また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2266197 全員に公開 雪山ハイキング 大山・蒜山

伯耆大山(夏山道↑↓)・ご来光雪山ハイク

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月19日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広島からだど松江自動車道溝口インターが最寄りのインター(私はたいてい庄原から地道で大山に行ってます・・・高速使わなくても時間がそんなに変わりません)。南光河原駐車場は無料になっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
1時間38分
合計
5時間39分
S夏山道登山口(大山寺橋側)03:3303:35夏山登山口03:3604:22三合目04:42五合目04:4404:48行者谷分かれ04:5405:05六合目避難小屋05:2306:02八合目06:10石室方面との分岐06:19大山頂上避難小屋06:4506:46大山頂上碑06:5606:54大山頂上避難小屋07:0607:16石室方面との分岐07:29八合目07:47六合目避難小屋07:5107:59行者谷分かれ08:1108:12五合目08:1808:29三合目09:06夏山登山口09:0709:10大山寺橋・南光河原駐車場09:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天候や積雪の状態によると思います。
その他周辺情報参道沿いに日帰り入浴施設の豪円湯院あり(今回利用せず)。モンベルが南光河原駐車場から橋を渡ったところにあり。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ピッケル

写真

三鈷峰の上の空がきれいで見とれて長く見てしまった。
2020年03月19日 05:34撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三鈷峰の上の空がきれいで見とれて長く見てしまった。
4
剣が峰の方から月が出てきた。
2020年03月19日 05:35撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰の方から月が出てきた。
2
上の方はここのところの降雪で少しずつ雪が増えているような。
2020年03月19日 05:49撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方はここのところの降雪で少しずつ雪が増えているような。
2
今年は灌木が埋まることはなかった。来年はいつもの雪の大山になってほしい。
2020年03月19日 05:54撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は灌木が埋まることはなかった。来年はいつもの雪の大山になってほしい。
1
夏山道を振り返る。

2020年03月19日 06:00撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山道を振り返る。

1
山スキーできるのかな。今年は山スキーヤーをあまり見なかった(残念)。
2020年03月19日 06:10撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山スキーできるのかな。今年は山スキーヤーをあまり見なかった(残念)。
1
山頂部の雪原。
2020年03月19日 06:17撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部の雪原。
剣が峰。稜線につくとすでに日が昇っていた。
2020年03月19日 06:23撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰。稜線につくとすでに日が昇っていた。
7
霞が沈んでいる。
2020年03月19日 06:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞が沈んでいる。
2
南壁をのぞき込む。
2020年03月19日 06:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南壁をのぞき込む。
2
剣が峰アップ
2020年03月19日 06:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰アップ
4
山頂の避難小屋。誰もいない。風の音がすごい。
2020年03月19日 07:04撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の避難小屋。誰もいない。風の音がすごい。
1
何度見てもきれいだ。

2020年03月19日 07:34撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見てもきれいだ。

2
ピッケルが置いてある。所用で置いているのかと思ったら、下の方でピッケルを見なかったかと問われた。無事所有者に戻っていたらいいが。
2020年03月19日 07:46撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルが置いてある。所用で置いているのかと思ったら、下の方でピッケルを見なかったかと問われた。無事所有者に戻っていたらいいが。
1
大山ブルー🎵。
2020年03月19日 08:01撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山ブルー🎵。
2
元谷には寄らず。まだ雪の表面がカチカチなので尻セードできないし。
2020年03月19日 08:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元谷には寄らず。まだ雪の表面がカチカチなので尻セードできないし。
鳥があちこちで鳴いていてにぎやかだ。
2020年03月19日 08:47撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥があちこちで鳴いていてにぎやかだ。
3
下りてきた。今日も満足満足。
2020年03月19日 09:11撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきた。今日も満足満足。
橋のところから。
2020年03月19日 10:30撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋のところから。
2
いつものところから。
2020年03月19日 10:42撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものところから。
6
志和のカタクリ開花準備中でした。
2020年03月19日 13:33撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志和のカタクリ開花準備中でした。
2

感想/記録
by ohkamo

モンベルに用事があったので
先週に続いて大山へ。能郷白
山も考えていたが天気が崩れ
る(爆風での稜線歩きが不安
)のが早そうなのとモンベル
の用事を先に済ませたいので
大山にまたまた登ることにな
りました。

快晴なのでご来光ハイクをと
3時半に出発するも三鈷峰・
ユートピア方向の空がオレン
ジ色になり空の色模様が変化
していくのがとてもきれいで
見とれてしまって山頂部に着
いた時にはすでに少し太陽が
上がった後でした。

南側は雲海かなあと期待した
が雲海は見れず。雲上の雪の
剣が峰を見たかったけれども
なかなかそうはいかない。そ
れでも霞が沈んでそらは真っ
青。朝日でオレンジ色に染ま
った南壁。毎回違った姿を見
せてくれるので飽きない。

誰もいない小屋で休んでいる
と強風が暴風になってきたの
で慌てて下山しました。元谷
には寄らず夏山登山道を下山。
今回も満足満足🎵。

帰りに三次のハイヅカ湖湖畔
によって山野草を探すがまだ
時期が早いからか何も咲いて
おらず。志和のカタクリ自生
地ではカタクリの葉がでてい
ました。春の花々が気になる
この頃。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:113人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ