また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2302889 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

登山者が泣きたくなる鳴虫山(JR日光駅周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月10日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
25分
合計
5時間8分
SJR日光駅12:0612:13東武日光駅12:1612:33鳴虫山登山口(日光駅)12:3812:43天王山12:4513:22神ノ主山13:2314:29鳴虫山14:3714:52合峰14:5415:28独標925m15:3016:20憾満ヶ淵駐車場16:2216:52神橋三差路17:11東武日光駅17:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
低山のわりに急登、浮き石が意外と多い。木の根が露出した箇所も多く、歩き慣れていない場合は要注意。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

本日は日光駅からスタート。
平日ということもあってか、本当に人がいません。
2020年04月10日 12:06撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は日光駅からスタート。
平日ということもあってか、本当に人がいません。
1
正面には男体山。
2020年04月10日 12:06撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には男体山。
1
まずは駅前で給水。
ちなみに、駅の外にトイレ(洋式・水洗)があります。
2020年04月10日 12:07撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは駅前で給水。
ちなみに、駅の外にトイレ(洋式・水洗)があります。
東武日光駅前から、赤薙山。
2020年04月10日 12:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東武日光駅前から、赤薙山。
さて、ここから登山口にアプローチ。
2020年04月10日 12:30撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここから登山口にアプローチ。
1
で、登山口到着。準備をしてさっそく取り付きます。
2020年04月10日 12:33撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、登山口到着。準備をしてさっそく取り付きます。
1
まずは最初のピークの天王山の神社です。ここで本日の登山の無事を祈願します。
2020年04月10日 12:44撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは最初のピークの天王山の神社です。ここで本日の登山の無事を祈願します。
登山道はこんな感じ。まだ平和な頃です。
2020年04月10日 12:45撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道はこんな感じ。まだ平和な頃です。
1
そして2つめのピークの神主山。
2020年04月10日 13:20撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして2つめのピークの神主山。
木々の間から赤薙山が見えます。
2020年04月10日 13:21撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から赤薙山が見えます。
2
このあたりから、木の根が露出した登山道に変わってきます。
2020年04月10日 13:29撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから、木の根が露出した登山道に変わってきます。
892mピークです。
2020年04月10日 13:38撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
892mピークです。
こんなに木の根がむき出しの登山道は、他には棒ノ嶺くらいしかないのでは?
2020年04月10日 13:53撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに木の根がむき出しの登山道は、他には棒ノ嶺くらいしかないのでは?
5
1058mピークかと思いきや、手前のピークでした。
2020年04月10日 14:02撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1058mピークかと思いきや、手前のピークでした。
こちらが1058mピーク。
2020年04月10日 14:11撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが1058mピーク。
で、鳴虫山のピーク…かと思いきや、その手前のピークです。
双耳峰の片方というべきか、前衛峰というべきか、偽ピークというべきか…
2020年04月10日 14:22撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、鳴虫山のピーク…かと思いきや、その手前のピークです。
双耳峰の片方というべきか、前衛峰というべきか、偽ピークというべきか…
1
…で、この木の根だらけの急登を登り切ると…
2020年04月10日 14:29撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…で、この木の根だらけの急登を登り切ると…
1
ようやく山頂です。
2020年04月10日 14:30撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山頂です。
1
頂上は樹林に囲まれていますが、今の季節なら、木々の間から日光連山が見えます。
2020年04月10日 14:30撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は樹林に囲まれていますが、今の季節なら、木々の間から日光連山が見えます。
2
男体山。
2020年04月10日 14:31撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山。
1
女峰山。
2020年04月10日 14:31撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山。
赤薙山。
2020年04月10日 14:31撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤薙山。
2
そして下山開始直後に階段出現(降りてから)。
2020年04月10日 14:38撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして下山開始直後に階段出現(降りてから)。
なかなか急な降りで侮れません。
2020年04月10日 14:39撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか急な降りで侮れません。
1
で、降りたところから、いきなり登り返し。ここから、鳴虫山が本性を表します。
2020年04月10日 14:41撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、降りたところから、いきなり登り返し。ここから、鳴虫山が本性を表します。
地形図を見る限りでは、この辺から稜線歩きっぽい感じかと思いきや、地形図にでないアップダウンが何度も出てきます。
2020年04月10日 14:44撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図を見る限りでは、この辺から稜線歩きっぽい感じかと思いきや、地形図にでないアップダウンが何度も出てきます。
そして、鳴虫山の山頂とさして変わらない標高の合峰に登り返します。
2020年04月10日 14:52撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、鳴虫山の山頂とさして変わらない標高の合峰に登り返します。
そして、ついに現れるロープ。標高1,000mそこそこの低山にしては、難易度は高めな気がします。
2020年04月10日 14:54撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ついに現れるロープ。標高1,000mそこそこの低山にしては、難易度は高めな気がします。
急降下が終わったと思ったら、今度は岩屑・浮石だらけの登山道です。角度もそこそこあるため、慎重に降ります。
2020年04月10日 14:58撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急降下が終わったと思ったら、今度は岩屑・浮石だらけの登山道です。角度もそこそこあるため、慎重に降ります。
そして岩屑とロープのあわせ技。
2020年04月10日 15:00撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして岩屑とロープのあわせ技。
1
岩場まで出てくる始末です。
2020年04月10日 15:07撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場まで出てくる始末です。
1
足場が不安定な箇所を通過したと思ったら、今度は登り返して、もう何度目か数え切れないピーク。
2020年04月10日 15:15撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場が不安定な箇所を通過したと思ったら、今度は登り返して、もう何度目か数え切れないピーク。
またもや日光連山。天気が良かったのが救いです。
2020年04月10日 15:18撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またもや日光連山。天気が良かったのが救いです。
1
そして木の根とロープのあわせ技の急登を登ります。
2020年04月10日 15:23撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして木の根とロープのあわせ技の急登を登ります。
3
またしてもピーク。
降りの距離の半分は過ぎているのに、標高差にして200mも降りていません。それほど、アップダウンだらけです。
2020年04月10日 15:28撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしてもピーク。
降りの距離の半分は過ぎているのに、標高差にして200mも降りていません。それほど、アップダウンだらけです。
ついに両脇にロープが現れます。
2020年04月10日 15:36撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに両脇にロープが現れます。
本日最後の登り返し。
2020年04月10日 15:48撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最後の登り返し。
ようやく快適な登山道が現れました。もうすぐ登山口ですが…
2020年04月10日 15:56撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく快適な登山道が現れました。もうすぐ登山口ですが…
木々の間を抜けると…
2020年04月10日 15:58撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間を抜けると…
ようやく林道が。
2020年04月10日 16:00撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく林道が。
…と思った途端に、涸れ沢を降りることに。
2020年04月10日 16:01撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…と思った途端に、涸れ沢を降りることに。
とはいえ、登山口はすぐそこです。
2020年04月10日 16:03撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とはいえ、登山口はすぐそこです。
1
そして、この看板の箇所で、登山道は終了。ここからは、舗装道路と観光地を歩くことになります。
2020年04月10日 16:05撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、この看板の箇所で、登山道は終了。ここからは、舗装道路と観光地を歩くことになります。
やしおの湯にも歩いていけますが、今回はスルー。
2020年04月10日 16:06撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やしおの湯にも歩いていけますが、今回はスルー。
途中、並び地蔵を拝見しました。
2020年04月10日 16:09撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、並び地蔵を拝見しました。
1
逆方向から。
2020年04月10日 16:11撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆方向から。
4
憾満ヶ淵。
2020年04月10日 16:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憾満ヶ淵。
1
まだまだ並び地蔵が続きます。
2020年04月10日 16:15撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ並び地蔵が続きます。
1
せっかく日光に来たので、せめて東照宮くらいは参拝しようかと思いましたが、残念ながら時間外。
2020年04月10日 16:41撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく日光に来たので、せめて東照宮くらいは参拝しようかと思いましたが、残念ながら時間外。
拝観時間が終了したとはいえ、これほど人がいない日光は初めてです。地元の観光業の方々は大変でしょうね…
2020年04月10日 16:44撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝観時間が終了したとはいえ、これほど人がいない日光は初めてです。地元の観光業の方々は大変でしょうね…
2
そして夕暮れのJR日光駅まで歩いて、本日の山行は終了です。
2020年04月10日 17:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして夕暮れのJR日光駅まで歩いて、本日の山行は終了です。
1

感想/記録

本日は18きっぷ最終日。平日ということもあり、土日は混むかもしれない観光地・日光へ。

この時期、男体山は立入禁止、日光白根山や女峰山はまだ残雪が多いので、駅近の鳴虫山に登頂しました。

標高約1,100m、累積標高差も600m程度で、楽勝だろうと思っていたのですが、これが大きな間違いであったことを身を以て知ることとなりました。

【ルート状況】
■JR日光駅〜登山口
・登山口からは、JR・東武とも、駅から歩いてアプローチできます。
・国内屈指の観光地だけあって、トイレと水場には事欠きません。いたる所にトイレと水場があります
・途中、コンビニはファミリーマート1軒しかありませんので、要注意。
・住宅街の裏山の入り口のような登山口から山行スタート。

■登山口〜鳴虫山(東側ルート)
・登山口からは、ほどほどの急登を経て、神社に出ます。ここで参拝。
・そして、山頂に向けていくつものピークを越えていきます。
・踏み跡は明瞭ですが、あまりに踏まれていて、木の根が露出した箇所がいくつもあります。
・基本的に、向かって左側に木の根が出ていない踏み跡がありますので、そこをたどると楽に登れます。
・地図上ではっきりしたピークの他にも、いくつかピークがあり、巻道があるものと無いものがあります。
・そうしたピークを何度も乗り越えて、山頂に登頂します。
・山頂は樹林に囲まれていますが、今の時期は、木々の間から日光連山が望めます。

■鳴虫山〜登山口(西側ルート)
・西側の下山ルートは、東側のルートよりも、難易度は高めです。
・ロープが張られた急登、岩屑だらけの登山道、アップダウンと、思った以上に面倒な箇所が多いです。
・思わず、(ピストンにしておけばよかった)とボヤきたくなる登山道でした。
・特に、地図に出ない標高差(10m未満)のアップダウンがいやらしく、見かけの数字以上にタフなルートです。
・とはいえ、距離自体はそこまで長くないため、慎重に降りていれば、いずれ下山できます。
・下山してからは、やしおの湯まで歩ける距離でしたが、時節柄遠慮しました。

【まとめ】
・事前に地形図を見てある程度覚悟はしていましたが、思った以上にアップダウンがありまた、急登・急降がキツいルートでした。
・登り、降りとも、あまりスピードを出せるルートではありません。
・特に、西側のルートは、見かけの数字以上に厳しいルートですので、場合によっては東側ルートのピストンのほうがいいかもしれません。
・普段は平日でも外国人観光客で賑わう日光ですが、さながらゴーストタウンのように、本当に人がいませんでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:325人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ