また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2255263 全員に公開 ハイキング 関東

釣場BS〜長尾北尾根〜巌道峠〜大川原山〜東野BS

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月12日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち薄曇り。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:上野原から8:35発無生野行きバス乗車。釣場バス停下車。

帰り:東野バス停からデマンド交通利用でやまなみ温泉へ。やまなみ温泉からは藤野駅行き路線バスに乗り継ぎ。藤野駅下車。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
40分
合計
5時間45分
Sスタート地点(釣場バス停)09:1809:50540m圏コブ09:5810:30706m点11:35長尾11:5412:03大ダル12:12御牧戸山12:23池ノ上・阿夫利山分岐点12:36巌道峠12:3713:09ムギチロ13:1013:34平野山13:50大川原山14:0114:42大川原橋15:03ゴール地点(東野バス停)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(長尾山北尾根)
尾根への取りつき地点をやや間違えたよう。民家の庭先を通ることになった。以降は登りでもありルートミスの心配はなし。危険個所はなし。

(長尾山〜巌道峠〜大川原山)
一般登山道だが、倒木などで結構煩わしい。

(大川原山南尾根)
途中からザレた急斜面。ところどころリボンテープの目印はあるもののルートミスしそうにもなった。また、最終盤で少し左に逸れたようにも思える。
その他周辺情報■やまなみ温泉は4/1まで新型コロナの影響で休館。
■東野から三ケ木行きのバスは崖崩壊で運行停止中。(三ケ木〜平丸間の運行)
■東野からやまなみ温泉間のバスは廃止されていて、デマンド交通に替わっている。利用時刻の1時間前までに予約電話(0427-80-0777)が必要。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

釣場バス停付近
2020年03月12日 09:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣場バス停付近
1
バス停からこの看板を見て秋山川に架かる橋を渡る。
2020年03月12日 09:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停からこの看板を見て秋山川に架かる橋を渡る。
林道がフェンスで遮断。フェンスを抜けて進むべきか迷った。
2020年03月12日 09:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道がフェンスで遮断。フェンスを抜けて進むべきか迷った。
フェンス抜けは止めて手前のこの道へ左折した。
2020年03月12日 09:30撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フェンス抜けは止めて手前のこの道へ左折した。
民家の庭先を抜けて踏み跡を辿ると小さな祠を見る。
(民家の庭先を抜けないで行けるルートが他にあったかも知れない。)
2020年03月12日 09:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の庭先を抜けて踏み跡を辿ると小さな祠を見る。
(民家の庭先を抜けないで行けるルートが他にあったかも知れない。)
フェンス前で左折したところから6分後には明瞭は尾根道が現れた。
2020年03月12日 09:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フェンス前で左折したところから6分後には明瞭は尾根道が現れた。
何が祀られているのだろう?
2020年03月12日 09:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何が祀られているのだろう?
2
この辺は茅が茂っているがほんの数m程度の間。
2020年03月12日 10:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は茅が茂っているがほんの数m程度の間。
縦走路に出る。ピークらしくない長尾山。
2020年03月12日 11:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に出る。ピークらしくない長尾山。
1
山名が書かれていると思われる朽ちた木片。読めない。
2020年03月12日 11:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名が書かれていると思われる朽ちた木片。読めない。
1
阿夫利山方面への分岐点。
2020年03月12日 12:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿夫利山方面への分岐点。
ムギチロ。眺めなし。
2020年03月12日 13:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムギチロ。眺めなし。
1
大川原山。 ここから南へ下降。
2020年03月12日 13:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川原山。 ここから南へ下降。
下降地点の立ち木に赤テープ
2020年03月12日 14:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降地点の立ち木に赤テープ
大川原山からは見えなかったがピーク近くに反射板
2020年03月12日 14:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川原山からは見えなかったがピーク近くに反射板
反射板のあたりは藪っぽかった。
2020年03月12日 14:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板のあたりは藪っぽかった。
尾根下りはここでエンド。
2020年03月12日 14:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根下りはここでエンド。
大川原橋
2020年03月12日 14:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川原橋
橋を渡り終えたところから階段を上る。
2020年03月12日 14:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡り終えたところから階段を上る。
道志みち。 間もなくゴールの東野バス停。オリンピックの自転車競技がここを走る。
2020年03月12日 14:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道志みち。 間もなくゴールの東野バス停。オリンピックの自転車競技がここを走る。
1
道志みちから大川原山南尾根を振り返る。左下に見えるのは大川原橋。右側のピークが大川原山。
2020年03月12日 14:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道志みちから大川原山南尾根を振り返る。左下に見えるのは大川原橋。右側のピークが大川原山。
1
大川原橋付近。
2020年03月12日 14:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川原橋付近。
三ケ木方面への道路は閉鎖されている。もう間もなく解除される見込み。
2020年03月12日 15:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ケ木方面への道路は閉鎖されている。もう間もなく解除される見込み。
1
撮影機材:

感想/記録

■これまでのバリエーションルートは大半が松浦本の掲載コースだが、今日のルートはオリジナル。念のためヤマレコで調べたら長尾山北尾根の山行記録はあった。しかし、大川原山南尾根の下降は調べていないので多少大丈夫かなという気持ちはあった。ただ、ゴールでのバス便はデマンド交通利用となり電話依頼すれば良いので焦らずに歩けるのが良い。
■朝、上野原から無生野行きのバスはやや小型で10数人の乗客で立つ人も。釣場で下車したのは自分だけ。長尾北尾根上の706m点へは2経路のうちどちらを進もうかと迷ったが西側の支尾根を選んだ。
■大川原山からの下降はわずかではあるがリボンテープ類は見かけたので案外歩かれているのかなと思った。少し下ったところで明瞭な踏み跡が東に下っている。これは地形図の東南東に下りる道とみられる。一瞬このルートへ進もうかと迷ったが、ここはやはり当初計画通り南に直降下することとし たがバリエーションルートらしさは確かに感じた。 尾根の最終盤のゴール予測時刻が読める段階でデマンド交通の予約電話をした。
■この3,4か月右膝痛に悩まされてきたが最近になってやっと痛みが軽微になったと喜んでいるのだが、今回は歩行中は無事だったものの後遺症が少し出た。まだ完全に治っていないようだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:149人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ