また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2291380 全員に公開 ハイキング 比良山系

サカ谷道から小女郎峠、南比良変則周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年04月06日(月) [日帰り]
メンバー
天候雲が多めながら、なんとか晴れた
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道307号線の旧道沿い、葛川坂下バス停近くの公園前に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間48分
休憩
47分
合計
6時間35分
S坂下バス停07:1009:00小女郎ヶ池09:05小女郎峠09:27蓬莱山09:46打見山10:2810:45蓬莱山11:00小女郎峠11:20ホッケ山11:40権現山11:4512:08アラキ峠12:40平バス停13:40坂下バス停13:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回のルートも歩く人は比較的少ない道で、ところどころルーファイが必要。
赤テープや道標は見つけられるので、気を付けて歩けば大丈夫かと。
倒木が道を塞ぐ箇所が多いが、迂回する踏み跡もはっきりしているので問題なく歩ける。

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

R.367の旧道沿い、葛川坂下のバス停あたり、安曇川河岸の公園がある。
そこに停めてスタート。
2020年04月06日 07:09撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R.367の旧道沿い、葛川坂下のバス停あたり、安曇川河岸の公園がある。
そこに停めてスタート。
1
近隣のイラスト地図
2020年04月06日 07:10撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近隣のイラスト地図
2
まだ雪が残っている山を目指す。
2020年04月06日 07:13撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雪が残っている山を目指す。
1
メジャーではない登山口だが、ちゃんとポストが置かれているのはさすがだ。
2020年04月06日 07:17撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メジャーではない登山口だが、ちゃんとポストが置かれているのはさすがだ。
3
ここからさらに脇道に入って、
2020年04月06日 07:20撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからさらに脇道に入って、
1
川を渡ると登山道に入る。
2020年04月06日 07:22撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡ると登山道に入る。
2
苔のきれいな倒木がお出迎え。
2020年04月06日 07:27撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔のきれいな倒木がお出迎え。
2
足にやさしい落ち葉道。
2020年04月06日 07:45撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足にやさしい落ち葉道。
2
標高800mあたりになると雪が残っている。
2020年04月06日 08:14撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高800mあたりになると雪が残っている。
1
一瞬雨がぱらついたが、行く手は明るい日差しが待っていそう。
2020年04月06日 08:18撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬雨がぱらついたが、行く手は明るい日差しが待っていそう。
4
先行者の足跡はシカのカップル?
2020年04月06日 08:28撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者の足跡はシカのカップル?
3
急登を過ぎるとあとは緩やかな尾根道が続く。
2020年04月06日 08:44撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を過ぎるとあとは緩やかな尾根道が続く。
1
蓬莱山(右)と左手奥に武奈ヶ岳。
2020年04月06日 08:53撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山(右)と左手奥に武奈ヶ岳。
3
京都北山方面の山並み。
2020年04月06日 08:54撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都北山方面の山並み。
2
小女郎ヶ池
2020年04月06日 08:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎ヶ池
5
小女郎峠
2020年04月06日 09:04撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎峠
2
蓬莱山へ。
2020年04月06日 09:08撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山へ。
1
南比良の縦走路はほとんど琵琶湖を見下ろしながら歩く。
2020年04月06日 09:11撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南比良の縦走路はほとんど琵琶湖を見下ろしながら歩く。
3
慰霊碑やお地蔵様が多い登山道。
2020年04月06日 09:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慰霊碑やお地蔵様が多い登山道。
3
蓬莱山頂はビワコバレイスキー場。
今年はあまり営業できていないようだ。
2020年04月06日 09:26撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山頂はビワコバレイスキー場。
今年はあまり営業できていないようだ。
3
三角点
2020年04月06日 09:27撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点
3
武奈ヶ岳にも、この時間だと誰か登っているんだろう。
2020年04月06日 09:28撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳にも、この時間だと誰か登っているんだろう。
2
打見山山頂にある琵琶湖テラス。
このベンチで昼食休憩。
2020年04月06日 09:49撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打見山山頂にある琵琶湖テラス。
このベンチで昼食休憩。
1
展望テラスからは眼下1000mの琵琶湖が180度に広がる。
2020年04月06日 09:51撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望テラスからは眼下1000mの琵琶湖が180度に広がる。
3
びわ湖アルペンゴンドラ
2020年04月06日 09:50撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びわ湖アルペンゴンドラ
2
琵琶湖北部
2020年04月06日 09:52撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖北部
1
テラスから北比良方面。
2020年04月06日 09:55撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラスから北比良方面。
2
ビワコバレイのゲレンデ。
冬から夏のバージョンに模様替え中。
2020年04月06日 10:33撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビワコバレイのゲレンデ。
冬から夏のバージョンに模様替え中。
1
再び稜線を南へ。
2020年04月06日 10:46撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び稜線を南へ。
2
小女郎峠を越えてさらに南へ。
2020年04月06日 11:02撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎峠を越えてさらに南へ。
3
標高はほとんど変わらないが、雪は消えている。
2020年04月06日 11:09撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高はほとんど変わらないが、雪は消えている。
1
ホッケ山
2020年04月06日 11:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山
3
次のピークが権現山。
2020年04月06日 11:19撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークが権現山。
2
ミニサイズだが、ショウジョウバカマがもう咲いている。
2020年04月06日 11:25撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニサイズだが、ショウジョウバカマがもう咲いている。
3
権現山山頂
ここから西に折れて下山。
2020年04月06日 11:41撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山山頂
ここから西に折れて下山。
3
比叡山
2020年04月06日 11:41撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比叡山
4
アラキ峠
2020年04月06日 12:08撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アラキ峠
1
ストライプの模様が美しい景色。
2020年04月06日 12:13撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストライプの模様が美しい景色。
1
ミヤマカタバミ
2020年04月06日 12:26撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ
2
平まで下りてきた。
2020年04月06日 12:39撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平まで下りてきた。
1
国道を渡って川沿いのわき道を歩く。
2020年04月06日 12:41撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道を渡って川沿いのわき道を歩く。
1
近畿自然歩道を歩いて駐車位置まで1時間少々。
2020年04月06日 12:52撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近畿自然歩道を歩いて駐車位置まで1時間少々。
1
川に沿って延びているこの道は、高島へ抜ける街道だった?
2020年04月06日 12:54撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川に沿って延びているこの道は、高島へ抜ける街道だった?
1
クマの罠。
2020年04月06日 12:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマの罠。
表記では車の通れる道のはずだが、倒木あり崩落ありで無理。
ただ歩く分には面白い道。
2020年04月06日 13:09撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表記では車の通れる道のはずだが、倒木あり崩落ありで無理。
ただ歩く分には面白い道。
2
ネコノメソウ
2020年04月06日 13:13撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコノメソウ
2
右が峰床山、左は皆子山。
2020年04月06日 13:20撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が峰床山、左は皆子山。
2
白滝山
2020年04月06日 13:29撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝山
1
スタートで渡った橋に到着。
変則周回完了。
2020年04月06日 13:34撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートで渡った橋に到着。
変則周回完了。
3

感想/記録

まだ歩いていなかった比良のサカ下道を歩いてきた。
平日でもあり、メジャーなルートでもないので人の気配はない静かな登山道。

心がざわつくことの多い日常を離れて山に入ることで、逆に素の自分を確かめるような平穏な時間を過ごせた気がする。
初めて見る景色の中を歩き出すワクワク感は変わらないけれど、山に居ることが日常であるかのように心地いい。

打見山のびわ湖テラスで、ロープウエーで登ってきた家族と言葉を交わす。
もちろん登山の人たちではないが、同じ景色を見て、同じ風に吹かれて、来てよかったと思っている。
こんな風に空気を共有できる山も、いい山だと思う。

昼食後、縦走路を引き返し、権現山まで足を延ばして平へ下山。
先日の鈴鹿のようなボリュームはないが、山で過ごす「時間」を作った一日。

また来ます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:208人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ