また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2304538 全員に公開 ハイキング 東海

鎗ヶ先山 中瀬からピストン

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年04月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
1分
合計
2時間1分
Sスタート地点12:4614:08鎗ヶ先14:0914:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

駐車地近く。桜が見頃です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地近く。桜が見頃です。
まだ土筆が生えてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ土筆が生えてました。
田んぼの真ん中の坂道を上って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田んぼの真ん中の坂道を上って行きます。
第2の柵。柵の向こうは舗装道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2の柵。柵の向こうは舗装道。
林道を進むと行き止まり。
間違いに気づいて戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を進むと行き止まり。
間違いに気づいて戻ります。
第2の柵を過ぎると捕獲用オリがあります。戻って写真右側・木がでているところから登り始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2の柵を過ぎると捕獲用オリがあります。戻って写真右側・木がでているところから登り始めました。
第2の柵の辺りから仕切り直し。しばらくして赤布発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2の柵の辺りから仕切り直し。しばらくして赤布発見。
頂上までずっと赤布がついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上までずっと赤布がついています。
頂上に近づくにつれ急登に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に近づくにつれ急登に。
分岐。「恋がめばえる山」の文字が目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。「恋がめばえる山」の文字が目印。
鉄塔が見えるので小島山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔が見えるので小島山。
晴れていれば伊吹山がきれいに見えるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば伊吹山がきれいに見えるはず。
歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすいです。
帰路。色とりどりの木々が山の春の訪れを告げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路。色とりどりの木々が山の春の訪れを告げます。

感想/記録

ぎふ百名山のひとつ。

民俗学の柳田国男先生が「山の人生」序文で扱った西美濃の話がある。
食べるものがなくて帰宅した炭焼き男が、2人の子を斧であやめる。秋の夕日がさしこむ情景とともに、淡々と描写されるそのシーンが、このエリアの山に登るといつもよみがえる。奥美濃の山々への畏れは、苦手意識とどこかで結びついているのだろう。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:207人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 ピストン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ