また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2252229 全員に公開 沢登り 丹沢

玄倉川水系 小割沢 沢登り講習

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月09日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー4人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玄倉無料駐車場
・30台以上駐車可
・トイレ、登山届ポストは隣接の玄倉バス停にあり
※玄倉林道のゲート施錠は開いているときがままありますが
 上部の小林建材社さんの車両通行や地元の方の通行のためであり
 一般車両は通行不可です。入ったら鎖施錠されて出てこられなくなることが
 ありますので要注意。一般車は玄倉駐車場に停めてください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■小割沢

 玄倉川の中ノ沢では小川谷廊下ばかりがよく遡行されているが、手前の
 弥七沢とこの小割沢も初級者以上には探検性があり楽しめる渓です。
 ただ一部ホールドが脆いので注意が必要。
 小割沢は岩質が柔らかいためか磨かれた棚や深い釜が適当に出現します。
 高巻きも可能な箇所と厄介な箇所があります。

 遡行グレード 2級

 『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社2017年発刊)P198〜199

■マウントファーム登山学校(JMIA認定)
 http://mt-farm.info/

写真

★ここからIさん撮影版
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
★ここからIさん撮影版
胸くらいまで浸かれば簡単ですけど、意外にこの釜は伏兵でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸くらいまで浸かれば簡単ですけど、意外にこの釜は伏兵でした
ショルダーでみんなを上げました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショルダーでみんなを上げました
オイラは右岸の悪い巻きから懸垂20m・・・では足りなかった。
最後はシリセードで崖を下りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オイラは右岸の悪い巻きから懸垂20m・・・では足りなかった。
最後はシリセードで崖を下りました。
★ここからkamog版
ミツマタがそろそろ香しい香りを発してきました
2020年03月07日 08:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
★ここからkamog版
ミツマタがそろそろ香しい香りを発してきました
1
丹沢湖畔北側林道は現在も通行不可
2020年03月07日 08:45撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢湖畔北側林道は現在も通行不可
ゲートの施錠が開いているけど一般車は通行できませんよ。
閉められてしまうことが多いですから要注意。
2020年03月07日 08:46撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの施錠が開いているけど一般車は通行できませんよ。
閉められてしまうことが多いですから要注意。
立間大橋渡る
2020年03月07日 09:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立間大橋渡る
沢名入っているのでわかりやすいです
2020年03月07日 09:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢名入っているのでわかりやすいです
出合のF1は下からだと15mほどある
2020年03月07日 09:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合のF1は下からだと15mほどある
タワシ携行で登ります
2020年03月07日 09:50撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タワシ携行で登ります
もし高巻くなら左側のトラロープがよいですが
沢に戻る箇所は上がり過ぎないように
2020年03月07日 10:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もし高巻くなら左側のトラロープがよいですが
沢に戻る箇所は上がり過ぎないように
残置終了点あり
掘棔銑検篠度
2020年03月07日 10:38撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置終了点あり
掘棔銑検篠度
高巻き終了点
2020年03月07日 10:38撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻き終了点
さてこの2mは両岸ともバランシーです
2020年03月07日 10:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてこの2mは両岸ともバランシーです
私は今回左壁から登りましたがその上は深い釜です
2020年03月07日 11:15撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は今回左壁から登りましたがその上は深い釜です
Iさんは右壁から取り付く
釜は左岸を1m上がってからトラバースします
2020年03月07日 11:20撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Iさんは右壁から取り付く
釜は左岸を1m上がってからトラバースします
後続隊は右岸を巻いてきます
2020年03月07日 11:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続隊は右岸を巻いてきます
癒される釜なんだけど、深く今の時期は濡れたくないので
右壁を登りますが、これが意外と伏兵で細かく悪い
2020年03月07日 11:48撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒される釜なんだけど、深く今の時期は濡れたくないので
右壁を登りますが、これが意外と伏兵で細かく悪い
この滝は左壁なんですが春先でまだヌメリがあったのでここで終了
2020年03月07日 13:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝は左壁なんですが春先でまだヌメリがあったのでここで終了
右岸尾根を上がります
2020年03月07日 13:35撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸尾根を上がります
取付きは脆いので落石要注意
2020年03月07日 13:37撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付きは脆いので落石要注意
小割沢右岸尾根へ出ました
2020年03月07日 14:11撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小割沢右岸尾根へ出ました
尾根末端は最後まで追わずに右側斜面へ
2020年03月07日 14:30撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根末端は最後まで追わずに右側斜面へ
いずこも急で護岸堤になっているのでラペリング
2020年03月07日 14:42撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いずこも急で護岸堤になっているのでラペリング
皆さんは3ピッチの継続懸垂で林道へ
2020年03月07日 15:11撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さんは3ピッチの継続懸垂で林道へ
丹沢黒部の名残り
2020年03月07日 15:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢黒部の名残り
1

感想/記録
by kamog

今日は西丹沢/小割沢でした。
この沢は土壌が柔らかいためか出てくる滝も手掛かり疎く水に磨かれ、釜も深くえぐられています。
細かい粒を拾いながら、四手足をどう組み立ててムーブを作るか、ボルダリング的で慣れた人なら面白い!
昔あった右岸山腹の踏み跡はほとんど崩れて消失しており、滝を高巻こうものなら、なかなか曲者でムズく懸垂を余儀なくなれます。一本北側の弥七沢よりも難易度は高いです。
時間も押したので弱点から右岸尾根へ上がり、尾根末端は懸垂下降して戻りました。
悪場の経験重ねた受講者さんたちも頼もしくなりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:284人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ