また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2329143 全員に公開 ハイキング 北陸

5/4【赤祖父山(富山・1030m)】山頂からの展望にブナ原生林、大寺山からの赤線つなぎも

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年05月04日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り、小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丸山展望台駐車場
南砺市井口体験交流センター「ゆーゆうランド花椿」を目指し、施設前の道路・林道を登っていく、つきあたりが丸山展望台
駐車台数:10台ほど 案内図あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間42分
休憩
44分
合計
4時間26分
Sスタート地点10:0111:29扇山11:3011:43赤祖父山12:1412:28扇山12:2912:59大寺山13:1014:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口(新)〜新旧分岐〜作業道跡〜道志道分岐
 樹林帯の直登、道は枝打ちされ、一部区間を除いて落ち葉も払われて(もともとないのかも)歩きやすい。とても整備が行き届いているが、急登なので「忍」の一文字

大寺山〜道志道分岐〜扇山〜赤祖父山
 道宗道として整備されている、とても歩きやすい

登山口(旧)〜新旧分岐
 上部は藪がややうるさいが、足元は悪くない。下部のトラバース区間は崩落がやや進んでおり注意が必要
その他周辺情報新型ウイルスの感染予防のため直帰、家でシャワー
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

新道の登山口
以前の(新)登山道は、7年前の豪雨で崩落したため、付け替えられたらしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道の登山口
以前の(新)登山道は、7年前の豪雨で崩落したため、付け替えられたらしい
杉林の急登
汗がしたたる、したたる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林の急登
汗がしたたる、したたる
ショウジョウバカマの新芽?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマの新芽?
スミレの一種?
分かりません💦
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレの一種?
分かりません💦
これはミヤマスミレ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはミヤマスミレ?
ショウジョウバカマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
山頂から金剛堂山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から金剛堂山?
1
山頂から高清水山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から高清水山
1
抹茶ラテでいっぷく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抹茶ラテでいっぷく
イワウチワ越しに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ越しに
大寺山へ赤線つなぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大寺山へ赤線つなぎ
扇山
雲行きが怪しくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇山
雲行きが怪しくなってきた
崩落が進んでいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落が進んでいます
崩落が進んでいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落が進んでいます
オオアリクイだそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオアリクイだそうです

感想/記録

 2日は県東部(朝日町)の黒菱山、3日は中央部(富山市)の高頭山、そして今日4日は西へと移って南砺市にある赤祖父山を歩いた。

 赤祖父山は標高1030m、八乙女山から高落場山にかけて連なる高清水山系の中ほどにある。古道・道宗道がのびているほか、中部北陸自然歩道としても整備されている区間があり、登山道としては全般的に整備が行き届いている。
今回は、扇山を経由して赤祖父山へ行くとともに、八乙女山からの赤線つなぎに大寺山を周回するルートを辿った。

 入る林道を1本間違えて大回りしてしまい、予定よりも遅く登山口に着いた。しかし、天気は予報に反して晴れ。さっそく出発して遅れを取り戻そう。

 登山口からはいきなりの急登。杉林の中で直射日光を浴びないものの、気温がグングン上がって暑い。2か所ほど平たんな部分があったが、あとは尾根をダイレクトに登っていく。作業道跡を交差し、ふたたび尾根に取り付く。ここまで来ると心地よい爽やかな風が吹き込んできて、一瞬英気が養われる。そのすきに足を動かす。の繰り返し。ただ、整備が行き届いているのがありがたかった。

 稜線に出ると、道宗道の道しるべ。ここからは稜線歩き。スギ林のアップダウンのあとは、ブナの原生林。見上げれば青空、足元はいろんな花、そよそよと吹き込む風。さっきまでの直登地獄とは打って変わって別世界のようだ。気分のせいか足取りも軽くなる。

 赤祖父山の山頂は「展望峰」と呼ばれるだけあって、遠くは北アルプス、周囲の山々が見渡せてとても良い。先日、登った高清水山の山体が手前に大きくあり、その先には白山山系の山々だろうか。汗を絞って登った甲斐があった。

 赤祖父からはいったん道しるべまで戻り、さらに大寺山へと迂回。閑乗寺公園から八乙女山、大寺山と歩いたことはあるが、大寺山と赤祖父山の間を繋いでおきたいからだ。大寺山からは作業道経由で登ってきた尾根へと戻った。
来た道を戻っても良かったが、せっかくなので旧道経由で。少し藪がうるさかったり、崩落気味のところもあったが、これはこれで景色も良く楽しめた。

 登山道に戻り駐車場へと向かっていると、山の上からドスドスを何かが駆け下りてくる音がしたかと思うと、目の前でタヌキらしい動物が横切った。数秒間じっとこっちを見て去っていった。

 この日の接触者はトレラン1組(軽く挨拶)、林道散策にきたオフロード車と軽トラ(横切って走り去っただけ)、そしてタヌキらしき動物であった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:331人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ