かな?
・ツリーランはスキー場より上では出来そう。スキーの滑走跡が数本あった。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

下の登山口から出発
2020年02月10日 09:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の登山口から出発
上の登山口はスキー場の駐車場でここまで車で来れば10分ほど時短できる
2020年02月10日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の登山口はスキー場の駐車場でここまで車で来れば10分ほど時短できる
今日は池の平へ向かう
2020年02月10日 09:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は池の平へ向かう
ゲレンデのサイドカントリーを登高する
2020年02月10日 09:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデのサイドカントリーを登高する
途中スキー場のツアーコース(舗装路)を横切って
2020年02月10日 09:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中スキー場のツアーコース(舗装路)を横切って
向かいの赤テープと看板から樹林帯に再突入
2020年02月10日 09:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの赤テープと看板から樹林帯に再突入
振り向くと湯ノ丸山が青空の下できれいに見える。あっちでよかったが去年行っているので今日は池の平
2020年02月10日 09:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと湯ノ丸山が青空の下できれいに見える。あっちでよかったが去年行っているので今日は池の平
この辺はツリーランは難しそう。ゲレンデに逃げるかなどと帰りのルートをシミュレーションしながら登る。
2020年02月10日 09:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺はツリーランは難しそう。ゲレンデに逃げるかなどと帰りのルートをシミュレーションしながら登る。
2回目のツアーコース横断。この辺がゲレンデトップ。
2020年02月10日 10:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目のツアーコース横断。この辺がゲレンデトップ。
今年初めてのイノシシの足跡。これは登りだな。
2020年02月10日 10:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年初めてのイノシシの足跡。これは登りだな。
今度はウサちゃん
2020年02月10日 10:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はウサちゃん
この辺はツリーラン可能。まっすぐ行けば(夏の)駐車場。右を登れば村界の丘へたどり着くことが分かった。左へ下れば林道(舗装路)に出る。
2020年02月10日 11:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺はツリーラン可能。まっすぐ行けば(夏の)駐車場。右を登れば村界の丘へたどり着くことが分かった。左へ下れば林道(舗装路)に出る。
駐車場やビジネスセンターのある兎平に到着
2020年02月10日 11:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場やビジネスセンターのある兎平に到着
ビジネスセンターから村界の丘ヘ向かう途中で池の平湿原が見えた。
2020年02月10日 11:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジネスセンターから村界の丘ヘ向かう途中で池の平湿原が見えた。
滑れそうな斜面があったので登高はここで止める。スキーで歩くのに飽きた。
2020年02月10日 11:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑れそうな斜面があったので登高はここで止める。スキーで歩くのに飽きた。
ちょっと引っかかるが滑れないことはない
2020年02月10日 11:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと引っかかるが滑れないことはない
あっちまで行けばよかったかなぁ
2020年02月10日 11:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちまで行けばよかったかなぁ
まずまず
2020年02月10日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずまず
湿原までのルートが見えた
2020年02月10日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原までのルートが見えた
ルートどおりに滑って
2020年02月10日 11:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートどおりに滑って
湿原に到着
2020年02月10日 12:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原に到着
池の平湿原。正面は三方ヶ峰(2040m)
2020年02月10日 12:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平湿原。正面は三方ヶ峰(2040m)
ビジネスセンターまで緩く登り返す。シール無しでもイケたが途中からシール装着。やはりシールのもんだ。
2020年02月10日 12:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジネスセンターまで緩く登り返す。シール無しでもイケたが途中からシール装着。やはりシールのもんだ。
休憩所で簡単に昼食
2020年02月10日 12:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所で簡単に昼食
休憩所に別れを告げて帰ろうとすると
2020年02月10日 13:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所に別れを告げて帰ろうとすると
いつの間にか雲が湧き小雪がちらつき始めた。奥は西篭ノ登山。
2020年02月10日 13:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか雲が湧き小雪がちらつき始めた。奥は西篭ノ登山。
左から登ってきたがさっきの雪質では傾斜が緩くツリーランではなくツリーウォークになりそうなので右の雪で覆われた舗装路を行く
2020年02月10日 13:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から登ってきたがさっきの雪質では傾斜が緩くツリーランではなくツリーウォークになりそうなので右の雪で覆われた舗装路を行く
自撮り?
2020年02月10日 13:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り?
スキー場に合流
2020年02月10日 13:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場に合流
ほう、雪山賛歌とな。京大山岳部に結構な印税が入ったと聞くが真偽は?鹿沢はこの辺から少し菅平方面へ行ったところ
2020年02月10日 13:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほう、雪山賛歌とな。京大山岳部に結構な印税が入ったと聞くが真偽は?鹿沢はこの辺から少し菅平方面へ行ったところ
リフトの向こうで雲がかっているのが四阿山と根子岳
2020年02月10日 13:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトの向こうで雲がかっているのが四阿山と根子岳
雪山賛歌の看板にBCは自己責任でとあったが、サイドカントリーはやめにして
2020年02月10日 13:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山賛歌の看板にBCは自己責任でとあったが、サイドカントリーはやめにして
ゲレンデを
2020年02月10日 13:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを
サクッと滑って終了〜。駐車場までは圧接された道路をズルズル滑って戻る。
2020年02月10日 13:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクッと滑って終了〜。駐車場までは圧接された道路をズルズル滑って戻る。

感想/記録

今季初のBCを福島栃木県境の赤面山方面か長野県の湯ノ丸山方面かで考えていたが天気予報と相談して湯ノ丸山の対面の池の平湿原にした。
ここならばいざという時にスキー場へ逃げ込めるし、花の時期に一度行っているので割と安心感があった。

さて、準備を終えていざ登高を開始するが、ものの数十分も行かないうちに息が上がって脚がだるくなってきた。
マジか!?こんなんではBCなんてできないぞ。ジョギングで脚と心肺は鍛えているはずなのに、なんていう思いで登高を続けて約1時間くらいすると脚も心肺も落ち着いてきたが段々飽きてきた。夏道だとさほど飽きないのだが雪山だと飽きるのはなんでだろう?樹氷や霧氷とかでも見れたらまた違うのだろうか。
この日は2時間くらいしか登高してないが、来月予定している雪倉山は6〜7時間かかりそうなので心配になってきた。
気持ちが萎えると身体が動かなくなる。湿原の駐車場までたどり着いてから村界の丘まで登ると右側に雲上の丘のオープンバーンが見えた。大したアップダウンのない稜線をもう十数分も歩けば行けたが、途中の滑れそうな斜面で妥協した。モチベーションが高ければオープンバーンを喰いに行ったに違いない。

もしかしたパウダーが残っているかと期待したが雪質は重めで傾斜も緩め、ワックスを塗り忘れたせいもあって滑りは悪かった。すこし板に引っかかる雪だった。一気に滑走できる距離だが写真撮影のため2回も止まってしまったので爽快感も半減。
時間はまだあったし、登り返しても50m程度なのでオープンバーンを行こうかなと一瞬思ったが最初はこれくらいでいいやと昼食をとってさっさと帰路につく。
帰りがけにゲレンデを滑ったがラクチン。こっちのスキーもいいなぁ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:254人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 林道 イノシシ リフト 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ