また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2302706 全員に公開 ハイキング 丹沢

東丹沢・鐘ヶ岳 未レコ尾根で周回

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月15日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広沢寺温泉前、厚木市の無料駐車場

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]


[ メモしていたコースタイム ]
( 5分単位に丸めています )

広沢寺温泉前駐車場____ 08:05
鐘ヶ岳登山道入り口____ 08:25
沢の二俣_________ 08:35 〜 08:50
下の林道_________ 09:25
上の林道_________ 09:45 〜 09:55
浅間神社_________ 10:50
鐘ヶ岳山頂________ 10:55 〜 11:05
不動沢側への下降点____ 11:15 〜 11:25
不動沢(谷太郎川上流)__ 12:05 〜 12:15
稜線=登山道(K42)__ 13:00
下降尾根開始点______ 13:05 〜 13:10
林道___________ 14:00
広沢寺温泉前駐車場____ 14:20


コース状況/
危険箇所等

・広沢寺から鐘ヶ岳への登り尾根
 取付き点=二俣へもスンナリ行けますし、尾根自体も気楽に登れますのでお勧めです。
 上部の標高差200m程はモノレール沿いに歩きます。
 全体的に藪はありません。

・鐘ヶ岳から不動沢側への下降尾根
 カーブあり、緩急あり、支尾根あり と変化があって下降に使うには地図読みが要求されて面白いです。
 最後の方はかなり急になるので慎重に。
 尾根上は杣道と言うより鹿の踏み跡だと思います。

・不動沢からの登り返しの尾根
 急ですが変化のない単調な登り尾根です。
 多くの部分で杣道がはっきりわかります。
 登りであれ、下降であれ、単調なのでお勧めしません。

・大沢集落側への下降尾根
 上半分はかなり急です。
 上半分は、滑落のみならず、複数メンバーの場合、落石で仲間を危険な目に合わせそうなのでお勧めしません。
 下半分は、気持ちのいい尾根歩きが出来ます。

・昼の忌避剤 ヤマビルファイター を出発時と山頂で靴に吹き付けたからか、蛭は見ませんでした。

・全体的に杉の植林地ですが、あまり花粉は感じませんでした。
 (朝、家で鼻炎薬は飲んで行きました)

過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

鐘ヶ岳登山口の階段と鳥居
ここの反対側(沢側)の踏み跡から竹藪へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘ヶ岳登山口の階段と鳥居
ここの反対側(沢側)の踏み跡から竹藪へ
2
鹿柵を抜けるとすぐに沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵を抜けるとすぐに沢
1
すぐ左手に二俣
手前の沢を渡って左上へ上がっていくのが正解
私は2つ目の沢も渡って別の尾根に出て間違いに気づいて戻ってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ左手に二俣
手前の沢を渡って左上へ上がっていくのが正解
私は2つ目の沢も渡って別の尾根に出て間違いに気づいて戻ってきた
3
二股に戻ってきた
正面の尾根を登る
この先は尾根登りなのでもう道の間違いようは無い
二股から頂上を目指すって、尾根全部登れるんだ ニコニコ
千天の出合から北鎌尾根を詰めるようなものだって、大げさすぎるか
でも嬉しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股に戻ってきた
正面の尾根を登る
この先は尾根登りなのでもう道の間違いようは無い
二股から頂上を目指すって、尾根全部登れるんだ ニコニコ
千天の出合から北鎌尾根を詰めるようなものだって、大げさすぎるか
でも嬉しい
3
すぐ上に 半谷ダム がある
計画段階では地形図を見てのここから取付くのかと思っていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上に 半谷ダム がある
計画段階では地形図を見てのここから取付くのかと思っていた
2
なかなか気持ちよさそうな尾根でしょ
これがヤマレコで未記録だったんですよ
私が初レコ、美味しく頂いちゃいます(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか気持ちよさそうな尾根でしょ
これがヤマレコで未記録だったんですよ
私が初レコ、美味しく頂いちゃいます(笑)
8
なんだ、この穴?
自然の穴? イヤ人工的でしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだ、この穴?
自然の穴? イヤ人工的でしょう
6
林道に出ました
が、切通し状
左側(南側)から簡単に降りられます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました
が、切通し状
左側(南側)から簡単に降りられます
1
切通しの頂上側はとても登れません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切通しの頂上側はとても登れません
1
50m左(南側)のこのルンゼを登りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50m左(南側)のこのルンゼを登りました
2
で、尾根に乗るとこの雰囲気
気持ちよさそうでしょ
この辺の針葉樹はモミではなくカヤですね
葉の先端はチクチク痛いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、尾根に乗るとこの雰囲気
気持ちよさそうでしょ
この辺の針葉樹はモミではなくカヤですね
葉の先端はチクチク痛いです
2
少し上がると大きなモミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上がると大きなモミ
5
上部の林道に出ました
ちょっと行動食をパクつきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の林道に出ました
ちょっと行動食をパクつきました
1
誰も居ない尾根だと思っていたのに二人のお爺さんが林道を散歩に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も居ない尾根だと思っていたのに二人のお爺さんが林道を散歩に
3
30m程左(南側)にこの踏み跡があります、が・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30m程左(南側)にこの踏み跡があります、が・・
2
更に30m程先に露岩が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に30m程先に露岩が見える
石切場、だそうです
じゃあ先ほどの石の横一列の穴も切り出そうとしたんだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切場、だそうです
じゃあ先ほどの石の横一列の穴も切り出そうとしたんだ
3
折角なのでこの石切場を楽しく登らせてもらう
とわ言っても手を使うシーンは無いんですけどね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角なのでこの石切場を楽しく登らせてもらう
とわ言っても手を使うシーンは無いんですけどね
1
あらっモノレールが出てきた
このモノレール、頂上の浅間神社まで行っているのでこれに沿って登れば良いのです
私は途中で横にそれましたが結局このモノレールに戻されしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらっモノレールが出てきた
このモノレール、頂上の浅間神社まで行っているのでこれに沿って登れば良いのです
私は途中で横にそれましたが結局このモノレールに戻されしまいました
2
モノレール終点=浅間神社 到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレール終点=浅間神社 到着です
2
大山祗神(オオヤマツミノカミ)が祀られているので山ヤとしてしっかりお参りする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山祗神(オオヤマツミノカミ)が祀られているので山ヤとしてしっかりお参りする
4
はい、鐘ヶ岳 の山頂
これから先は地図読みが必要なのでプレート付き磁石を出す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、鐘ヶ岳 の山頂
これから先は地図読みが必要なのでプレート付き磁石を出す
1
不動沢からの登り返しはこの「水源の森K42支柱」に戻ってくるはず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動沢からの登り返しはこの「水源の森K42支柱」に戻ってくるはず
1
この太い2本のモミの木からが本日の下山尾根のスタートのはず( <---これは間違っていた )
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この太い2本のモミの木からが本日の下山尾根のスタートのはず( <---これは間違っていた )
1
もう少し下ると登山道は左へトラバース
ン?とGPSアプリで確認
あ〜下りすぎていた。戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し下ると登山道は左へトラバース
ン?とGPSアプリで確認
あ〜下りすぎていた。戻る。
1
先ほどの2本のモミの木
ここが不動沢への下降の尾根の開始点
しっかりとプレート磁石をセット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの2本のモミの木
ここが不動沢への下降の尾根の開始点
しっかりとプレート磁石をセット
1
最初は下りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は下りやすい
尾根状になるとなお下りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根状になるとなお下りやすい
1
最後の方はかなり急
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の方はかなり急
1
予定通りの谷太郎川上流に出た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定通りの谷太郎川上流に出た
2
では北隣の尾根を登り返しましょう
オッ、結構明瞭な踏み跡がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では北隣の尾根を登り返しましょう
オッ、結構明瞭な踏み跡がある
こちらは緩急もカーブも支尾根も何もない単純な尾根
下降に使った隣の尾根より杣道がはっきりしている感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは緩急もカーブも支尾根も何もない単純な尾根
下降に使った隣の尾根より杣道がはっきりしている感じ
もう少しで稜線の登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで稜線の登山道
読み通り 「水源の森K42支柱」 に登り詰めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読み通り 「水源の森K42支柱」 に登り詰めました
2
これのあるところです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これのあるところです
大沢への下降=本日の下山 はこの K46 からスタートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢への下降=本日の下山 はこの K46 からスタートです
1
すぐにやけに急な斜面になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにやけに急な斜面になります
左手が明瞭なルンゼの鹿柵沿いに下ります
急な斜面が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手が明瞭なルンゼの鹿柵沿いに下ります
急な斜面が続きます
鹿柵沿いに下っていくと益々急に
これ間違い
もっと右へ移動
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵沿いに下っていくと益々急に
これ間違い
もっと右へ移動
尾根状になると傾斜も落ち、この脚立を越えます
そこには大量の熊の糞、コエーよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根状になると傾斜も落ち、この脚立を越えます
そこには大量の熊の糞、コエーよ〜
1
尾根状は歩き易い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根状は歩き易い
2
標高330の小ピーク
ここまで降りてこられたらもう余裕
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高330の小ピーク
ここまで降りてこられたらもう余裕
1
益々歩き易くなって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
益々歩き易くなって
林道が見えてお仕舞
4本の 未レコ尾根、御馳走さまでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が見えてお仕舞
4本の 未レコ尾根、御馳走さまでした
4
林道から見る下山尾根の杣道の取付き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から見る下山尾根の杣道の取付き
1
標高220mの広い駐車場から100m程上流に降りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高220mの広い駐車場から100m程上流に降りてきました
本日活躍してくれた道具たち
硬い硬い底の登山靴
長さ100cm弱のバスケット無しのストック
プレート付き磁石
みんな、ありがとうネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日活躍してくれた道具たち
硬い硬い底の登山靴
長さ100cm弱のバスケット無しのストック
プレート付き磁石
みんな、ありがとうネ
7

感想/記録


4月。
北アは残雪期。
全山どこでも登山道と化すこの時期。
日本海側や信州の山へ行きたい。
けど、今はちょっと・・・
で、県内の丹沢で我慢している。

東丹沢・鐘ヶ岳(カネガダケ) 標高561m。
最近この付近を歩いているけど、2時間ほどで廻ってこられるハイキング道なのでレコは書いていない。

ヤマレコの 地図検索 で丹沢山塊を見てみると皆さんの歩行跡で真っ赤かっ、未レコの尾根など存在しそうにないのに、なんと近場のこの鐘ヶ岳に1本すっきりと山頂までつながっている尾根が未レコで残っていた。
これだけではなんか不満足なので無理無理、下山にも未レコの尾根を当ててみた。
でも、まだ不足なので反対側の斜面の尾根を下降し、隣の尾根を登り返して、都合4本の未レコの尾根を楽しんできました。

久々に(操作方法を忘れていたのでネットで勉強しなおすほど、久々に)プレート付き磁石をこまめにこまめにセットし、地形を見、距離感をビンビンに働かせながらの真剣勝負で歩く。
いや〜実に楽しい山を歩くことが出来ました。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:320人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/17
投稿数: 1952
2020/4/16 18:58
 革製登山靴
こんばんは。

懐かしいですね〜。昔は、こんな登山靴履いて一ノ倉とか登っていたと思うと、あらためてビックリものです。
山辞めた時、処分したものですから、今は、トレランシューズしか持っていません。

革製で岩登りしたり山歩いたら、どんなふうに感じるのでしょう。
案外、革製でも、岩はそこそこ登れるような気はします
歩く方が、重たくて辛く感じそうです。

だいぶ、復活されたようですね。丹沢って、人が通っていないところを探すのが大変そうです。

中国ウィルスのせいで、車使用で人のいない場所しか行けないのが困ったものです。
登録日: 2012/10/8
投稿数: 181
2020/4/16 19:31
 Re: 革製登山靴
こんばんは

お陰様で体調は回復しています。
ご心配していただき、ありがとうございます。

革靴、東丹沢のトレーニング用には時々引っ張り出しています。
特にこの時期、蛭除けをトレランシューズには噴霧したくないので・・・
昔こればっかりだったので、案外、岩は抵抗なく登れます
が、おっしゃる通り、平坦道を歩くのがつらいこと、重さだけでなく、クッション性がないので地面の衝撃を全部膝で吸収してるって感じでホント辛いです。

それと今回、反対側の谷に降りたときに、行動食を採らずに甘酒を飲んでみました。1時間後に尾根に登り返したら、確かに空腹感はありませんが、食欲はあるという今までにちょっと経験したことが無い感じ。それと、分かっていたことではありますが、甘酒の味が苦手で・・・
でもなんかいい答えに出逢いそうでもう少しトライしてみようと思いながら降りてきました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ