また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2218293 全員に公開 雪山ハイキング十和田湖・八甲田

仙人岱は強風とホワイトアウトの世界

日程 2020年02月11日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

谷地温泉ゲート前を通過。三菱デリカのフロントガラスの表示が気になり,近づいてみると交通量調査中の表示貼ってある。車中に人がいました。
2020年02月11日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷地温泉ゲート前を通過。三菱デリカのフロントガラスの表示が気になり,近づいてみると交通量調査中の表示貼ってある。車中に人がいました。
8
中央が田代のライブカメラ。八甲田にはライブカメラが3カ所あります。あと2カ所は城ヶ倉大橋と萱茶屋。
2020年02月11日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が田代のライブカメラ。八甲田にはライブカメラが3カ所あります。あと2カ所は城ヶ倉大橋と萱茶屋。
6
曇っているが,登山道は大丈夫かなあ?少し不安になる。
2020年02月11日 11:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇っているが,登山道は大丈夫かなあ?少し不安になる。
9
雪の壁が高くなっていて,見通しが良くない。
2020年02月11日 11:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の壁が高くなっていて,見通しが良くない。
18
今日も温泉前に駐車できました吹きだまりがあったので,スコップで雪を片付けてから停めました。
2020年02月11日 11:44撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も温泉前に駐車できました吹きだまりがあったので,スコップで雪を片付けてから停めました。
8
正面に見えるはずの大岳の姿は見えない。
2020年02月11日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見えるはずの大岳の姿は見えない。
6
昨日と一昨日の二日間でたくさん雪が降ったようだ。最初からスノーシューを着けてスタート。
2020年02月11日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日と一昨日の二日間でたくさん雪が降ったようだ。最初からスノーシューを着けてスタート。
24
ついに鳥居は雪の下。なんとなく登山口が広くなっているように感じる。
2020年02月11日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに鳥居は雪の下。なんとなく登山口が広くなっているように感じる。
7
しっかりトレースがある。しかし,ハイカーは殆どいない。
2020年02月11日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりトレースがある。しかし,ハイカーは殆どいない。
12
トレースが深い。枝にたくさんの雪が着いている。
2020年02月11日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースが深い。枝にたくさんの雪が着いている。
7
トンネルを通ります。向こうが何となく明るく感じる。
2020年02月11日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを通ります。向こうが何となく明るく感じる。
10
番の指導標。手前の左は火山性ガスの発生地帯。
2020年02月11日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番の指導標。手前の左は火山性ガスの発生地帯。
12
雪の着き方がおもしろい。よく落ちないなあ。Y字バランスをとっているように見える。
2020年02月11日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の着き方がおもしろい。よく落ちないなあ。Y字バランスをとっているように見える。
7
周りではドサッと雪が落ちる音が聞こえてきます。振り向くと雪が霧のように広がっていましたが,シャッターチャンスを逃してしまいました。
2020年02月11日 12:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りではドサッと雪が落ちる音が聞こえてきます。振り向くと雪が霧のように広がっていましたが,シャッターチャンスを逃してしまいました。
9
冬道の出入り口まではトレースがしっかりあります。
2020年02月11日 12:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道の出入り口まではトレースがしっかりあります。
7
硫黄岳方向。今日は全く見えませんでした。
2020年02月11日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳方向。今日は全く見えませんでした。
8
早く通り過ぎないと雪が落ちてくるぞ。
2020年02月11日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早く通り過ぎないと雪が落ちてくるぞ。
11
蛍光テープが見えてきた。まもなく冬道出入り口だ。
2020年02月11日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛍光テープが見えてきた。まもなく冬道出入り口だ。
5
大きな生き物がこっちに向かって歩いているみたい。雪が重そうだ。
2020年02月11日 13:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな生き物がこっちに向かって歩いているみたい。雪が重そうだ。
11
冬道の出入り口まで来ました。登山口から1時間もかかってしまった。
2020年02月11日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道の出入り口まで来ました。登山口から1時間もかかってしまった。
5
1名のハイカーとすれ違う。銚子の首上部がホワイトアウトのため方向が分からず,仙人岱まで行けずに引き返してきたらしい。
2020年02月11日 13:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1名のハイカーとすれ違う。銚子の首上部がホワイトアウトのため方向が分からず,仙人岱まで行けずに引き返してきたらしい。
5
二人目のハイカーが下りてきた。今日はたった2名のハイカーとすれ違っただけ。
2020年02月11日 13:38撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二人目のハイカーが下りてきた。今日はたった2名のハイカーとすれ違っただけ。
9
枝の雪が重そう。まるで雪でできた桜みたい。満開だあ。
2020年02月11日 13:40撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝の雪が重そう。まるで雪でできた桜みたい。満開だあ。
16
ダケカンバの親子も雪化粧。青空だったら良かったのに・・・,残念。(^_^;)
2020年02月11日 13:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの親子も雪化粧。青空だったら良かったのに・・・,残念。(^_^;)
9
地獄湯ノ沢上部が吹雪いていて見えない。2名のハイカーが下りてきたのに強風のためトレースはすぐ消えてしまい,見えない。
2020年02月11日 13:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄湯ノ沢上部が吹雪いていて見えない。2名のハイカーが下りてきたのに強風のためトレースはすぐ消えてしまい,見えない。
5
一瞬雲の合間から太陽が現れる。幻想的な雰囲気。
2020年02月11日 13:54撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬雲の合間から太陽が現れる。幻想的な雰囲気。
26
雪庇ができているあの辺りが夏道だ。
2020年02月11日 13:57撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇ができているあの辺りが夏道だ。
6
ほんの一瞬青空が見えた。右上が名無山だ。
2020年02月11日 14:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの一瞬青空が見えた。右上が名無山だ。
5
夏道の合流地点。トレースが全くないためラッセルが大変。右寄りの夏道を目指しますが,腰までのラッセルをしなければならない。
2020年02月11日 14:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道の合流地点。トレースが全くないためラッセルが大変。右寄りの夏道を目指しますが,腰までのラッセルをしなければならない。
4
地獄湯ノ沢上部。吹き上げてくる強風のため吹きだまりができるこの辺りのラッセルが特にキツイ。
2020年02月11日 14:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄湯ノ沢上部。吹き上げてくる強風のため吹きだまりができるこの辺りのラッセルが特にキツイ。
3
大岳寄り左斜面上部の樹氷。普段は気にもとめない光景だ。
2020年02月11日 14:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳寄り左斜面上部の樹氷。普段は気にもとめない光景だ。
5
銚子の首の左斜面にはたくさん樹氷ができています。この辺りからガリガリの凍った登山道。ラッセルの大変さから解放される。
2020年02月11日 14:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銚子の首の左斜面にはたくさん樹氷ができています。この辺りからガリガリの凍った登山道。ラッセルの大変さから解放される。
7
小さいが立派な樹氷に成長しています。まさに彫刻作品のようにも見える。
2020年02月11日 14:47撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいが立派な樹氷に成長しています。まさに彫刻作品のようにも見える。
4
㊻番の指導標も雪に埋もれそうです。視界が良くない時に赤い看板はよく目立つ。
2020年02月11日 14:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
㊻番の指導標も雪に埋もれそうです。視界が良くない時に赤い看板はよく目立つ。
11
強烈な風が吹き上げてきます。
2020年02月11日 14:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強烈な風が吹き上げてきます。
4
銚子の首上部には樹氷がたくさんできています。右が名無山寄りの斜面。
2020年02月11日 14:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銚子の首上部には樹氷がたくさんできています。右が名無山寄りの斜面。
4
雪庇の上を歩いて行きます。正面が仙人岱湿原。竹ポールがたくさん立っています。
2020年02月11日 15:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の上を歩いて行きます。正面が仙人岱湿原。竹ポールがたくさん立っています。
4
ポールを辿って歩いていても吹きだまりがたくさんできている。まもなく分岐。
2020年02月11日 15:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポールを辿って歩いていても吹きだまりがたくさんできている。まもなく分岐。
3
仙人岱分岐に到着。冬道の出入り口から2時間もかかった。雪が深い。分岐のポールはもっと背が高かったはず。これだと吹雪けば見えなくなりそう。
2020年02月11日 15:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岱分岐に到着。冬道の出入り口から2時間もかかった。雪が深い。分岐のポールはもっと背が高かったはず。これだと吹雪けば見えなくなりそう。
44
−10度以下のため測定不能状態。
2020年02月11日 15:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
−10度以下のため測定不能状態。
16
ヒュッテへの竹ポールの道標。今日はヒュッテには寄りません。
2020年02月11日 15:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテへの竹ポールの道標。今日はヒュッテには寄りません。
4
小休止中。積雪期にはここから1時間で酸ヶ湯温泉の登山口に着きます。無雪期はもっと時間がかかった気がする。
2020年02月11日 15:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止中。積雪期にはここから1時間で酸ヶ湯温泉の登山口に着きます。無雪期はもっと時間がかかった気がする。
11
たくさんの形の樹氷。
2020年02月11日 15:50撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの形の樹氷。
7
竹ポールの周りに吹きだまりがあると歩きにくい。
2020年02月11日 15:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹ポールの周りに吹きだまりがあると歩きにくい。
3
深い雪をこぎながら下りていきます。登ってきた時の自分の足跡は消えていました。
2020年02月11日 16:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い雪をこぎながら下りていきます。登ってきた時の自分の足跡は消えていました。
9
南八甲田展望所前を通過。
2020年02月11日 16:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八甲田展望所前を通過。
5
まるでハーフパイプ。この辺りまで下りてくると風は殆ど吹いていない。
2020年02月11日 16:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでハーフパイプ。この辺りまで下りてくると風は殆ど吹いていない。
9
回り込んで下りていきます。
2020年02月11日 16:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回り込んで下りていきます。
6
冬道出入り口に到着。
2020年02月11日 16:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道出入り口に到着。
6
蛍光テープの位置が高い。積雪が少ない証拠。あと35分,がんばろう。
2020年02月11日 16:24撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛍光テープの位置が高い。積雪が少ない証拠。あと35分,がんばろう。
4
ここの樹の枝の雪も重そうだ。
2020年02月11日 16:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの樹の枝の雪も重そうだ。
6
樹の間を通っていきます。
2020年02月11日 16:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹の間を通っていきます。
6
トレースに助けられます。
2020年02月11日 16:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースに助けられます。
11
この雪の塊にだれかがいたずらしそう。恐竜に変身できるかも。
2020年02月11日 16:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雪の塊にだれかがいたずらしそう。恐竜に変身できるかも。
7
雪だと登山道が明るい。
2020年02月11日 16:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪だと登山道が明るい。
6
㉑番の指導標まで下りてきた。
2020年02月11日 16:40撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
㉑番の指導標まで下りてきた。
12
横岳の向こうに夕日が沈んでいく。
2020年02月11日 16:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の向こうに夕日が沈んでいく。
42
㉑番の指導標を振り返る。
2020年02月11日 16:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
㉑番の指導標を振り返る。
4
いい感じだなあ。風が吹いていないので,とにかく静かです。
2020年02月11日 16:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じだなあ。風が吹いていないので,とにかく静かです。
16
雪の着き方が独特。風が影響しているんだな。
2020年02月11日 16:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の着き方が独特。風が影響しているんだな。
5
登山口へまっすぐ下りていきます。
2020年02月11日 16:55撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へまっすぐ下りていきます。
7
インフォメーションセンターとトイレは雪に埋もれています。
2020年02月11日 16:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インフォメーションセンターとトイレは雪に埋もれています。
11
登山口に到着。今日も最後に下りてきたハイカーになりました。満足のハイキング終了。
2020年02月11日 16:57撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。今日も最後に下りてきたハイカーになりました。満足のハイキング終了。
7
湯ノ坂の斜面の下に5人ほどの観光客。楽しそうな声が聞こえてきました。
2020年02月11日 16:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ坂の斜面の下に5人ほどの観光客。楽しそうな声が聞こえてきました。
9
今日も谷地温泉のゲートを6時ちょうどに出ることができました。
2020年02月11日 17:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も谷地温泉のゲートを6時ちょうどに出ることができました。
9

感想/記録

今週末は雨の予報が出ているので,どうしても今日は登りたかった。大岳登頂は無理でも,せめて仙人岱までは行ってみようと思い登山開始。約2週間ぶりの登山。積雪が増えていて,鳥居も見えなくなっていました。冬道出入り口からのラッセルは予想外。スキーで登ろうか考えていましたが,スノーシューで正解でした。すれ違ったハイカーがたったの2名は,これまでのハイキングで一番少なかったのかな。銚子の首上部の樹氷は見事に成長していたので,次回が楽しみです。
訪問者数:440人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/15
投稿数: 188
2020/2/14 9:16
 やっぱり…
厳しい状況だったんですね。私達は萱ノ茶屋から八甲田を見て、北八甲田は雲の中だったので雛岳方面に向かいました。
 以前、結構な降雪の時に酸ヶ湯に向かい、駐車場に登山者の車は無く、トレースも全く無い時が2度ほどありました。スキーで登りましたが、ガス化裸地地帯までも到達できませんでした。大抵は登山者のいる酸ヶ湯〜大岳ルートでも、あまりに雪が多いときはさすがに来る人もいないんだなぁ、と思いました。
 近々、あるいは残雪期にまたお会いしたいですね。
登録日: 2016/1/31
投稿数: 117
2020/2/14 19:29
 Re: やっぱり…
mametan3さん,こんばんはー。地獄湯ノ沢のラッセルには疲れました。今までラッセルされたみなさんのトレースを使わせていただいてきたことに感謝ですね。冬道の出入り口までのトレースには助けられました。箒場にたくさんの車が駐車されていましたが,mametan3さんの車も停まっていらしたんですね。実は運が良ければ山頂へと考えていたんです。考えが甘かったです。前日のkumichouさんのレコを見て,あまりにも幻想的な画に刺激を受けてしまいました。今シーズンあのような写真が撮れたらいいなあと思っています。明日の日曜日はてんくら予報ではC表示ですが,日曜日は荒れ模様になりそうなので,なんとか行ってみようかなと考えています。11日の雪では大岳へのハイキングはスキーでは無理ですよね。そろそろ横岳にスキーで行ってみたくなりました。お目にかかれればいいですね。(^o^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ