また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2305545 全員に公開 ハイキング 北陸

千石山〜若狭駒ケ岳(過去レコ)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年05月01日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
56分
合計
6時間22分
S落合橋07:4808:45千石山への尾根09:32千石山09:4510:35P650m10:4011:00P642m11:35駒ヶ岳12:1312:32下降点P730m12:45下山尾根P650m13:05下山尾根林道の横断13:35下山尾根P428m14:10落合橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
若狭駒ケ岳付近の高島トレイルの稜線以外は、所謂「登山道」は無いが危険な所は無い。
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 昼ご飯 非常食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 ツェルト カメラ
共同装備 無し

写真

落合橋手前に駐車
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合橋手前に駐車
落合橋付近の登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落合橋付近の登山口
千石山への支尾根310m付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千石山への支尾根310m付近
千石山への尾根470m付近の古い道の跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千石山への尾根470m付近の古い道の跡
千石山への尾根550m付近の急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千石山への尾根550m付近の急登
千石山への尾根600m付近を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千石山への尾根600m付近を登る
若狭駒ケ岳への稜線630m付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若狭駒ケ岳への稜線630m付近
若狭駒ケ岳への稜線650m付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若狭駒ケ岳への稜線650m付近
若狭駒ケ岳への稜線720m付近のブナ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若狭駒ケ岳への稜線720m付近のブナ
高島トレイルの稜線760m付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高島トレイルの稜線760m付近
下山ル-ト660m付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山ル-ト660m付近
下山ル-ト611m直下コルの林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山ル-ト611m直下コルの林道
下山ル-ト220m付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山ル-ト220m付近

感想/記録

●自宅を出発して1時間半程度で池河内奥の落合橋に到着。
●落合橋のたもとは数台駐車できる広場が有り、準備して出発。黄色テ-プが巻き付けられて所から登り始めます(因みにこのテ-プは駒ケ岳まで嫌というくらい木に巻き付けられていました。同一人物かは分かりませんが、ご丁寧にテプラ-でプリントされた案内が張り付けられたテープも有り、案内につられてそちらの方向に行ってしまう登山者がいるかもしれませんので、却って危険で迷惑です)。千石山への尾根に出るまではナラ、クリ、アカマツの樹林の急登ですが、下生が殆ど無いので登りやすい尾根です。
●尾根に出て最初のコルで左側の谷からの掘割状の古道が現れますがしばらくすると消えてしまいます。杉林と落葉樹の尾根は両側の展望は有りません。途中直角に折れ曲がった後の急登を登り切り、しばらく登り続け千石山に到着。ここも樹林に囲まれて全く展望は有りません(千石山は2013.12.14の例会で井ノ口から登頂しています)。
●千石山から若狭駒ケ岳への稜線では標高点表示の有るP650mの一つ手前のピ-クから高島トレイルの三重嶽・湖北武奈ヶ岳等が遠望できます。此処にも黄色テ-プが巻き付けられて、手書きで「熊川城跡云々」の表記が有ります。若狭駒ケ岳に近づくにつれてブナ林が広がり、木陰に入ると涼しくてホットします。
●山頂には誰も居ません。木陰で昼食中に2名の方が登ってこられました。
●下山ル-トは初め20分程高島トレイルと重複しますがP730mより北に下りる尾根に入ります。P611m直下のコルは地図には標記されていない林道が横切っており、法面には丸太の階段が取り付けられています。ここまで下りてくるル-トは時々ユズリハの藪に阻まれますが、人が通れるくらいの幅でユズリハが無い部分が有ったので誰か「道」として整備したのでは?と思っていましたが、やはり「道」として認識されているようです。
●これから先は段々に踏み跡が薄くなって来て、倒木で通りにくくなっており、標高300mを切ると一部岩尾根状の所も有り歩きにくく成りますが顕著な支尾根の派生が無いので尾根を外さなければ問題ありません。最後は朝駐車した落合橋に下山。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:96人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ