また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2249268 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

日向大谷から両神山へ 〜バスが少ないんだわさ・・

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ? 霞んでました
アクセス
利用交通機関
電車バス
東京からJRで熊谷へ。秩父鉄道に乗り換えて三峰口へ。小鹿野町バスで小倉へ。そこから日向大谷へは、徒歩20~30分ほどです。
秩父鉄道のワンデイパスを利用しました。1470円で一日乗り放題。急行料金は別納(210円)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
1時間26分
合計
5時間39分
Sスタート地点09:3709:54日向大谷口バス停09:5709:57民宿両神山荘10:14会所10:1710:43両神八海山10:5311:08弘法之井戸11:1211:14清滝小屋11:2111:23鈴が坂11:3012:01両神神社12:0612:21両神山12:4212:53両神神社12:5413:16鈴が坂13:2013:23養老の滝13:3713:54赤滝13:5814:43会所14:4415:01民宿両神山荘15:0315:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ガーミンウォッチのログです。
コース状況/
危険箇所等
日向大谷からのコース、鎖場が連続する北斜面付近には、残雪・凍結箇所がありました。
七滝沢コースは、まだまだ凍結箇所多数です。また、崩れている斜面が多く、通行には十分注意が必要です。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

Myアイテム  

marsee 重量:-kg

写真

JR高崎線で熊谷へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR高崎線で熊谷へ。
秩父鉄道に乗り換えて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父鉄道に乗り換えて
2
三峰口駅まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰口駅まで来ました。
レトロ感満載。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レトロ感満載。。
2
そこから、トコトコとバスに揺られて1時間弱。ここまで、マンションから4時間の旅・・(*'▽')
台風の影響で日向大谷の一つ前、小倉バス停まで。帰りは15時18分か17時28分発。この時間を意識しながらスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから、トコトコとバスに揺られて1時間弱。ここまで、マンションから4時間の旅・・(*'▽')
台風の影響で日向大谷の一つ前、小倉バス停まで。帰りは15時18分か17時28分発。この時間を意識しながらスタート。
2
大谷のバス停手前、この階段を登って両神山荘横へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷のバス停手前、この階段を登って両神山荘横へ。
2
色鮮やかな水仙。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色鮮やかな水仙。
7
七滝沢ルートの注意喚起がありました。帰りにチョイス予定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝沢ルートの注意喚起がありました。帰りにチョイス予定。
観蔵行者像のある鳥居。家内安全・安全登山を祈願しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観蔵行者像のある鳥居。家内安全・安全登山を祈願しました。
七滝沢コース分岐(会所)に到着です。山頂方面へと進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝沢コース分岐(会所)に到着です。山頂方面へと進みます。
不動明王さん、色付けされてしまっているような・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動明王さん、色付けされてしまっているような・・・。
薄川沿いに岩場を登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄川沿いに岩場を登っていきます。
1
八海山。少し休憩しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山。少し休憩しました。
沢の水が凍ってました。真冬は立派な氷結が見れるんでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の水が凍ってました。真冬は立派な氷結が見れるんでしょうね。
弘法ノ井戸でのどを潤し、さらに登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法ノ井戸でのどを潤し、さらに登っていきます。
清滝小屋に到着。閉まってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋に到着。閉まってました。
1
小屋の裏、滝が少し凍ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の裏、滝が少し凍ってました。
3
産体尾根に乗りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
産体尾根に乗りました。
根っこ階段、鎖場が出てきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っこ階段、鎖場が出てきます。
北斜面にいやな残雪・凍結箇所が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面にいやな残雪・凍結箇所が。
1
横着せず、お守り軽アイゼンを装着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横着せず、お守り軽アイゼンを装着しました。
1
さらに根っこ階段をのぼって・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに根っこ階段をのぼって・・
両神神社につきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神神社につきました。
両神御嶽神社本社、とありました。祈願しました。その先、かるい鞍部を通過し、20分程で・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神御嶽神社本社、とありました。祈願しました。その先、かるい鞍部を通過し、20分程で・・
最後の岩場を登ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩場を登ると
2
両神山山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山山頂に到着。
10
山頂モニュ。1723.5m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂モニュ。1723.5m。
2
カンペをみて、ぐるっと時計回りに一周してみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンペをみて、ぐるっと時計回りに一周してみました。
1
さらに右へ。浅間山・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに右へ。浅間山・・
その右奥には、立山・白馬方面でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その右奥には、立山・白馬方面でしょうか。
1
さらに右へいくと苗場、谷川・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに右へいくと苗場、谷川・・
右へ甲武信、金峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へ甲武信、金峰
中ア・八ヶ岳・・見えませんが、その方面、でしょうか・・。
周回フォトはここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ア・八ヶ岳・・見えませんが、その方面、でしょうか・・。
周回フォトはここまで。
中央の窪みの後ろにいるのが富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の窪みの後ろにいるのが富士山。
1
八ヶ岳をアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳をアップ。
5
浅間山方面、でしょうか。
ここまで見えれば、まずまずでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山方面、でしょうか。
ここまで見えれば、まずまずでしょうか。
2
八丁峠コースって面白いそうですね。一度登ってみたい・・。

山頂を後にし、来た道を戻って降りて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠コースって面白いそうですね。一度登ってみたい・・。

山頂を後にし、来た道を戻って降りて行きます。
神社には昼食中の方々がいらっしゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社には昼食中の方々がいらっしゃいました。
滑らないように・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らないように・・
1
急坂をゆっくり降りて・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂をゆっくり降りて・・
1
この分岐から七滝沢コースへ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐から七滝沢コースへ進みます。
思っていたよりはるかに凍結が残っていました。このショット、ルートわかります?左から右へ。いきなり怯みました。しっかりしたアイゼンを持ってくるんだった・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思っていたよりはるかに凍結が残っていました。このショット、ルートわかります?左から右へ。いきなり怯みました。しっかりしたアイゼンを持ってくるんだった・・
2
迫力あります。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力あります。。
6
ビビりますね、この看板。このあたり、凍結混じると、難易度が一気に高くなりますね・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビビりますね、この看板。このあたり、凍結混じると、難易度が一気に高くなりますね・・・
1
もう少し厳冬期なら、かなりの規模になるんでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し厳冬期なら、かなりの規模になるんでしょうか。
この暖かさでも、なかなか迫力ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この暖かさでも、なかなか迫力ありました。
1
ここは凍ってませんでしたが、もし凍結してたら・・ぞぞぞ〜。(上からなのでうまく写ってませんが、ここはかなり斜度があり、変な凍結は厄介そうです。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは凍ってませんでしたが、もし凍結してたら・・ぞぞぞ〜。(上からなのでうまく写ってませんが、ここはかなり斜度があり、変な凍結は厄介そうです。)
トラバース斜面の足場が、なんと狭いこと・・・。ポツポツ凍ってるし・・時間かけて慎重に進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース斜面の足場が、なんと狭いこと・・・。ポツポツ凍ってるし・・時間かけて慎重に進みました。
2
七滝沢の分岐から、細尾根と落ち葉、凍結との格闘でした。
この写真の左上にピンクリボンがありますが、ここは左上から右方向へとルートが続きます。それがわからず、手前方向、沢へと降りてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝沢の分岐から、細尾根と落ち葉、凍結との格闘でした。
この写真の左上にピンクリボンがありますが、ここは左上から右方向へとルートが続きます。それがわからず、手前方向、沢へと降りてしまいました。
1
このピンクリボン、沢へ下らないように・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピンクリボン、沢へ下らないように・・
1
沢へ下る斜面はこんな感じ。しばらく進むも、大きな岩・深い沢に太刀打ちできず、結局先のリボンまで戻りました。。沢で枯れ葉に埋まった大きめの窪地にはまり、脛を強打・・。イテテ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢へ下る斜面はこんな感じ。しばらく進むも、大きな岩・深い沢に太刀打ちできず、結局先のリボンまで戻りました。。沢で枯れ葉に埋まった大きめの窪地にはまり、脛を強打・・。イテテ。
1
もはや、15時のバスはあきらめムード。ズルズルの急なトラバースエリアを慎重に進んで行きます。左斜面のように、踏み跡が崩落で上書きされてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや、15時のバスはあきらめムード。ズルズルの急なトラバースエリアを慎重に進んで行きます。左斜面のように、踏み跡が崩落で上書きされてます。
この写真、左上から右下へと進むのですが、途中、むき出しになった木の根っこがロープ替わり( ^^) _U~~
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真、左上から右下へと進むのですが、途中、むき出しになった木の根っこがロープ替わり( ^^) _U~~
無事に会所まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に会所まで戻ってきました。
2
七滝沢からの道に、こんな看板(*'▽')
踏み跡がもっとつけば良いと思いますが、枯れ葉・凍結に見舞われた現状は、かなり歩きにくい・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝沢からの道に、こんな看板(*'▽')
踏み跡がもっとつけば良いと思いますが、枯れ葉・凍結に見舞われた現状は、かなり歩きにくい・・。
2
山荘で山バッジを買いました。
時計を見ると、「まだバスまにあうんじゃ?」
あきらめ悪く、先を急いでみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘で山バッジを買いました。
時計を見ると、「まだバスまにあうんじゃ?」
あきらめ悪く、先を急いでみました。
5
ありがとう、両神山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとう、両神山!
小走りでなんとか間に合いました・・・ふぅ〜。
次のバスは2時間先だもんね。よかったぁ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小走りでなんとか間に合いました・・・ふぅ〜。
次のバスは2時間先だもんね。よかったぁ〜。
2
接続もよく、三峰口で秩父鉄道の急行に乗れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
接続もよく、三峰口で秩父鉄道の急行に乗れました。
1
貸し切り?!途中で少し乗客がいらっしゃいましたが、それでもガラガラ。売り子こない、わね・・。ビールが欲しい・・・!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切り?!途中で少し乗客がいらっしゃいましたが、それでもガラガラ。売り子こない、わね・・。ビールが欲しい・・・!
5
フリー切符で往復利用、安あがりでした^^
ICが使えず、今や貴重で懐かしの紙切符。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フリー切符で往復利用、安あがりでした^^
ICが使えず、今や貴重で懐かしの紙切符。
6

感想/記録
by marsee

百名山の両神山に登ってきました。
アクセスが悪く、片道3時間半~4時間。三峰口駅から日向大谷へとバスで向かうのですが、時間がかかるのに加えて本数が少ない・・。時間に追われたハイクとなりました。

好天に恵まれるも、山頂からの眺望は霞みがかってイマイチでしたが、八ヶ岳や浅間山など冠雪した名峰を目にすることができました。

下りは七滝沢ルートをチョイスしたのですが、まだ凍結があったのと、土砂崩落などでコースがあれていたり、踏み跡少なく落ち葉に埋もれてしまっているところが多く、足を滑らせないように、と神経を使いました。時間に余裕がない山行で、こういうコースをチョイスするのはダメ🙅ですね。危ないと思うところが何カ所かあったので、写真を載せておきました。参考になれば幸いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:327人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/8/11
投稿数: 134
2020/3/8 10:29
 行ったのねー
あの、おそろしいギザギザ山!
もしわたしが行くとしても、絶対、凍結の心配がゼロになってからだなー。
しかも、遠いよ……
登録日: 2016/5/5
投稿数: 71
2020/3/8 13:53
 Re: 行ったのねー
東京からの公共交通機関利用者には厳しいアクセスですね。9時40分スタートですから・・。
鎖場天国の八丁峠コース、いつか行ってみたいですが、最寄りの出合バス停から10kmあるそうで。バスの時間次第ですが、厳しそうです。
七滝沢コースは痩せ尾根が多く、崩落斜面もいくつかあって、踏み固められていないところも多々。凍結時は言わずもがなですが、通常時も歩きやすいとは言えない印象です。登りよりも下りの方が気を使うことになると思います。チョイスされる時はお気をつけて!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ