また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2266312 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 白山

小白山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月20日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候雪〜時々曇り
スタート時(7:00頃) 気温+1℃
小白山(北峰 12:30頃) 気温−3℃ 風速5〜6m/s(体感) 瞬間的には10m/sほどの強風
下山時(16:00頃) 気温+3℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東海北陸自動車道・白鳥ICより30分ほど。
白山中居神社に20台位?P可(神社下の橋近くにもP可)。駐車場のトイレは使用不可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間53分
休憩
11分
合計
9時間4分
S白山中居神社07:0707:11大進橋12:13小白山北峰12:2416:06大進橋16:11白山中居神社16:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは未確認。私たちは岐阜県警へメール提出済み。

林道より尾根の取付きは急登です。ブッシュ掴んで登りました。締まった雪があればもっと登りやすいと思います。
今シーズンは雪少なく、灌木が結構厄介。歩きやすいところを選んで登ったが、雪で埋まってればもっとラクかな。
新雪あり尾根基部で10Cm程度、稜線近くで30cmほど。ほぼ全行程スノーシューを利用した。
ルートは尾根が分岐しており、アップダウンがあります。GPSで確認しながらルーファイしました。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー(ワカン) ピッケル+アイゼン
共同装備 雪スコップ ツェルト+レスキューシート

写真

白山中居神社よりスタート。
朝一は雪が降っており、しばし天候待ちしました。
2020年03月20日 07:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山中居神社よりスタート。
朝一は雪が降っており、しばし天候待ちしました。
2
林道より尾根に取付く。
最初の登りが最も傾斜きつかった。
2020年03月20日 07:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道より尾根に取付く。
最初の登りが最も傾斜きつかった。
2
基本、尾根ルート。
分岐ありGPSでルート確認しながら進みます。
2020年03月20日 07:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本、尾根ルート。
分岐ありGPSでルート確認しながら進みます。
2
杉が多い。
ヤブも多い。
2020年03月20日 08:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉が多い。
ヤブも多い。
2
ときに赤テープがあります(下部のみ)。
2020年03月20日 08:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときに赤テープがあります(下部のみ)。
1
曇りと風は想定済み。
だが、登山中はずっと雪が降ったり止んだりしてた。
どこで下山を決定するか考えながら登ってました。
2020年03月20日 09:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇りと風は想定済み。
だが、登山中はずっと雪が降ったり止んだりしてた。
どこで下山を決定するか考えながら登ってました。
2
雪が少ないので、時に沢が出てました。
2020年03月20日 10:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少ないので、時に沢が出てました。
1
上部で雪庇が出てきた。
2020年03月20日 11:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部で雪庇が出てきた。
3
山頂近く。
ほぼホワイトアウト。風もあり寒い。
2020年03月20日 12:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近く。
ほぼホワイトアウト。風もあり寒い。
3
GPSで北峰に到達したのを確認。
三人で交代ラッセルしながら登った証。
写真撮って即下山。
2020年03月20日 12:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSで北峰に到達したのを確認。
三人で交代ラッセルしながら登った証。
写真撮って即下山。
3
ガスガスの下山。
トレースは風ですぐに消されてしまいます。
黒いのはカメラのレンズに雪が付着した為。
2020年03月20日 12:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガスの下山。
トレースは風ですぐに消されてしまいます。
黒いのはカメラのレンズに雪が付着した為。
2
湿雪にテムレスが有効でした。
写真撮ってる私も終始テムレス。
ブルーハンド軍団です。
2020年03月20日 12:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿雪にテムレスが有効でした。
写真撮ってる私も終始テムレス。
ブルーハンド軍団です。
3
尾根上部では霧氷が着いてます。
2020年03月20日 12:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上部では霧氷が着いてます。
2
ここの尾根は巨木が多かった。
石徹白大杉の親戚?
2020年03月20日 14:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの尾根は巨木が多かった。
石徹白大杉の親戚?
2
下部の杉林
ここは快適
この下は急傾斜になります。
2020年03月20日 15:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部の杉林
ここは快適
この下は急傾斜になります。
2
登りと別ルートの下山路を探したが失敗。
強引に急傾斜を下りました。
何とか林道に着地。
2020年03月20日 16:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りと別ルートの下山路を探したが失敗。
強引に急傾斜を下りました。
何とか林道に着地。
2
下山したら青空が出てきた。
あるある。
2020年03月20日 16:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山したら青空が出てきた。
あるある。
1
奥に白い山が見える。
野伏ヶ岳かな。
2020年03月20日 16:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に白い山が見える。
野伏ヶ岳かな。
白山中居神社に無事帰着。
お疲れさまでした。
2020年03月20日 16:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山中居神社に無事帰着。
お疲れさまでした。

感想/記録
by funa84

今回の山行はgraichiさんの昨年のレコを参考にして計画組みました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1744653.html

石徹白周辺の山々は登山道がなく残雪期に登られてる山が多い。私も野伏ヶ岳から始まり薙刀山、願教寺山、丸山、芦倉山と残雪の山を楽しませてもらいました。ときにブッシュに苦しめられることもありましたが、とても印象に残ってます。ただ、小白山は野伏ヶ岳から見ると稜線に大きな雪庇があり、困難な山に思えました。

今回は最もリスク少ないと思われる尾根コースを選択しました。
ただし、今シーズンは雪少なくブッシュが勝ってます。また新雪ありほぼスノーシューでの登高となりました。お天気もほぼ一日雪で風の強い状態。北峰まで何とか到達したものの時間切れ、即下山といたしました。

小白山の山名について。
私の認識では「おじらやま」です。ヤマレコの資料では「おじろやま」ですが。
岐阜の山々に詳しく歴史考証もされてる故酒井昭市氏(岐阜の山100の著者)の『飛騨の山山(国境編)』で「おじらやま」と記されてます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:207人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ