また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2301874 全員に公開 山滑走 剱・立山

奥大日岳 大展望の稜線

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月15日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
桂台ゲート前 今の時期はまだ工事車両が入るので、路側帯に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5~1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間58分
休憩
2時間52分
合計
13時間50分
Sスタート地点00:4601:18称名滝バス停01:27大日岳登山口01:5403:33牛ノ首04:3208:02大日小屋08:2208:36七福園10:51奥大日岳三角点11:1512:27七福園12:3912:40大日小屋12:4112:59大日平山荘13:19牛ノ首13:3714:08大日岳登山口14:1914:20称名滝駐車場14:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
*称名道路は除雪済みなので登山口まで自転車利用。
*登山口から牛の首まで一部夏道をツボで歩いたが概ねスキー利用。
*牛ノ首のヤセ尾根は一部夏道歩いたが、下山時はスキー。
*大日平は夏道沿いにルートをとる。
*2050mから大日小屋まで5〜10センチのモナカ、いろいろチェックしたが雪崩れる感じではないので間隔を開けて、後続が真下にいないように警戒しながら登る。
*大日小屋から七福園までは北側に巻きルート工作、2450mポコは北側に巻いたが、一部氷化急斜面で素直に登るのがよい。
*大日小屋からの滑降時には雪は緩み、スキーカットで表層雪崩が起きやすい。その他自然発生の点発生雪崩跡もあった。
*牛ノ首からの急斜面でも雪は緩み、崩れやすい。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

登山口からスキーを履ける
2020年04月15日 01:52撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からスキーを履ける
7
二日前の降雪のおかげでかろうじて繋がっている
2020年04月15日 02:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日前の降雪のおかげでかろうじて繋がっている
4
日当りのいいところはすっかり融けてしまっている
2020年04月15日 03:01撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当りのいいところはすっかり融けてしまっている
2
牛ノ首からのヤセ尾根
2020年04月15日 03:57撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ノ首からのヤセ尾根
8
沢を詰めて大日平に向かう
2020年04月15日 04:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を詰めて大日平に向かう
6
白んできた
2020年04月15日 05:18撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白んできた
10
迫力の鍬崎山
2020年04月15日 05:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力の鍬崎山
13
大日岳の大斜面
2020年04月15日 05:23撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳の大斜面
4
モルゲンロート薬師岳
2020年04月15日 05:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロート薬師岳
20
丁度いい時間帯に歩ける
2020年04月15日 05:34撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁度いい時間帯に歩ける
4
だだっ広い
2020年04月15日 05:36撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だだっ広い
4
正面に向かうと壁に見える
2020年04月15日 05:42撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に向かうと壁に見える
5
朝日に照らされた鍬崎山
2020年04月15日 06:15撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされた鍬崎山
6
雪面は安定している
2020年04月15日 06:33撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面は安定している
3
薬師岳をバックに
2020年04月15日 07:03撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳をバックに
3
点発生の雪崩跡
2020年04月15日 07:04撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点発生の雪崩跡
5
奥の弥陀ヶ原と手前の大日平
2020年04月15日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の弥陀ヶ原と手前の大日平
12
自然のアート
2020年04月15日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然のアート
10
コルに登り詰めるとご褒美の景色
2020年04月15日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルに登り詰めるとご褒美の景色
25
毛勝三山も登りたいな
2020年04月15日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山も登りたいな
9
大日岳は先日登ったので今回は眺めるだけ
2020年04月15日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳は先日登ったので今回は眺めるだけ
11
遠くに白山が浮かんでいる
2020年04月15日 08:20撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに白山が浮かんでいる
7
剱岳と今から向かう稜線
2020年04月15日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳と今から向かう稜線
13
シュカブラ越しに
2020年04月15日 08:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラ越しに
15
剱岳の雄姿
2020年04月15日 08:27撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳の雄姿
16
巻きルート工作
2020年04月15日 08:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きルート工作
10
七福園でシールをはがす
2020年04月15日 08:53撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七福園でシールをはがす
6
このピークも巻く
2020年04月15日 08:54撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークも巻く
7
崩れやすいので間隔をあけて
2020年04月15日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れやすいので間隔をあけて
11
その間に景色を楽しむ
2020年04月15日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その間に景色を楽しむ
8
際どいトラバース
2020年04月15日 09:11撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
際どいトラバース
18
素直に登ったほうが安全だった
2020年04月15日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素直に登ったほうが安全だった
8
今日から全線開通
2020年04月15日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日から全線開通
11
ここからシールを貼って奥大日岳に向かう
2020年04月15日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからシールを貼って奥大日岳に向かう
9
凶悪斜面だった
2020年04月15日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凶悪斜面だった
21
今年はいつもより静かな立山になりそう
2020年04月15日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はいつもより静かな立山になりそう
5
大日岳からの稜線
2020年04月15日 10:05撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳からの稜線
11
快晴微風のため暑い
2020年04月15日 10:17撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴微風のため暑い
7
でかい雪庇だ
2020年04月15日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でかい雪庇だ
11
更に近づいてきた
2020年04月15日 10:39撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に近づいてきた
13
最後の斜面
2020年04月15日 10:49撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の斜面
5
ここも壁のような斜面
2020年04月15日 10:51撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも壁のような斜面
5
綺麗な三角錐の剱岳
2020年04月15日 10:55撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な三角錐の剱岳
24
雪庇の稜線
2020年04月15日 10:55撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の稜線
11
奥大日山頂からのドアップ
2020年04月15日 10:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日山頂からのドアップ
6
山頂からゴー!
2020年04月15日 11:12撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からゴー!
14
気持ちのいい斜面
2020年04月15日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい斜面
11
鞍部まで一気に
2020年04月15日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで一気に
7
天然ゲレンデ
2020年04月15日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然ゲレンデ
11
気持ちの良さそうな谷
2020年04月15日 11:27撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良さそうな谷
8
帰りはあっという間
2020年04月15日 11:41撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはあっという間
9
大日小屋からの斜面
2020年04月15日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日小屋からの斜面
10
気持ちよく落ちていきます
2020年04月15日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよく落ちていきます
10
この景色を見ながら
2020年04月15日 12:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を見ながら
6
広大ゲレンデ
2020年04月15日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大ゲレンデ
6
デブリもある
2020年04月15日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリもある
7
横目にかっ飛ばす
2020年04月15日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横目にかっ飛ばす
14
やりたい放題
2020年04月15日 12:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やりたい放題
12
モナカが緩んでスキーカットで雪崩れる
2020年04月15日 12:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モナカが緩んでスキーカットで雪崩れる
12
牛ノ首直下も緩みまくり
2020年04月15日 13:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛ノ首直下も緩みまくり
10
ロードバイクとMTB
2020年04月15日 14:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロードバイクとMTB
11
ここまでスキーで来れた
2020年04月15日 14:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでスキーで来れた
9
お疲れさまでした!
2020年04月15日 14:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした!
8

感想/記録

コロナウイルスで緊急事態宣言が出される状況になってしまった。仕事は休めるはずもないので公休の時くらいは思い切り自然の空気を吸って活動したい。マイカーで登山口との往復のみの行動と制限して水曜友の会、奥大日岳を目指すこととなった。下山後のお弁当も作って持参したのでどこにも寄らずに済む。

藤橋ゲート出発かと思っていたら、桂台まで行けるので随分気持ちに余裕が出来た。しかしこの区間の勾配はきつく、最大で17%ということだ。MTBで重荷を背負っていたらインナーローでもやっとだった。まだ夏に立山の周回をしたことがないので今年の夏は自転車で登って、大日、奥大日を経て立山に行ってみようかな。

登山口にはまだ雪は残っていて、出だしからスキーで登れる。途中日当りのいいところは雪が切れていたが概ねスキーで行くことが出来た。しかし二日前の降雪がなければ牛ノ首までの急斜面はツボ足になったかもしれない。牛の首のヤセ尾根が今回僕にとっては核心で、一ヶ所だけどうしても斜度がきついカチカチ斜面のトラバースがスキーでは無理でアイゼンで通過した。(先生はスキーで行っていたけど)暗闇で落ちればどこまで行くかわからず、沢のゴーゴー言う音が聞こえるので余計に恐怖心が勝り安全優先で判断したが、先生をお待たせすることになってしまった…

大日平に出るころにはすっかり白んできて素晴らしい景色を堪能できた。来てよかった。降雪後の急な沢を登り詰めるので雪崩には警戒した。下地のザラメと上のモナカの層の結合を確かめたり、斜度がきついところでジャンプして斜面にストレスをかけてみたりいろいろ検証した結果、間隔をあけてなるべくストレスをかけないように登り詰めることにした。

雪崩れる兆候もなく無事コルまで上り詰めると絶景が広がっていた。今日はこの景色を見に来たようなものだ。この先はアップダウンがあるので上手くルート工作をしながら進んでいく。2450mポコのトラバースは難儀したが、無事奥大日岳のピークを踏むことが出来た。帰りのルートは素直に登り返し、効率よく大日小屋のコルまで進む。すっかり雪は緩んでいてスキーカットで表層雪崩が起きたが、想定はしていたのでお互い監視しながら高度を落とした。この時期の雪はワックスが肝で、最後の滑走前に悪雪用ワックスを直塗していたので、大日平でも良く板が走った。

悪戦苦闘した牛ノ首もスキーではエッジが効くので難無く通過できた。後は雪を拾いながら登山口まで落ちていくのみ、無事下山出来た。最後のチャリは完全自動運転であっという間にゲートまで到着した。下界は初夏の陽気で地面に濡れた服など置いておくとすぐに乾いた。ゆっくり後片付けをして、帰路についた。途中SAでトイレ休憩と車内でお弁当を食べた以外、どこにも寄り道せず自宅で風呂に入った。今後もこのような感じで山スキーを楽しみたい。救助となったらいろいろ迷惑をおかけするので安全にも十分配慮する。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3764人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

登録日: 2019/2/25
投稿数: 3
2020/4/22 22:00
 応援しております!
登山のような日本ではマイノリティに属する趣味はとにかく攻撃に合いがちだと常日頃思っております。
先日、山に伺いましたが、登山道は誰一人歩いておりませんでしたが、登山口に隣接するゴルフ場は満員御礼でした。
いつも拝見し、安全に対しての対策にはいつも敬服しております。
なかなか、記録などをアップしにくい状況かと思いますが、日々のお仕事及び免疫力向上の為にこれからも頑張って下さい。
コロナ沈静化の際には、再び記録とブログの更新を楽しみに致しております!
登録日: 2014/4/10
投稿数: 923
2020/4/23 6:28
 Re: 応援しております!
コロナ禍が終息することを願うばかりですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ