また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2273544 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 富士・御坂

都留市二十一秀峰6座ハント 〜 都留市二十一秀峰コンプリート 〜

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 時々強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷村町駅前に駐車。駐車していいのか不明だが駐車してしまった。
本当は谷村町駅からの周回コースとしての電車山行用の計画。
今回は新型コロナ対策で行き帰りに車を使用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間17分
休憩
1時間26分
合計
12時間43分
S城南公園05:4205:48城山(勝山城跡)登山口駐車場05:4905:56城山06:1606:22城山(勝山城跡)登山口駐車場06:2306:29谷村町駅06:38鍛治屋坂トンネル07:21西川バス停08:05仙人水08:41二十六夜山08:4709:12中ノ沢ノ頭09:29赤岩09:5310:00西ヶ原10:09御座入山10:18今倉山10:1910:42道坂峠10:58ガンギ沢ノ頭11:22岩下ノ丸11:2511:33ぶどう沢峠11:46牧ノ沢山11:4711:52マエダレノ頭12:14白井平分岐12:1512:53御正体山13:17峰宮跡13:3013:42文台山分岐13:4314:51ハガケ山15:0016:14文台山16:1617:05文台山・尾崎山分岐17:0617:26都留アルプス文台山分岐17:30713m峰17:3117:43都留文大分岐18:24城南公園18:2518:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
都留市二十一秀峰の6座をgetできるコース。でもちょっとしんどい。
コース状況/
危険箇所等
谷村町駅〜城山:
 駅から道路歩きですぐ行ける。麓に2台分の駐車場あり。

谷村町駅〜二十六夜山登山口:
 結構長い道路歩き。秀峰一筆書きに必要な道路歩き。

二十六夜→赤岩→今倉→御正体:
 道標も所々あり、ルートも分かりやすい。

御正体→文台山:破線ルート
 このルートは、今回のように下りで利用すると難しいところが何カ所かある。薮や岩も多く、尾根分岐の見極めなどしっかりとルーファイできないと遭難や滑落や転落の恐れあり。GPSは必須。とくに分かりづらかったのは、ハガケ山近くの険しく切り立つ大岩のところ。乗越えるべきか、巻くべきか悩ましかった。なんとか力技でクリア。ここに来るまで既に20km以上歩いていたので疲れていたせいもあるかもしれないが、この大岩は要注意。

文台山→下界:
 だらだらと続くアップダウン道。疲れていたからそう感じたのかも。
その他周辺情報どこにも寄らず帰宅。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

未踏の都留市二十一秀峰を一気にクリアすべく、谷村町駅からの周回ハント計画を実行。駅前に謎の駐車スペースがあるので、さりげなく利用させていただく。
2020年03月22日 05:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未踏の都留市二十一秀峰を一気にクリアすべく、谷村町駅からの周回ハント計画を実行。駅前に謎の駐車スペースがあるので、さりげなく利用させていただく。
1
朝6時前山行スタート。まずは城山(勝山城跡)に向かう。道路歩きで駅からすぐピストンできる距離。
2020年03月22日 06:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝6時前山行スタート。まずは城山(勝山城跡)に向かう。道路歩きで駅からすぐピストンできる距離。
城山到着。早くも本日1座目get。
2020年03月22日 06:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山到着。早くも本日1座目get。
1
朝日が昇る。ここで景色の変化をしばらく楽しむ。
2020年03月22日 06:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が昇る。ここで景色の変化をしばらく楽しむ。
1
ここは桜の名所らしい。桜の蕾もふくらんでいて、どんどん開花し始めている。満開のときは多分絶景。長居をしてしまった。城山を後にする。
2020年03月22日 06:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは桜の名所らしい。桜の蕾もふくらんでいて、どんどん開花し始めている。満開のときは多分絶景。長居をしてしまった。城山を後にする。
1
そして、城山から歩くこと約1時間。お次は二十六夜山。
2020年03月22日 07:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、城山から歩くこと約1時間。お次は二十六夜山。
やっと山道に入れた。どんどん登っていく。
2020年03月22日 07:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと山道に入れた。どんどん登っていく。
途中、巨大な「かっちゃ石」あり。「かっちゃ坊、生活の跡」という説明書きがあった。昔のお坊さんの修行場所だったらしい。
2020年03月22日 08:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、巨大な「かっちゃ石」あり。「かっちゃ坊、生活の跡」という説明書きがあった。昔のお坊さんの修行場所だったらしい。
1
途中、水場「仙人水」あり。喉を潤させてもらう。
2020年03月22日 08:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、水場「仙人水」あり。喉を潤させてもらう。
1
「仙人水」のそばには、ツルネコノメソウの群落。
2020年03月22日 08:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「仙人水」のそばには、ツルネコノメソウの群落。
1
仙人水から先は、どんどん標高を稼ぐ登り道。
2020年03月22日 08:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人水から先は、どんどん標高を稼ぐ登り道。
そして二十六夜山、到着。本日2座目get。
2020年03月22日 08:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして二十六夜山、到着。本日2座目get。
1
爽快。さあ、これからは稜線歩き。
2020年03月22日 08:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爽快。さあ、これからは稜線歩き。
3
富士の手前に、後で行く難所ハガケ山。ギザギザだね〜。
2020年03月22日 08:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の手前に、後で行く難所ハガケ山。ギザギザだね〜。
1
赤岩まで行く途中は林道を横切る箇所あり。ここからも富士。春霞の富士もまた良い。
2020年03月22日 09:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩まで行く途中は林道を横切る箇所あり。ここからも富士。春霞の富士もまた良い。
そしていくつかの偽ピークを越え、赤岩到着。本日3座目get。
2020年03月22日 09:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしていくつかの偽ピークを越え、赤岩到着。本日3座目get。
赤岩は360°の展望台。春霞でなければ、八ヶ岳、南ア、北アも見えるらしい。先着の紳士的なハイカーと少し話をする。
2020年03月22日 09:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩は360°の展望台。春霞でなければ、八ヶ岳、南ア、北アも見えるらしい。先着の紳士的なハイカーと少し話をする。
2
山頂にある山座同定板。
2020年03月22日 09:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にある山座同定板。
はやくも腹ごしらえタイム。
2020年03月22日 09:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はやくも腹ごしらえタイム。
1
山の中腹にゴルフ場。この辺の山に多い光景。
2020年03月22日 09:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の中腹にゴルフ場。この辺の山に多い光景。
大きいのが御正体。そこから伸びる稜線上に、ハガケ山や文台山の尖りが確認できる。これから周回する山々。自分が立てた計画だが、果たして周回できるのか?
2020年03月22日 09:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きいのが御正体。そこから伸びる稜線上に、ハガケ山や文台山の尖りが確認できる。これから周回する山々。自分が立てた計画だが、果たして周回できるのか?
1
赤岩を出発。稜線上には、こんな木が多い。
2020年03月22日 10:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩を出発。稜線上には、こんな木が多い。
1
パラジマ沢コース分岐。このコース、前に通ったとき荒れ気味だった。
2020年03月22日 10:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パラジマ沢コース分岐。このコース、前に通ったとき荒れ気味だった。
今倉山西峰。御座入山ともいうらしい。
2020年03月22日 10:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山西峰。御座入山ともいうらしい。
そして今倉山到着。本日4座目get。ここには以前に来たことあり。
2020年03月22日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして今倉山到着。本日4座目get。ここには以前に来たことあり。
さあ御正体へ。もったいないけど標高を下げ、道坂峠へ下りる。
2020年03月22日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ御正体へ。もったいないけど標高を下げ、道坂峠へ下りる。
ほぼまっすぐにどんどん下りていく。
2020年03月22日 10:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼまっすぐにどんどん下りていく。
途中見えたあの尖りは文台山かな?
2020年03月22日 10:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中見えたあの尖りは文台山かな?
道坂峠まで下り、こんどは御正体山へ続く尾根を登っていく。登るにつれて見え出す丹沢の山々。
2020年03月22日 11:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道坂峠まで下り、こんどは御正体山へ続く尾根を登っていく。登るにつれて見え出す丹沢の山々。
途中、ひっち岩下ノ丸にて小休止。
2020年03月22日 11:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、ひっち岩下ノ丸にて小休止。
途中、牧ノ沢山。地味すぎてスルー。
2020年03月22日 11:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、牧ノ沢山。地味すぎてスルー。
午前中に歩いていた稜線が見え始めた。人間の足って凄い。
2020年03月22日 12:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に歩いていた稜線が見え始めた。人間の足って凄い。
白井平分岐。道志みちからこんなところに登ってこれるんだ。
2020年03月22日 12:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白井平分岐。道志みちからこんなところに登ってこれるんだ。
そして御正体山への最後の急登を登っていく。
2020年03月22日 12:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして御正体山への最後の急登を登っていく。
1
御正体山到着。本日5座目get。ここにも以前に来たことあるのでスルー。
2020年03月22日 12:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山到着。本日5座目get。ここにも以前に来たことあるのでスルー。
1
少し疲れたので峰宮跡展望台にて小休止。
2020年03月22日 13:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し疲れたので峰宮跡展望台にて小休止。
おやつタイム。ここからは富士が見えるはずだが、雲がかかってしまった。午前中に拝めて良かった。
2020年03月22日 13:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやつタイム。ここからは富士が見えるはずだが、雲がかかってしまった。午前中に拝めて良かった。
2
さあ、ラスボス?文台山へ向かう。
2020年03月22日 13:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、ラスボス?文台山へ向かう。
この池ノ平分岐までは普通の登山道。
2020年03月22日 13:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この池ノ平分岐までは普通の登山道。
ここから先は破線ルート。歩道不明瞭とある。このときは大したこと無いだろうと甘く見ていた。
2020年03月22日 13:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は破線ルート。歩道不明瞭とある。このときは大したこと無いだろうと甘く見ていた。
この稜線上からは杓子山&鹿倉山の雄姿が所々で楽しめた。富士も雲隠れしていなければツーショットだったのに残念。
2020年03月22日 13:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線上からは杓子山&鹿倉山の雄姿が所々で楽しめた。富士も雲隠れしていなければツーショットだったのに残念。
1
急下りに、小枝や藪を漕いでいく箇所が多い。尾根も分岐しているので、ルーファイを確実に行っていく必要がある。このルートを下りにとるのは良くないかも。
2020年03月22日 13:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急下りに、小枝や藪を漕いでいく箇所が多い。尾根も分岐しているので、ルーファイを確実に行っていく必要がある。このルートを下りにとるのは良くないかも。
下りる場所を間違えると、滑落、転落してしまい復帰できそうもない箇所が所々にある。
2020年03月22日 14:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りる場所を間違えると、滑落、転落してしまい復帰できそうもない箇所が所々にある。
特にハガケ山に向かう途中の、切り立った場所にある大岩が一番嫌だった。突破か巻きか悩みに悩み、巻いてから強引に復帰したことがログにもあらわれている。
2020年03月22日 14:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特にハガケ山に向かう途中の、切り立った場所にある大岩が一番嫌だった。突破か巻きか悩みに悩み、巻いてから強引に復帰したことがログにもあらわれている。
薄い踏み跡が確認できるところもあるが、基本、困難を自力解決して行く必要がある。
2020年03月22日 14:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄い踏み跡が確認できるところもあるが、基本、困難を自力解決して行く必要がある。
ハガケ山。変な名前だが、なんとか無事辿り着けて良かった。
2020年03月22日 14:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハガケ山。変な名前だが、なんとか無事辿り着けて良かった。
1
核心部を抜けやや疲れたのでここで小休止。気温も高くバリルート突破で発汗量も多かったようで、水分が足りていなかったかも。補給したら元気が出てきた。
2020年03月22日 15:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を抜けやや疲れたのでここで小休止。気温も高くバリルート突破で発汗量も多かったようで、水分が足りていなかったかも。補給したら元気が出てきた。
文台山近くまで来ると、一般登山道風の雰囲気になり一安心。
2020年03月22日 16:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文台山近くまで来ると、一般登山道風の雰囲気になり一安心。
そして本日のラスボス?文台山get。本日6座目で、これにて都留市二十一秀峰コンプリート。さあ、あとは下りるだけ。
2020年03月22日 16:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして本日のラスボス?文台山get。本日6座目で、これにて都留市二十一秀峰コンプリート。さあ、あとは下りるだけ。
2
ダンコウバイ。
2020年03月22日 16:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンコウバイ。
3
ジュウガツザクラ?
2020年03月22日 17:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジュウガツザクラ?
1
このルート、都留アルプスとか呼ばれているようで、まだまだアップダウンを強いられる。そしてなかなか里に下りられない。
2020年03月22日 16:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート、都留アルプスとか呼ばれているようで、まだまだアップダウンを強いられる。そしてなかなか里に下りられない。
1
もう17時過ぎ。日がのびてきているからいいものの、早く里に下りたい。さすがに山に1日いて疲れてくるとそういう気分になる。
2020年03月22日 17:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう17時過ぎ。日がのびてきているからいいものの、早く里に下りたい。さすがに山に1日いて疲れてくるとそういう気分になる。
都留の町を俯瞰。ようやく里に近づいてきた。今日はロングだったなあ。
2020年03月22日 17:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都留の町を俯瞰。ようやく里に近づいてきた。今日はロングだったなあ。
1
下りた場所は都留文科大。ここから谷村町駅までまだまだ歩く。
2020年03月22日 17:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りた場所は都留文科大。ここから谷村町駅までまだまだ歩く。
ようやく谷村町駅に着く。車が無事で良かった。そして都留市二十一秀峰もコンプリートできて何より。本日の山行、これにて終了。今日はヘロヘロ。
2020年03月22日 18:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく谷村町駅に着く。車が無事で良かった。そして都留市二十一秀峰もコンプリートできて何より。本日の山行、これにて終了。今日はヘロヘロ。
2

感想/記録

 計画通りに都留市二十一秀峰をコンプリートできたのは良かった。でもそれよりも良かったのは山には怖い一面があることを再確認できたこと。今日は無事だったけど、大岩を登るとき転落してしまったり、突然の怪我や体調不良に見舞われ動けなくなってしまったりすることも今後あるかもしれない。冒険をする経験も必要かもしれないけど、もっと大事なのは無事に家に帰ること、そんなことを考えさせられた山行であった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:737人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ