また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2218737 全員に公開 ハイキング 中国山地西部

【広島県大竹市】黒滝山「岩稜歩きと展望岩を巡る」

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年02月11日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道186号線利用で、弥栄大橋左岸地区広場駐車場へ
20台以上駐車できます
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
13分
合計
4時間22分
Sスタート地点09:2709:36登山口(弥栄1号トンネル側)09:4210:47黒滝山10:56黒滝山展望岩11:0312:08高鉢山への分岐12:13黒滝山13:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
本コース、登山口から稜線に出るまでは、急登で岩稜歩き個所もあります。お助けロープがあるので余り問題ないと思いますが、下りに利用の際は、転倒に注意して慎重に下ってください、新しいテープや表示があるので、確認して進めば道迷いの心配はないでしょう、念のため、地図読みに自信のない方は、GPSがあれば心強いです
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

本コースの取り付き(登山口は)、(弥栄1号トンネル側)にあります、電話ボックスが目印になります
ここにも数台の駐車が可能です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースの取り付き(登山口は)、(弥栄1号トンネル側)にあります、電話ボックスが目印になります
ここにも数台の駐車が可能です
1
小さめの登山口案内板あります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さめの登山口案内板あります
1
少し羊歯が伸びている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し羊歯が伸びている
目指す黒滝山の山容
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す黒滝山の山容
2
本コースには、岩稜があるものの、難所にはお助けロープがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースには、岩稜があるものの、難所にはお助けロープがあります
1
高度をあげると弥栄湖が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度をあげると弥栄湖が見えます
3
大滝の懸崖が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の懸崖が見えます
黒滝山の山頂です、樹林に遮られて眺望ありません
落葉した灌木の間から南方の山並が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒滝山の山頂です、樹林に遮られて眺望ありません
落葉した灌木の間から南方の山並が見えます
目指す展望所の全容
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す展望所の全容
展望所への案内版
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所への案内版
1
展望所から黒滝山の全容
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所から黒滝山の全容
展望所から弥栄湖の遠望です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所から弥栄湖の遠望です
2
前飯谷への分岐です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前飯谷への分岐です
黒滝山に戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒滝山に戻りました
本コースは、黒滝山の山頂から南方へ進みます
踏み跡はしっかりしています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースは、黒滝山の山頂から南方へ進みます
踏み跡はしっかりしています
1
小さめの案内もあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さめの案内もあります
1
展望所から西中国山地の遠望です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所から西中国山地の遠望です
2
暫く進むと瀬戸内海方面の展望所分岐があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く進むと瀬戸内海方面の展望所分岐があります
分岐には小さめの案内板があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐には小さめの案内板があります
1
展望所は大岩となっております
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所は大岩となっております
3
瀬戸内海方面が開けています
これから進む電波塔も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬戸内海方面が開けています
これから進む電波塔も見えます
1
大竹市の阿多田島など瀬戸内海がみえます
空気が澄んでいると四国も遠望できるよです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大竹市の阿多田島など瀬戸内海がみえます
空気が澄んでいると四国も遠望できるよです
3
展望所から引き返し、瀬戸内海方面の展望所分岐から大滝方面に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所から引き返し、瀬戸内海方面の展望所分岐から大滝方面に進みます
大滝への道はしっかり踏み跡あります
分かりにくい所には、テープがあるので、確認して進めば道迷いはないでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝への道はしっかり踏み跡あります
分かりにくい所には、テープがあるので、確認して進めば道迷いはないでしょう
大滝からの遠望です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝からの遠望です
2
大滝の懸崖は、かなりの高低差があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の懸崖は、かなりの高低差があります
2
西中国山地の羅漢山方面も遠望できます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西中国山地の羅漢山方面も遠望できます
大滝から西方に白滝山が遠望できます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝から西方に白滝山が遠望できます
2
弥栄湖がきれいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥栄湖がきれいです
2
本コースは、分岐を電波塔方面に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースは、分岐を電波塔方面に向かいます
分岐には、電波塔方面への表示があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐には、電波塔方面への表示があります
1
稜線から、右手に弥栄湖が遠望できます
本コースは、電波塔に立ち寄りせず下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から、右手に弥栄湖が遠望できます
本コースは、電波塔に立ち寄りせず下ります
2
稜線に、手作りの祠があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に、手作りの祠があります
1
祠からの下りは傾斜が有りお助けロープがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠からの下りは傾斜が有りお助けロープがあります
1
稜線を下ると杉林の中に、こんなものがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を下ると杉林の中に、こんなものがあります
本コースは、この分岐を弥栄橋方面に下ります
旧松本宅方面への下りも歩きやすいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースは、この分岐を弥栄橋方面に下ります
旧松本宅方面への下りも歩きやすいです
2
羊歯狩りや灌木の刈取りもされ、比較的歩きやすいです
踏み跡を確認して下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊歯狩りや灌木の刈取りもされ、比較的歩きやすいです
踏み跡を確認して下ります
1
後飯谷の集落を抜けて、市道を国道186号線に下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後飯谷の集落を抜けて、市道を国道186号線に下ります
国道186号線にでますのでスタート地点に戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道186号線にでますのでスタート地点に戻ります
スタート地点の「弥栄大橋左岸地区広場駐車場」には、梅の花が咲き誇っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点の「弥栄大橋左岸地区広場駐車場」には、梅の花が咲き誇っています
4
本コースの全容です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本コースの全容です
3

感想/記録

大竹市にある黒滝山を歩いてきました
弥栄大橋左岸地区広場駐車場からスタート、黒滝山→展望所→黒滝山→瀬戸内海方面展望所→大滝→後飯谷のコースで周回してきました
黒滝山の通常ルートは、弥栄1号トンネル側にある登山口から往復するのが最短コースです。弥栄5号トンネル側からのピストンも可能です
もちろん弥栄1号トンネル又は弥栄第5号トンネル側からの周回もありです
黒滝山、高鉢山を縦走する欲張りな、最短のバリエションルートもあります、踏み跡やテープを確認して歩けば、道迷いの心配はないでしょう、GPSがあればなお安心です
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:638人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ