また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2268243 全員に公開 ハイキング 近畿

音羽山(下り尾からの破線道4)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 春の陽気
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
4分
合計
4時間42分
S下り尾08:5912:15音羽山12:1913:41下り尾G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
テープ等目印は散見されますが、登山道としては整備されていません。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

破線道起点の神社へ向かう道すがら。
奈良盆地が一望できます。
2020年03月21日 09:08撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線道起点の神社へ向かう道すがら。
奈良盆地が一望できます。
神社よりスタートです。
2020年03月21日 09:10撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社よりスタートです。
境内右手に起点と思しき道があります。
2020年03月21日 09:10撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内右手に起点と思しき道があります。
こんな感じ。
2020年03月21日 09:12撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
巨木が鎮座しております。
2020年03月21日 09:13撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨木が鎮座しております。
この辺りはマシですが、
2020年03月21日 09:14撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはマシですが、
先は倒木で行く手が塞がれており
破線道のトレースはままなりません。
2020年03月21日 09:19撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は倒木で行く手が塞がれており
破線道のトレースはままなりません。
ようやく平らな道に行きつきました。
2020年03月21日 09:21撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく平らな道に行きつきました。
林道を行きます。
2020年03月21日 09:22撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を行きます。
ルート明瞭です。
2020年03月21日 09:26撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート明瞭です。
おそらく、清滝方面へ続くと思われる分岐を確認。
2020年03月21日 09:31撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらく、清滝方面へ続くと思われる分岐を確認。
広場になったところで小休憩。
ここより本格的な?山道となります。
2020年03月21日 09:35撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場になったところで小休憩。
ここより本格的な?山道となります。
サークルKさんと宝来の鈴さんの目印ポイントを通過。
2020年03月21日 09:46撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サークルKさんと宝来の鈴さんの目印ポイントを通過。
振り返ると道が二手に分かれているのがわかりますが
いずれも先で合流します
2020年03月21日 09:59撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると道が二手に分かれているのがわかりますが
いずれも先で合流します
水筒ポイント到着。直進です。目印の水筒は、
2020年03月21日 10:04撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水筒ポイント到着。直進です。目印の水筒は、
前回来た時と同様、木の根に鎮座されておりました。
2020年03月21日 10:05撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回来た時と同様、木の根に鎮座されておりました。
先に進みます。
この先、数か所谷を横切る形で道は続き、
2020年03月21日 10:06撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進みます。
この先、数か所谷を横切る形で道は続き、
写真判りにくいですが、このポイントより谷川の流れを遡るように谷をつめていきます。
2020年03月21日 10:21撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真判りにくいですが、このポイントより谷川の流れを遡るように谷をつめていきます。
小さな流れを渡渉し進みます。
2020年03月21日 10:39撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな流れを渡渉し進みます。
先は倒木で荒れていますが、
2020年03月21日 10:40撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は倒木で荒れていますが、
流れを遡るように谷を進むと
2020年03月21日 10:44撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れを遡るように谷を進むと
やがて傾斜が緩まり、
2020年03月21日 10:47撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて傾斜が緩まり、
ちょっとした広場の様になった地点で左の斜面に取り付きます。
(案内板あります)
2020年03月21日 10:48撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした広場の様になった地点で左の斜面に取り付きます。
(案内板あります)
尾根筋を目指します。
2020年03月21日 10:49撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋を目指します。
尾根筋に乗り、来た方向を見下ろしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に乗り、来た方向を見下ろしています。
尾根に乗ると踏み跡が明瞭になります。
ここは直進。分岐になっていますが、左はどこへ行くのか未踏査です。
2020年03月21日 11:05撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗ると踏み跡が明瞭になります。
ここは直進。分岐になっていますが、左はどこへ行くのか未踏査です。
間もなくで、
2020年03月21日 11:09撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなくで、
NTTの電波塔などがある林道に合流。
ここが破線道の終点です。
2020年03月21日 11:11撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTTの電波塔などがある林道に合流。
ここが破線道の終点です。
終点は電柱が目印です。
2020年03月21日 11:11撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終点は電柱が目印です。
NTTの電波塔前で昼食休憩。この辺りは五貫山というらしいのですが、そうした表記は見当たりません。
2020年03月21日 11:19撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTTの電波塔前で昼食休憩。この辺りは五貫山というらしいのですが、そうした表記は見当たりません。
うどんで腹ごしらえして、
2020年03月21日 11:25撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うどんで腹ごしらえして、
コーヒータイム。
2020年03月21日 11:42撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒータイム。
音羽山の頂上を目指します。
2020年03月21日 11:58撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山の頂上を目指します。
案内を確認し、左折です。
2020年03月21日 12:03撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内を確認し、左折です。
勾配はあるものの、キレイな小径を抜けると、
2020年03月21日 12:09撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配はあるものの、キレイな小径を抜けると、
音羽山に到着〜。
道草ばかりで3時間もかかってしまった。
2020年03月21日 12:15撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山に到着〜。
道草ばかりで3時間もかかってしまった。
急ぎ気味に下山開始。観音寺方面へ進みます。
2020年03月21日 12:15撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急ぎ気味に下山開始。観音寺方面へ進みます。
途中サークルKさんの案内板を確認。
2020年03月21日 12:25撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中サークルKさんの案内板を確認。
下り尾へ下るため、この案内立札の所でルートを逸れ、右折します。
2020年03月21日 12:29撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り尾へ下るため、この案内立札の所でルートを逸れ、右折します。
うっすらと踏み跡。
2020年03月21日 12:29撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと踏み跡。
やがて道は明瞭に。
2020年03月21日 12:32撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて道は明瞭に。
振り返って撮影。
左の道はNTT鉄塔方面へ戻るルートです。
2020年03月21日 12:36撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って撮影。
左の道はNTT鉄塔方面へ戻るルートです。
地理院地図には鉄塔の表記がある地点。
広場があるばかりです。
2020年03月21日 12:39撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地理院地図には鉄塔の表記がある地点。
広場があるばかりです。
道なりに下ります。
この辺りは日差しもよく、植林がよく整備されている印象です。
2020年03月21日 12:43撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なりに下ります。
この辺りは日差しもよく、植林がよく整備されている印象です。
右眼下に往路で通った谷筋が確認出来ました。
2020年03月21日 12:58撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右眼下に往路で通った谷筋が確認出来ました。
この辺りより整備された道は消失しますが、そのまま尾根を下るとしばらくで、
2020年03月21日 12:59撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りより整備された道は消失しますが、そのまま尾根を下るとしばらくで、
下り尾からの破線道と合流し、周回完了。
もと来た道を下ります。
2020年03月21日 13:02撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り尾からの破線道と合流し、周回完了。
もと来た道を下ります。
どんどん下って麓の神社付近。このありさまでは地図の破線のトレースは困難です。
2020年03月21日 13:29撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下って麓の神社付近。このありさまでは地図の破線のトレースは困難です。
帰りは少し迂回し、歩き良い所を選んでいきます
2020年03月21日 13:30撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは少し迂回し、歩き良い所を選んでいきます
起点の神社まで無事に下山出来ました。
帰りは山頂より1時間と少しで下ってこれました。
2020年03月21日 13:32撮影 by ANE-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起点の神社まで無事に下山出来ました。
帰りは山頂より1時間と少しで下ってこれました。

感想/記録

年に1回は行きたくなるこのマイナーコース。久しぶりに下り尾破線道を探検してきました。以前は地図読みの練習で通わせていただいておりました。下り尾破線道だけでのルート紹介は今回で4回目です。たまに下り尾破線道を行かれた方の記録をみかけるようになり、わくわくしつつ拝見しております。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:143人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 倒木
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ