また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2304648 全員に公開 ハイキング 道北・利尻

嵐山…北邦の コタンの山に 春来る❀

情報量の目安: D
-拍手
日程 2020年04月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【道路】
<往路>
・旭川市🏠(13:48)⇒嵐山公園センター駐車場👣(13:54)
 [走行距離]4.6km…6分

<復路>
・嵐山公園センター駐車場👣(16:13)⇒旭川市🏠(16:22)
 [走行距離]4.7km…9分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間44分
休憩
21分
合計
2時間5分
S嵐山公園センター駐車場13:5413:57チノミシリルイカ橋13:5813:59嵐山公園センター14:02北邦野草園入口14:0314:25洗心亭14:2614:38北邦野草園入口14:38嵐山登山道入口14:44十字路14:50稜線十字路14:54嵐山歌碑14:55嵐山14:5915:01ベンチ広場15:0715:17稜線十字路15:1815:31本道合流地点15:38十字路15:43嵐山登山道入口15:44クーチンコロ顕彰碑15:4515:48アイヌ民家(チセ)15:5115:52嵐山公園センター15:5315:55チノミシリルイカ橋15:5715:59嵐山公園センター駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・コースのポイント地や分岐点には、案内標識が完備されている。
・道の脇には、山野草が溢れている。通路以外のところは歩かないように。
 野草を踏みつけながら、斜面を駆け上がっている心無いジジイがいた👊
その他周辺情報【嵐山公園】
・旭川市から上川郡鷹栖町にかけて広がる公園。アイヌが ”チ・ノミ・シㇼ(われら・いのる・山)”と崇めた神々と人間を繋ぐ聖地。明治期に開拓使が視察した際に、京都の嵐山に似ていることから名づけられた。「嵐山と嵐山からの眺望」は旭川八景に選ばれている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B5%90%E5%B1%B1%E5%85%AC%E5%9C%92_(%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93)

【嵐山展望台】
・嵐山の標高約250m地点にある2階建ての展望台。旭川市を一望でき、夜景の名所としても知られている。
https://www.atca.jp/kankouspoy/%E5%B5%90%E5%B1%B1%E5%B1%95%E6%9C%9B%E5%8F%B0/

【北邦野草園】
・嵐山の麓にある野草園。12.25haの広さをほこり、約600種の植物が生育している。北方系植物の野草園としては国内有数。
http://www.asahikawa-park.or.jp/facilities/park/yasouen.html
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 行動着(Tシャツ / ノマドパーカ / puronoワークパンツ / 下着パンツ / 靴下 / スティングレイハット / サンダーパス グローブ / 極寒ビーンブーツ) ザック(クロスランナーパック15L) 行動食(ブラックサンダー×6) 飲料(ポカリスエット900ml) 登山道具(1/25000地図 / 地図ケース / コンパス / サングラス / ホイッスル / 軽アイゼン) 緊急道具(ヘッドランプ / ライター) その他(スマホ / 一眼レフカメラ / 予備電池×3 / 偏光フィルター / たばこ / ライター / ポケット灰皿 / 財布 / 免許証・保険証 ) 【計3.9kg】
備考 【反省点】
・なし

【思い出の曲】
 Twenty One Pilots "Jumpsuit"
 Pale Waves "Eighteen"

写真

撮影機材:
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:286人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ