また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2229750 全員に公開 ハイキング 丹沢

強風により無念の撤退 仏果山-2020-02-23

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴なれど強風
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 小田急線本厚木駅 神奈中バス半僧坊前
復路 神奈中バス仏果山登山口 小田急線本厚木駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間0分
休憩
23分
合計
3時間23分
S半僧坊前バス停07:1908:31大沢ノ頭08:3208:56経ヶ岳09:0509:21半原越09:2209:42土山峠・半原越方面分岐09:4710:10旧土山峠10:13土山峠10:2010:42仏果山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは不明だが本厚木駅前交番に出せる。コンパスから提出。
半僧坊からのルートは台風による崩落箇所が1箇所ある。
経ヶ岳から半原越は、山頂からの最初の下りがかなり急なので要注意。
風速15メートル以上あると思われる強風のため、革籠石山から先痩せ尾根が続く仏果山は断念した。
その他周辺情報朝食は、本厚木駅の箱根そば AM6:30から営業 朝そば¥330
昼食を取らずに下山したので本厚木の吉野家で昼食 ねぎだく牛丼並盛¥499
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日除け帽子 ザック 昼ごはん 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 増え ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ スパッツ 膝サポーター コッヘル ポケットストーブ 風防

Myアイテム  

ikarinojuusinn 重量:0.83kg

写真

今日はここから仏果山まで行くつもりだったが。
2020年02月23日 07:40撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここから仏果山まで行くつもりだったが。
4
経ヶ岳山頂トウチャコ。
2020年02月23日 08:56撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳山頂トウチャコ。
9
三角点発見。
2020年02月23日 08:56撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点発見。
7
経ヶ岳山頂。
2020年02月23日 08:56撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳山頂。
6
大山は今日も男前だ。
2020年02月23日 08:57撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山は今日も男前だ。
19
丹沢主脈。
2020年02月23日 08:57撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢主脈。
19
経ヶ岳山頂。
2020年02月23日 08:58撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳山頂。
7
経ヶ岳山頂。
2020年02月23日 08:58撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳山頂。
11
ヤセ尾根を歩くには強風すぎたので一旦土山峠へエスケープ。
2020年02月23日 09:46撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根を歩くには強風すぎたので一旦土山峠へエスケープ。
6
土山峠、ここから仏果山登山口まで歩いて様子見する。
2020年02月23日 10:18撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土山峠、ここから仏果山登山口まで歩いて様子見する。
4
仏果山登山口、風が収まる気配は無いのでここで撤退。
2020年02月23日 10:45撮影 by S3-SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏果山登山口、風が収まる気配は無いのでここで撤退。
8

感想/記録

久々に仏果山へ行こうと思いたち出陣。
経ヶ岳から高取山までガッツリ歩く計画を立てた。

天気は快晴、滑り出しは上々だったが、経ヶ岳の尾根に乗った辺りから、ゴーゴーと強風が吹く。
半原越を越えて仏果山へ向かう尾根では冷たい強風に体が冷えるうえ、顔面に枯葉が痛くなるほど当たってくる。

これでは仏果山手前のヤセ尾根は危険だと判断し、土山峠へ一旦エスケープ。
車道を仏果山登山口まで歩いて、登るか判断することにしたが、登山口に着いても風は止まなかったので、無念のリタイア。

ヒルが活動し始める前にリベンジしたいものだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:232人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ