また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2249568 全員に公開 山滑走 八ヶ岳・蓼科

蓼科山 BC まあまあのパウダー、ただ積雪はまだ少なめ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候薄曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白樺高原国際スキー場のゴンドラで上りました。ゴンドラの運行開始は8時30分でした。なお白樺高原国際スキー場はスキーオンリーのゲレンデですので、ボーダーはゴンドラ往復券が必要です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
8分
合計
5時間31分
Sゴンドラリフト頂上駅08:4809:12蓼科山7合目登山口09:31馬返し10:55将軍平10:5910:59蓼科山荘11:44蓼科山頂ヒュッテ11:46蓼科山11:4711:52蓼科山頂ヒュッテ13:47馬返し13:58蓼科山7合目登山口14:09ゴンドラリフト頂上駅14:1214:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口で積雪10cmほど、七合目で20cmと増え、将軍平では1mほどはありそうでした。今回のようにトレースがあればアイゼンだけでもなんとかなりますが、トレースが無いとワカン、スノーシューが必須です。

写真

白樺高原国際スキー場。まだ青空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺高原国際スキー場。まだ青空。
ゴンドラを下りて登山口へ。急に薄雲が広がってきました(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラを下りて登山口へ。急に薄雲が広がってきました(^^;。
最初は積雪10cmほど。シールで歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は積雪10cmほど。シールで歩きます。
スキーのトレースがありますね。先週末かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーのトレースがありますね。先週末かな。
積雪はどんどん増えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はどんどん増えます。
隣の良さそうな斜面。実際帰りに滑りましたが最高でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の良さそうな斜面。実際帰りに滑りましたが最高でした。
天狗の露地より。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の露地より。
北面オープンバーンをズーム。まだ思ったより岩が目立ちますが、なんとか滑るスペースはありそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンをズーム。まだ思ったより岩が目立ちますが、なんとか滑るスペースはありそう。
この辺りは登山道周囲の森の中も普通に滑れそう。実際うっすらのシュプールもありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは登山道周囲の森の中も普通に滑れそう。実際うっすらのシュプールもありました。
トレースは直登していますので、ジグを切って進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースは直登していますので、ジグを切って進みます。
1
雪はまださらさらを残していました(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はまださらさらを残していました(^^)。
将軍平。前回より50cmは積雪が増えたでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平。前回より50cmは積雪が増えたでしょうか。
蓼科山山頂。再びきれいな青空が(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂。再びきれいな青空が(^^)。
滑る予定の北面側稜線。ほぼ地形は埋まったような。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑る予定の北面側稜線。ほぼ地形は埋まったような。
急登になったところでスキーはザックに付け、アイゼンを付けて登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登になったところでスキーはザックに付け、アイゼンを付けて登っていきます。
稜線直下のオープンバーン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下のオープンバーン。
1
いつもだと強風が辛い場所ですが、今日はほぼ弱風。昨日一昨日の強風でここはがりがりかなと思っていましたが、パック気味ながら意外にも柔らか目の部分が多かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもだと強風が辛い場所ですが、今日はほぼ弱風。昨日一昨日の強風でここはがりがりかなと思っていましたが、パック気味ながら意外にも柔らか目の部分が多かったです。
1
山頂まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
青空のある内にと急いで北面側に移動します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空のある内にと急いで北面側に移動します。
この辺りから滑り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから滑り始めます。
新雪はほぼ吹き飛ばされていますが、エッジは問題無くかかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪はほぼ吹き飛ばされていますが、エッジは問題無くかかります。
1
槍穂高。手前の三峰山も日影の部分は思った以上に雪がありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂高。手前の三峰山も日影の部分は思った以上に雪がありますね。
ここだけシュカブラでぼこぼこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここだけシュカブラでぼこぼこ。
稜線直下のオープンバーン。地形はほぼ埋まりフラットになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下のオープンバーン。地形はほぼ埋まりフラットになりました。
疎林帯入口の看板が確認出来ました。天狗の露地を真下に見て少し左側の大きなダケカンバのすぐ左横。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯入口の看板が確認出来ました。天狗の露地を真下に見て少し左側の大きなダケカンバのすぐ左横。
上部はパックスノー気味ですが、15cmほどの柔らかい雪でした。ただし時々モナカ気味の部分もあって気が抜けません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部はパックスノー気味ですが、15cmほどの柔らかい雪でした。ただし時々モナカ気味の部分もあって気が抜けません。
2
20〜30cmのもっさりパウダー斜面が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20〜30cmのもっさりパウダー斜面が続きます。
2
疎林帯入口の看板を真下に見て。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯入口の看板を真下に見て。
1
ここはいつもディープパウダーが吹き溜まっています(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはいつもディープパウダーが吹き溜まっています(^^)。
2
疎林帯入口の看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯入口の看板。
1
以前に八子ヶ峰(だったかな)でこの看板を設置したテレマーカーにお会いしたことがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前に八子ヶ峰(だったかな)でこの看板を設置したテレマーカーにお会いしたことがあります。
疎林帯を下っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯を下っていきます。
疎林帯には30〜50cmほどの新雪が積もっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疎林帯には30〜50cmほどの新雪が積もっていました。
1
ただまだ低木や藪が目立ち、なんとかその隙間を斜滑降で降りていく感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただまだ低木や藪が目立ち、なんとかその隙間を斜滑降で降りていく感じです。
あれ、腰ラッセルの跡が。ここで引き返したようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、腰ラッセルの跡が。ここで引き返したようです。
オープンバーンに出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンバーンに出ました。
1
上部は30cmほどのパウダー(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は30cmほどのパウダー(^^)。
1
7割パウダー、3割パック気味で滑りが安定しません(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7割パウダー、3割パック気味で滑りが安定しません(^^;。
2
岩が目立つようになりましたので左隅に移動します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が目立つようになりましたので左隅に移動します。
降雪後3日目ですが、まだ柔らかいパウダーが残っていました(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降雪後3日目ですが、まだ柔らかいパウダーが残っていました(^^)。
1
オープンバーンの様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンバーンの様子。
オープンバーンの様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンバーンの様子。
パウダーバーンが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーバーンが続きます。
岩が増えてからは何度が地雷をガリッと(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が増えてからは何度が地雷をガリッと(^^;。
1
なだらかになると積雪が増えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかになると積雪が増えます。
最後は日射の影響で少しモナカ気味でしたが、今回も山頂からここまで滑り降りることが出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は日射の影響で少しモナカ気味でしたが、今回も山頂からここまで滑り降りることが出来ました。
1
登山道に向けて森をトラバース。問題は入口と出口の藪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に向けて森をトラバース。問題は入口と出口の藪。
少し登り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登り返します。
きれいな青空が広がりました。今日は予報では午後から曇りでしたが、気分的には午前曇り、午後快晴です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな青空が広がりました。今日は予報では午後から曇りでしたが、気分的には午前曇り、午後快晴です。
かすんでいますが乗鞍岳。手前の殿城山は今シーズンは無理かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすんでいますが乗鞍岳。手前の殿城山は今シーズンは無理かな。
美ヶ原と立山、剣岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美ヶ原と立山、剣岳。
北面オープンバーンを振り返ります。雲一つ無い青空になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面オープンバーンを振り返ります。雲一つ無い青空になりました。
シュプールをズーム。元サイズに拡大すると稜線から滑り降りたシュプールも見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュプールをズーム。元サイズに拡大すると稜線から滑り降りたシュプールも見えています。
3
登山道を横切り、その先の沢を滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を横切り、その先の沢を滑り降ります。
狭いので小回りターンで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いので小回りターンで。
登山道脇の美味しそうな斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇の美味しそうな斜面。
風の影響が無く柔らかいままでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の影響が無く柔らかいままでした。
ここは毎回気持ち良く滑れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは毎回気持ち良く滑れます。
1
馬返しの先まで登山道脇、林間を滑り降ります。ただ地雷が目立つようになり、途中から板を担ぎました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬返しの先まで登山道脇、林間を滑り降ります。ただ地雷が目立つようになり、途中から板を担ぎました。
ゲレンデに戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデに戻ってきました。
蓼科山北面を眺めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山北面を眺めます。
帰り、雨境峠の先まで行って今日滑った蓼科山北面を眺めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り、雨境峠の先まで行って今日滑った蓼科山北面を眺めます。
1

感想/記録

前日の白馬乗鞍岳BCの疲れの回復具合によってこの日は出かけるか休養するか決める予定でしたが、朝起きてみると意外と体調がよいので、最近の降雪で積雪が増えたと思われる蓼科山にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけることにしてみました。
それでも歩き始めて天狗の露地くらいまでは体がだるかったですが(^^;、それ以降は快調になりました。
積雪は登山口ではがっかりでしたが、登るに従ってどんどん増え、本格的雪山となりました。一昨日の暴風で稜線はがりがりを覚悟していましたが、意外にも柔らかい状態で、今回は稜線から気持ち良く滑り降りることが出来ました。
北面オープンバーンは滑るルートはありますが、あとふた降りは欲しいところ。これからに期待です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:340人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ