また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2232947 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

天狗岳(唐沢鉱泉周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年02月23日(日) ~ 2020年02月24日(月)
メンバー
天候一日目:曇り時々晴れ
二日目:快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉駐車場。冬季トイレは封鎖されてますが、簡易トイレ1個だけ使えるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間21分
休憩
1時間29分
合計
6時間50分
S天狗岳登山口駐車場07:3707:43唐沢鉱泉07:4609:06渋御殿湯11:01賽ノ河原地蔵11:0711:34高見石小屋12:3012:31高見石12:3612:37高見石小屋12:4113:42中山展望台13:4613:48中山13:5714:09中山分岐14:16見晴らし台14:1814:22中山峠14:27黒百合ヒュッテ
2日目
山行
2時間45分
休憩
1時間17分
合計
4時間2分
黒百合ヒュッテ08:1608:23中山峠09:08天狗岳分岐09:1609:20天狗の鼻09:2709:30東天狗岳09:3709:53天狗岳10:2610:50第二展望台10:5111:12第一展望台11:2811:49唐沢鉱泉分岐11:5412:16唐沢鉱泉12:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一日目:唐沢鉱泉〜渋の湯〜高見石小屋までの道は凍結路に薄らと雪が積もっているだけで、転倒危険があり、アイゼンかチェーンスパイクが必要です。高見石小屋〜中山展望台までのだらだらした登りは長く感じます。
二日目:中峠〜東天狗までは風が強く、岩の露出で歩きにくいです。東天狗〜西天狗は風が落ち着いて歩きやすく、西尾根は比較的積雪量が多かったです。
例年に比べ積雪は少ないですが、終始アイゼンを装着してました。ピッケルよりポールを使われている方が多かったです。
その他周辺情報諏訪IC近くのアクアランド茅野を利用。市外大人600円。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 メリノウール上下(インナー) ハードシェル上下 中間行動着上下 靴下 グローブ 予備衣類(グローブ・靴下・バラクラバ) ダウンジャケット ゲイター ニット帽 冬用登山靴 大型バックパック 12本アイゼン ヘルメット 食料 行動食 非常食 飲料 テルモス 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 高度計 予備電池 モバイルバッテリー GPS 保険証 携帯電話 タオル テント一式 エマージェンシーブラケット 防水デジカメ ガス缶 コンロ コッヘル シュラフ シュラフカバー インフレータブルマット テントシューズ カラビナ バラクラバ ゴーグル サングラス ピッケル スノーショベル
備考 ストックを持っていけば、もう少し楽に登れた。

Myアイテム  

takapino117 重量:10.89kg

今シーズンのベストバイ。テントの外に出るのが楽だし、厚みのあるクッションが底からの冷たさを遮断してくれる。また、雪が付着しにくいので、テントの中に入るときストレスを感じなかった。
とにかく温かい。冷たい風も防いで、動きやすいし、欠点のないダウンジャケット。
肩に食い込むことなく、重量を上手く分散できていたのが実感できた。サイドから中にアクセスできるのは便利だった。縦長なので、風で体を持っていかれるのに注意が必要。
強風・-10℃の環境下では手が冷たく、単体使用は厳しかった。
2日間アイゼンをつけっぱなしで歩いたけど、靴自体が軽いので、疲労軽減に繋がったと思う。
薄いのに温かいバラクラバ。口元を覆うと少し呼吸はしにくかった。
強度のある軽いスノーショベルは使い勝手が良かった。
強風でも安心してテント内で過ごせる強度はすごい。風があるときにインナーテントの設営は素早く行えたけど、フライシートはもう少し練習が必要。
ゲイター下部のSuper Fabric(イボイボの部分)にアイゼンを引っ掛けて穴を開けてしまったが、内側まで貫通せず良かった。
保温性抜群なので、500mlの購入も検討している。
シュラフとの間が結露し、シュラフを濡らす原因になった。厳冬期でのシュラフとの組み合わせについて考える必要がある。
シュラフカバーとの間が結露し、シュラフが濡れたが、1泊くらいなら問題なく過ごせた。連泊だと致命的な問題なので、対策が必要。
ラーメンや水作りに使用。嵩張るけど、使い勝手がいい。
2日間ずっと着ていても不快にならない中間行動着。濡れても、汗冷えは起こさなかった。
動きやすく、換気・着脱のしやすいパンツ
ポケットが多く、携帯やコンデジの保温がしやすかった。当然、動きやすく、防水透湿性能もいい。
温かく、すぐ乾くので重宝する。
氷でもしっかりと刺さる安定感がすごい。ワンタッチだから、装着・脱着共に楽。
テント内に使用し、底冷えをしっかりと防いでくれた優れもの。
柔らかい雪だと縦に刺さらないが、横にして埋めるなど色々な使い方ができて便利。他に持っていったEaston Gold 24はペグの効きが非常に良く、撤収も楽だった。
目に突き刺さらない温かい光だけど、テント内を照らすには十分な光量を確保できる。
低温下でも安心して使えるし、厚手のグローブをしていても操作しやすい。
操作性はすごくいいけど、風が強い日にグローブの表面が濡れると手先の冷たさを感じるし、一度濡れると乾きにくい。結局、メリノウールのインナーグローブとオーバーグローブの組み合わせが一番いいのかもしれない。
厳冬期では使い物にならない。満足の行く保温性ではなく、キャップの飲み口まで凍ってしまい途中使うのをあきらめた。
暗くなりすぎない程よい見え方がいい。
底冷えを感じることはなく、空気の出し入れも思った以上に楽。柔らかい寝心地だったので、腰に少し負担を感じるも快適に眠れた。
低温下でもガンガン使える信頼度の高いデジカメ。

写真

唐沢鉱泉へ続く道は凍結してます。
2020年02月23日 06:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉へ続く道は凍結してます。
凸凹が複数ある未舗装路も凍結。帰りは溶けて泥道となってます。
2020年02月23日 06:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凸凹が複数ある未舗装路も凍結。帰りは溶けて泥道となってます。
冬季休業中の唐沢鉱泉。ここら辺は結構積もっていて、駐車場もほぼ満車でした。
2020年02月23日 07:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季休業中の唐沢鉱泉。ここら辺は結構積もっていて、駐車場もほぼ満車でした。
ここの駐車場横から渋の湯へ向かいます。
2020年02月23日 07:40撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの駐車場横から渋の湯へ向かいます。
凍結した道に薄らと雪が被さっている状況です。
2020年02月23日 07:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結した道に薄らと雪が被さっている状況です。
色々な方向へ行ける十字路。
2020年02月23日 08:12撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々な方向へ行ける十字路。
アイゼン装着しました。ここまでで何度かスリップして転けましたから‥
2020年02月23日 08:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着しました。ここまでで何度かスリップして転けましたから‥
渋の湯手前の林道へ到着。
2020年02月23日 09:01撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯手前の林道へ到着。
渋の湯。今年も雪が少ない。
2020年02月23日 09:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯。今年も雪が少ない。
1
高見石方面へ登っていきます。
2020年02月23日 09:11撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石方面へ登っていきます。
高見石と黒百合平の分岐。
2020年02月23日 09:22撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石と黒百合平の分岐。
沢が増水した時の分岐点。
2020年02月23日 09:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が増水した時の分岐点。
樹林帯を抜けた後は岩場地帯。
2020年02月23日 10:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けた後は岩場地帯。
ルートは赤丸のペンキで岩に表示されてます。
2020年02月23日 10:49撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートは赤丸のペンキで岩に表示されてます。
ここは風が強い。お地蔵さんに手を合わせてから先へ進みます。
2020年02月23日 10:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは風が強い。お地蔵さんに手を合わせてから先へ進みます。
いい感じの岩と雪。
2020年02月23日 10:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの岩と雪。
時々、晴れ間があり、いい景色が見られます。
2020年02月23日 10:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、晴れ間があり、いい景色が見られます。
1
白駒池、麦草峠分岐。
2020年02月23日 11:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池、麦草峠分岐。
こじんまりとしている高見石小屋。ランプが照明代わりとなり、夜は暖かみのある雰囲気を楽しめるのだろうなと思いました。
2020年02月23日 12:04撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こじんまりとしている高見石小屋。ランプが照明代わりとなり、夜は暖かみのある雰囲気を楽しめるのだろうなと思いました。
2
今回のお目当てである揚げパン(きなこ、抹茶味)とコーヒー。何個でも食べられる美味しさでした。
2020年02月23日 11:54撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のお目当てである揚げパン(きなこ、抹茶味)とコーヒー。何個でも食べられる美味しさでした。
1
高見石から白駒池。
2020年02月23日 12:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石から白駒池。
1
高見石からのパノラマ。
2020年02月23日 12:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石からのパノラマ。
高見石小屋から中山展望台までの樹林帯。
2020年02月23日 12:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋から中山展望台までの樹林帯。
1
長々と続く登りが地味にしんどい。
2020年02月23日 13:36撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長々と続く登りが地味にしんどい。
1
八ヶ岳に来たなと感じる森です。
2020年02月23日 13:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳に来たなと感じる森です。
2
えびのしっぽ。
2020年02月23日 13:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えびのしっぽ。
中山展望台。風が強いので、即通過します。
2020年02月23日 13:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台。風が強いので、即通過します。
1
空が晴れてきました。
2020年02月23日 13:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が晴れてきました。
2
いい景色を見れる予感がします。
2020年02月23日 13:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい景色を見れる予感がします。
2
中山山頂到着。
2020年02月23日 13:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山山頂到着。
晴れていい景色です。
2020年02月23日 13:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていい景色です。
2
遠くから天狗岳全体を収めます。
2020年02月23日 13:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くから天狗岳全体を収めます。
2
来た道を振り返る。
2020年02月23日 14:01撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
ニュウ分岐。
2020年02月23日 14:08撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニュウ分岐。
見晴らし台。
2020年02月23日 14:16撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台。
見晴らし台からの眺め。
2020年02月23日 14:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台からの眺め。
見晴らし台からの天狗岳。
2020年02月23日 14:17撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台からの天狗岳。
3
ここは風が強く、凍ってますが、アイゼンはしっかりと刺さります。
2020年02月23日 14:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは風が強く、凍ってますが、アイゼンはしっかりと刺さります。
黒百合ヒュッテ到着。
2020年02月23日 16:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ到着。
整地してマイテント(MSR ガイドラインプロ2 )を設営。
2020年02月23日 16:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整地してマイテント(MSR ガイドラインプロ2 )を設営。
2
1人なのでテント内は広々。
2020年02月23日 16:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1人なのでテント内は広々。
一昨日届いた新アイテムのサーマレスト プロライトエイペックス(バルブが新しくなった2020年版)を早速使用。
2020年02月23日 16:39撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昨日届いた新アイテムのサーマレスト プロライトエイペックス(バルブが新しくなった2020年版)を早速使用。
テント場賑わってます。
2020年02月23日 16:48撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場賑わってます。
黒百合ヒュッテと青い空。
2020年02月23日 16:49撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテと青い空。
1
黒百合ヒュッテはいい雰囲気ですね。小屋内は人でいっぱいです。
2020年02月23日 16:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテはいい雰囲気ですね。小屋内は人でいっぱいです。
夕方の気温は-10℃。
2020年02月23日 16:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方の気温は-10℃。
夜のマイテント。MSRのロゴがかっこいい。
2020年02月23日 19:17撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜のマイテント。MSRのロゴがかっこいい。
1
夜のテント場は色とりどりで綺麗。
2020年02月23日 19:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜のテント場は色とりどりで綺麗。
1
寝坊してしまい、急いでテントを撤収。
2020年02月24日 07:43撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝坊してしまい、急いでテントを撤収。
これぞ八ヶ岳ブルー。天狗岳への登頂開始です。
2020年02月24日 08:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ八ヶ岳ブルー。天狗岳への登頂開始です。
2
中山峠から稜線へ。
2020年02月24日 08:36撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠から稜線へ。
白と青のコントラストが綺麗。
2020年02月24日 08:49撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白と青のコントラストが綺麗。
1
シュカブラ!風の影響って凄いですね。
2020年02月24日 09:02撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ!風の影響って凄いですね。
2
登ってきた道を振り返る。
2020年02月24日 09:11撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返る。
天狗の頭から見る西天狗岳。
2020年02月24日 09:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭から見る西天狗岳。
太陽が眩しいくらいのいい天気。
2020年02月24日 09:26撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が眩しいくらいのいい天気。
西天狗岳には多くの登山者が見えます。
2020年02月24日 09:26撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳には多くの登山者が見えます。
3
東天狗岳は目の前。
2020年02月24日 09:28撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳は目の前。
1
東天狗岳到着。
2020年02月24日 09:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳到着。
3
東天狗岳から見た西天狗岳。登頂ラインがくっきりと見えます。
2020年02月24日 09:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳から見た西天狗岳。登頂ラインがくっきりと見えます。
2
東天狗岳から見た赤岳方面。
2020年02月24日 09:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳から見た赤岳方面。
3
東天狗岳からのパノラマ。
2020年02月24日 09:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳からのパノラマ。
西天狗岳手前の稜線。
2020年02月24日 09:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳手前の稜線。
稜線から見た赤岳方面。
2020年02月24日 09:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から見た赤岳方面。
1
県警ヘリが捜索しているのか?周囲を飛び続けていました。
2020年02月24日 09:43撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県警ヘリが捜索しているのか?周囲を飛び続けていました。
登った道を振り返り、東天狗岳を見ます。
2020年02月24日 09:52撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った道を振り返り、東天狗岳を見ます。
西天狗岳到着。
2020年02月24日 09:57撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳到着。
1
登頂記念に山頂におられた方に写真を撮ってもらいました。
2020年02月24日 09:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂記念に山頂におられた方に写真を撮ってもらいました。
1
赤岳をバックに。撮っていただいた方、ありがとうございました。
2020年02月24日 09:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳をバックに。撮っていただいた方、ありがとうございました。
1
今回の山旅のバックパック『グレゴリー デナリ100 』。1泊のテント泊なのに、荷物を多く入れすぎた。
2020年02月24日 10:00撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山旅のバックパック『グレゴリー デナリ100 』。1泊のテント泊なのに、荷物を多く入れすぎた。
名残惜しいですが、下山を始めます。
2020年02月24日 10:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、下山を始めます。
下山路の西尾根。
2020年02月24日 10:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路の西尾根。
自分の影で遊んでみる。
2020年02月24日 10:32撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分の影で遊んでみる。
第二展望台。
2020年02月24日 10:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台。
第二展望台からの景色もいいですね。
2020年02月24日 10:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台からの景色もいいですね。
1
続いて第一展望台。
2020年02月24日 11:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて第一展望台。
第一展望台からのパノラマ。
2020年02月24日 11:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台からのパノラマ。
唐沢鉱泉下降点。
2020年02月24日 11:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉下降点。
唐沢鉱泉へ周回で帰ってきました。下山完了です。
2020年02月24日 12:14撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉へ周回で帰ってきました。下山完了です。

感想/記録

一度は高見石小屋に行きたくて、今回寄ってみました。小屋のランプやこじんまりとした雰囲気が良く、あっさりとした揚げパンとコーヒーが美味しくて病みつきになります。
テント泊ものんびりとでき、東・西天狗岳での八ヶ岳ブルーには大満足しました。重い荷物を背負って来た甲斐があり、思い出に残る山旅でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:366人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ