また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2293789 全員に公開 ハイキング 中国山地西部

狗留孫山(上畑コース)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年04月09日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
24分
合計
3時間31分
Sスタート地点11:1511:23登山口12:10稜線出合い12:1212:40池(堰堤下)12:4213:0613:0813:15狗留孫山13:3313:4013:50池(堰堤下)14:13稜線別れ14:39登山口14:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

今日は、レコ会員のwideroadさんのルートを参考にして上畑コースで狗留孫山を目指す。
wideroadさんありがとうございます。
宇賀上峠トンネル過ぎの"新鮮"野菜売り場から出発します。
2020年04月09日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、レコ会員のwideroadさんのルートを参考にして上畑コースで狗留孫山を目指す。
wideroadさんありがとうございます。
宇賀上峠トンネル過ぎの"新鮮"野菜売り場から出発します。
"新鮮"野菜売り場横から急坂の舗道をすぎると、狗留孫山登山口を示す標識と出会う。
2020年04月09日 11:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"新鮮"野菜売り場横から急坂の舗道をすぎると、狗留孫山登山口を示す標識と出会う。
下の標識を過ぎて10分程進むと次の標識に出会う。
2020年04月09日 11:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の標識を過ぎて10分程進むと次の標識に出会う。
その付近には、大日さんを祀っている男女の祠と出会う。
どうやら、ここからが本格的な登山道の取り付きと感じるが・・・
2020年04月09日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その付近には、大日さんを祀っている男女の祠と出会う。
どうやら、ここからが本格的な登山道の取り付きと感じるが・・・
そして、祠を通り過ぎ害獣避けの柵を過ぎると山道に入る。
2020年04月09日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、祠を通り過ぎ害獣避けの柵を過ぎると山道に入る。
暫く急坂を進むと荒々しい山道の光景と出合う。
前方には目印もあり確認しながら進む。
2020年04月09日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く急坂を進むと荒々しい山道の光景と出合う。
前方には目印もあり確認しながら進む。
喘ぎながらも進むと、進行方向の右手に471mピークを構成する岩壁が荒々しく現れる。
2020年04月09日 11:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喘ぎながらも進むと、進行方向の右手に471mピークを構成する岩壁が荒々しく現れる。
岩壁を見て眼を前方に向けると、行く手を防ぐかのように立ちはだかる大岩。
岩壁から落石した大岩と思われる。
2020年04月09日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁を見て眼を前方に向けると、行く手を防ぐかのように立ちはだかる大岩。
岩壁から落石した大岩と思われる。
この辺りは、人工林の谷あいを喘ぎながら登るが周りの植生(人工林)を見るのも楽しい。
2020年04月09日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、人工林の谷あいを喘ぎながら登るが周りの植生(人工林)を見るのも楽しい。
谷あいに植生する人工林の道に飽くと同時に喘ぎながら登り、頭を上げて眼を前方に向けるとどうやら谷登りを脱出しそうだ。
2020年04月09日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷あいに植生する人工林の道に飽くと同時に喘ぎながら登り、頭を上げて眼を前方に向けるとどうやら谷登りを脱出しそうだ。
谷あい登りを脱出して稜線(?)に出る。
ここで一息入れるが、今まで辛かった急坂登りの疲れが一気に吹き飛ぶ。
2020年04月09日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷あい登りを脱出して稜線(?)に出る。
ここで一息入れるが、今まで辛かった急坂登りの疲れが一気に吹き飛ぶ。
稜線出合い後、地形図に現れていない沢横を通過
2020年04月09日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線出合い後、地形図に現れていない沢横を通過
この倒木の通過は厄介でした(>_<)
2020年04月09日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この倒木の通過は厄介でした(>_<)
コルの沢を通過
2020年04月09日 12:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルの沢を通過
見通しの良い場所から471mピークを振り返り望む。
2020年04月09日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見通しの良い場所から471mピークを振り返り望む。
コルの沢はまだ続くが、道は右側の沢に切れ落ちており歩きにくい。
2020年04月09日 12:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルの沢はまだ続くが、道は右側の沢に切れ落ちており歩きにくい。
沢に切れ落ちており歩きにくい難路通過後出会う大岩
2020年04月09日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に切れ落ちており歩きにくい難路通過後出会う大岩
沢を通過
2020年04月09日 12:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を通過
今回の登山で通過地点の目的としていた池の堰堤と出合う。
ここで一息入れ進路を探るが目印が少なくなる。
2020年04月09日 12:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の登山で通過地点の目的としていた池の堰堤と出合う。
ここで一息入れ進路を探るが目印が少なくなる。
…ここから少し進路を迷う
堰堤下の広場から堰堤を右に見て巻いて行けばよかったが…
2020年04月09日 12:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…ここから少し進路を迷う
堰堤下の広場から堰堤を右に見て巻いて行けばよかったが…
道迷いに気づきここで立ち位置を確認・・・もっと早くすればよかったが…反省
…しかし、このルートを突き詰めれば山頂に至りそう。
2020年04月09日 12:44撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道迷いに気づきここで立ち位置を確認・・・もっと早くすればよかったが…反省
…しかし、このルートを突き詰めれば山頂に至りそう。
道迷いごGPSで位置を確認後池に向かう…正解でした(^^)
2020年04月09日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道迷いごGPSで位置を確認後池に向かう…正解でした(^^)
池に戻り目印を確認後、最後の峠に向かう。
2020年04月09日 13:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池に戻り目印を確認後、最後の峠に向かう。
峠出合いに続く山道には猪のヌタ場もあります。
2020年04月09日 13:04撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠出合いに続く山道には猪のヌタ場もあります。
峠に着く。
峠から、右側(反狗留孫山側)に進路をとれば上峠に出る。
次回機会があれば踏破予定
2020年04月09日 13:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に着く。
峠から、右側(反狗留孫山側)に進路をとれば上峠に出る。
次回機会があれば踏破予定
ここで狗留孫山へのルートを示す標識と出合う。
2020年04月09日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで狗留孫山へのルートを示す標識と出合う。
狗留孫山標識通過後、目印に沿って暫く進むが最後の階段(木段)登りが嫌なので、途中から斜面に進み山頂を目指す。
2020年04月09日 13:10撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狗留孫山標識通過後、目印に沿って暫く進むが最後の階段(木段)登りが嫌なので、途中から斜面に進み山頂を目指す。
狗留孫山山頂
2020年04月09日 13:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狗留孫山山頂
1
三角点
名称:狗留孫山/標高:616.3 m/種別二等三角点
2020年04月09日 13:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点
名称:狗留孫山/標高:616.3 m/種別二等三角点
下山に入るが、登りの時この階段(木段)登りがね…(苦笑)
2020年04月09日 13:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山に入るが、登りの時この階段(木段)登りがね…(苦笑)
階段(木段)を下ると分岐に出合う。
ここから、ピストンで下山道に取り付く。
2020年04月09日 13:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段(木段)を下ると分岐に出合う。
ここから、ピストンで下山道に取り付く。
分岐部の道標
2020年04月09日 13:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐部の道標
分岐部道標先の山道
2020年04月09日 13:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐部道標先の山道
峠に戻る。
2020年04月09日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に戻る。
そして、池横(右側)の山道をおり下る。
2020年04月09日 13:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、池横(右側)の山道をおり下る。
無事登山口に戻る。
今日は始めてのルートだったが、天候に恵まれ楽しいハイクとなりました。
上畑コースはいいですね(^^)
2020年04月09日 14:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事登山口に戻る。
今日は始めてのルートだったが、天候に恵まれ楽しいハイクとなりました。
上畑コースはいいですね(^^)
1
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:307人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/18
投稿数: 912
2020/4/16 8:07
 山頂はいいね(^^♪
おはようございます。
山頂はひろくてのんびりコーヒータイムもてそうですね。
周囲の景色はあまり見えないのかな(^_^;)
昨年秋から小倉に住んでいるので
下関にも良くお出かけしています。
北九州あたりの山から始めようと思っています。
どこかで出会うかもしれませんね。
車で出かける個人ならお山のおでかけいいですよね。
登録日: 2011/8/25
投稿数: 249
2020/4/17 18:32
 Re: 山頂はいいね(^^♪
tomuyanさん お久しぶりです(^^)
返信が遅くなってすみません…時々ズボラな性格が出て…
tomuyanさんの山行記録、中でも花に関する知識にいつも感服すると同時に、レコ内容も飾らず書かれていることに似前から感心していました。
山れこレホポーターには どんぴしゃりです…誉めすぎ加茂(笑)
そうそう、コメントの中で何よりも驚いたのは居住地が故郷に変わってたことでした。
広島の山もいいけど、九州の山もそれなりいいですよ 九州山地は熊が生息していないのが一番ですね(^^♪
先日の英彦山登山のブログ読んだけど相変わらず元気に活動していることで安心しました。
これからは下関(山口県内)の山に訪れる機会があればご紹介、またはご一緒にしてもいいですよ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ