また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2269988 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲信越

東谷山〜日白山〜タカマタギ〜棒立山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月17日(火) [日帰り]
メンバー
天候ほぼ快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間3分
休憩
35分
合計
8時間38分
S旧三国街道 二居峠登口06:1206:47二居峠06:5008:49東谷山08:5110:12日白山10:3311:34タカマタギ11:3612:14棒立山12:2114:32毛渡橋14:50土樽駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪期限定コース。
今シーズンは雪不足のため二居峠から東谷山山稜のCo1300m付近までは少し幼木が邪魔をしている箇所があるものの、その先から日白山、タカマタギを越えて、棒立山(1420m)下までは快適な雪堤コース。但し、(特に視界が悪い場合)タカマタギからと棒立山からとの下りでは正しい尾根に乗るために読図(GPS)が必要。また、標高741m付近は再び幼木が邪魔をし始めていたため、北側の雪が多そうな谷あいを下りましたが、林道に降りるCo640m付近は少々トリッキーでした。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

田代スキー場の駐車場を出発。
2020年03月17日 05:58撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代スキー場の駐車場を出発。
二居の集落を抜け…
2020年03月17日 06:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二居の集落を抜け…
ここから二居峠へのハイキングコースに入ります。
2020年03月17日 06:07撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから二居峠へのハイキングコースに入ります。
昨日の風雪で積雪があるので、スノーシューを装着することにします。
2020年03月17日 06:06撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の風雪で積雪があるので、スノーシューを装着することにします。
二居峠に到着。ここからは積雪期限定コース(夏道なし)。
2020年03月17日 06:46撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二居峠に到着。ここからは積雪期限定コース(夏道なし)。
木々も新雪を纏っています。
2020年03月17日 06:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々も新雪を纏っています。
送電鉄塔のところで、後から来た若い方に追い抜かれました。相当なハイペースであっという間に姿が見えなくなってしまいました。
2020年03月17日 07:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔のところで、後から来た若い方に追い抜かれました。相当なハイペースであっという間に姿が見えなくなってしまいました。
1
雪庇も出てきました。
2020年03月17日 07:42撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇も出てきました。
2
このあたりから尾根が広くなり、疎林となって、俄然歩きやすくなりました。
昨晩は風が強かったので、幹にも雪がついていますね。
2020年03月17日 08:21撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから尾根が広くなり、疎林となって、俄然歩きやすくなりました。
昨晩は風が強かったので、幹にも雪がついていますね。
2
白と青の間に中央分水嶺。
2020年03月17日 08:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白と青の間に中央分水嶺。
3
夕べは樹木も凍えていたことでしょう。
2020年03月17日 08:34撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕べは樹木も凍えていたことでしょう。
二番手となったので、一番手の方のトレースを辿ります。
2020年03月17日 08:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二番手となったので、一番手の方のトレースを辿ります。
2
東谷山では、風が吹いていたので、長居はしませんでした。バックは仙ノ倉山〜平標山。
2020年03月17日 08:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山では、風が吹いていたので、長居はしませんでした。バックは仙ノ倉山〜平標山。
4
気持ちの良い稜線を辿ります。
2020年03月17日 09:00撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線を辿ります。
3
振り返れば、宇宙感満載。
2020年03月17日 09:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば、宇宙感満載。
1
この付近は、広いなだらなかな稜線を進みます。
2020年03月17日 09:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近は、広いなだらなかな稜線を進みます。
2
ここらでちょっと記念撮影。背景には東谷山。
2020年03月17日 09:24撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらでちょっと記念撮影。背景には東谷山。
3
霧氷は青空に映えますね。
2020年03月17日 09:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷は青空に映えますね。
3
この辺りはスキーも楽しめそうです。
2020年03月17日 09:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはスキーも楽しめそうです。
1
日白山へのヴィクトリーロード。
2020年03月17日 09:58撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山へのヴィクトリーロード。
2
透明感のある霧氷。遠くには中央分水嶺:左寄りに巻機山、右寄りに柄沢山、その間の奥で白く輝いているのは?
2020年03月17日 10:06撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透明感のある霧氷。遠くには中央分水嶺:左寄りに巻機山、右寄りに柄沢山、その間の奥で白く輝いているのは?
日白山に到着。時計回り360°パノラマ(1、ここから):苗場山ほか。
2020年03月17日 10:10撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山に到着。時計回り360°パノラマ(1、ここから):苗場山ほか。
1
時計回り360°パノラマ(2):遠くに霞んで米山と刈羽黒姫山、右端の手前に飯士山。
2020年03月17日 10:10撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回り360°パノラマ(2):遠くに霞んで米山と刈羽黒姫山、右端の手前に飯士山。
時計回り360°パノラマ(3):中央やや右寄りに巻機山。やや左の奥に守門岳。左の手前に飯士山。
2020年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回り360°パノラマ(3):中央やや右寄りに巻機山。やや左の奥に守門岳。左の手前に飯士山。
時計回り360°パノラマ(4):朝日岳〜茂倉岳〜谷川岳〜万太郎山〜仙ノ倉山。左奥に平ヶ岳。
2020年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回り360°パノラマ(4):朝日岳〜茂倉岳〜谷川岳〜万太郎山〜仙ノ倉山。左奥に平ヶ岳。
1
時計回り360°パノラマ(5):仙ノ倉山〜平標山。
2020年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回り360°パノラマ(5):仙ノ倉山〜平標山。
2
時計回り360°パノラマ(6):左端に平標山、右端に佐武流山。
2020年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回り360°パノラマ(6):左端に平標山、右端に佐武流山。
時計回り360°パノラマ(7、ここまで):中央に佐武流山、右に苗場山。
2020年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回り360°パノラマ(7、ここまで):中央に佐武流山、右に苗場山。
守門岳方面をズームアップ。手前の白い峰はこれか向かうタカマタギ。
2020年03月17日 10:12撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門岳方面をズームアップ。手前の白い峰はこれか向かうタカマタギ。
1
山頂でのセルフィ記念撮影(1)。
2020年03月17日 10:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でのセルフィ記念撮影(1)。
4
山頂でのセルフィ記念撮影(2)。
2020年03月17日 10:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でのセルフィ記念撮影(2)。
2
山頂でのセルフィ記念撮影(3)。
2020年03月17日 10:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でのセルフィ記念撮影(3)。
1
山頂でのセルフィ記念撮影(4)。
2020年03月17日 10:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でのセルフィ記念撮影(4)。
2
山頂でのセルフィ記念撮影(5)。
2020年03月17日 10:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でのセルフィ記念撮影(5)。
2
毎度おなじみの行動食。
2020年03月17日 10:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度おなじみの行動食。
1
さて、再びノートレースに戻って、タカマタギへ向かいます。
2020年03月17日 10:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、再びノートレースに戻って、タカマタギへ向かいます。
振り返れば自分のトレース。
2020年03月17日 10:39撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば自分のトレース。
1
右手にはいつも谷川連峰。
2020年03月17日 10:58撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にはいつも谷川連峰。
仙ノ倉山〜平標山。
2020年03月17日 11:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山〜平標山。
3
タカマタギ山頂から。中央奥に巻機山、手前は棒立山。
2020年03月17日 11:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカマタギ山頂から。中央奥に巻機山、手前は棒立山。
タカマタギからの谷川連峰。中央に茂倉岳〜谷川岳。
2020年03月17日 11:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカマタギからの谷川連峰。中央に茂倉岳〜谷川岳。
3
雪堤がズレてできたクレパスもどきにつかまってしまいました。
2020年03月17日 11:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪堤がズレてできたクレパスもどきにつかまってしまいました。
棒立山までもう少し。
2020年03月17日 11:54撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒立山までもう少し。
左に茂倉岳、その右奥に谷川岳、右手は万太郎山。
2020年03月17日 11:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に茂倉岳、その右奥に谷川岳、右手は万太郎山。
1
タカマタギを振り返る。
2020年03月17日 12:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカマタギを振り返る。
2
棒立山からの万太郎山〜仙ノ倉山〜平標山。
2020年03月17日 12:14撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒立山からの万太郎山〜仙ノ倉山〜平標山。
2
棒立山からタカマタギとその左奥に日白山。
2020年03月17日 12:14撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒立山からタカマタギとその左奥に日白山。
3
棒立山まで来ると、眼下に関越自動車道やJR上越線。奥には巻機山〜朝日岳へと続く中央分水嶺。
2020年03月17日 12:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒立山まで来ると、眼下に関越自動車道やJR上越線。奥には巻機山〜朝日岳へと続く中央分水嶺。
時間もたっぷりあるので、展望がある最後の地点(Co1310m付近)で休憩。
2020年03月17日 12:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もたっぷりあるので、展望がある最後の地点(Co1310m付近)で休憩。
左に茂倉岳、右奥に谷川岳。
2020年03月17日 12:30撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に茂倉岳、右奥に谷川岳。
2
741mピーク付近からは藪がうっとうしい感じだったので、左手の谷筋へ逃げて林道へ降りました。
2020年03月17日 13:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
741mピーク付近からは藪がうっとうしい感じだったので、左手の谷筋へ逃げて林道へ降りました。
林道もこの辺りはまだたっぷりの雪。
2020年03月17日 13:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道もこの辺りはまだたっぷりの雪。
平標新道との分岐点までスノーシューで。
2020年03月17日 14:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標新道との分岐点までスノーシューで。
JR上越線をくぐって…
2020年03月17日 14:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR上越線をくぐって…
関越自動車道もくぐります。奥に茂倉岳。
2020年03月17日 14:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関越自動車道もくぐります。奥に茂倉岳。
最後にこの階段を登れば…
2020年03月17日 14:47撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にこの階段を登れば…
土樽駅でゴール。
2020年03月17日 14:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土樽駅でゴール。
撮影機材:

感想/記録

積雪期限定(?)の日白山横断コースを歩いて来ました。
2014年2月2日に二居から東谷山へスキー登山した際に、日白山までいずれ行ってみたいと思っていたのですが、それから6年も経過してしまいました。(その時は、東谷山から北西斜面を滑り、貝掛温泉に下山していました。)

今回は雪が少ないシーズンの3月中旬ということもありスキーではなくスノーシューで二居から土樽駅までのコースとして、帰りは列車と路線バスで二居に戻る計画としました。

前日まで暴風雪だったので、青空の下、コース上も周囲の山々も新雪に輝いていて、中央分水嶺(巻機山〜谷川連峰など)や苗場山、米山、刈羽黒姫山、守門岳など、越後側の名峰の展望を楽しむことができました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:284人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/28
投稿数: 366
2020/3/23 23:56
 冬季限定ルートの二居〜日白山〜タカマタギ〜土樽の縦走素晴らしいですね!!
nomoshinさんが3/17に冬季限定ルートの二居〜東谷山〜日白山〜タカマタギ〜土樽駅を日帰り縦走されていたことを今日初めて知りました。
前日の降雪の後の山行で、ノートレースの冬季限定ルートを単独で縦走されるとは、流石nomoshinさんですね。
また、天候にも恵まれ、谷川主稜線の山々は勿論、朝日岳、巻機山、守門岳、米山等の越後の山々の景観も見せてもらい、大変参考になりました。
我々も、車で行ったことと、天気予報が崩れるとの予報だったため、タカマタギまで足を延ばさずに二居に戻ってきましたが、nomoshinさんの山行報告を読ませてもらい、土樽駅から電車とバスを利用すれば、日帰り縦走も可能なことを再認識しました。今後の宿題にしておきたいと思います。今後も素敵な山行報告を読ませてもらうのを楽しみにしております。
登録日: 2011/2/7
投稿数: 360
2020/3/24 8:36
 Re: 冬季限定ルートの二居〜日白山〜タカマタギ〜土樽の縦走...
matusanさん、いつもながら暖かいコメントをどうもありがとうございます。

最近はヤマレコ上への山行記録のアップが下山直後ではなく、しばらく経過してからのことが多いのです(苦笑) matusanさんチームの山行に間に合わずに申し訳ありませんでした。

横断コースの方がもちろん充実感は高くなるとは思いますが、ハイライトはなんといっても日白山からの展望でしょうから、二居に戻る周回(あるいはピストン)でも山からのご褒美は同じだと思います。土樽から公共交通機関で戻る場合には、列車の時刻が問題でして、この日はJR上越線の下り方面が、13:57土樽発の次が17:00と、3時間余も空いてしまっていて、暇つぶし対策(?)が必要でした(笑)。

ヤマレコを見ると、「青春18きっぷ」で朝5:00に池袋を出発して土樽から二居に西向きに横断して、帰京するというツワモノもいらっしゃるようですよ。

古希を迎えられてもますますお元気な先輩の後ろを追いかけて行きたいと思っております。引き続きよろしくお願いいたします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ