また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2248863 全員に公開 雪山ハイキング 甲信越

笹倉温泉より放山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高速は北陸道能生インター、その後R8を糸魚川方面へ、途中笹倉温泉の看板を左折し後は道なり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間33分
休憩
5分
合計
6時間38分
Sスタート地点06:3009:55放山(最高標高地点)09:5710:10放山10:1311:35放山(最高標高地点)11:3513:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪の状態でかなり左右される。気温が上がり緩むのも早いので踏み抜き等注意
その他周辺情報笹倉温泉龍雲荘、泉質最高です
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

笹倉温泉へ、快晴予報は7時まで。その後高曇りとなるようだが
2020年03月07日 06:17撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹倉温泉へ、快晴予報は7時まで。その後高曇りとなるようだが
笹倉温泉第二駐車場に泊めスタート
2020年03月07日 06:41撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹倉温泉第二駐車場に泊めスタート
白い小屋を過ぎ九十九林道との分岐。この標柱を左手に向かう
2020年03月07日 06:53撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い小屋を過ぎ九十九林道との分岐。この標柱を左手に向かう
しばし林道歩き、この先砂防堤の所で橋と出会うがそこを右手に尾根に取り付く
2020年03月07日 06:58撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし林道歩き、この先砂防堤の所で橋と出会うがそこを右手に尾根に取り付く
1
振り返ると阿弥陀山と烏帽子山。
頸城の山は個性的で面白い
2020年03月07日 07:05撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると阿弥陀山と烏帽子山。
頸城の山は個性的で面白い
1
尾根に取り付く、しばし急登
2020年03月07日 07:28撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取り付く、しばし急登
途中杉林の美しい所を歩く。アレルギー持ちにはちとキツい笑
2020年03月07日 07:46撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中杉林の美しい所を歩く。アレルギー持ちにはちとキツい笑
1
P832手前、徐々に開けてくる。奥には鉾ヶ岳、その存在感たるや序盤の主役
2020年03月07日 08:00撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P832手前、徐々に開けてくる。奥には鉾ヶ岳、その存在感たるや序盤の主役
2
P832より、ここでようやく焼山お目見え
2020年03月07日 08:18撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P832より、ここでようやく焼山お目見え
1
藪でわかりづらいが、この先のルート。左手から回り込むようにひとまず一番高いところを目指す。
2020年03月07日 08:22撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪でわかりづらいが、この先のルート。左手から回り込むようにひとまず一番高いところを目指す。
細尾根あり
2020年03月07日 08:36撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根あり
1
なだらかな谷間を歩き
2020年03月07日 08:45撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな谷間を歩き
1
雪原を歩く
2020年03月07日 08:50撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原を歩く
1
振り返ると阿弥陀山、眺望も然る事ながらルートの山容も変化に富み素晴らしい
2020年03月07日 08:54撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると阿弥陀山、眺望も然る事ながらルートの山容も変化に富み素晴らしい
1
歩きやすそうなコンディションだが、先行者の倍沈む自重を呪う笑
2020年03月07日 08:56撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすそうなコンディションだが、先行者の倍沈む自重を呪う笑
2
標高1000を越え一気に開ける、ここからは頸城山塊パラダイス
2020年03月07日 09:17撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000を越え一気に開ける、ここからは頸城山塊パラダイス
1
火打と焼山がお出迎え
2020年03月07日 09:18撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打と焼山がお出迎え
2
双耳峰が頸城の怪峰阿弥陀山、右手が烏帽子山
2020年03月07日 09:19撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰が頸城の怪峰阿弥陀山、右手が烏帽子山
2
焼山、高松山、昼闇山、鉢山。今日は笹倉温泉から焼山方面に向かったであろうBC勢もたくさん。
2020年03月07日 09:19撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山、高松山、昼闇山、鉢山。今日は笹倉温泉から焼山方面に向かったであろうBC勢もたくさん。
2
しかしこちらは貸切で我らのみ、霧氷も出てきた
2020年03月07日 09:36撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこちらは貸切で我らのみ、霧氷も出てきた
1
ここを上がりきれば放山から続く稜線にでる
2020年03月07日 09:47撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを上がりきれば放山から続く稜線にでる
1
霧氷が美しい
2020年03月07日 09:47撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が美しい
4
稜線に出る。名立川源流の山々、左から大毛無山、不動山、容雅山
2020年03月07日 09:56撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出る。名立川源流の山々、左から大毛無山、不動山、容雅山
今日はピークにこだわる必要はないが、同行者が行ったことないので放山まで行くことに、雪庇が張り出しトラバース気味となって歩きにくい今日一危険地帯
2020年03月07日 09:58撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はピークにこだわる必要はないが、同行者が行ったことないので放山まで行くことに、雪庇が張り出しトラバース気味となって歩きにくい今日一危険地帯
3
そこを抜けるともはやパラダイス、空に向かって歩く♪
2020年03月07日 10:04撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこを抜けるともはやパラダイス、空に向かって歩く♪
3
シャルマン火打から上がってこられた人達とスライドするようになる
2020年03月07日 10:08撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャルマン火打から上がってこられた人達とスライドするようになる
2
とにかく焼山が近い
2020年03月07日 10:11撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく焼山が近い
2
放山山頂あたり、シャルマン火打からリフトを使えばこの絶景は簡単に見ることが出来る。
2020年03月07日 10:12撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放山山頂あたり、シャルマン火打からリフトを使えばこの絶景は簡単に見ることが出来る。
3
宴会場を求めて来た道を戻る。
2020年03月07日 10:15撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宴会場を求めて来た道を戻る。
2
とにかくロケーションがハンパなく素晴らしい
2020年03月07日 10:19撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかくロケーションがハンパなく素晴らしい
2
景色の良いところと言いながら焼山を背に乾杯してしまう笑
2020年03月07日 10:30撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色の良いところと言いながら焼山を背に乾杯してしまう笑
2
バックがこれだから何を撮しても映える
2020年03月07日 11:19撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックがこれだから何を撮しても映える
1
何度も火打
2020年03月07日 11:26撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も火打
2
高松山、昼闇山、鉢山
2020年03月07日 11:26撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高松山、昼闇山、鉢山
2
阿弥陀山、烏帽子山
2020年03月07日 11:27撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀山、烏帽子山
1
高層湿原の美しさから一見たおやかな感じもする火打だがやはり頸城山塊の一角、こちら側から見ると荒々しく違った顔を見れる
2020年03月07日 11:30撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高層湿原の美しさから一見たおやかな感じもする火打だがやはり頸城山塊の一角、こちら側から見ると荒々しく違った顔を見れる
3
下山は左手に頸城山塊、右手に鉾ヶ岳、正面は日本海。海に近いのにこの雪量が越後特有
2020年03月07日 11:39撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は左手に頸城山塊、右手に鉾ヶ岳、正面は日本海。海に近いのにこの雪量が越後特有
2
逆光となる登りと異なり、日光を背に景色が映える
2020年03月07日 11:52撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光となる登りと異なり、日光を背に景色が映える
2
雪も程よく柔らかくなり高速下山可能
2020年03月07日 12:09撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も程よく柔らかくなり高速下山可能
2
こんなプチデブリをアチコチにつくりながら
2020年03月07日 12:30撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなプチデブリをアチコチにつくりながら
1
縦横無尽に下山路をつくる、だがその先は悪魔の森…
2020年03月07日 12:41撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦横無尽に下山路をつくる、だがその先は悪魔の森…
1
無事に取り付き口の橋まで下りてきた。後は林道を戻る
2020年03月07日 12:48撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に取り付き口の橋まで下りてきた。後は林道を戻る
1
笹倉温泉へ、下山はとにかく暑かった。
もちろんこの後は笹倉温泉へ
2020年03月07日 13:08撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹倉温泉へ、下山はとにかく暑かった。
もちろんこの後は笹倉温泉へ
1
〆はあさひ桜、混雑時以外だと麺が硬い可能性があるとの事だが今日は安定の柔らかさ笑
2020年03月07日 15:08撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〆はあさひ桜、混雑時以外だと麺が硬い可能性があるとの事だが今日は安定の柔らかさ笑
2

感想/記録

去年シャルマン火打からお手軽にこの絶景を見ることが出来た。とにかく火打、焼山をはじめ個性的な頸城山塊の姿が美しくカッコよく、毎年この時期に来ようと決めた。
調べていくと笹倉温泉から行けるようなので今年は楽をせずスノーシューハイクで放山の稜線を目指すことに。
周りを個性的な山々に囲まれとにかく飽きの来ない素晴らしいルートで、キツい所も撮影休憩で休み休み堪能できた。
当初空沢山までと思っていたが、そこまで行く必要も無いだろうと。ある程度俯瞰で一望する方がここを楽しめる気がしました(個人的な感想です)
焼山山麓は温泉も良質、笹倉温泉と柵口温泉は登山後色んな温泉に立ち寄りますがトップクラスです。
能生と言えば「あさひ桜」いつ来ても美味い、麺の柔らかさもここなら許せる笑
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:266人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/2/17
投稿数: 1971
2020/3/9 21:25
 うっとり·····
タコさん、こんにちは。
こんなに素敵なお山を独占できるなんて…モフモフの雪を踏んで、その足跡が自分達だけって贅沢じゃないですか。
タコさんみたいな体力があったらなぁ…。

あ、そそ。
雪の二王子岳へ行くなら今年だと思いますよ。
この時期に神社まで車で行けるなんてラッキーだもの。

綺麗な写真に、うっとり♪しました♪
登録日: 2015/10/5
投稿数: 26
2020/3/10 20:43
 Re: うっとり·····
こんばんは 一大イベントご苦労様でした(^^)
そう、ここは圧巻なんですよ♪頸城の山々をこれほど間近に眺められるってだけでタマンネです。
実のところシャルマン火打よりリフトを使えば大力山に行くより楽にこの景色を見ることが出来ますよ♪(´ε` )
ここも二王子は飯豊を眺めるありきと一緒で、火打焼山が見えないと何の意味もないのでガスもないであろう快晴の日を選ばなければアカンです。この週は予報をずーっと見てました笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ