また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 230004 全員に公開 ハイキングヨーロッパ

【クライネシャイデック アイガー】メンリッヒェン〜クライネシャイデック〜ヴェンゲルンアルプ

日程 2012年09月05日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
〜Interlaken Ost(インターラーケン・オスト):特急など
〜Lauterbrunnen(ラウターブルンネン)経由 Wengen(ヴェンゲン):登山鉄道
〜Mannlichen(メンリッヒェン):ロープウェイ

Wengernalp〜Lauterbrunnen : 登山鉄道下り

コースタイム [注]

メンリッヒェン 10:10 - 13:00 クライネシャイデック 14:00 - 15:30 ヴェンゲルンアルプ (途中で大休憩しているため、時間は参考にしないでください)
過去天気図(気象庁) 2012年09月の天気図 [pdf]

写真

メンリッヒェンからインターラーケン方面
下の町はヴェンゲン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンリッヒェンからインターラーケン方面
下の町はヴェンゲン
1
メンリッヒェンからアイガー三山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンリッヒェンからアイガー三山方面
1
アイガー北壁に向かって歩く素晴らしいトレイル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイガー北壁に向かって歩く素晴らしいトレイル
1
牧草地が広がり、カウベルの音が鳴り響く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧草地が広がり、カウベルの音が鳴り響く
クライネシャイデックを見下ろす、高台のヒュッテ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライネシャイデックを見下ろす、高台のヒュッテ
白い蜘蛛、だったかな?
各セクションごとの拡大写真欲しい方は連絡ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い蜘蛛、だったかな?
各セクションごとの拡大写真欲しい方は連絡ください。
ここで食べないと勿体ない気分に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで食べないと勿体ない気分に
鶏肉のソテー
こっちでいう豚生姜焼きぐらい定番なのかな?
パスタもおいしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏肉のソテー
こっちでいう豚生姜焼きぐらい定番なのかな?
パスタもおいしい
よく見かける丸いソーセージ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見かける丸いソーセージ
ユングフラウには秋の雲
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユングフラウには秋の雲
1
どこででも糞尿垂らす連中
相変わらず糞に注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこででも糞尿垂らす連中
相変わらず糞に注意
ラウターブルンネンに続く広大な谷を降ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラウターブルンネンに続く広大な谷を降ります
1
のどかだけど、臭い・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のどかだけど、臭い・・・
駅に到着
待っている間、レストランで一服するのもいいでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅に到着
待っている間、レストランで一服するのもいいでしょう
ヴェンゲンの美しい街並み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヴェンゲンの美しい街並み
ラウターブルンネンの有名なシュタウプバッハ滝、のはず
途中にスイスの国旗があるけど、写真では潰れてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラウターブルンネンの有名なシュタウプバッハ滝、のはず
途中にスイスの国旗があるけど、写真では潰れてる

感想/記録
by marina

4日目は、記録初日以前に2泊したアイガー方面。
完全な雨で何も見えなかったので、この日にzermattから日帰りで再訪。
zermatt→1:00visp→1:00interlaken→1:00スタート地点、といったところ。
日帰りハイキングとしては贅沢な時間の使い方。
スイスパスを購入していたため、登山鉄道など以外は無料。


メンリッヒェン〜クライネシャイデックは、ここで最もメジャーなハイキングコースで、通常ならコースタイム90分。
グルント、グリンデルヴァルト方面へのなだらかで広大な斜面が拡がり、アイガー北壁に向かって歩いていく、最も特徴的な風景を満喫できる最高のトレイルだろう。

アップダウンもほぼ皆無で、見ての通り山道具は一切いらない。
ジーンズ、Tシャツで十分。
もちろん、雨や悪天候時は自己判断で。

クライネシャイデックはアイガー三山の麓の峠。
ここからさらに登山電車で、"top of Europe"ユングフラウのフェニックス展望台(3573m)に登ることもできる。が、時間もかかるので今回はパス。
ちなみに"top of Europe"は自称で、マッターホルン・グレッシャー・パラダイス(クライン・マッターホルン)の展望台は3883m。
そしてもちろん、山自体は下から見る方が美しいだろう。

クライネシャイデックはいくつものヒュッテ、レストランがあり、当然全てのテラス席からはアイガー三山が楽しめる。
天候も良いので北壁をアタックするパーティーが見えるかと思ったが・・・残念ながら壁には一人もとりついていない様子。


ここからはヴェンゲン方面へ谷を降りていく。
いくつかルートはあるが、せっかくなので鉄道から離れたトレイルを歩く。
ここも広大な牧草地で、相変わらず牛か山羊なんかの糞だらけ。
最後は牧場の中で、牛と触れ合っていると駅が見え、トレイル終了。

一気1000mの壁が、正に壁紙のようにそこに迫る空間は、さすがに日本では考えられない。
背後の壁と前方の牧歌的な広大な風景とのコントラストは、これぞ絵にかいたような
スイスの景観。

アイガー方面で晴れたら、是非とも一度は歩くことをオススメします。





----------------------------------------------------------------
1日目:ロートホルン〜フリューアルプ〜スネッガ(雪山ハイク)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-229702.html
2日目:リッフェルアルプ〜リッフェルベルグ〜ローテンボーデン(ハイク)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-229849.html
3日目:ヘルンリ小屋(雪山トレッキング)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-229857.html
5日目:マッターホルングレッシャーパラダイス・シュヴァルツゼー〜シュタフェル〜フーリ〜ツェルマット(マウンテンバイク)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-230028.html
6日目:リッフェルホルン(アルパイン)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-230195.html
訪問者数:3078人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

テン マット ヒュッテ

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ