また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2290883 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

関東ふれあいの道スルーハイク(東京編)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年04月04日(土) 〜 2020年04月05日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き:高尾山口まで電車
帰り:西武秩父から電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間23分
休憩
6分
合計
1時間29分
S高尾山口駅22:3022:35高尾山・清滝駅22:3622:57稲荷山23:0123:25高尾山23:32もみじ台23:39大垂水峠(学習の歩道)分岐23:45一丁平23:4623:57五十丁峠23:59宿泊地
2日目
山行
17時間23分
休憩
6時間26分
合計
23時間49分
00:10小仏峠00:32景信山00:4972番鉄塔01:17底沢峠01:23明王峠01:2401:29奈良子峠01:37富士小屋山01:3801:40南郷山01:4413B-S-14001:50陣馬山01:5102:03和田峠05:5506:05高岩山06:11醍醐峠06:27醍醐丸06:2806:38大蔵里山(東峰)06:3906:43大蔵里山06:47山ノ神06:4807:07連行峰07:17茅丸07:26生藤山07:2707:29三国山07:36軍刀利神社元社07:41軍茶利山07:45熊倉山07:56坊主山08:10栗坂峠08:1108:16浅間峠08:50上川乗バス停09:0709:50浅間尾根休憩所09:55浅間嶺展望台09:5810:24小沢バス停分岐10:2510:31584m独標10:3210:36時坂路傍施設便所10:51払沢の駐車場11:17払沢の滝入口バス停11:23茅倉の滝11:27千足バス停11:2911:43天狗滝11:5912:09綾滝12:1112:29千足分岐12:3512:36葛籠岩12:3812:52富士見台12:5413:05大滝分岐13:28大滝13:3313:38大岳山・大滝登山口13:46小滝13:47大岳鍾乳洞14:06大岳鍾乳洞入口バス停14:1814:20上養沢バス停14:33日の出山登山口(柿平園地)14:43養沢鍾乳洞15:18日の出山15:2016:18滝本駅16:2016:23ケーブル下バス停16:32光仙橋 北尾根登山口16:35中野バス停16:40御岳苑地駐車場16:49御嶽駅17:2618:21惣岳山18:2218:33馬仏山18:3418:40馬ぼとけ峠18:49岩茸石山18:5518:58名坂峠19:08興越山19:0919:38雨沢山19:3919:42逆川ノ丸19:57黒山20:20権次入峠20:4320:58棒ノ嶺20:5921:18槙ノ尾山21:1922:30クロモ山22:3122:40山なし山22:58新秩父線50号鉄塔23:50日向沢ノ峰23:50日向沢ノ峰・北の肩23:59新秩父線51号鉄塔G
3日目
山行
5時間45分
休憩
38分
合計
6時間23分
新秩父線51号鉄塔00:0300:23有間峠00:3500:44ツコウの頭00:4601:02有間山01:24橋小屋ノ頭01:2502:09ヤシンタイの頭02:1002:20滝入ノ頭02:2102:48鳥首峠02:5103:15天神山03:24ウノタワ03:2503:44横倉山03:52大持山の肩04:0304:33妻坂峠05:04一の鳥居05:0606:05横瀬駅06:0906:20羊山公園06:26ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
高尾山口駅→鳥のみち→富士見のみち→歴史のみち→鍾乳洞と滝のみち→杉の木陰のみち→山草のみち→日向沢ノ峰→大持山の肩→妻坂峠→横瀬駅→西武秩父駅

写真

高尾界隈から武蔵五日市方面へ向かう途中・・・だと思われる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾界隈から武蔵五日市方面へ向かう途中・・・だと思われる。
エモいバス停で休憩。ここから浅間麗に向かう。自販機はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エモいバス停で休憩。ここから浅間麗に向かう。自販機はない。
浅間麗に向かう途中だと思われる。まだまだ元気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間麗に向かう途中だと思われる。まだまだ元気。
東京No.4 歴史のみち。勉強してこなかったので歴史が何なのかはわからないけど浅間麗付近の景色はよかった。
2020年04月04日 09:51撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京No.4 歴史のみち。勉強してこなかったので歴史が何なのかはわからないけど浅間麗付近の景色はよかった。
下って休憩。ごはん屋は閉店してたので、自販機で休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って休憩。ごはん屋は閉店してたので、自販機で休憩。
東京No.5 鍾乳洞と滝のみち。ちょいちょい出てくる滝がなかなかいい。
2020年04月04日 12:10撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京No.5 鍾乳洞と滝のみち。ちょいちょい出てくる滝がなかなかいい。
滝を撮る人を撮る→お決まり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を撮る人を撮る→お決まり。
御岳山からの下り。すべてロードなのでなかなかしんどい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山からの下り。すべてロードなのでなかなかしんどい。
ナイトハイクに向けての準備を御嶽駅で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイトハイクに向けての準備を御嶽駅で。
飯能100名山・・・だったかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯能100名山・・・だったかな。
羊山公園の桜。芝桜見に行ってもよかったかな。いや疲れてたからいけなかったなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊山公園の桜。芝桜見に行ってもよかったかな。いや疲れてたからいけなかったなぁ。
ゴールのすき家は営業時間短縮。わかってたことなのでそれほどへこまず。
2020年04月05日 06:25撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールのすき家は営業時間短縮。わかってたことなのでそれほどへこまず。
1キロ後方にいる師匠にその旨を報告。そしたら吉野屋までタクシーで連れてってくれた。太っ腹!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1キロ後方にいる師匠にその旨を報告。そしたら吉野屋までタクシーで連れてってくれた。太っ腹!

感想/記録

やりたかった関東ふれあいの道をスルーハイクしてきたのでその振り返り。

東京No.2 鳥のみち(高尾山口駅から陣馬高原下)
22時30分に高尾山口駅をスタート。高尾山付近は熊の心配が(ほぼ)なく、ちょいちょい夜景スポットもあり安心して歩くことが出来る。

いい感じに眠くなってきた2時くらいに和田峠に到着し付近で野宿。寒いのが分かり切ってたので、ラーメンを食べてから寝たけどなんだかんだ寒くてあまり寝れなかった。最低気温3〜5°くらい。ダウン+ビビーで寒い。やっぱり5°前後の場合はね袋いるよな。ビビーは10度以上だよなってわかってはいるものの冒険したくなる。5時過ぎに起床。準備して6時前くらいに出発。

東京No.3 富士見のみち(陣馬高原下から上川乗)
醍醐丸までハイクアップして、そこからハセツネロードを淡々と。この道に来るのは昨年の夏以来かな。そこそこアップダウンはあるが、所々にご褒美のような尾根道がある好きな道。浅間峠で野宿すればよかった。いつかこの道を繋いで大菩薩まで抜けてみたい。

東京No.4 歴史のみち(上川乗から北秋川橋)
浅間麗までは気持ちの良い道。いい感じの道でペースが上がる。下りは沢沿いで川がきれいな道。この区間は台風の影響が少なく感じたため歩いてて心地よい。トレランスタイルで来てみたいところ。

最後は林道とロードを下る。これが意外と長かった。払沢の滝の入り口付近の自販機前で大休憩。この近辺のごはんを(多少は)アテにしてたけどコロナの影響で?お店は営業してなかった。

東京No.5 鍾乳洞と滝のみち(北秋川橋から上養沢)
ロードの激坂を登ってからトレイルイン。間違えてなんちゃらの滝の方へ進んでしまうが、どっかにメインの尾根に抜ける道が合ったっぽい。千足尾根は途中から激登り。武蔵五日市いろんな雰囲気の山があって楽しい。

激登りを終えてからは尾根沿いを進む。景色はいいが、細かいアップダウンが続く。

白倉分岐から上養沢への下りは、ガレた沢沿い道であまり下りやすくはない。
沢沿いの道は台風19号の影響を受けて、荒れている道が多く感じた。

東京No.6 杉の木陰のみち(上養沢から御獄駅)
上養沢から日の出山までは主に階段。この付近は昔ITJの練習でちょいちょい来てたところ。ちなみにここでITJの練習してる際に、いいタイムを目指して(同じところばかりを)走るのって好きじゃないんだなってことに気付いた。

日の出山の山頂は意外と階段の勾配がきつくて、頂上を踏まずに御岳山に抜けた方が楽なんだけど、日の出山からの景色が見たくて頂上を踏む。360度の展望。高尾方面、奥多摩方面、奥武蔵方面、都会、全てが見渡せる。で、御岳山の頂上はスルー。

御岳神社から御嶽駅までの下りのロードがしんどかったな。ロードの下りは相変わらず苦手。スピードが出ない。膝が痛くなりそうでスピード出したくない。5キロロードを下って御嶽駅で30分くらい休憩。目の前の中華料理屋が営業してたのでここで食べればよかった。

東京No.7 山草のみち(御獄駅から上日向)
御嶽駅から惣岳山まではすぐにつくと思ったんだけど想いのほか長く感じた。いつも思うんだけど、すぐ頂上に着くなーって思想はあまりよろしくない。あと惣岳山直下の下り(岩茸山に向かう際)がわりと危険。

黒山まで淡々と進み、棒ノ折山手前の権次入峠で夜ご飯。カレーメシ×2。足もそこそこの疲労感があったけど、お腹がいっぱいになって棒ノ折までガシガシ登る。

それ以降 棒ノ折山→日向沢ノ峰→大持山の肩→妻坂峠→横瀬駅→西武秩父駅
和田峠で2時間(実際は1H程度)しか寝れなかったため、ほぼ2徹状況になっていたことやお腹がいっぱいになったことで、棒ノ折山以降眠気がマックスに。ペースが上がらないし、歩きながら寝落ちしそうになる。眠気に弱い自分はきちんと寝ないとダメだ。短時間でいい睡眠を取る練習をしなくては・・・適当なところで仮眠(10分)取って、不明瞭な道を超えてなんとか日向沢ノ峰に到着。

この後も眠気は続き、足元はフラフラ、話しててもろれつも頭も回らない状態で、有馬峠から名栗への下山も考えられたが僕のわがままで秩父まで行くことに。

ただし、危険な大持ち子持ちは避けて大持ちの肩から妻坂峠に下山して、ロードで西武秩父を目指す方針に変更。途中で再びの仮眠(15分×2)を挟み、そのたびに爆睡し、細かいアップダウンに苦しみながら、大持ちの肩→妻坂峠→一の鳥居まで下山。

あとは無駄に延命水で補給したり、ミルクティーを飲んだりしながらロードを10キロ走ったり歩いたりして西武秩父に到着。途中のミルクティーはしみたなぁ。

すき家のうなぎゅうが食べたかったのにお店が閉まっていたため、吉野家に移動して(タクシー感謝)牛丼を食べて、祭りの湯に入って半分眠りながら帰路についた。

振り返り
・初日の2時間睡眠で2日目の夜ペースダウン。2日目も3時間程度の睡眠時間を設けるべきだった。
・柿の種などのお菓子ではお腹いっぱいにならないし、エネルギーも不足する感じがする。
 おにぎりなどの主食を行動食のメインとし、不足するカロリーをお菓子やジュースで補給する感じにする。
・動けなくなった時のために予備のジェルや低GIフードを持つようにする。
・やっぱり寒いと寝れない。夜の冷え(特に底冷え)を甘く見ないようにする。
・ラーメンを食べて温まった勢いで寝れるかと思ったけど、そうでもなかった。
・ロングハイクはやっぱり楽しい。もっと上手になりたいし、また行きたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:215人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ