また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2239304 全員に公開 雪山ハイキング 飯豊山

二王子岳で初スノーシューリベンジ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月29日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝の時点では四駆車なら問題なく神社まで入れます。自分の車は2WDですが、無理やり入っていけました。下山時は道路はほとんど雪は残っていません。神社まで入れます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
28分
合計
7時間40分
S二王子神社07:2908:38王子避難小屋08:4709:38定高山09:4611:08油こぼし11:1212:00二王子岳12:36油こぼし12:3913:27定高山13:2814:13王子避難小屋14:1615:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
固くしまった雪の上に新雪が積もってます。7合目あたりまでのトレースはしっかりついています。油こぼしから上は強風によりトレースの上に粉雪が積もるためトレースはあてにできません。油こぼしは凍った雪の上に新雪が積もっているので、登ろうとしてもごっそり雪が滑り落ちて登りにくいです。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

神社前まで車で入れました。もうちょっと遅かったら待避所粋だったかも。20兌紊寮磴積もってます。
2020年02月29日 07:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社前まで車で入れました。もうちょっと遅かったら待避所粋だったかも。20兌紊寮磴積もってます。
2
今日の目標。生きて帰ること。スノーシューに慣れること。
では、行ってきます。
2020年02月29日 07:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目標。生きて帰ること。スノーシューに慣れること。
では、行ってきます。
2
下の方も案外積もってるもんですね。ツボ足で全然OK。
2020年02月29日 07:48撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方も案外積もってるもんですね。ツボ足で全然OK。
御子石周りはあまり雪が積もってない。
2020年02月29日 08:11撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御子石周りはあまり雪が積もってない。
紅葉の奇麗だった2合目のブナ林。雪化粧が控えめ。
2020年02月29日 08:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の奇麗だった2合目のブナ林。雪化粧が控えめ。
3合目に到着。写真上の方の尾根によじ登ってからの。
2020年02月29日 08:37撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目に到着。写真上の方の尾根によじ登ってからの。
スノーシュー装着。粟ヶ岳でスノーシューが試せなかったため、二王子でぶっつけ本番。
2020年02月29日 08:49撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシュー装着。粟ヶ岳でスノーシューが試せなかったため、二王子でぶっつけ本番。
1
先行者のトレースがありがたい。
時々トレースのないところを歩いてみても、あまり沈まない。
もっと沈むかと思ってた…
2020年02月29日 08:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者のトレースがありがたい。
時々トレースのないところを歩いてみても、あまり沈まない。
もっと沈むかと思ってた…
本日の積雪量。
2020年02月29日 09:38撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の積雪量。
1
見にくいですが、気温1度ほど。
2020年02月29日 09:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見にくいですが、気温1度ほど。
2
5合目過ぎから霧氷見られます。
2020年02月29日 09:48撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目過ぎから霧氷見られます。
2
分かりにくいけどニノックス見えた。ポツポツ山頂から滑り降りてる。
2020年02月29日 09:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいけどニノックス見えた。ポツポツ山頂から滑り降りてる。
雪と空の色が同じようなものなので、以降は色温度変えてみますね。
2020年02月29日 10:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と空の色が同じようなものなので、以降は色温度変えてみますね。
1
7合目過ぎたあたりから途端に強風になります。この時はまだよかったので写真を撮る余裕があった。
2020年02月29日 10:55撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目過ぎたあたりから途端に強風になります。この時はまだよかったので写真を撮る余裕があった。
1
油こぼしの斜面が凍っていてスノーシューのクランポンが刺さらない。若干谷側に迂回して登れた。強風で写真を撮ってる余裕もなく、山頂避難小屋に到着。
2020年02月29日 11:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油こぼしの斜面が凍っていてスノーシューのクランポンが刺さらない。若干谷側に迂回して登れた。強風で写真を撮ってる余裕もなく、山頂避難小屋に到着。
2
山頂も周囲が真っ白で景色を撮れず。
気温−2度ほど。
2020年02月29日 12:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂も周囲が真っ白で景色を撮れず。
気温−2度ほど。
2
カッチカチ
2020年02月29日 12:07撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッチカチ
1
ちょっと視界が開けた。二本木山方面。
2020年02月29日 12:08撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと視界が開けた。二本木山方面。
1
強風で粉雪が舞う。
2020年02月29日 12:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風で粉雪が舞う。
1
二王子って雪庇できるのかな?
2020年02月29日 12:30撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二王子って雪庇できるのかな?
1
なんか晴れてきた。なんでいつも帰ってる途中で天気が良くなるんかな?
2020年02月29日 12:55撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか晴れてきた。なんでいつも帰ってる途中で天気が良くなるんかな?
1
太陽の光が当たってきたものの、まだ雲の層は消えず。
2020年02月29日 13:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の光が当たってきたものの、まだ雲の層は消えず。
1
3合目到着。この時気温11度ほど。暑い。
2020年02月29日 14:06撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目到着。この時気温11度ほど。暑い。
1
3合目でスノーシュー外してからツボるわ、滑るわ大変だった。
でも、生きて帰ってこれた。
2020年02月29日 15:12撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目でスノーシュー外してからツボるわ、滑るわ大変だった。
でも、生きて帰ってこれた。
1
撮影機材:

感想/記録

スノーシュー履いた時やたらテンション上がって3合目で無駄な体力を使ってしまった。6合目からペースが落ち、後続に次々抜かれていくのはモチベーションが下がってしまう。8合目から上は正直どこかで引き返そうかと何度も考えながら、黙々と登り結局山頂までたどり着いた。強風と視界不良で長居もできず、早々に撤退。1か月ちょっと山に登らず、筋力、体力も落ちている状況で日が暮れる前に生きて帰ってこれたのはよかった。どこでもいいから山に登ってから挑戦するべきだったと反省。
次はどの山行こうか?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:285人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ